有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

よくあるご質問

介護施設研究所について

なぜ無料相談ができるの?

有料老人ホーム紹介センターの無料相談の仕組みは、ご案内したホームからの広告料・紹介料をいただいて成り立っております。
介護施設研究所は施設運営会社との資本関係は一切ございません。
また、特定の物件の募集窓口も一切引き受けておりませんのでご安心ください。
相談経路は、・ケアマネージャー・ソーシャルワーカー・行政機関関係者・士業関係者等からの紹介です。

相談するには何から話をすればいいの?

老人ホームを検討する理由(お困りな事)からお話し下さい。
1.どの地域で検討したいのか 
2.いくら位の料金で収めていきたいのか 
3.どのようなサービスを望むか
この3点が決まっていれば、特に難しいことはございません。
過去の相談事例、入居している方々の声などを反映させて、希望条件にあった老人ホーム情報を絞り込んでいきます。

紹介してくれる地域は?

東京・神奈川・埼玉・千葉を中心にご提案しております。訪問面談・見学同行・入居後のフォローなど、実際に目配り・気配りができる範囲内として考えております。
※静岡、山梨、茨城、群馬の情報も扱っております。

相談方法はどうすればよいですか?

介護施設研究所では、訪問面談を中心に対応しております。ご自宅・病院・地域包括支援センターなど、ご指定の場所へ資料を持参して訪問致します。ご本人様やそのご家族様とお会いすることにより、ご提案するホームとの相性も見えてきます
関連する全ての方々と情報共有するので、透明性ある相談が可能になります。また、大切な相談を受ける上で、「顔の見える相談」を心掛け、相談員の人柄も確認していただきたいと考えております
来店面談・電話相談も可能です。ご都合に合わせた対応をしてまいります。

相談をすると必ず入居しなければいけませんか?

介護施設研究所へ相談に来られて、実際に入居をする方は約5割です。半数の方は在宅生活を延長・公的な施設を選択・数年後に再相談…、などです。
これは、無理やり施設入居を進めない信頼の実績です。最終的な決断は、やはりご相談者様がしなければなりません。

老人ホーム選びについて

老人ホームの種類が多くてわからない…

高齢者の住まいは複雑化してきております。有料老人ホームの中でも、介護付き・住宅型・健康型があり、更に自立型があり介護専用型があり…。そこにサービス付高齢者向け住宅が加わると、自分に適した住まいが何なのか、と混乱してしまいます。
介護施設研究所の特長は、複雑な高齢者の住まいの種類からご説明することです。
基礎知識がない状態で入居をしてしまうと、後で後悔することになります。しっかりとした基礎知識を持っていただき、自信を持ってホーム選びをしていただきたいと考えております。
意外に多い相談内容は、「調べすぎて逆にわからなくなってしまった」という方です。
調べることはできても、その情報を精査することができない・・・。そんな方々にも満足していただけるご相談をお約束いたします。

料金とサービスの質は比例しますか?

料金が高ければ全てが良いとは限りません。
「都心部を離れれば安くなる」と言われていますが、安くなるのは入居金です。入居金は土地・建物に比例するイメージです。月額料金を安くするには、まず人件費を削るしかありません。よって、ある程度は料金とサービスの質が比例すると考えて間違いございません
ただし、安いから全てが悪いというわけではございません。利用もしない過剰なサービスを削って、利用料金を安くしたほうが良い場合もございます。
大切なことは、提供するサービス内容を把握することです。

何件ぐらい見学すれば良いですか?

情報収集は何件でも良いですが、見学する件数は3~4ぐらいまで絞り込んだほうが良いでしょう。そして二日間に分けて見学したほうが良いです。
1日に4~5件見学する方もいらっしゃいますが、結局は数が多すぎて記憶があやふやになっています。見学する数が多ければ良いというわけではございません。要点を抑えて見学することが大切です。

入居までの期間はどれくらいですか?

特別養護老人ホームと異なり、数百人待機しているところはありません。一般的には、希望する施設に空室があれば約2週間前後の手続き期間を経て入居できます
仮に希望する施設に空室がなかったとしても、関連施設で「待機入居」をさせてくれることもあります。

入居を断られることはありますか?

あります。大きく分けて理由は2点です。
1.継続的な医療行為を必要とする方
2.他の入居者へ暴力行為・迷惑行為がある方
老人ホームは病院ではないということです。また、高齢者の手段生活の場になるので、集団生活がある程度営める方、というのが、どのホームの条件でもあります。
ただし、最近は受入れ困難な方でも何とかしようとする努力をしてくれるホームが増えてきています。

入居後に退去したい場合は、お金が戻ってきますか?

大昔は入居後にすぐ退去してもお金が戻ってこないこともありましたが、今は「返還金制度」が明確になっており、入居していた期間に応じてお金が戻ってくる仕組みができています。
また、「短期解約特例」という制度もできており、入居後90日以内に退去した場合は、入居金をお返ししなければいけないルールもできています。
制度がしっかりと整備されてきたので、金銭に関するトラブルは少なくなってきています。

入居後も困ったことがあったら相談にのってくれますか?

もちろんです。入居後のサポートが介護施設研究所の大切な役割です。
ご相談者様とは一生のお付き合いをモットーに、いつでも頼れる存在でいられるように、日々努力してまいります。


ページの
先頭へ