有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
渡辺 真史
2021.07.11 16:37

「NABE’Sキッチン 2021」番外編

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

先日、スーパーへ買い出しに行くととても美味しそうな青梅が売っていたので、梅酒と梅シロップを造ることにしました。

初夏の季節にはピッタリですね。

正直初めての試みでしたが、色々調べながら頑張ってみたので、今回はその工程をご紹介です。

 

 

【材料】

⑴ 梅酒

・青梅(1キロ)

・ホワイトリカー(1.8リットル)

・はちみつ(350グラム)

 

⑵ 梅シロップ

・青梅(1キロ)

・氷砂糖(1キロ)

 

 

【作り方】

⑴ 梅酒

➀ 梅のヘタをしっかりと取り除きます

 

➁ 梅を水洗いし、水気をしっかりと拭き取ります

 

③ 乾燥した酒びんに梅とはちみつを交互に入れ、ホワイトリカーを注ぎます

 

④ 最後に蓋を閉めて、全体が混ぜ合わさるまで定期的にびんを揺らします

 

⑵ 梅シロップ

※梅の下ごしらえの工程は梅酒とほとんど同じですが・・・

★プラスして梅のエキスが出やすいように、竹串で数ヶ所つついておきます

 

こんな感じに仕上がります。

梅酒は最低でも3ヶ月、梅シロップは1~2週間待たなければいけないそうです。。

 


2週間後・・・

 

ようやく梅シロップが完成しました!

 

氷水や炭酸水で薄めてこんな感じ。

これ、かなり美味しいです!

天然のポカリスエットや~!

 

 

梅酒は大分らしくなってきましたが、もう少し待たねば。

※現在1ヶ月経過

 

 

今回の梅酒・梅シロップ造りは梅雨になる前が良いんだそうです。

湿度が高くなってしまうと、梅シロップは発酵が進んでしまうみたいでして。

梅シロップはすぐ飲みきってしまいそうです。

来年はもう少し多く造ってみようっと!!

 

 

工程はとても簡単なので、是非皆さまも来年は試してみてください!

 

次回もお楽しみに!


ページの
先頭へ