有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

不要不急の外出を控えながら

今回も小圷は運動不足解消と新鮮な空気を求めて

自宅から自転車で約30分

区内にございます『妙法寺』というお寺を訪ねてみました

 

言い伝えでは境内に足を踏み入れるだけで

厄除けと良縁にご利益のあるお寺だそうです

 

江戸時代より庶民からお祖師さま(おそっさま)と呼ばれていて

厄を除いてもらおうと毎年全国から大勢の参拝者が訪れます

境内は人も少なく落ち着いて見て回れそうです。

 

妙法寺では『除厄け』と書いて『やくよけ』と読むそうです!

江戸時代には浅草の浅草寺と並ぶほど人気だったといわれております

 

江戸時代の後期には将軍様の鷹狩の休憩所になっておりました

徳川11代将軍家斉12代家慶15代慶喜が訪れています

東京都の有形文化財にも指定されています

 

まずは山門をくぐります

1787年建立(天明7年)

仁王門…二十層造りの桜門

左右には金剛力士像が安置されています

 

 

山門を通るとさっそく荘厳な景観の祖師堂が見えてきます

祖師堂

境内に入るだけでも厄除けになるともいわれているところです

1811年(文化8年)建立

妙法寺の中心となる一番大きなお堂

厄除けの神様であるお祖師像が奥に奉安されています

御開帳をするとご尊顔を拝することが出来るそうですよ

平成10年に再改装を致しました。

 

 

こちらが本堂

1819年(文政2年)建立

 

別名三軌堂とも呼ばれ衣・座・室の三つの心構えを表しています

祖師堂とは対照的な落ち着いた雰囲気です。

十界諸尊を泰安しております

内部の撮影は禁止なので遠くらから一枚

 

寺内では板廊下も歩けます

元々は真言宗の尼寺であったそうですが日蓮宗に改宗し

その後、日蓮大聖人の霊像をお迎えしたところ

あらゆる災難除けに人々の信仰を集め今日に至っています

 

日朝堂

1828年(文政11年)建立

 

学問と眼病の守護として崇められています

日朝上人の御尊像が奉安されています。

眼を患うくらい勉学に励んだといわれており

勉学の願いが叶うと多くの受験生が訪れます。

 

 

二十三夜堂…良縁成就・財運吉祥(縁結び・商売繁盛)

二十三日の夜、月待ちをすれば願い事が叶うとされていて

毎月二十三日にお堂が開かれ、堂内にてお参りが出来ます

 

白蛇が石になったと言い伝えが残る

なで石に触れると財運・縁結びのご利益が得られると言われていますが

残念ながらこの日は23日ではなかったのでご縁がございませんでした。

 

 

浄行堂

病気治癒・家内繁栄

 

石像をたわしで洗って病気の治癒をお願いする菩薩様

浄行様のお体を清らかな水で洗い自分の体の調子が悪い部分を

タワシでこすると病気治癒を得られるそうです

 

 

石灯籠…織部灯籠

墓地に通じる裏手門の前に灯籠が並んでいて

梅雨時は紫陽花が綺麗に咲くそうです

織田信長や豊臣秀吉に仕えた茶人

古田織部が考案したとされております

 

ちょうど各々のお堂より一斉にお経が始まったところで

門前横の「手打ちそば」を食べて帰ろうかと立ち寄ってみたところ

お蕎麦が売り切れになっていました

揚げまんじゅうはまだ注文が可能ということで

黒糖入りこしあんを注文

注文を受けてから揚げるので約5分待ちます

店内は羊羹やお煎餅も販売しております

衣がふわっサックっと軽い感じになっており

思ったほど熱くもなく食べやすかったです!

 

次回は23日に訪れて白蛇が石になったと言い伝えが残る

なで石に触れたいと思います!

こんにちは

令和3年が始まりました

今まで自分が生きてきたどの年とも違う不思議な年明けでした

まず、初詣に出かけることをためらってしまい

家族での話し合いになりました

皆さまのご家庭でも様々なお考えがあることと思います

何が正解なのかは後の世になってみないとわからないところでもあるのですが

とりあえず、我が家は正月三が日は神道を日ごろ信仰されている

氏子さん達が優先してお詣りすべきと結論し

月の半ばの平日にちょろちょろっと土地神様へ日ごろの感謝とご報告に

今年初めてのお詣りを致しました

ちょうど15日だったのでどんと焼きに間に合い

立川相談室の玄関に年始を彩ってくれたお飾りも納めることが出来ました

人出もまばらでしたが、幼稚園も営んでいる神社なので

可愛い参拝客の団体様がいらしゃってマスクの下で顔がほころんでしまいました

お詣りも一通り済ませ

目に入ったのはやはりおみくじマシーン!

最近はあまり見かけませんが、100円を入れると『ピンポーン!』と

神社らしからぬ音を出しておみくじを生み出す朱色の四角いマシーンです!

どうにもわたくし、おみくじを見ると引いてしまう癖がありまして

御多分に漏れず、すかさず100円を投入!

 

 

【教え】

自分につごうがよい時だけ感謝するのは、本当の感謝ではない。

 

!!! 日ごろの感謝と無事に生活できている事のお礼を・・・

とお詣りしたばかりのピュアな気持ちをへし折らんばかりのお言葉!

と思ったものの、今の自分の初詣に対しての言葉ではなく

常日ごろ自分勝手に行動してしまいがちな

業の深い人類全体への警告なのかなと

まあ、的を得た教えだなと考えさせられました

新型コロナの件だけではなく、日ごろの行いを慎みたいと感じ入りました

 

さて、このおみくじも運勢は【大吉】だったのですが

 

1/4の仕事初めにも我らが齋藤所長と立川相談室メンバーで

立川駅南口にありますお諏訪様へさらなる飛躍の年になるよう

ソーシャルディスタンスを保ちながらお詣りしてまいりました

例年と変わらず、まばらな人出でしたので無事にお詣りも済んだのですが

例年みられる高齢者施設から参拝にいらっしゃる方々の姿は無く

安全を考えれば仕方のないことなのですが

ご高齢の方たちが楽しみにされていたであろう

新年の行事も無いのだな・・・と、一抹の寂しさを感じました

早く誰もが安心して外出できる日が来ると良いなと改めて感じました

 

 

こちらで引いたおみくじも【大吉】でした!

昨年も【大吉】だったね~などと言われながら中身を確認

 

災い自ずから去り福徳集まり 誠に平地を行くが如く

追手の風に舟の進むが如く目上の人の助けをうけて喜事があります

信神怠らず心直く行い正しくなさい

 

何やら【大吉】づいておりほんのり怖いのですが

後ろにいた方からも「やったー!大吉!!」の声が聞こえたので

コロナで沈みがちな気持ちを神社も大吉率UPで後押ししてくれているのかな?

と勝手に解釈

目上の方の助けをうけて喜び事があるとな?

今年も目上、目下を問わず、人にやさしく

曲がったことをせず清らかに生きたいと思いました

 

願い事:金銭其他万事心任です安心油断大敵

 

の文字に心騒いだことはここだけの内緒です

 

 

こちらは、昨年末にルート営業中のお昼休みに立ち寄りました

日野市の高幡不動尊で引いたおみくじ

 

今年も立川相談室の縁の下の力持ち、そしてモブとして

相談員のお2人を輝かせる事が出来るよう頑張りたいデス ☆彡

 

 

高幡不動尊のおみくじには小さな開運招福お守りが付いてきます

いつも何が出るのか楽しみなのですが

今回は『恵比寿様』お近づきになりたい神様NO1ですので

大切にお財布に納めさせて頂きました

 

どうぞ皆様にとって良い1年となります様心よりお祈り申し上げます

 

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

本年もよろしくお願い致します

 

さて今年の初ブログは

地域の公園に行って来ました。

自宅から自転車にて約15分

 

『天沼弁天池公園』です

 

JR荻窪駅北口より徒歩8分

閑静な住宅街の中にある緑ゆたかな公園です

よく手入れをされた素敵な花壇が出迎えてくれます

この天沼地域はその昔、

こんこんと水が湧き出る池があり

天沼の地名の起こりになったと言われております

雨が降ると水が溜まりやすい湿地であったことに由来するそうです。

 

 

約300坪ある池の円形に5坪程度の島があり

そこに弁天様が祀られていました。

 

大正時代の半ばまで地域の水源になっていたそうでして

農民の皆さんにとって重要な役割を果たしていたことから

雨乞いの行事も行われていたようです。

 

 

池の周りにはスイレンが咲き

魚もいて子供たちの遊び場になっていましたが

昭和に入り都市化が進み農地が減少して地下水も枯れてしまい

最終的に池は埋め立てられてしまいました。

 

 

現在の池は人工的に作ったもので

地下水を汲みあげて利用しているそうです

 

 

この日は寒かったので池に氷がはっております

子供達が氷に石をぶつけておりますが

中々割れませんね

 

 

この辺りが昔、弁天様が祀られていた

池と島のあとでしょうか?

 

 

こちらは弁天池公園内にある郷土博物館分館

入場は無料にて

どなたでも利用可能です

気軽に文化に触れられるを

コンセプトにしているそうです。

 

区民参加型の企画展・紙芝居・モノ作りや

ワークショップも開催されます

 

通常は二階のフロアにてイベントがあるのですが

現在はコロナの影響にて立ち入り禁止になっております。

 

 

そのかわり一階にて展示が行われています

小さいフロアですが小綺麗にて窓からも

太陽の光が入り見やすい作りになっております

 

現在行われているのは

杉並区内の高校野球出場校の春夏熱闘の記憶と題して

高校野球の歴史を熱く展示しています

 

 

戦時下幻の大会もあったようですね

当時の選手たちはさぞ悔しかったことでしょう

現在もコロナという大変な状況下になっておりますが、

今年の高校野球は春夏共にいつも通り

開催されるといいですね!

 

郷土博物館のある広々とした園内は日常のお散歩や

身体を動かしたいときに便利ですね

地元の方々に好かれている憩いの場にふさわしい

素敵な公園でした。

 

 

毎回恒例の冬休みの宿題の手伝いです。

今回は家庭科の課題で「おせちを作ろう」です。

今時は手の込んだ料理はなかなか難しくて買う時代に、お母さんたちには酷な課題です。学校から母業を試されてるのかしら?とドキドキ。

課題用紙を見ると、一品だけとのことで、お煮しめを作りました🎶根菜類を切る娘の手元が怖くておどおどしましたが、なんとか出来上がりました✨

煮しめには、一つひとつの食材に縁起を担いだ意味が込められたさまざまな山の幸が、一つの鍋で一緒くたに煮られることから「家族が仲良く結ばれますように」との願いが込められているとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も是非、お正月のお節・お食い初め・お弁当・作り置きにも作ってみてはいかがでしょうか🎶

今年は未曾有の出来事に世界が変わりました。来年は収束を願うばかりです。医療関係者の皆様に感謝しつつ、皆様も良い年をお迎え下さい。

 

ソーシャルディスタンスがとれるイルミネーション

ということで大井競馬場まで行ってきました。

2018年から始まり今年は3年目だそうです。

知りませんでした。

感染予防の案内も馬仕様です。

まずはトンネルをくぐり抜けてから誘導馬がお出迎え。

騎手のお姉さんもしっかりカメラ目線くれてます。

その先にはミニチュアホースとポニーが。

子どもたちと記念撮影を済ませます。

 

フードコートを抜けるといよいよ会場です。

普段来ない競馬場にテンションが上がります。

「ソーシャルディスタンスがとれる」というだけあり開放感満点です。

 

イルミネーションはエリアごとにテイストが変わります。

まだ続きます。

まだまだ続きます。

あと少し。

 

約1時間かけて一通り見終えた後はレストランで軽食。

競馬関係の品や記念品がいくつも展示されていました。

※井出は運転手のため家までガマンです。

 

今年の営業は終了しましたが

4月4日まで金土日まで開催しているそうなのでご興味のある方はぜひ!

 

今年も一年間お世話になりありがとうございました。

言わずもがな新型コロナで様々な影響がありましたが、

皆様のおかげで無事に年末を迎えることができました。

一刻も早く今までの日常に戻ることを願うばかりです。

 

来年も宜しくお願いいたします!


ページの
先頭へ