有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

いまさら聞けない基礎知識

初めて検討する方は、何から質問すれば良いのか分からないと思います。
介護施設研究所がまとめた「基礎中の基礎」を一読していただければ、入り口の不安は解消できるはずです。

介護編

確認しなければいけない
5つのポイント。
その確認方法や比較方法を
詳しくお伝えします。


認知症

認知症を理由に入居を断ることは少ないです。認知症ケアの取組みを比較すると介護の良し悪しが見えてきます。


職員配置

「手厚い職員配置」と説明を受けることが多々あります。昼間と夜の出勤職員数を確認して実数で判断すると本質がみえてきます。


リハビリ・介護予防

リハビリスタッフが常駐するところが増えていますが、病院と老人ホームのリハビリでは目的が大きく異なるので、そこを詳しく解説します。


口腔ケア

主な目的は誤嚥性肺炎・口腔機能の低下を予防することです。口から影響して起こる健康への悪循環も予防する効果が注目されています。


医療サポート

医療サポートが必要でも入居可能な老人ホームが増えましたが、受入れ体制は大きく異なります。退去事例のほとんどが医療行為に絡んだケースなので、どのような状態になると退去を促されてしまうのか、将来的なリスクもお伝えします。

生活編

老人ホームは病院ではなく
生活する場です。
生活面の充実度が
満足感に直結します。


利用料金

有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅は、料金とサービスがある程度比例すると考えられます。複雑な料金システムを明確に解説します。


食事面

最近は食事が美味しいと好評で入居者の満足度も向上しています。要点を押さえて食事時間に見学すると生活の基本が見えてきます。


レクレーション

様々なイベントを用意して、日々の生活に楽しみ・やりがいを提供してくれます。複数のレクレーションを用意しているところが増えてきました。


個別対応

有料老人ホームの良いところは「いかに個別対応をしてくれるか」です。どの程度まで相談が可能なのか事前確認が必要です。


居室

ほとんどの介護用居室は18m²の個室。トイレ・洗面・介護ベット・エアコンの備え付けが多い。お元気な方が満足できる広めの居室は少ない。


ページの
先頭へ