有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちはルート営業の小圷です

紅葉の季節
落ち葉の上を歩くと気持ちが良いですね!

さて今回はお祭りお神輿大好きの浅草の友人より

前回ブログにて紹介させて頂いた奉祝行事に参加したメンバーでのミニ打ち上げが

あると声をかけて頂き顔を出しました

雷門に着いたとたん「浅草に来たらジェットコースターに乗らないとね」と言われ

何故か遊園地の「花やしき」に連れていかれました!

花やしきは浅草界隈の町おこしという重要な役割を背負って

1852年(嘉永5年)から一般公開され当初は

「花屋敷」と命名

四季折々の花を眺めながら食事や散策を楽しむ施設でした
幕末には動物の飼育もしていて動物園?の役割もあったそうです

 


さっそく入場料1,000円を支払い
乗物券600円分を購入して

いざ乗り口へ
花やしきではジェットコースターではなくローラーコースターと呼ぶようです

 

小学生に交じりながら並ぶこと約30分
緊張しながら乗車
高低差はさほどなくスピードも出ていないので楽勝かと思いきや

縦揺れが凄くお尻が浮いたと思ったら叩きつけられる感じで尻もちすること3回

約90秒の乗車でしたが結構足元がふらついていました

 

他にもアトラクションはあるのですが

さすがに我々は場違いと思い移動

移動先は大衆酒場で有名な『ホッピー通り』にやってきました

その昔は『煮込み通り』と呼ばれていたそうです


どちらのお店にも自慢の牛すじ煮込みとホッピーが必ず置いてあると言われている?

(恐らくですが…)そうです

友人や地元の皆さんは店員さんとアイコンタクトでスーッと入店
迷いがないです!

私は下戸なのでウーロン茶を注文

友人は当たり前のようにビールやホッピーをぐいぐい喉に流し込んでおりました!

こちらのお店の牛すじ煮込みは醤油ベースなのでしょうか?

やわらかくて美味しいです

休日は1時間制なのですぐにラストオーダーになってしまいますが

わずか1メートル移動すればすぐに隣のお店に入れるので便利…

常連さんはあたりまえのようにお店をはしごするそうです!

 

私は1軒目にてお先に失礼しましたが
飲み足りない友人をはじめ地元の皆さんは他のお店の中へ消えていきました

次回は他のお店の牛すじ煮込みを食べたいと思いながら雷門をくぐって
帰路しました。

浅草の皆さん来年もよろしくお願いします

本格的な寒さを迎える前に、“ヒエ~”と事務所内で悲鳴を上げている?お籠り組の豊田と唐沢です

 

さて、「150-0031」渋谷区桜丘町から「0043」道玄坂へと事務所移転をして間もなく9ヶ月

(さすがに、住所も空で言えるようになりまして♪

 

ただ、当初から変わらない光景がこちら・・・

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

(雪はそもそも想像の域を超えていますが)

夏ノ暑サニハ「ヘロヘロ」ニナリナガラ・・・

170回以上は上り続けたであろう、渋谷マークシティ(複合施設)脇の坂道

 

残念ながら、これだけ完璧な坂にもかかわらず

名前はまだ無い(多分、この先も無い・・・)

 

 

ようやく中間点!…とホッとするや否や

容赦なく続くサラリーマン(ウーマン)泣かせの坂道

※ちなみにJR組は坂道回避のコンコース?を利用している模様

 

 

いよいよ最後の一歩をグッと踏み込んだ先に見える景色は・・・

 

御覧の通り、何の変哲もありません

ビルに囲まれ、抜けるような空を望むこともできません

 

 

ビル風にあおられ

行列のできるラーメン店の匂いに釣られながら…夜勤明けの?メトロ職員の退勤姿を見送り

 

気になるギャラリーの看板とライブハウスを視界に入れながら

 

曲がり角にある卓球ショップの入り口に座り込む青年を不思議な眼差しで眺め急ぎ「NKビル」まで息を整えていくのが変わらぬ通勤風景・・・

 

 

 

ところで、あの急勾配の角度は一体・・・

息切れ具合から30度くらい?

40度はないはずだから35度?と

反芻していた唐沢が、とうとう答えにたどり着いたのはつい先日のこと

 

『渋谷の坂の角度を測ってみることにした』という、「後藤さん調べ」によると

まさか(真坂)!?…思わず吹き出してしまいました(^◇^)

 

 

名もなき坂道のポテンシャルたるや!

本家本元の「道玄坂」のお株を奪うその急勾配☆

もしかしたら、170回分の歩みも無駄ではなかったかも知れませんね(笑)

 

 

さて、皆さんも腕試し?ならぬ健脚試しに!

マークシティ脇の傾斜〇〇度の坂道経由で東京相談室へお越しになりませんか?

もれなく!美味しいお茶と「再登場」のノベルティでおもてなし致しますので\(^o^)/

 

 

※なお、神奈川相談室と立川相談室は平坦な道でお越しいただけます♪

(景観で言うなら、神奈川相談室が抜群!でしょう)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

小圷 寛之
2019.11.22 19:37

奉祝~

こんにちはルート営業の小圷です
一日一日冷たい風が吹くようになりましたね
久しぶりにネクタイを締めたところ慣れないせいか首元が苦しいです

さて今回は
令和天皇即位を祝う国民祭典の開催に際し
浅草のお神輿が参加するとの友人から連絡を受けて皇居前広場に行ってきました!


鍛冶橋通りから馬場先門周辺にお神輿会場を作り
日枝・神田・赤坂氷川・浅草・大國魂神社の他、
都内近郊のお神輿と全国のから山車・太鼓・踊り等の約30団体が集結!

さらに皇居前広場の内堀通りを閉鎖して音楽隊が盛り上げていました


厳重警備の為
見学エリア以外は立ち止まってはいけないらしく
さらに一方通行なので戻りたくても戻れず
同じ場所に行くには会場を一周しなくてはならず
中々思うように写メが撮れない状態が続きましたが
やっと見学エリアに入らせて頂きいざ連写


こちらは土佐高知!『よさこい鳴子踊り』の皆さんでしょうか!

きらびやかな衣装と鳴子を活かした振付けと熱い情熱とはじけるパワーは
民の健康と繁栄を願っているそうです
丁度取材を受けているところのようです

 

東京代表高円寺阿波おどりの皆さんです


今年の夏は大変お世話になりました!
丁度ミーティング中でしょうか?

今回一番目を引いたのが新潟のしばた台輪
新潟県新発田市が指定する民族文化財
台輪とは「まつり屋台」「山車」に相当するものだそうです

 

御殿風の2階造りで
1階にお囃子方座り
2階に人形が飾られています

彫刻の部分が美しく豪華な感じがしますが
前輪を持ち上げてから地面に激しく打ち下ろす「あおり」という
所作を行うとドーンという音が響き渡ります

これは迫力があって「あおり」をするたびに歓声があがっておりました

楽しい第一部のお祭りもあっという間に終わり
ここから先は天皇陛下のお言葉や奉祝曲の演奏が行われる「祝賀式典」に
入るので一斉に片付け作業に入り
お神輿の担ぎ手集団は早々に打上げ会場へ消えていきました!


第二部の「祝賀式典」会場に向かう観覧者の方々
チケットがない私はこれより先には進めず帰路につきました

お堀の水面が美しいので一枚

間もなく引っ越しを控えている立川相談室。

これまでは立川駅の南口方面にございましたが、引っ越し後は北口を出ていただくようになります。

 

そのため立川相談室は現在、室長を筆頭に引っ越し準備を進めております。

我々東京相談室の事務担当も、関係各所へ送る新住所ご案内のDM準備でお手伝い。

 

宛名シール貼り ⇒ ご案内の書類、リーフレット封入 ⇒ 糊付け

 

地味な作業ですが、量があるため事務で分担し取り掛かります。

他の業務とも兼務で進めなければならないので、二日かけ全ての作業を終えることができました。

 

また、今回の住所変更に伴いリーフレットが一部変更されております。

立川相談室の住所以外でどこが変わったのか……皆様ぜひ探してみてください。

 

いよいよ明日はハロウィン🎃当日。渋谷はどうなってしまうのでしょうか。

イベントを楽しみつつ、お気をつけてお過ごしくださいませ。

 

もしかしたら大会史上「イチ」素晴らしい花火の饗宴に歓声を上げていた多摩川で…そのわずか一週間後に氾濫の危機に脅かされるとは。。。

 

 

 

一晩でしたが、人生初の避難を経験し

一晩で済みましたが、停電と断水による不自由な時間を過ごし

自宅から7-800m程の所では背丈を超える浸水があり

亡くなられた方も居て・・・

 

  

 

家財道具を運び出し、泥出しや清掃に追われる近隣の方を目の当たりにして…胸が詰まる思いで、もう他人事ではありません

 

何かしなければ…何かしたい!けれど、どうしたら良いものかと悶々としていたところ、川崎市で「台風第19号に係るボランティア」の受付をしていることを知り、遅い夏休みを利用して及ばずながら唐沢も2日間参加させていただきました

 


  • 毎日9時から(お昼ごろまで)受付をしていること
  • 当日「ボランティア保険」に加入後、その足で現地へ向かうということ
  • よって、すぐ作業に入れる格好でセンターを訪ねること等

以上の情報のみを頼りに、川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)へ

 

 

 

もしかしたら、そんなに人が集まらないのでは?たった一人で個人宅へ向かうよう言われたら…(方向音痴の唐沢は作業以前に無事たどり着けるのか?)等々要らぬ心配をよそに、多くの方が次々参集し、唐沢は総勢11名のグループに割り当てられて、2駅先の個人宅へ「泥出し」作業に入りました

 

 

 

川崎市の被害は多摩川支流の平瀬川(川崎市高津区)の「バックウオーター現象」による氾濫被害【死者1名】と、武蔵小杉駅周辺(川崎市中原区)の内水氾濫による浸水・停電が連日報道されておりましたが、実は報道されていない多くの箇所でマンホールから2~3m高の水が噴き出し、床上浸水に見舞われていた地域があったことを後から知りました

※途中、閉鎖せざるを得なくなってしまったコンビニエンスストアも見かけました

 

  

 

ボランティア活動は「15時まで」という制限がある為、全ての作業を完了する事は叶いません

実際、元の生活を取り戻すまでには、まだまだ時間を要するでしょう・・・

そんな現状を目の当たりにして、連休をブラブラ過ごしていて良いものか?…ボランティアも平日になればガクンと減るのではないか?という懸念から、既に満身創痍の?身体に鞭打って(腰には湿布薬を貼って)翌朝もセンターを訪ねた唐沢です

 

 

台風19号(ハギビス)が日本に上陸し、関東~甲信~東北と甚大な被害をもたらしてから2週間

時間の経過と共に、精神的ケアも必要になってくる頃…相反してボランティアの活動が先細りなっていくのが怖いところ

 

参加資格は、「川崎市在住、在勤及び『在学』の方」…とありますが、中には遠く秦野市や平塚市からボランティアに駆け付けて下さった方もあります

保護者同伴で有れば中学生からでも大丈夫でしょう!気力・体力共にエネルギーに満ち溢れた『若い力☆』はパワーの源、被災者に元気と勇気をもたらします

 

まだ続く復旧に関心を持っていただき、出来る所から長くご支援いただけたら…と切に念願いたします

 

 

ボランティアの活動について・・・


・移動時に掛かる交通費や昼食代は個人負担となります(保険料は行政持ち)

・服装は大方のイメージ通りで、泥や怪我対策に長袖・長ズボン、長靴に厚手のゴム手袋は必須

・貴重品はウエストポーチ等で自己管理します

※また、個人宅を訪問する為、トイレは使用できないことも想定してください(公共の施設等、事前確認も必要になります)

 

 

★参加に当たっては「自己完結できること」…何より、自身の「体調が万全であること」が前提です

 

からさわ

 


ページの
先頭へ