有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは

ルート営業の小圷です

 

先週あたりから体内温度が暖かいから

暑いに変わり始めて

水分補給をしっかり摂るように

意識しております

 

さて今回は東中野に行ってきました

 

東中野はJR中野駅のひと駅隣にある下町感のある町です

 

中野区内でも東中野の桜は穴場スポットとして評判なんだそうです

 

特に鉄道ファンの間で人気なのがJR中央線沿いの桜並木

線路の両側に咲き誇る桜が絶景とのこと

 

もうひとつが

中野区と新宿区との境目にかかる神田川沿いの桜

 

この神田川沿いに咲く桜を見に行ってみたいと思います

 

東中野駅を降りて神田川に向かう前に

少し寄り道をしてみます

 

駅の改札を抜けて徒歩1分

昭和の小路と呼ばれた『ムーンロード』が見えてきました

 

 

ここは昭和20年代に誕生。

当時は食堂・ラーメン屋・おでん屋などが軒を連ねていて

その後、飲み屋街に発展されて毎晩活気に溢れていたそうです

 

 

平成に入り名称を現在の『ムーンロード』に改名

 

現在も昔ながらのスナックやバーなどがありますが

残念ながら建物が老朽化しているのと後継者不足にて

少しずつ店舗が減ってきております

 

 

小路を通り過ぎて坂を降りて行くと神田川が見えてきました

満開のピークは過ぎておりましたが

川沿いの桜が見事に咲いておりました!

間に合ってよかったです

 

 

少し風が吹くと桜花が舞っていきます

散りゆく桜も風情がありいいもんです

 

 

 

ここは中央線を背景に写真が撮れる

穴場スポット?になるのでしょうか

皆さんマナーがよく譲り合って写真を撮っています

 

 

花見を終えて最後に訪れたのが「洋菓子パン喫茶・ルーブル」

 

 

『ムーンロード』商店街の片隅にあります

こちらのお店はパン屋さんの中に喫茶店が入っています

 

店内に入ると

昭和の名残でしょうか

テーブルの上には灰皿が置いて有ります

 

 

 

まずはサンドイッチを購入

空いている席に座ります

 

何となくメニューを眺めていたら

ホットドッグも食べたいと思い

カフェオレと一緒に追加注文

 

 

ホットドッグが出来上がるまでの間

先程購入した、めかぶ入りサンドイッチを食べてみます

 

 

少し辛子が効いていて

コリコリした食感がクセになりそうです

 

 

 

約10分後、ホットドッグとカフェオレが運ばれてきました

熱々のホットドッグを頬張りながら先程スマホで撮った

桜の写真を確認

う~ん

まあまあ綺麗に撮れたかなと自画自賛

 

 

 

今年も桜が見られて良かったと思いながら

カフェオレを飲んでお店をあとにしました

 

歩いてみると訪ねてみたいお店が何軒かあるので

再訪しようと思います!

 

例年より少し早く、今年は20日に開花と発表された東京の桜
27日が『満開』と発表されました

ちょっと早めの段階から開花を追ってみました

3/11では、まだまだ

翌週の3/17、少し蕾がほぐれてきていて、もうすぐだろうな~という感じに
で、1輪だけ咲いているのを見つけましたーー

開花宣言の翌日、21日にはチラホラと咲いているところが
でも私の標準木はまだまだ蕾

暖かい日も寒い日もありましたが25日
でも私の標準木はまだまだ蕾(あんまり変化がみられない…

 

予想通りに27日に満開を迎えましたね

28日。私の標準木もしっかり開花していました(見頃です!

今年の桜観察日記はこれにて終了です~

–渋谷桜丘の桜まつり情報–
提灯の点等が4月10日(日)まで
桜のライトアップ 4月5日(火)まで

だんだん暖かい日も増えてきたり、日が延びてきたり、本格的な春が近くなってきました
活動的になれる春楽しみです!(花粉症の皆さま、お疲れ様です

皆さんこんにちは!

 

最近、鶯の鳴き声で目覚めることが多くなってきて、春の訪れを実感しております。

 

鶯といえば「ホーホケキョ」という鳴き声が特徴的ですが、私の家の近くで鳴く鶯はこんな感じです。

 

 

鶯:「ホーホケキョキョ!!」

 

 

 

、、、惜しいっ!!

 

 

ちょっと下手くそですがそれが愛くるしくもあり、おかげさまでいつも穏やかな朝を迎えております。かげながら、鶯の成長を見守りたいと思います。

 

 

さて本題ですが、正直最近はあまりブログで紹介するほどの外出をしていないため、今回は私の好きなものについて語りたいと思います。

 

 

ということで、今回はラジオについて(´∀`)

 

 

3年程前から家にテレビを置いておらず、大抵はラジオを流しています。

 

テレビよりもいいなぁと思う点は、手足を動かしながら耳だけで情報を得られることです。

大抵わたしの朝は時間に追われてせわしなく動き回っているため、ラジオの方が合っています。

 

 

今は「radiko」という便利なアプリもあるため、普段はスピーカーに繋げて流しています。

※radikoの場合2分ほどのタイムラグが生じるため忙しい朝は要注意ですが、、

 

 

 

こんなアプリです。タイムフリー機能で、一部の番組は聞き逃しても数日間は再生ができます。

 

Amazonで購入したお手頃価格のスピーカーです。部屋がそんなに広くないので、このサイズでも十分良い音をだしてくれます。

 

 

時事ニュースなど何か情報を得る目的で真剣に聴くこともあれば、なんとなく音欲しさに流し聞きすることもあります。

 

 

なんとなく流していると、ふいに自分の好きな曲がかかったり、今まで知らなかったけどすごく良い曲に出会ったりといったことがありますが、YouTube等で検索して聴くのとはまた別の喜びがあると思います。

 

 

視聴者の投稿が非常に秀逸で面白かったり、スタジオの後ろの方にいるスタッフと思われる人のバカ笑いが漏れ聞こえたり、聴いているとけっこう楽しいです。

 

 

せっかくなので、よく聴いている番組をご紹介します。

 

問わず語りの神田伯山

 

TBSラジオ 毎週金曜日 21:30~22:00

30分間、パーソナリティーの神田伯山がひたすらしゃべって、笑い屋のシゲフジ君がひたすら笑うという構図です。めちゃくちゃ面白いのでぜひ。

 

荻上チキSession 

 

TBSラジオ 毎週月~金曜日 15:30~17:50

オンタイムでは聞けないため、帰宅後タイムフリーで聴きます。時事ニュースや、目立たないけど重要な社会問題を深掘りして取り上げてくれています。

 

ラジオのあさこ

 

文化放送 毎週土曜日 7:00~9:00

土曜日の朝、早起き出来たら聴きます。いとうあさこと砂山アナウンサーの掛け合いが面白いです。

 

安住紳一郎の日曜天国

 

TBSラジオ 毎週日曜日 10:00~11:55

投稿されるメッセージが秀逸な上、それに対する安住アナウンサーのコメントも秀逸です。

 

 

こんな感じで、なんとなくいつも決まった番組ばかり聴いてしまいますが、これ面白いよという番組がありましたらぜひ教えてください😎!

皆様こんにちは

ルート営業の小圷です

 

今年もまた花粉症の季節がやってきました( ;∀;)

先週から薬を飲み始めた小圷です

 

さて今回は

サブカルチャーで有名な中野からです

中野といえばオタクの聖地として有名なのですが

 

ネットニュースにて「中野・新たな一面・アール・ブリュット」

との記事が目にとまり、何の事だろうと思い足を運んでみました

 

「アール・ブリュット」とは

フランス語で『磨かれていない生のままの芸術』という意味だそうです

 

このイベントも2010年から始まり

中野ブロードウェイ商店街にて階段や壁面などに絵画を展示しています

 

 

私が見に行ったのは

中野駅北口から数メートル先のアーケード街

作品を写した垂れ幕が20メートルおきに綺麗に連なっていました

 

 

 

今では協力して下さるお店も次第に増えて中野駅周辺だけではなく

近隣の商店街にも広がりみせて発展しているようです

 

 

 

今まで発掘したアール・ブリュット作家は500人以上に増えて

独特の価値観と創造を持ち一心不乱に作品に向き合っているので

中野の街を歩けば内なる衝動に突き動かされた

奇抜な作品に出合えるかも?と

プログラムに書いてありました!

 

 

一通り作品を拝見し時間的に丁度お腹も空いてきましたので

街中華屋さんに寄ってみました

 

今度は中野駅の南口

大通りから一本脇道に入った先にあります街中華『寿楽』さんです

 

 

カウンター10席くらいしかありませんが奥行きがあり

席と席との間が広いので良い意味でコンパクトな作りです

 

何となく目に留まった

「ナス野菜炒めライス」とミニラーメンを注文

 

換気が遅いのかマスターの鍋振りが凄いのか

鍋を振るたびに店内に煙が充満します

焼肉屋さんのようなこのモクモク感

ものの数分で出来上がり

定食には餃子が2個付くサービス

少し遅れてミニラーメンも出来上がりました

 

 

ナスの影響なのでしょう

味も濃くかなり脂っこい野菜炒めです

ミニラーメンの味が薄く感じます

 

食べ終わる頃には充満していた煙も抜けていました

今回も無事に完食。

ごちそう様でした。

 

 

 

「直接的逼迫」は元より恐い「間接的逼迫」

新型コロナの感染拡大により「医療逼迫」が連日取り上げられています。「直接的逼迫」所謂、新型コロナ患者さんが入院できないことや、宿泊施設や入院病床をどのように配分するか、現在も議論されています。

東京都は先月23日に、無症状者向けの療養施設を立川市内にも約650床設けると発表も。同月25日に千代田区にある「東京スポーツスクエア」で稼働する1カ所目に続く施設となる。感染力の強い変異ウイルス「オミクロン型」の流行で広がる家庭内感染を抑制することが、主目的であるとのこと。

また、医師が延期可能と判断した入院や手術を延期または、自宅療養で通院するようにとの傾向が強まっています。

「新型コロナ診療以外」の医療にも影響が出はじめ、新型コロナによって縮小を余儀なくされた「間接的逼迫」です。

新型コロナの影響は、感染者が急増するため、容易に「間接的逼迫」が起こってしまう点に恐さがあります。

待機的手術や治療で、生命予後に直結しないものについては延期せざるを得ません。たとえば、時期を逸してしまうと進行してしまう早期がんなどは、適切な時期に手術が必要です。しかし、生命には影響しないものの生活の質を向上させるような手術に関しては、残念ながら延期することになります。

実は私も介護の当事者となり、「間接的逼迫」の煽りを受けていました。診察で初めから「コロナのため入院できません」とはっきりと言われ、包括支援センターの担当者の方と、残念だけれど受け入れるしかないと気持ちを切り替えました。

そこから、怒涛の介護生活が始まりましたが、サポートする家族は高齢だったり、仕事をしていたり、ずっと張り付いている訳にはいかず、リハビリや治療目的で施設にお願いすることに。

今月は特に私の親族と同じような相談を受け付けることがあり、事例としては、褥瘡、下肢の壊疽、転倒による骨折(保存加療)などが上げられ、一時的でも入居可能で、且つ緊急入居という条件でも受け入れて下さった施設がありがたいことにサポート頂きました。

施設とは、長期生活することだけが役割ではなく、「医療の逼迫を助けるためにもなる」と改めて考えさせられた1ヶ月となりました。

コロナ感染症の収束がまだ見えてこない状況ですから、これからのご相談の方々には、今回の私の体験を通し、コロナ渦で悩まずに、施設の役割が変わってきていることに気に止めていただけると幸いです。


ページの
先頭へ