有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
渡辺 真史
2019.02.17 17:07

「NABE’Sキッチン 2019」 パート②

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

本日は少し珍しい食材を使ったパスタをご紹介させていただきます。

珍しい食材とはこちら↓↓

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「ダシダ」という調味料です。

韓国で使われているようですが、牛骨や野菜から取ったダシがベースになっています。

そのままお湯で溶かしても美味しいスープです。

韓国版のコンソメスープといったところでしょうか。

玉ねぎやパンを入れ、チーズを乗せてオニオングラタンスープ風にしてもグッド。

今回はそれをパスタにアレンジしてみました。

 

その名も、「トマトとニンニクのパスタ オニオングラタンスープ風」。

では早速、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※1人前( いつも2人前ですが今回は1人前です )

・ミニトマト( 3~4個 )

・玉ねぎ( 1/4個 )

・ニンニク( 1片 )

・ベーコン( 約40グラム )

・とろけるチーズ( 約20グラム )

・ダシダ( 小さじ1杯程度 )

・パセリ( 少々 ※乾燥でも可 )

・白ワイン( 少々 )

・ブラックペッパー( 少々 )

・塩( 味の調整用 )

・オリーブオイル( 約20㏄ )

・スパゲッティ( 100グラム )

すみません。 パセリを忘れていたので写真は別撮りです。

 

 

<下ごしらえ>

① ミニトマトのへたを取り、1/2にカット

② 玉ねぎを薄くスライス

③ ベーコンを食べやすいサイズにカット

④ ニンニクを粗みじん切り

 

 

<作り方>

① フライパンにオリーブオイル、ニンニク、ベーコンを入れ、中火に掛けます。

※強火にしてしまうとニンニクが焦げてしまうので注意

 

② 早々に麺を茹でていきます。

※いつもの通り湯量に対し1%の塩を入れています

 

③ ニンニクが若干キツネ色になっていたら、玉ねぎを入れ炒めます。

 

④ 玉ねぎがしんなりしてきたら、ワインでフランベし、ゆで汁を約60㏄入れます。

 

⑤ ダシダを小さじ1杯程度入れ、全体的に混ぜ合わせソースの味を見ます。

※後に入れるチーズや麺に塩分がある為、このタイミングでは若干薄めで

 

⑥ ソースの味が決まったら、弱火にしてトマト、パセリ、ブラックペッパーを入れます。

 

⑦ 具材をフライパンの半分に寄せ、その具材の上にチーズを乗せます。

※チーズをあまい混ぜてしまうとソースに溶け込んでしまいます

※チーズを溶かすためにフライパンに蓋をしてもOK

 

⑧ 麺が茹で上がったら、具材が無い側へ麺を入れ、ソースと混ぜ合わせ盛り付けます。

※あまり具材が麺と混ざらないように注意

 

⑨ お皿に綺麗に盛り付け、お好みでブラックペッパーを振れば完成です!

 

 

<食べた感想>

コンソメの味わいとはまた違って、少し珍しい味わいのパスタでとても美味しいです。

オニオングラタンスープを感じさせる味になっています。

パスタの味がマンネリしてしまった時には最適ですね。

今回使用したダシダですが、それなりの塩分が含まれているので少量で良いと思います。

ダシダはスーパーなどに普通に売っていますので、是非皆様も試してみてください。

 

次回もお楽しみに。


ページの
先頭へ