有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

今回のブログはいつもに戻り、パスタをご紹介させていただきます。

これまでパスタを複数ご紹介させていただきましたが、正直ここにきてネタが尽きてきました。

そのため、最近は日々新しいメニューの考案に苦慮している状況です。。。

ただ、「継続は力なり!」ですので、ブログをご覧いただいている皆様に

少しでも興味を持っていただけるメニューをご紹介できるよう、まだまだ頑張ります!

 

早速ですが、今回は失敗のない非常に簡単なメニューをご紹介させていただきます。

その名も、「ホタテときのこの和風パスタ」。

 

 

<材料> ※2人前

・ボイルベビーホタテ( お好み量で )

・しめじ( お好み量で )

・ニンニク( 1片 )

・バター( 10グラム×2 )

・きざみのり( お好み量 )

・めんつゆ( 150㏄ ) ※濃縮タイプは規定よりも1.5倍に希釈

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

<下ごしらえ>

① ニンニクをみじん切りにします。

 

② しめじをほぐしておきます。

 

③ めんつゆを水で希釈します。

※ めんつゆがストレートタイプの場合は、そのまま1.5倍に希釈

※ めんつゆが濃縮タイプの場合は、規定希釈量の1.5倍に希釈

 

これで下ごしらえは完了です! 簡単ですね。

 

 

<作り方>

① フライパンを中火かけ、バター10グラムとニンニクを火にかけます。

※ あまり強火でやるとすぐバターが焦げてしまうので注意です

 

② すぐにソースは出来上がってしまうので、早々に麺を茹でていきます。

※ 湯量に対し1%の塩を入れてます

 

③ ニンニクがぐつぐつし始めたら、しめじを入れ炒めます。

 

④ しめじがしんなりしてきたら、ホタテを入れ軽く炒めます。

※ ホタテは既にボイルされているので、全体にニンニクとバターが行き渡る程度

 

⑤ 次に、予め希釈しておいためんつゆを入れ、軽く沸騰させます。

 

⑥ めんつゆが軽く沸騰したら、火を止め、バター10グラムを投入します。

※ バターの風味をしっかり残すため、バターは溶かし込みません

 

⑦ 麺が茹で上がったら、ソースと絡めお皿に盛り付けます。

 

⑧ 最後に上からきざみのりをトッピングすれば完成です!

 

 

<食べた感想>

バターの風味がしっかりと効いていて、とても美味しいです。

バターを使用していますが、めんつゆと合わさって意外とあっさり食べられます。

今回は食材にホタテを使用しましたが、色んな食材に代替できると思います。

例えば、、、

えび ・ いか ・ あさり ・ なす 等々

ぜひ皆様もお好みの食材で試してみてください。

 

 

次回もお楽しみに!

今回は都営三田線、志村三丁目駅から徒歩1分

 

 

個人的には蕎麦、というよりも生ホッピーが気になります・・・

 

 

酒「日本の文化」入り口前に堂々と飾られていました。インパクトあります。

こんな看板が飾られているということは、お酒の種類も嘸かし多いことと思います。

 

 

おつまみメニューが多くありそうです。

蕎麦のメニューはこちらの看板には書いてありません。

この日はお客様の見学同行だったので、生ホッピー、おつまみではなく「蕎麦」を食べに店内へ!

店内は込み合っていましたが、ほとんどの方がジョッキを片手に食事をされていました。

「昼飲み」ですね。外は25℃を超え夏日だったので、お酒を飲みたくなりますよね。

我慢我慢・・・

 

カウンター席を案内してもらいました。

 

 

日本酒がずらりと並んでます。

 

 

上を見上げると日本酒のおすすめメニューもありました。

 

 

ランチメニューはこちら

丼物と蕎麦。かなりボリュームがありそうな予感です。

油物を控えている私は、ねぎとろ丼とせいろのセットを注文。

 

待つこと10分

 

 

蕎麦は弾力がある手打ち蕎麦でした。

食べ応えがある蕎麦でしたが、今回特に感動したのはねぎとろ丼でした。

全く臭みがなく、とても美味しいねぎとろ丼でした。

隣のお客様は天丼とせいろのセットを頼んでいましたが、物凄いボリュームでした。

美味しい蕎麦とねぎとろ丼+生ホッピーを飲めたら最高だったんだろうな・・・

楽しそうに昼飲みをしているお客様を横目に間食後、颯爽と退店してきました。

次こそは蕎麦と生ホッピーを飲みに再来店したいと思います。

 

『さとり世代 』トップアスリートの代表各である大谷翔平選手、羽生結弦選手の活躍が注目を集める中、ここ神奈川に山口が熱い視線を注ぐ、同世代の選手がいます。

 

 

『 プロボクサー 井上尚弥選手 』

 

ご存じない方に簡単なプロフィール / 戦歴を

 

□出身地:神奈川県座間市

□生年月日:1993年4月10日生 25歳

□所属:大橋ボクシングジム( 横浜市神奈川区 )

□ニックネーム:モンスター

□階級:バンダム級

□プロ転向後の戦績:15戦15勝( 13KO )無敗

 

~ アマチュア時代 ~

・高校生として史上初となる、アマチュア7冠獲得( インターハイ、国体、全日本選手権制覇 )

 

~ プロ転向 ~

・2012年大橋ジム入門にあたり2つの条件「弱い相手とは試合はしない」「今まで通り父親がトレーナーを継続する事」を加えプロ転向。

 

・プロ入り6戦目で、ライトフライ級王座奪取

( 辰吉丈一郎選手はプロ入り8戦目。井岡一翔選手はプロ入り7戦目で王座獲得 )

・プロ入り8戦目で、ライトフライ級、スーパーフライ級の2階級制覇 ( 当時、世界最速 )

現在、世界王座防衛は通算8回。無敗のままバンダム級へ階級を上げ、3階級制覇に挑戦を控えている。

 

ちなみに今まで、一度もダウンを奪われた事も、致命的なダメージを負った事もなく、体格と爽やかなルックスからは想像出来ない、強いハートとクレバーな試合運び。一瞬にして局面を打開するハードなパンチで相手をマットに沈めるボクシングと、2012年の入門発表会見の席で大橋会長が口にした「何年、何百年に一人というレベルではなく、彼は怪物です」と答えた事がニックネームでもある「モンスター」の所以。

 

そして相反すると思われるものが高次元で同居しているのが強さの秘密であるとの事。

・スピードとパワー

・防御と攻撃

・右と左

・上半身と下半身

・基礎と勘

・敏感さと鈍感さ

・集中とリラックス

・努力と素質

・試合中に熱くなる自分と、全体を俯瞰して見ている自分がいる

・極めて謙虚で誰の意見でも素直に聞くが、芯の部分は自信家

 

 

さて。前置きが長くなりましたが、話しは変わり4月某日

横浜相談室からも程近い、有隣堂伊勢佐木町本店にて、心待ちにしていたイベントに参加してきました。

 

井上尚弥選手『怪物』出版記念サイン会&握手会

 

 

1週間前から限定100枚の整理券配布受付開始に合わせ、滑り込みで手に入れました。66番目!セーフ…

聞けば、即完売だったとの事で人気の高さを伺えます。

小雨がパラつき始める中、到着すると既に長蛇の列が…

A〇Bの握手会とは大きく雰囲気が違うであろう、ヤンチャ系の面々に女性もちらほら。

※撮影禁止との事でギリギリのショット

 

待つ事、約1時間。その時は来ました…

握手した手の感触は、あのハードパンチに似つかわしくない程、小さく優しい印象。久しぶりに鳥肌が立つ程、興奮しました。

※小学生のサッカー小僧時代にラモス、カズ選手にサインを貰って依頼の興奮

 

実際のサインがこちら

 

そして、来る5月25日(金) 大田区総合体育館にて、WBA世界バンダム級王者 ジェームス・マクドネル戦が迫っています。

 

3年半ぶりに挑戦者として臨む、3階級制覇をかけた戦い。見逃せません…

 

個人的には同階級で山中慎介選手との因縁で話題となった、ルイス・ネリ選手との対戦が実現し、山中選手の雪辱を果たして貰いたい所です。

 

 

 

それではまた。

先週の土曜日、以前ブログでもご紹介しました友人の移動販売カーが近くに来るという情報を聞きつけ家族で行ってまいりました。
横浜動物園ズーラシアの隣、「里山ガーデン」です。

www.satoyama-garden.jp/

↑詳しくはこちら

 

風は強いものの天気は快晴!
自宅からバス1本とお手軽な交通アクセス!
動物園は何度も足を運んだことがあるものの、こちらはお初。
いったい何があるのやらと思っていたところ、どうやらお花畑のようです。

どこか横浜スタジアムを思い出させます。

移動販売カーもたくさん出店していました。
出店するには「横浜市」で採れたものなど“馴染みあるもの”を扱っていないとダメなんだとか。
…ケバブ屋は何が馴染みあるものなのか。。
…隣には富士宮焼きそばなんてのもありましたが。。

かき氷を全身で食す息子。
メロン味がお気に入り。

社長のようなたたずまいで我が友人の移動販売カーを見つめる息子。
いちごミルクも一気飲み。

 

遊具もなく、すぐに飽きるかと思いきや「さいた~さいた~ちうりっぷが~♪」と幼稚園で習った歌を大声で歌い、周りの人たちの視線ひとり占め。
…彼は彼なりに楽しんでいるようでした。

 

 

先日、96歳になる祖母が旅立ちました。
母方の祖母で、母が亡くなる間際まで一緒に暮らしていました。
決して人の悪口は言わない強くて優しい人でした。
自分の体が動かなくなっても常に人の心配をしている、そんなおばあちゃんでした。

悲しんでいる余裕がないほど慌ただしい毎日の中で、ふとおばあちゃんが大好きだったお花たちに囲まれて小さい頃に一緒に行った上野駅のことや最後に会った時の手の感触を思い出しました。

思い出は日々増えていきます。
昔のことは忘れてしまいがちですが、たまには引き出しからそっと出す時間も大事ですね。

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

こんにちは。

花粉の飛散が「非常に多い」から「やや多い」まで減り、だいぶ症状が楽になってきました。スギは収束傾向ですがヒノキはもう少し飛びそうですね。

さて、先日、自宅に何気なく置いてあった広報にこんな記事を見つけました。

「消防フェア2018」

 

 

4月15日(日)…休み、やること無し、ということで行ってまいりました。場所は横浜駅から徒歩10分ほどの「横浜市民防災センター」。暴風雨の直後で来場者はまばら。消防団の方々がお出迎えしてくれました。

 

 

 

そして横には緊急車両がズラリ! 間近で見ると大きいです。

 

 

こちらは記念撮影用のスーパーレスキュー車両。消防隊員のジャケットを着て、ヘルメットを装着して運転席に載り記念撮影ができるようになっていました。

 

 

館内では、ワークショップ(災害時に役立つアイテムづくり)や災害体験(地震体験)、一般公募のショートムービーの上映会などが行われていました。

 

飲み物を買いに自販機へ行くと、防災センターようにペインティングされた自販機が!

かわいらしいですね♪

 

 

そしてこんなものも発見…広報宣隊・防センジャー!!戦隊ヒーローは防災センターでも大活躍^^

 

 

帰る頃にはすっかりお天気も回復し、家族連れがたくさん来場していました。帰り際、アンケートを記入していると、防センジャーになった方から消防団員の勧誘が。団員募集中のようです。ご興味のある方はぜひ!!

 

 

来年ははしご車搭乗体験をしてみようかな…

 

 


ページの
先頭へ