有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは。

 

関東はいよいよ梅雨入りし、天気予報を当てにしながら過ごす毎日。

各地では紫陽花も見頃を迎え、いつもの通勤路で観る紫陽花が日に日に色付く様子を楽しみにしつつ、雨の日には花弁に雫が落ちて色鮮やかになると、やっぱり紫陽花には雨が似合うな。雨の日も悪くないな。なんて思いながら梅雨を楽しむ今日この頃です。

 

やや曇り空の6月某日。今年で38回を迎える「 横浜開港祭 」のメインイベントでもある、花火観覧。「 ビームスペクタクルinハーバー 」観賞のご招待を頂く機会に恵まれ、お邪魔して来ました。

 

メイン会場である、臨港パーク前海上周辺 ( インターコンチネンタルやパシフィコ横浜付近 ) は、開始1時間以上前から席を取る人の列でごった返していました…

 

さて、会場に到着すると、立食形式で屋上テラスにはバーカウンターも。

 

辺りが暗くなり始めて、海上には屋形船も見え始める中、定刻に花火が打ち上がります

 

右手の遠方、大桟橋には客船「飛鳥Ⅱ」も停泊し、すぐ横に見えるベイブリッジ、赤レンガ倉庫と共にコントラストの綺麗なライトアップ

 

更に目の前でこんな大きな花火が打ち上がり、歓声が上がります。

 

終わる頃には辺りも更に暗くなり、MM21周辺~インターコンチネンタル周辺の綺麗な夜景を目に焼き付けつつ、終わりを迎えました。今年初の花火を特等席で観賞し、一足早い夏を味わい帰路に着きました。

 

 

それでは。

梅雨寒が続きましたが今日もまた暑かったですね。井出です。

 

先輩相談員方にならって井出もブログ定期企画を考えてみました。

ズバリ!! ~刺激物大好き、井出です。

 

「 辛 」「 赤 」「 スパイシー などの文字があると

その店スタンダードも知らずに辛いパターンを頼んでしまう

よく言えば他人より舌が強い井出が臨むこの企画。

 

第1回の刺激物はこちらのお店で↓↓

 

満州軒( まんしゅうけん )

横浜市磯子区杉田1-17-1プララ杉田2F

京浜急行「 杉田駅 」の駅ビル2階に構えているラーメン店です。

高校時代からなので10年以上通っている満州軒さんに

記念すべき第1回でお邪魔させていただきました。

 

いつも頼む刺激物がコチラ ↓↓

 

ドラゴンラーメン

”ラーメン好き” で ”辛い物好き” の井出にはたまりません。

辛さは初級・中級・上級・ドラゴン級の4段階から選べます。

もちろん毎回ドラゴン級です。

いい色が出てますねー。

ドラゴン級になると見た目は真っ赤ですが、

甘みもありしっかりとスープの味を感じられて麺とよく絡みます。

辛みが足りない時には「秘伝の唐辛子」を追加。

 

また、この店のチャーシューは低温で調理されているのでピンク色をしているんです。

とても柔らかく余分な脂も抜けているのでサッパリいただけます。

 

刺激物ではないですが、この店もう一品のオススメがコチラ ↓↓

 

ネギ飯

チャーシューとシャキシャキのネギを和えていて

黒コショウと胡麻の風味も感じられます。

 

のセットがランチタイム(11:00~15:00)は760円とコスパも

 

ドラゴンラーメンのほか醬油ラーメンがあります。

土日には子ども連れの方もよく見かけます。

お近くにお越しの際はぜひ!

 

これからも刺激物に“適度に”挑戦していきます!!

 

今回の刺激物:満州軒 ドラゴンラーメン

辛さレベル :★★☆☆☆( ドラゴン級の場合 )

こんにちは。ついに梅雨入りしましたね☔明け方は気温も急降下で寒いくらいです。風邪をひかないように気を付けたいですね。

 

さて、そんな雨空になる前の5月、まだバラが満開の頃に、工場見学に行ってきました。工場までの道沿いにはバラが満開。甘い香りが漂っています🌹

 

 

着いたのはコチラ、信玄餅でおなじみの桔梗屋です。駐車場付近から、きな粉のいい匂いがします。

 

10名以上のグループの場合予約が必要ですが、個人での見学は予約不要・無料で自由に見学できます。

 

こちらは「信玄棒」の製造工程、わかりやすく解説するために、「しぼる君」「カット君」など、一つ一つの機械に動作の名前を付けて説明。

 

工場内の様子と合わせて確認することができます。

 

 

順路には、巨大信玄餅が飾ってありました。パネルと同サイズなので、結構大きいです。

 

 

工場見学の最後には、こんな宣伝が!「桔梗屋信玄餅包装体験」。

混ぜ合わせたり詰めたりする作業は機械でおこなっていますが、包装は「人の手」によって一つずつ丁寧に包まれています。いつ見ても綺麗な結び目ですよね!早い人だとなんと一個5秒弱で完成とのこと…プロの技です。

4つ包装体験ができて、包装したものは自分のお土産にできます😊


 

この日は直前に予定を決めたので、時間は合わず、そのままお土産屋さんへ向かうと…

アウトレット品を詰め放題できるイベントが開催されています。整理券配布終了時間が7:50とありますが…皆さん何時から並んでいるのでしょう。

運よく詰め放題に参加できた方々は、ビニール袋を破れる寸前まで引き延ばし、そんなに詰め込んでどうする!!??という量のお菓子を詰め込んでいました。

 

次回機会があったら朝イチで整理券を確保したいです。

 

 

■桔梗屋信玄餅工場テーマパーク

■山梨県笛吹市一宮町坪井1928(一宮御坂ICより車で3分)

皆様こんにちは
ルート営業の小圷です
急に汗ばむ陽気になりまして水分補給の回数も増えてまいりました

さて今回は熱気あふれる浅草の三社祭に行ってきました
学生時代の親友が浅草で職人をしている生粋の江戸っ子なのでお神輿を担いでいる
雄姿を見届けようと足を運びました

三社祭は毎年5月半ばに行われ、お神輿はお祭りの二日目と三日目に渡御(巡行)します
私は2日目に行われました町内神輿連合渡御を見に行って参りました
氏子44町内会の町神輿約100基が浅草寺裏に集結して隣にある浅草神社で
1基ずつお祓いを受けたのち各町会に戻っていきます

さっそく浅草寺へ向けて出発
浅草寺といえば雷門から仲見世を通り本堂を目指しますが
今日は人が多すぎるので雷門はくぐらず脇道から迂回して伝法院通りから
仲見世に入りました

 


すでにお祓いを受けたお神輿が威勢のよい掛け声と共に次から次へと渡御されて行きます

 

なんとか本堂手前まで来ましたが
人の波とロープの規制線が張られていて前に進めず参拝は断念!

どちらの町会のお神輿かわかりませんがコースを外れて観衆前に!
担ぎ手さん達が覆いかぶさって怒号と熱気と歓声と汗しぶきで大混乱です
令和元年ということもあり気合が入りすぎたのでしょうか?


親友が担いでいると思われる町会神輿が中々現れず!
どうやら先に進んでいる可能性があるので追いかけることに…

花やしきを過ぎて国際通りに入った所でやっと追いつきました
寿二丁目町会
通称『寿二』
イナセなはんてん姿がとても勇ましいく見えます

町会に戻り最期は拍子木にて粋に一本締め
担ぎ手の皆様お疲れ様でした

 

次の日は三社祭のメイン本社神輿の宮出しと宮入り
各町会の担ぎ手が入り乱れ今日以上に怒号が飛び交う一大イベント
親友がケガをしない事を願って浅草を後にしました。

老人ホーム業界の棚田ファンの皆様、美味しいお米を食べてますか?

 

昨年の米作りが感動的だったので、今年もエントリーさせていただきました。

昨年の棚田ブログはコチラ→ 棚田大好き、齋藤です。8

 

5月の下旬に大好きな山梨県富士川町平林地区へ凱旋。

晴天に恵まれ絶好の田植え日和、意気揚々と棚田へ向かいます。

 

 

「ム~…、ビューティフル棚田!」

既に田植えが終わっている棚田もあり、若々しい苗の緑が棚田の景観を一層引き立てています。

 

 

今年の田植え部隊の後ろ姿です。

身体に締まりのない後ろ姿を眺めていると、なぜか不安な気持ちになります…。

 

「人選間違えたかな~」と少々後悔しながら後ろを歩いていると、自然の中で聞きなれない音が…

「コツコツコツコツ…」

不気味な音が齋藤の田植え部隊にくっ付いてきます!

もしや…!?と思い、恐る恐る田植え部隊の足元を見てみると…

 

 

「ムム―――ッ!! 田植えに革靴できているボンクラがいるじゃないですか!!」

革靴履かせたまま、田んぼに生き埋めにしてやろうかと思いました。

 

 

みさき耕舎から徒歩で約10分、今年の棚田はコチラになります。

昨年の約2倍の広さで約500㎡。

 

 

昨年は田植えをなめていたので、とてつもない作業時間を要しました。

よって、今年は「田植え機」を導入!

 

 

田んぼ指導員から田植え機のレクチャーを受けている齋藤。

齋藤の熱意に田んぼ指導員のオッサンもタジタジです!

 

大事なレクチャーを受けているのに田植え部隊の兵隊が見当たらねーな、と思い横を見ると…

 

 

馬鹿どもが田んぼで「T」を探していました。

田植え機でひき殺してやろうかと思いました…。

 

 

まずは田植え指導員が手本を見せてくれます。

苗を田植え機にセットして…

 

 

「ドドドドド――――――ッ!」とアクセル全開。

オッサンが「どんなもんじゃ―――いッ!!」と雄たけびを上げていました。

 

 

続いて齋藤もアクセル全開!…とまではいかず半クラッチ程度で恐る恐る田植え機を動かします。

危なかしいので指導員がピッタリ寄り添ってサポート。

 

 

この折り返しが一番難しかった。

田植え機がドンドン進んでいくので、スムーズに反転させないと畦道に乗り上げてしまいます。

 

何回も折り返しをしているうちに、田植えが終わるころにはスムーズにできるようになりました。

 

 

田植え機では届かない細かな場所はやはり手作業です。

 

 

柴﨑相談員にも田植え機を体験させてもらいました。

何事も経験ですからね。

 

柴﨑相談員がアクセルを握ると、周囲が大声で叫び始めました!

 

 

「曲がってる!曲がってる!!」

仕事もふざけていますが田植えでもふざけているので…

 

 

齋藤が速攻駆け寄り、厳しく指導します!

「オイ! 田んぼの中で T 探してるんじゃねーだろーな?仕事は曲がっているかもしれないけど、田植えぐらいは真っすぐやろうぜ」

 

 

田んぼの中が一気に職場の雰囲気になってしまい、我関せず…と急に真面目に田植えをする部隊。

いつの時でも「空気を読む力」は大切です。

 

 

山口相談員も田植え機にチャレンジ。

写真を見ての通り、田植え機に振り回されていました…。

 

田んぼの中を裸足で歩き回り、田植え機を動かす体験を共有できたことが大きな財産になりました。

仕事中ではあまり見せない皆のリラックスした表情を見ることができたのも嬉しかったです。

 

 

田植え機を使うとこんなにキレイに簡単にできるんだな~、と感心しきりでした。

昨年の手植えの辛さを実体験しているからこそ、機械のありがたみを痛感できるものです。

 

昨年は約250㎡を手植えで約6時間。

今年は約500㎡を田植え機と手植えで約1時間半。

随分とラクをしてしまいました…。

 

 

いつの間にか看板を立ててくれていました。

看板を見ながらニヤニヤしてしまう気持ち、わかりますか?

 

手伝ってくれた兵隊もいるので「齋藤弘毅」と「その部隊」の田んぼと追記しておこうかな。

 

 

齋藤にとっては、これ以上ない助っ人!

自宅にも欲しくなってしまいました。これで中華街を練り歩いたら目立つだろうな~。

 

 

畑仕事を終え、当日は甲府で一泊。

立ち寄った居酒屋でパンチの効いた逸品を発見。

ペペロンチーノほうとう

 

パクリとひと口!

「イタリア人が食べたら怒ると思いますよ…」

 

次回は7月上旬に雑草むしりです。

 


ページの
先頭へ