有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

先週の金曜日の事、いつも通り幼稚園の延長保育にお迎えに行くと

「ママ~!!!ははのひ~!!!しってる~???」

と何やら手に持ち振り回しながら満面の笑みで走ってくる息子の姿。

それを見た先生、

「待って~!!!日曜日だから!まだナイショだから!!」

その後、こっそり見なかったことにしてくれとお願いされました笑

どうやら幼稚園で先生たちと母の日に一生懸命作ってくれたよう。
先生との約束を守り、日曜日にいざ開封…


おぉ…いつの間にか絵が上手くなってる。
ついこの間まで〇とーだけしか描けなかったのに…
後ろにはメッセージ付きです♪


寝室のよく見えるところに飾りました。
作った本人も飾ってもらって嬉しいのか、

「ママ、いつもおいしいおべんとうありがとう!」とまで言ってくれました…!!
ようし、月曜日は大好きなウインナーたくさん入れちゃおう。

 

そして、先日某老人ホームの内覧会でお土産をいただいたので早速活用。
『湘南ポモロン』

神奈川生まれのトマトで、そのまま食べてもOKですが焼いたり加熱すると甘くて美味しいようです。
母の日を主張し、夫にカレーを作ってもらいました。

…私のイメージでは焼いた輪切りトマトが乗っかっていたのですが、まさかの角切り。
おいおいジャガイモかよと思いつつ黙って食します。
うん、あま~い!!!
残りはミネストローネにしようかな。

 

近年では、母の日にお墓参りをして仏花ではなくカーネーションを供える方が増えているんだとか。
生きているうちに親孝行、が一番ですがありがとうの気持ちは必ず伝わっていると思います。

 

自分が子供の頃はお小遣いで何かをプレゼントする日=母の日と考えてしまっていましたが、
母の立場になった今、プレゼントよりもたった一言の「ありがとう」が嬉しいもんです。
大人になると照れくさくてなかなか言えなくなりますが、皆さんもぜひ年に1回くらい大切なお母様に「ありがとう」をお伝えください。

 

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

 

 

5月5日はこどもの日!
息子に「5日はお祝いだから好きなもの食べていい日なんだけど、何がいいかな?」とリクエストを聞いてみると、
アンパンマンのカレー!!!
…それって、ママが疲れた時に頼っちゃうレトルトのアレだよね。

という訳で、私の父の自宅で大人のリクエストで手巻き寿司パーティをしました。

最近は海苔もこんなこじゃれたものが売っているようですよ!


友人からの頂き物です♪
可愛い~可愛い~と言っていたのは私だけで、何の感想もなくぱくりと一口。
マグロの味を覚えてしまった3歳児。

ただ、集まって一緒に食事をするだけですが「お祝い」と名が付くだけで何だか特別な気分。
平日は慌ただしい食卓なので、たまのゆっくりな食事は私にとってもリフレッシュの時間になります。

帰りはどっちがどっちに散歩させられている…?


12月に10歳になる老犬マロンが気を遣う一面…笑

 

こどもの日って自身が子供の頃や今の今まで、なぜ子供なだけでお祝いするんだ??と思っていた節がありましたが、いざ親になってみると元気すぎる我が子に感謝感謝の毎日です。
スルーしがちな昔からの日本の行事や四季の習わしも今一度、意味を考え行うと気持ちが違ってくるのかもしれませんね。

さぁ、今日も頑張りましょう。

先週の土曜日、以前ブログでもご紹介しました友人の移動販売カーが近くに来るという情報を聞きつけ家族で行ってまいりました。
横浜動物園ズーラシアの隣、「里山ガーデン」です。

www.satoyama-garden.jp/

↑詳しくはこちら

 

風は強いものの天気は快晴!
自宅からバス1本とお手軽な交通アクセス!
動物園は何度も足を運んだことがあるものの、こちらはお初。
いったい何があるのやらと思っていたところ、どうやらお花畑のようです。

どこか横浜スタジアムを思い出させます。

移動販売カーもたくさん出店していました。
出店するには「横浜市」で採れたものなど“馴染みあるもの”を扱っていないとダメなんだとか。
…ケバブ屋は何が馴染みあるものなのか。。
…隣には富士宮焼きそばなんてのもありましたが。。

かき氷を全身で食す息子。
メロン味がお気に入り。

社長のようなたたずまいで我が友人の移動販売カーを見つめる息子。
いちごミルクも一気飲み。

 

遊具もなく、すぐに飽きるかと思いきや「さいた~さいた~ちうりっぷが~♪」と幼稚園で習った歌を大声で歌い、周りの人たちの視線ひとり占め。
…彼は彼なりに楽しんでいるようでした。

 

 

先日、96歳になる祖母が旅立ちました。
母方の祖母で、母が亡くなる間際まで一緒に暮らしていました。
決して人の悪口は言わない強くて優しい人でした。
自分の体が動かなくなっても常に人の心配をしている、そんなおばあちゃんでした。

悲しんでいる余裕がないほど慌ただしい毎日の中で、ふとおばあちゃんが大好きだったお花たちに囲まれて小さい頃に一緒に行った上野駅のことや最後に会った時の手の感触を思い出しました。

思い出は日々増えていきます。
昔のことは忘れてしまいがちですが、たまには引き出しからそっと出す時間も大事ですね。

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

4月から3歳の息子が通っていた保育園から運よく今住んでるアパートの隣の幼稚園に行くことになり、土曜日に入学式が行われました。
…最近の幼稚園は保育園のように延長保育システムがあるところもあって助かります。

そして、入園式に相応しい満開の桜…


………
………
………
もうすでに樹木になっておりました。
季節感ゼロでございます。

 

以前通っていた保育園は、よく言えば放任主義でルールも曖昧。
お願いする側の母ですから、保育園激戦のご時世で預かってくれるだけでもありがたい事なのですが…少々心配だったのも事実。

今の幼稚園は、先生たちがいつでも笑顔。
ニコニコしてくれるから嬉しいのか、ここは安心と思ったのか、「きょうもせんせいまってるね!」と嫌がらずスムーズに入園を果たしました。

あれれ…何だか老人ホーム探しと似ています。
老人ホームも働いているスタッフに笑顔があれば、ご入居者様もご家族も安心します。
笑顔は心の余裕のバロメーター。
自分も笑っているか再確認。

幼稚園になり「ルール」がたくさん増えました。
夜な夜な道具に名前を付けるのも一苦労…。
そして恐怖の毎日のお弁当!!

流行りのキャラ弁なんてものは作っている余裕はございませんが。
日々作るのは大変ではありますが、空っぽになったお弁当箱を見るのが毎日の楽しみになりました。

自分が母になって、母への感謝が日に日に増します。

次回のお墓参りでは、お弁当のお礼を言う事にします。
親孝行は生きているうちに。

 

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

最近の息子のお気に入りの歌…
ドッキ・ドキドン!いちねんせ~!!!

息子が通う保育園でも5歳のお姉さん・お兄さんが卒園になりますので毎日たくさん練習しているよう。
保育園の帰り道にばったり出会うと「くるまあぶないからね!」と手を繋いで歩いてくれた〇〇ちゃん…。
母の方が淋しくなります。

この間まで寒かったのに気づけば桜満開。
関内の「横浜公園」のチューリップも満開に。

これを見ると「春が来たな~」と毎年感じます。
さて、チューリップに名前(品名?)が付いているのをご存知でしょうか。

…あの歌が脳内を駆け巡ります。

ふと見ると、こんな所に独りぼっち。

他人とは混じりたくない一匹狼タイプ。
人間でもこういう方、いらっしゃいますね。

4月から新しい環境の方も多いのではないでしょうか。
転職、転勤…老人ホームにご入居の方も。
不安も多いかと思いますが「誰でも最初は一年生」です。
ドキドキするけどドンと行け!!です、ドン!と。

3月は母の7回忌でした。
まだ7年?
もう7年?

ご家族様の介護のお話を聞く度、母がアルツハイマーと知り絶望した事を昨日の事のように思い出します。
母をきっかけに…沢山の方とのご縁を大切に。
4月も笑顔で頑張りましょう。


ページの
先頭へ