有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
唐沢 光枝
2019.12.27 19:26

2020へ

“まだ平成~”(^^)/と始まった今年も残すところ、あと5日

サンタは来なかった?が、ちょっと早めの釣銭という「お年玉」をいただいたのでお裾分け(#^^#)

 

 

さて、あれから半年・・・

 

平成から令和に替わっても、相談室のエコ意識に進歩は無かったようです(泣)

 

ひとまず分別「は」されているペットボトルの蓋

前回同様スーパーの回収ボックスに「ザザザー」では芸がない?と、沿線にある『エコプラザ』なる場所へ意気揚々、否半年分の重みを背負って出かけてまいりました

 

 

とある昼下がり、受付女性の熱い視線を一身に受けながら、リサイクルボックスを探すこと数分

何やら「ザザザー」と変わらない匂いが…と、受付の方のスッと伸びる(預かりますよ~)の手に躊躇うこと瞬間

なんて言ったって、半年分の成果!?…ただで渡す訳にはまいりません(笑)

 

重さにして約1㎏

受付の方の「おぉ~☆」という歓声に、そこは喜ぶところではないのでは?(^▽^;)と思いつつ、無事授受も完了

 

こちらの「エコプラザ用賀」では、資源ごみや古着の回収のほか、おもちゃや家具の修理講座、また粗大ごみとして出された物品のうち、まだ使用できる家具等を修繕し、毎月二回抽選で頒布(1点1000円)を行っています

 

恐らく、大掃除のこの時期は一年で最も多くゴミが出る頃なのでしょう

 

東京都の埋立処分場も、あと50年でいっぱいになると言われているそうです

世田谷区では一人/日あたりのゴミの量を、令和6年度までに「492g」まで減らすことを目標に、一人につき「44g/日」減を掲げているとのこと

「44グラム」とは・・・

  • プリント用紙:11枚
  • ご飯(茶碗):1/4杯
  • 空ペットボトル:約2本 ※500ml

に相応・・・

 

未来の(子供たちの)ためにできること…地球環境のためにできることを今一度考えて、「その一秒を削り出せ」は箱根駅伝の合言葉ですが、その1本を…その食品ロスを無くすアクションを起こしていきたいものですね

 

 

最後になりましたが、令和二年(2020オリンピック年)が皆様にとって幸多き一年になりますよう祈念申し上げます

来年もまたよろしくお願いいたします

 

☆ご清覧、ありがとうございました☆

!(^^)! からさわ拝 )^o^(

 


ページの
先頭へ