有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
唐沢 光枝
2019.06.28 17:32

2020から20まで

東京2020オリンピック「観戦」チケットの抽選は全敗に終わり

カゼ?からの~パソコンのウイルス「感染」(疑い)まで、弱り目に祟り目の唐沢

唯一の慰みは・・・

 

黄昏時の夏至の空に誘われて…途中下車

 

 

さて、東京2020と言えば『プラスチックゴミ』

オリンピック・パラリンピックの表彰台にプラスチックゴミが再利用されるというニュースは記憶に新しいのではないでしょうか。

 

その先駆け?ではありませんが、昨年から東京相談室で突如始まったペットボトルのキャップ集め

 

気付いたら20㎝四方の紙袋は半年でいっぱいになり・・・

 

 

 

溜まったキャップ…さてどうしよう?と調べたところ、この程度の量では何の足しにもならない事が判明し(およそ800個で20円の寄付金に還元されるそうで)、10円にも満たないキャップの行き先を求めて大手スーパーへ

 

※行政やリサイクルセンターで受け付けている所もありますが、意外と回収場所は少ないのが現状(ちなみに川崎市はプラスチックゴミとしてまとめて資源回収しています)

 

 

 

半年分の成果?もザザザーっと流し込んでしまえば、ものの数秒で任務も完了

特に達成感らしい事を味わう暇もなく、雨の帰り路へ・・・

 

 

そもそもキャップ集めは目的ではありません!(…ではないはず?)

これだけのキャップが「集まった」という事は、それだけペットボトルを消費した…プラスチックゴミを排出したという事。強いては環境汚染へ加担した!?という事にも?

 

今まさに開催中の『G20サミット』でも「海洋プラスチックゴミの削減」について議論が交わされていますが、世界中では1分間に1,000万枚ものレジ袋が消費されているとか(@_@)

 

そのプラスチック類(トレー、包装、袋)は本当に必要なのか、今一度意識していきたいものですね。

 

 

さて、目を見張る勢いでぐんぐん伸びてゆく「タチオアイ」

 

下から順に咲き、一番上の蕾が開く頃には梅雨が明けるとか(^-^)

ジメジメと蒸し暑い梅雨真っ盛りですが、シェルブールの雨傘を開いて路傍のステキな花探しに出掛けてみてはいかがでしょう☆(マイボトル&バック持参で♪

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 


ページの
先頭へ