有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
渡辺 真史
2018.04.15 09:12

100年の森

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

最近はすっかり春らしい陽気になってきました。

渡辺は未だに花粉症に悩まされており、改善の兆しがまったくありません。

 

これまでブログでは創作パスタなどの紹介を中心に行うインドアな内容でしたが、

外はせっかくの心地よい陽気なので、今回はアウトドアな内容をご紹介させていただきます。

 

先日、休日を利用して、「日立中央研究所」の庭園開放に行ってきました。

「研究所」なんて偶然にも介護施設研究所と同じですね。

ところで、皆さん「日立中央研究所」ってどこにあるかご存知ですか?

? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?

 

正解は、JR中央線の国分寺です。しかも駅から歩いて5分足らずの場所。

 

実はこの「日立中央研究所」の庭園ですが、なかなか貴重なものなんです。

なぜなら、年に2回しか一般開放されません。

ちなみに、毎年「4月の第一日曜日」と「11月の第三日曜日」。

桜と紅葉の時期ということですね。

さらに、東京ドーム約4.5個分の敷地に100年前から自然を残している。

敷地内にはもちろん日立製作所の研究棟などが建っているのですが、

それは敷地の一部分にすぎません。

少し興味をそそられてきませんか?

それでは早速、どんな庭園なのか簡単のご紹介させていただきます。

 

 

正門を入るといきなり橋のようなものが。

結構な人で賑わっています。

 

橋を渡りきると、敷地内の案内図を手渡されます。

やはり結構広いですね。

 

案内図をもとに奥へ歩みを進めると、山にハイキングにでも来たかのような光景。

ちなみにこの池の水ですが、「野川」の源流らしいです。

 

今年は桜の開花が早かったため、葉桜になりかけていましたが、

ちょうど風が吹くと桜吹雪が舞い、とても綺麗な景色でした。

 

さらに歩みを進めると、今度はまさに庭園といった景色に。

いや~心が和みます。

 

すると、少し先の方から何なら動物の鳴き声が・・・

そこにはなんと、

白鳥ではありませんか!

東京に暮らしていると、白鳥なんて動物園でしか見ないですからね。

さらに目を凝らしてみると、そこにはカモも。

なんとも愛らしいですね。

 

敷地の中には広場があり、お花見を楽しむ方々でいっぱい。

出店も出ており、「お花」も「だんご」も楽しめてしまいます。

 

写真をあまり多くアップしていないので、広大さがあまり伝わらないかもしれませんが、

さーっと一通り歩くだけでも優に1時間は掛かってしまうほどの規模です。

 

簡単ではありますが、今回はいつもと違った内容でブログをご紹介させていただきました。

最後に、その日のベストショットを!

まさに昔からの自然と近代技術の融合ですね。

逆さ富士ならぬ、逆さタワーも個人的には満足のショットです。

 

皆さんの中でもしお近くにお住いの方がいらっしゃったら是非足を運んでみてください。

ちなみに次回の開催日は、

紅葉の時期ですね。

 

次回のブログはまたインドアに戻ってしまうかもしれませんが、お楽しみに!


ページの
先頭へ