有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆様こんにちは
ルート営業の小圷です
急に汗ばむ陽気になりまして水分補給の回数も増えてまいりました

さて今回は熱気あふれる浅草の三社祭に行ってきました
学生時代の親友が浅草で職人をしている生粋の江戸っ子なのでお神輿を担いでいる
雄姿を見届けようと足を運びました

三社祭は毎年5月半ばに行われ、お神輿はお祭りの二日目と三日目に渡御(巡行)します
私は2日目に行われました町内神輿連合渡御を見に行って参りました
氏子44町内会の町神輿約100基が浅草寺裏に集結して隣にある浅草神社で
1基ずつお祓いを受けたのち各町会に戻っていきます

さっそく浅草寺へ向けて出発
浅草寺といえば雷門から仲見世を通り本堂を目指しますが
今日は人が多すぎるので雷門はくぐらず脇道から迂回して伝法院通りから
仲見世に入りました

 


すでにお祓いを受けたお神輿が威勢のよい掛け声と共に次から次へと渡御されて行きます

 

なんとか本堂手前まで来ましたが
人の波とロープの規制線が張られていて前に進めず参拝は断念!

どちらの町会のお神輿かわかりませんがコースを外れて観衆前に!
担ぎ手さん達が覆いかぶさって怒号と熱気と歓声と汗しぶきで大混乱です
令和元年ということもあり気合が入りすぎたのでしょうか?


親友が担いでいると思われる町会神輿が中々現れず!
どうやら先に進んでいる可能性があるので追いかけることに…

花やしきを過ぎて国際通りに入った所でやっと追いつきました
寿二丁目町会
通称『寿二』
イナセなはんてん姿がとても勇ましいく見えます

町会に戻り最期は拍子木にて粋に一本締め
担ぎ手の皆様お疲れ様でした

 

次の日は三社祭のメイン本社神輿の宮出しと宮入り
各町会の担ぎ手が入り乱れ今日以上に怒号が飛び交う一大イベント
親友がケガをしない事を願って浅草を後にしました。

史上最長の10連休と共に、それぞれの余暇を楽しんだり、連休だからこそ思いっきり働いた方、通常通りお仕事を続けておられる方。平成から令和へ皆様はどんな思いでお過ごしになりましたでしょうか。

私は、子どもが小さい頃は親主導で予定が組み立てやすかったのですが、子どもの部活や予定を見てみると、まとまって家族が旅行に行くスケジュールが合わないため、実家に日帰りしたり、娘と原宿に行ったり、中学時代の同級生と会ったりとのんびり過ごしました。

 

原宿のチーズハッドグ。。。なかなかの若者フードで、胃もたれ満載です。たっぷり吸った油と、中には、のびーるチーズがたっぷり。中学生の娘が友達と食べに行ったので、私も気合入れて便乗です!

 

 

原宿駅から3分。竹下通りの中にある、「Sweet XO Good Grief」の哺乳瓶ソーダ。チーズハッドグの後の甘いものはきつかったので、娘だけ購入です。なかなかのフォルムで、今時の若者文化にはついていけないです。他にも、レインボー綿あめや、面白い形のしたアイス(ここでは言えません)が売っていましたが、チーズハッドグにやられている私には、食べきれる自信がなく、とても購入する勇気がありませんでした。。。

 

同級生と会うとくだらない話も懐かしくて、なんでもないことが面白く感じたり。同級生のお子さんも受験を終えて、高校生になったよーとか、まだ下の子は3歳で大変など、中学生の頃の面影を残していますが、親としても立派な大人になったなと思いました。

平成に切り替わるときには、まだ子供時代で、いつの間にか平成になったよねーなどと語らい、久々にのんびりできたなぁ。。。としみじみ。大人になった今、こんな風に話せることがとても大事だと感じるひと時で、令和も良い時代になりますようにと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩センター地元のお店で、同級生と時間を忘れて。。。

生牡蠣を沢山頂き、美容に良い食事と、ジビエ料理を初めて頂きました。意外とさっぱりして美味しく頂きました。

オイスター&ジビエ snug 2号店

https://www.diningbar-snug.com/

柴﨑 竜
2019.05.22 21:39

世界一。

最近、めっきり暑くなってきましたね。

まったく汗をかけない、代謝の悪い柴﨑です。

 

 

普段人混みの中にいると、神聖な場所へ行きたくなります。

 

 

 

ということで、今回は「牛久大仏」へ行ってきました。

 

聞いたことがない方も多いかもしれませんが

実はすごい仏像。

なんと、、、ギネス記録保持者なのです。

 

 

ブロンズ立像では世界一の高さを誇る牛久大仏。

どれだけ大きいのかこの目で拝んでみたいと思い、実際に見てきました。

 

 

行く前は、人が少ない静かなイメージを持っていましたが、意外に人も多く混雑していました。

 

早速、敷地内ではイベントを開催。

ステージ上ではものまね芸人さんやマジシャンの方々によるショーも行われており大盛り上がりでした。

 

少しイメージとの差異があったものの、、、

気にせず前に進みます。

 

大仏様はかなりの大きさのため、目の前に行かずともチラチラと見えますが、、見えないフリ。

 

 

ギネスブックに登録されているのは本当のようです。

 

 

この門をくぐるといよいよ大仏様の目の前です。

いざ。

 

門をくぐってから大仏様までの間には

群生海(ぐんじょうかい)

なるものがが現れます。

 

残念ながら四季折々の花々は見れませんでした、、

さらに進むと

 

大香炉です。

こちらも日本一の大きさとのこと。

 

 

いよいよ、あと橋一つとです。

 

もちろん六歩で渡らせて頂きました。

 

ついに目の前。

 

 

 

 

言い方が美しくありませんが、とにかくデカい。

それとともに、下から見上げた時の抱擁力。

圧倒されました。

 

写真だと少しわかりづらいので、遠めからのショットも。

 

 

近くで眺めてばかりいると首を痛めそうだったので敷地内を散策することに。

 

すると、今度は浄土式庭園なるものが。

 

 

清々しい青空を背景にすると、緑も映えます。

 

 

広々とした芝生の広場には花々も沢山咲いており、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

最後にこの日のベストショット大仏様を一枚。

 

光の差込み具合と、緑との共演がお気に入りポイントです。

 

 

 

今後も色んなギネス記録を追いかけていきたいと思います。

柴﨑でした。

 

 

 

皆さんこんにちは
汗ばむ陽気になってまいりました
さて今回は長年の友よりのお誘いを受け、巣鴨駅と駒込駅の丁度真ん中に位置する
東京染井温泉「SAKURA」に行ってまいりました。
この地域はソメイヨシノ発祥の地と呼ばれているそうです(諸説あり)

巣鴨駅よりシャトルバスが出ているとの事ですが
タイミングが合わず徒歩で行くことに…
歩くこと約8分で到着しましたが入口前にはすでに多くの方が並んでいました


和風庭園を通り過ぎ元気のよいスタッフさんのお出迎えを受けながら
入浴料:1,296円とフェイスタオル:108円を支払い脱衣場へ
他にもバスタオル:216円 館内着:324円にて借りられますので手ぶらでも安心です
因みに友人はちゃんとタオルを用意しておりました(さすが常連さん)

かけ湯をしっかり行い檜の大浴場へ
38℃のぬるま湯に浸かりながら案内板に目をやると
『地下1800mから湧出した無色透明天然温泉
温泉の成分含有量が都内で第二位にて天然ミネラルでお肌がツルツル』と表記されておりました
友人は慣れた感じで露天風呂と水風呂を行き来しておりましたが
お腹が空いたということで落ち着きなく巣鴨駅前に戻り友人の奥様推薦の焼肉「金剛苑」へ入店

サービスカルビランチ:(ナムル・キムチ・スープ付)730円を注文
生ビールを注文して喉を潤したいところですが、私も友人も下戸なので水で潤していました。
※食べるのに無中でランチの写真を撮るのを失念

飲食後、友人が塩大福を買いたいと言い出したので地蔵通り商店街に向かい
『元祖塩大福みずの』に並んでいたところ、ご当地ゆるキャラ『スガモン』に遭遇

バタバタした半日でしたが今後も巣鴨・駒込周辺を機会があれば散策してみたいと思いました

柴﨑 竜
2019.04.30 20:01

GW

まさに今、世間では

"平成最後・令和元年" "GW10連休"

で、話題が持ちきりかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

あまり流行り廃りには左右されない人間ではいたいのですが、さすがにこの流れ。乗らせていただきます。

 

 

ということで、柴﨑家は水族館へ行くことに。

家族サービスのつもりでしたが、結果的には自分が1番楽しんでいました。

 

今回行ってきましたのは「葛西臨海水族園」。

1989年に東京都江戸川区に開園したこちらの水族館は、30周年記念を迎えていました。

 

進んで行くと、半球体ガラス張りの建物が目の前に現れます。

この日はあいにくの天気でしたが、海をバックに佇む姿は少し幻想的でした。

 

建物内に入ると早速巨大水槽がお出迎えです。

何匹ものサメが泳ぎ回っています。

泳ぎが早すぎてうまく写真が撮れません…

 

園内のオブジェにもサメ。

かなりリアリティがあります。

 

やはりGWということもあり大勢の人が。

小さな水槽は人だかりで隠れてしまうため、気合いを入れないと見れません。

 

園内の各所には、水の生き物や水族館に関する小話・豆知識が張り巡らされています。

個人的には、26cmで大丈夫なのか?と思ってしまいました。

実物を触るのを忘れました…

 

 

ここからは、私が気になった水の生物たちをご紹介。

まずは、こちら。

なんといっても、この見た目。

気にならざるを得ません。

メガネをかけているような姿から

メガネモチノウオ」と名付けられたそうです。

別名を「ナポレオンフィッシュ」というそうですが、なんだか「メガネモチノウオ」の方が似合いますね。

 

 

続いては、こちら。

伊勢海老の仲間である「ニシキエビ」。

イセエビの類でも最大級だそうです。

肉質は劣るが味はほぼ伊勢海老と同じとのこと。

どうしても食べることばかり考えてしまいます。

 

 

最後にこちら。

わかりづらい方もいるかと思いますので、少しアップにしてみます。

トビハゼ」です。

おそらく、園内の中で1番地味な水槽と言っても過言ではないでしょう。

そして、きっとこれからも日の目を見ることはないでしょう。

私はあえて注目してみました。

 

 

水族館のご案内に戻りますが、園内には特設展示場や魚との触れ合いコーナーなど、お楽しみポイントが沢山ありました。

私はどちらも大賑わいで諦めてしまいましたが…

さすがGW。おそるべしです。

 

 

ちなみに、今回ペンギンを1番楽しみにしていたのですが、子供たちに大人気のため近くでゆっくりと見ることができませんでした。

次回のお楽しみにしたいと思います。

 

 

ご紹介した水族館の他にも、葛西臨海公園にはバーベキュー場や大観覧車もありご家族やご友人と休日を楽しむにはもってこいかと思います。

広場では、大道芸もやっていて大盛り上がりでした。

まだご予定が決まっていらっしゃらない方は、どうぞ足を運んでみてください。

GW後半は天気も回復しそうですしね!

 

 

それでは、まだまだ大型連休は続きますが皆さん体調管理にはお気をつけてください。

 

そして、明日からいよいよ令和が始まりますが、私もより一層気合いを入れて頑張っていきます!

 

東京相談室の柴﨑でした。

 


ページの
先頭へ