有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

もうすぐ桜の季節が終わろうとしているのに、何だかまだ寒い日が多いですね。

渡辺はまだまだ暖房が欠かせません。

今日はちょっと時期が遅いかもしれませんが、寒い日にはピッタリのパスタのご紹介です。

その名も、「ベビーホタテと青梗菜のクリームスープパスタ 明太子添え」。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・ベビーホタテ生食用( お好み量 )※今回は実はイタヤ貝を使っています

・青梗菜( 1房 )

・明太子( 半分~1個程度 )

・バター( 10グラム )

・生クリーム( 100㏄ )

・牛乳( 100㏄ )

・水( 200㏄ )

・コンソメ顆粒( 小さじ1杯程度 )

・マヨネーズ( 小さじ1杯程度 )

・ブラックペッパー( お好み量 )

・塩( 下味用 )

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

<下ごしらえ>

① 青梗菜を3センチ程度にカットし、茎部分と葉部分を分けておきます。

 

② 明太子は薄皮を取っておきます。

 

③ ベビーホタテは冷凍であった場合は解凍しておきます。

※ちなみに今回のイタヤ貝ですがとてもホタテ貝に似ているんです。

個人的にホタテよりも味がスッキリしているように思えたので、今回は代用しています。

もちろんベビーホタテでも問題ありません。

 

 

<作り方>

① フライパンにバターを入れ、中火にかけます。

 

② ある程度バターが溶けてきたら、青梗菜の茎部を炒めていきます。

 

③ このタイミングでもう麺を茹で始めてしまいます。

※いつもの通り湯量の1%の塩を入れてます

 

④ 青梗菜の茎部がある程度しんなりしてきたら、葉の部分、ベビーホタテを入れ炒めます。

※ここで具材に塩を軽く下味もつけておきます

 

⑤ 具材がある程度炒まったら、生クリーム、牛乳、水を入れます。

生クリームと牛乳の違いが分かりづらいですが・・・

 

⑥ ソースがグツグツし始めたら、コンソメ顆粒、マヨネーズを入れ溶かし込みます。

※マヨネーズがお好きな方は、少し多めに入れてもOK

※最後に明太子をトッピングするのでソースは少し薄いくらいがベスト

 

⑦ 麺が茹で上がったらボウル皿に盛り、ソースを上からかけ入れます。

そして、明太子とブラックペッパーをトッピングすれば完成です!

 

 

<食べた感想>

マヨネーズがクリームスープにコクをプラスしていて、麺とも上手く絡みます。

バター、生クリーム、牛乳、マヨネーズと少々こってりな感じがするかもしれませんが、

敢えてスープ状にしているのと、明太子のアクセントで最後まで美味しく食べられます。

今回はイタヤ貝でしたが、ベビーホタテですとホタテの風味がもう少しソースに加わるかと思います。

イタヤ貝はそこまで味を主張しないので使いやすい食材でお勧めです。 これはお好みですね。

また、最後のトッピングはブラックペッパーの代わりに、きざみ海苔なんかもアリかと。

 

 

暑い夏にはあまりお勧め出来ないメニューですが、今の時期にいかがでしょうか?

是非、お試しください。

 

次回もお楽しみに!

 

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

ついに桜が満開ですね。

今回はそんな春にピッタリのさっぱりとしたパスタのご紹介です。

とても簡単なパスタです。

その名も、「野沢菜とシラスの和風パスタ」。

和風パスタの定番と言っても良いくらいのメニューですが、休日の昼食にピッタリのパスタですので、今回改めてご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・野沢菜( 約100グラム )

・シラス( 約100グラム )

・鷹の爪輪切り( 少々 )

・白ごま( 少々 )

・昆布だし( 5グラムスティックを半分 )

・スパゲッティ( 200グラム )

・ごま油( 20cc )

・醤油( 5㏄ )

 

 

<下ごしらえ>

・今回の下ごしらえは野沢菜のカットのみです。

・食べやすいサイズにカットします。

※今回は水洗いはしません

 

 

<作り方>

① 早速、麺を茹でていきます。

※いつもの通り、湯量に対し1%の塩を入れています

 

② フライパンにごま油と鷹の爪輪切りを入れ、中火で火にかけます。

※鷹の爪に火を入れることで、ピリッとした辛さを出します

※辛さが苦手な方はあまり鷹の爪に火を入れないでください

 

 

③ 鷹の爪にある程度火が入ったら、野沢菜とシラスを入れサッと炒めます。

※いずれもそのまま食べられる食材なので、全体にごま油が合わさる程度

 

④ 次に、麺のゆで汁を約40㏄、昆布だし、醤油を入れ、混ぜ合わせます。

※この時の火力は弱火でOK

※ソースが完成なので塩分を味見

 

⑤ 麺が茹で上がったら、ソースと混ぜ合わせ、お皿に盛り付けます。

さらに上から白ごまを振りかければ完成です!

※今回は白ごまが無かったので、すりごまで代用しています

 

 

<食べた感想>

予想通り、とてもサッパリと食べられて美味しいパスタです。

ニンニクを使用していないので、ランチにもピッタリだと思います。

今回は味付けに醤油を使用しましたが、「白だし」でも良いかと。

さらに、これからの季節は最後に上から「乾燥桜エビ」をトッピングしても良いかもしれませんね。

彩り的にも春ピッタリです。

下ごしらえの工程も非常に少なくとても簡単なパスタです。

是非、皆様も試してみてください。

 

次回もお楽しみに!

 

みなさん、こんばんわ。

立川相談室 上野です。

 

平日は暖かい日が多かったですが

週末は寒いですね。

そんな週末、以前から気になっていたお店にお邪魔してきました。

 

2月25日オープンしたばかりの

「茶カフェ一煎(いっせん)」

立川相談室の近く川野病院の道路挟んで目の前にあります。

ちなみに、隣にあるのが、上野行きつけお弁当屋さんです。

お弁当を買いに行く度に、「茶カフェ」ってなんだろうな~と気になっておりました。

店内には、カウンター3席、テーブル席6席。

先ずは、お腹が減っていたので、ランチを頂くことに

いつもだったら、「豚しゃぶ大盛りで」と言いたいところですが

マラソンで挫けた上野は、健康的にカレイの煮付け注文します。

とても家庭的な味付けで、優しい気持ちになります。

茶カフェでも定食美味し!!

満腹になり、店主の方に色々とお話を伺いました。

メニューは、こちら

多種類のお茶やおにぎりなどモーニングセットもあります。

 

静岡産の深蒸し茶

京都の宇治茶

などなど、お茶の特徴やお薦めの飲み方などが、記載されております。

お茶を頼むと

 

自分で急須を選び、茶釜からひしゃくで湯を注ぎ入れる

店員の方に伺うと、選ぶお茶と選ぶ急須をよって味が変わり

京都のお茶であれば、この急須が合いますよなどアドバイスして下さるとの事です。

お茶には、無頓着だった上野は、

「急須にも色々な種類があって、お茶との相性があるなんて初めて知りました」

と感心します。

こちらでお茶を入れるようです。

 

店主の方もとても気さくな方でお話して下さいました。

美味しい食事と初めて知る事も多く、話に夢中になってしまいました。

「ご馳走様でした、美味しかったです!」

とご機嫌に出てきて気付きました

肝心なお茶を注文する事を忘れている事を。。。

なんだか、説明だけ聞いてランチ食べて、お茶を飲まないなんで。。

申し訳ない気持ちに。

次回は、ゆっくろお茶を頂きます!!

 

 

来週は、隣のお弁当屋さんで、でかい唐揚げ弁当食べて、茶カフェ一煎でホッと一息入れたいですね。

 

立川相談室の近くの公園にも

桜が咲き始めており、花見をしている方もチラホラと。

皆様もホッと一息したい時には是非

 

茶カフェ 一煎

営業時間 8:00~17:00

住所  立川市錦町1-6-14

 

有難う御座いました。

 

 

本日の蕎麦屋は、神奈川県相模原市、東林間駅近くの「そば処高松」

東林間駅歩いてすぐです。

店内は

地元の常連さんが多いようです。

仕事休みなのか、ほとんどの方が、蕎麦+瓶ビールを楽しまれていました。

最高の休日に違いない。

こちらのお店の特徴は・・・

とにかくメニューが多い。

目を疑ったメニューは

「ラーメン」

しかもラーメンの種類も豊富・・・

蕎麦屋でラーメンを出すお店は初めてだったので驚きました。

まさかラーメンの麺が蕎麦?などと妄想を膨らませてしました。

ラーメンを頼む勇気は無く、いつも通りざる蕎麦を注文。

 

 

注文してからまさかの3分で蕎麦が到着。

どうすればこんなスピードで蕎麦を出せるのか?

あっけにとられてしまいましたが、お腹が空いていたのでそんなことは気にせず実食

( 特殊な蕎麦を茹でる機械でも導入しているのか・・・)

今回印象的だったのが「麺つゆ」

非常にさっぱりしているこの麺つゆがそばに合う!

麺つゆだけお代わりしてしまいました。

( 塩分が高く体に悪いことはわかっていながら・・・ )

あっという間に完食。

お店の女将?に聞くと一から手作りということでした。

レシピが気になる・・・

今回も美味しくいただきました。

今年度も残すところあとわずかとなりました。あっという間に時間が過ぎ去っていきますね。

今年の冬は暖かい日も多く、桜も早々に蕾が開いています。

ここ数日はすっきりとしない天気が続いておりますが、そろそろお花見を楽しみたいところ。皆様おすすめの花見スポットはございますか?

 

 

今月はCaféとおひとりさまはお休みをして、いざ渋谷ランチへ。

今回は新・東京相談室の近く、お店の前に並ぶぬいぐるみが目印のお店へお邪魔しました。

 

そう、お店の前になぜかぬいぐるみ...

その正体は!黒い魅惑のボディに赤い頬、そして愛嬌のあるとぼけた表情…パイプ椅子に鎮座するのはまさしく「くまモン」です!

くまモンでお分かりの通り、こちらは熊本の食材を扱われるお店です。

以前より気になっていたお店でしたが、画像の通りお店の前にはメニューも営業中の看板もなくこれまで足を踏み込めずにおりました。

しかし今回は運よくお店から出てくるお客様がいたので、これは営業している!と確信して念願の入店。

本来は居酒屋さんですが、お昼の時間帯にはランチも提供されていて、店内は大変賑わっておりました。

 

ランチのメニューはしょうが焼きといった定番の定食だけではなく、ちゃんぽんやラーメンといった麺類も取り扱われています。

ラーメンにも心惹かれるものはありましたが、天草梅肉ポークという言葉につられて、今回はしょうが焼きを注文。

ご飯には追加料金で自然薯を追加することもできます。ちょっぴりと贅沢してそちらも追加してみました。

 

ポークは柔らかい口当たりで食べやすく、甘めの味付けもちょうど良く感じました。

自然薯には味付け用の調味料も添えられていますが、それを加えなくてもそのままでおいしくいただくことができます。

 

店内の壁には夜のメニューが張り出されており、そちらも非常に心惹かれます。

昼と夜、それぞれの楽しみのある熊本のお料理のお店、ぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


ページの
先頭へ