有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

本日は少し珍しい食材を使ったパスタをご紹介させていただきます。

珍しい食材とはこちら↓↓

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「ダシダ」という調味料です。

韓国で使われているようですが、牛骨や野菜から取ったダシがベースになっています。

そのままお湯で溶かしても美味しいスープです。

韓国版のコンソメスープといったところでしょうか。

玉ねぎやパンを入れ、チーズを乗せてオニオングラタンスープ風にしてもグッド。

今回はそれをパスタにアレンジしてみました。

 

その名も、「トマトとニンニクのパスタ オニオングラタンスープ風」。

では早速、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※1人前( いつも2人前ですが今回は1人前です )

・ミニトマト( 3~4個 )

・玉ねぎ( 1/4個 )

・ニンニク( 1片 )

・ベーコン( 約40グラム )

・とろけるチーズ( 約20グラム )

・ダシダ( 小さじ1杯程度 )

・パセリ( 少々 ※乾燥でも可 )

・白ワイン( 少々 )

・ブラックペッパー( 少々 )

・塩( 味の調整用 )

・オリーブオイル( 約20㏄ )

・スパゲッティ( 100グラム )

すみません。 パセリを忘れていたので写真は別撮りです。

 

 

<下ごしらえ>

① ミニトマトのへたを取り、1/2にカット

② 玉ねぎを薄くスライス

③ ベーコンを食べやすいサイズにカット

④ ニンニクを粗みじん切り

 

 

<作り方>

① フライパンにオリーブオイル、ニンニク、ベーコンを入れ、中火に掛けます。

※強火にしてしまうとニンニクが焦げてしまうので注意

 

② 早々に麺を茹でていきます。

※いつもの通り湯量に対し1%の塩を入れています

 

③ ニンニクが若干キツネ色になっていたら、玉ねぎを入れ炒めます。

 

④ 玉ねぎがしんなりしてきたら、ワインでフランベし、ゆで汁を約60㏄入れます。

 

⑤ ダシダを小さじ1杯程度入れ、全体的に混ぜ合わせソースの味を見ます。

※後に入れるチーズや麺に塩分がある為、このタイミングでは若干薄めで

 

⑥ ソースの味が決まったら、弱火にしてトマト、パセリ、ブラックペッパーを入れます。

 

⑦ 具材をフライパンの半分に寄せ、その具材の上にチーズを乗せます。

※チーズをあまい混ぜてしまうとソースに溶け込んでしまいます

※チーズを溶かすためにフライパンに蓋をしてもOK

 

⑧ 麺が茹で上がったら、具材が無い側へ麺を入れ、ソースと混ぜ合わせ盛り付けます。

※あまり具材が麺と混ざらないように注意

 

⑨ お皿に綺麗に盛り付け、お好みでブラックペッパーを振れば完成です!

 

 

<食べた感想>

コンソメの味わいとはまた違って、少し珍しい味わいのパスタでとても美味しいです。

オニオングラタンスープを感じさせる味になっています。

パスタの味がマンネリしてしまった時には最適ですね。

今回使用したダシダですが、それなりの塩分が含まれているので少量で良いと思います。

ダシダはスーパーなどに普通に売っていますので、是非皆様も試してみてください。

 

次回もお楽しみに。

小圷 寛之
2019.02.07 19:25

笠間~

皆さんこんにちは
いよいよ花粉症の時期に入ってきました
私もなんとなく眼がかゆいです

今回は茨城県にございます常陸国出雲大社に行ってきました。
東京から約1時間、乗換え駅にてローカル線を待っていたのですが、次発まで40分もあるので
そばを食べて腹ごしらえ

最寄り駅に到着
のどかですが…人がいない…

こちらが常陸国出雲大社です
島根県出雲大社の分霊鎮座になります

祭神は大国主大神(おおくにぬしのみこと)一般的には「だいこくさま」の名で親しまれています。
天照大御神に国土を捧げ日本の建国に大きな功績を残され、農業・漁業・医療・
縁結びの神として崇められています。

拝殿
長さ16メートル 重さ6tの大しめ縄に目がいきますね
普段、神社での参拝は「二礼二拍手一礼」と思いますが、
出雲大社は「二礼四拍手一礼」になるそうです
さらにお賽銭を入れる際、硬貨を真上に投げてしめ縄に刺さるとお願いごとが叶うと
いわれております。

本殿
島根の出雲大社と同じく古代の巨木信仰に基づく大社造り
本来本殿で参拝出来るのはご祈祷を受けた方のみなのですが
実は拝殿より外側の細道を歩くと神様を正面にして参拝が出来る
あまり知られていない穴場のスポットがあります。

帰り際、ちょうどご祈祷がはじまりましたので見学をさせて頂きました

最後に「だいこくさま」へ感謝の参拝をして

清々しく神社を後にしました。

次回は阿佐ヶ谷の喫茶店を紹介します。

 

上野 陽介
2019.01.31 21:41

立川ランチ

皆様、お疲れ様です。

立川相談室 上野です。

私上野の食ブログといえば、カレーですが

少し前から気になっていた沖縄料理行ってきました。

立川相談室から、立川駅方面に歩き、徒歩3分程にあります。

沖縄そば食堂。

→ランチの時間帯にお邪魔したのですが、食後満足してしまい、お店の外観を撮るのを失念。

仕事終わりに撮らせて頂きました。

入口ではない方は撮ったんですけどね。

見えづらいですが、「海辺のそば屋」と書いてあり、素敵だなと思い撮って満足してしまったんでしょう。

 

メニューはこちら

写真センスがないですね。メニューが全く見えません。

失礼致しました。色々な定食が御座います。

私が頼んだのは、こちら

「めんそーれ定食」

ソーキそば&ゴーヤチャンプルです。

なかなか、決められず悩んでいましたが

沖縄といえば、めんそーれだろ!と天の声が聞こえた気がしたのでこちらに。

 

ですが、実は私上野はゴーヤがあまり好きではないんです。

好きではないといいますか、食わず嫌いなところがあり、あまり好んで食べませんでした。

ですが、勿論、残さず頂きます。

ゴーヤ=苦いというイメージで食わず嫌いでしたが

ここのゴーヤは苦みは全くなく、歯ごたえもあり、とても美味しく頂きました。

 

ソーキそばは、モチモチした麺に薄味のスープ。

絶妙です。

そして、最後はこちら

コーレグース。

島とうがらしを泡盛に漬けこんだ辛味の強い調味料。

数滴からお試し下さい。と書いてあります。

何事も、興味が湧いてしまう上野は、辛いのは得意ではないですが、入れてみることに。

さっぱりとしたスープにピリっと辛味があり、味が変わります。こちらも絶妙です。

美味しくいただき、店員さんに「めんそーれ」と挨拶し、お店を後にしました。

 

立川にいらした際は、皆様も是非。

 

そろそろ、花粉の時期が始まると思うと辛いですが

元気に頑張っていきましょう。

みなさま、改めましてあけましておめでとう御座います。

立川相談室 上野です。

早いもので1月ももう終わりですね。

1月も終わりというのに、年末年始の事を。。。

失礼致します。

 

今年の年末はといいますと、、、

忘年会続きでした。

地元で集まったり、高校の友人と集まったり、大学の友人と集まったりなど

久しぶりに会う友人も多く

子供が大きくなった。結婚した。転職した。

などなど、久しぶりに会うと驚きの連続です。毎年、刺激になります。

そんな中毎年、高校のサッカー部での忘年会というと

集まって食事ではなく、1年間訛った身体に喝!を入れる為、毎年集まって身体を動かす事にしております。

今年は、ソサイチの大会に出る事に。

皆様、ソサイチとはご存知でしょうか。

終わってから気づきました。ソサイチが一番辛いと。。

サッカーでもなく、5人制のフットサルでもなく、ソサイチは7人制なんです。

コートの広さは、サッカーの半分の広さで、7分間を2セットで試合を行います。

試合が終わるごとに無言になってしまうくらい、辛く、写真を撮る事もできず。。

6試合行い、結果は、、、、、

下から二番目。(笑) まあ最下位にならなかったので、いいでしょう。と失笑です。

試合後、たまたま同じ大会に出ていた先輩に会い写真を撮らせて頂きました。

真ん中にいる方が、上野の母校の大先輩であり、昨年、J2で大活躍し、今年もJ2のチームに所属しております。

確りと、隣をキープ致しました。今年も頑張って欲しいです。

筋肉痛と戦いながら、カウントダウン!

正月は、毎年祖父母へ挨拶へ。

お雑煮食べて~

かまぼこ食べて~

むむっ隠れミッキー!

最近は、こんなのもあるのですね。2個ほど食べてから気付きました。。(笑)

そして初詣へ。

毎年、杉並区にあります大宮八幡宮に行きます。

小腹が空いたので屋台へ

何がなんだか分かりづらいですが、じゃがバターです。

見栄えが悪いですね。

欲張りすぎて乗せすぎてしまいました。

そして、お正月といえば、お餅!

 

上野家では、お餅をフライパンに油を入れ、揚げます。

毎年、このお餅を食べると年が明けたな~と実感します。

是非、皆様も試してみて下さい。

 

皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ナオミちゃん(女子プロテニス・大坂なおみ選手)の快挙に、唐沢家はもとより日本中が「カモ―――ン!!」と歓声を上げたことでしょう。

ところで、唐沢さんを釘付けにしていたのがこちら。

宇宙ステーションのような未来型審判席。恐らく自動昇降するのでしょう…アンパイアが自ら操作して、ゆっくり昇降する姿を想像するだけで( ´艸`)

 

さて、2週間で80万人近い動員を上げた全豪オープンですが、約3ヶ月で60万人を突破したのが『フェルメール展』(上野の森美術館)

 

 

毎日朝刊で目にするチケットの販売状況に、まんまとハマってしまった!?唐沢。

決して美術に造詣が深いわけでも、画家に特別な思い入れがあるわけでもないのに大丈夫?と多少不安を残しつつ…フェルメール作品の「青」の世界(ラピスラズリの青色)をこの目で見てみたい!とチケットを購入してしまったので、行くほかはありませんね。

 

名前と青いターバンの少女《真珠の耳飾りの少女》と、フェルメールブルーくらいしか知らないので・・・

→ フェルメールがオランダ出身であったことに「へぇ~」

→ 43歳という短い生涯であったことにも「へぇ~」

→ 『(全35点中)日本美術史上最多9点が東京に!』に、「へぇへぇ」

とまぁ予備知識なさ過ぎです(笑)

 

 

上野を訪れるのも学生以来?のほぼお上りさん。

いざ『フェルメール展』へ。

 

 

館内は日時指定の入場にも入替制ではないため、とにかく人・人・人。押し合いへし合いお目当ての絵画にたどり着くまでも一苦労。

残念ながら青いターバンの少女の出展はありませんでしたが、同時代のオランダ絵画50点程の鑑賞からの~フェルメール・ルームと気持ちは「まんぷく」、お腹は空腹でたっぷり2時間の滞在でした。

 

 

 

東京展は間もなく終了(大阪展は2/16~5/12)ですが、行きそびれてしまった方へ朗報!?です。

印刷博物館(一般300円)なるところでは、今流行りのVR(バーチャルリアリティー)で、360度方向からフェルメール作品《牛乳を注ぐ女》を体感できるという企画展が催されている模様。こちらは3月末まで開催なので、ちょっとアングラな角度からフェルメール作品をお楽しみいただけるかも知れませんね。

 

 

さて、フェルメールの次は・・・

 

この独特の技法(筆・色遣い)は、誰もが知るあの有名な画家。

新元号最初の展示として、また話題沸騰となること間違いなしでしょう!

今秋2019年10月11日~、上野の森へ「カモーン!(Come on!)」…使い方が違う?(^^;

 

明日から2月。「静」の次は「動」

サッカーアジアカップ決勝戦、日本代表の勝利に「カモ―――ン!!(再来)」なるか☆

 

)^o^( からさわ !(^^)!

 


ページの
先頭へ