有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
渡辺 真史
2019.03.31 18:12

「NABE’Sキッチン 2019」パート⑤

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

ついに桜が満開ですね。

今回はそんな春にピッタリのさっぱりとしたパスタのご紹介です。

とても簡単なパスタです。

その名も、「野沢菜とシラスの和風パスタ」。

和風パスタの定番と言っても良いくらいのメニューですが、休日の昼食にピッタリのパスタですので、今回改めてご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・野沢菜( 約100グラム )

・シラス( 約100グラム )

・鷹の爪輪切り( 少々 )

・白ごま( 少々 )

・昆布だし( 5グラムスティックを半分 )

・スパゲッティ( 200グラム )

・ごま油( 20cc )

・醤油( 5㏄ )

 

 

<下ごしらえ>

・今回の下ごしらえは野沢菜のカットのみです。

・食べやすいサイズにカットします。

※今回は水洗いはしません

 

 

<作り方>

① 早速、麺を茹でていきます。

※いつもの通り、湯量に対し1%の塩を入れています

 

② フライパンにごま油と鷹の爪輪切りを入れ、中火で火にかけます。

※鷹の爪に火を入れることで、ピリッとした辛さを出します

※辛さが苦手な方はあまり鷹の爪に火を入れないでください

 

 

③ 鷹の爪にある程度火が入ったら、野沢菜とシラスを入れサッと炒めます。

※いずれもそのまま食べられる食材なので、全体にごま油が合わさる程度

 

④ 次に、麺のゆで汁を約40㏄、昆布だし、醤油を入れ、混ぜ合わせます。

※この時の火力は弱火でOK

※ソースが完成なので塩分を味見

 

⑤ 麺が茹で上がったら、ソースと混ぜ合わせ、お皿に盛り付けます。

さらに上から白ごまを振りかければ完成です!

※今回は白ごまが無かったので、すりごまで代用しています

 

 

<食べた感想>

予想通り、とてもサッパリと食べられて美味しいパスタです。

ニンニクを使用していないので、ランチにもピッタリだと思います。

今回は味付けに醤油を使用しましたが、「白だし」でも良いかと。

さらに、これからの季節は最後に上から「乾燥桜エビ」をトッピングしても良いかもしれませんね。

彩り的にも春ピッタリです。

下ごしらえの工程も非常に少なくとても簡単なパスタです。

是非、皆様も試してみてください。

 

次回もお楽しみに!

 


ページの
先頭へ