有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

12月3日は当社の創業記念日でした。

皆様のお力添えをいただきながら、創業7年目を迎えることができました。

当社スタッフからお祝いの品をいただき、うれし涙に目を曇らせながら開封すると…

 

齋藤のことをわかってくれているね~。どうもありがとうございます。

優秀なスタッフに支えられつつ、またそのスタッフ達のためにも今まで以上に頑張らねば!と決意を新たにして、ケロリンタオルでねじり鉢巻きをして風呂に入りました。

 

それから数日後…。

齋藤はある資格を取得するために世田谷区等々力にある東京都市大学キャンパスへ向かいます。

その資格とは…

 

温泉健康指導士と温泉ソムリエマスター

別々のライセンスですが、このどちらを取得しても仕事に何の役にも立ちません。

 

当日は213名の温泉バカが集結。

10時 ~ 17時まで、みっちりと温泉と入浴に関する講義を受けたので、湯当たりしたようなダルい気分になってしまいました。

一日でこんな長い時間を勉強したのは30年ぶりぐらいでしょうか…。

400P以上もある分厚いテキストを使い、「温泉法の規定と療養泉の規定」から学び「温泉分析表の読み方」や「泉質別の適応症状」などを学ばせていただきました。

 

これが「温泉ソムリエ認定証」

誰に認定されたのかわかりませんが、一応「温泉ソムリエ」を名乗っていいみたいです。

 

おまけにこんな認定証もいただきました。

ステップアップ?と言われても初受講ですから…。

適当なライセンスだな~、と思いながら内心は「なんだかわからないけど嬉しいな」と思っています。

 

温泉ソムリエは過去に約2万人が取得している民間のライセンスで、芸能人の方も多数取得しているそうです。当日も芸能人が受講しており、受講者代表で挨拶されていました。

 

こちらは温泉健康指導士のライセンス。内容的にはコチラの方が実生活に参考になる話が盛りだくさんで大変参考になりました。

 

講義後に答え合わせをするミニテスト。

こんな内容ならば受講しなくたって誰でもわかると思います…。

 

何はともあれ、貴重な休みを犠牲にして「温泉ソムリエ」と「温泉健康指導士」のライセンスを習得してきました。

「何ごとも興味を持って学ぶことの大切さ」を実践できたことに満足感を得ることができました。

 

今までは自己流の知識で温泉を楽しんでいましたが、専門知識を学ぶことができたので今までとは異なるアプローチで温泉と向き合えるような気がします。

で、早速行ってまいりました!

 

11月末が当社の年度末で無事に第6期目が終了しました。

自分へのご褒美として、過去にお世話になったことのあるお気に入りの温泉宿で療養してまいりました。

過去の温泉ブログはコチラ→ 温泉大好き、齋藤です。49(静岡県賀茂郡東伊豆町:大川温泉)

 

絶対的に良い温泉もない。絶対的に悪い温泉もない。

その時に自分に合っている温泉が一番良い温泉です。

11月下旬の最終日曜日に今年最後の農作業「大根掘り」をしてきました。

 

前日までの天気予報は「雨時々曇り」

雨天決行なので雨具を用意して当日を迎えました。

 

山梨県富士川町平林地区は山奥にあるので、進むにつれて濃霧に囲まれてきます。

 

「大根掘り」の前に、介護施設研究所の田んぼを見てきました。

9月末に稲刈りをした後は手付かずの状態でこんな感じでした。苗の若々しい新緑とたわわに実った黄金色と稲穂が懐かしい…。

 

こんな感じでした。

「また来年も美味しい米を作ろうぜ!」と棚田と約束してきました。

 

で、濃霧に包まれたみさき耕舎に到着。

 

 

大根畑はみさき耕舎のすぐ下。

戦闘服に着替えてソルジャー達とミーティングをしていると、奇跡的に青空が見えてきました!

「今日の大根掘りは勝ち戦だぜ~」と気勢ならぬ奇声を発してテンションをあげる介護施設研究所のソルジャー達。

 

ちなみに、11月下旬の大根収穫で富士川町平林地区の農作業は一段落するみたいで、この時期に収穫祭と伝統行事「氷室神社の神楽の舞」が行われます。

 

こんな感じで町民がフル稼働してイベント準備していました。

 

もち米を釜で炊いて臼で餅つき。

オーバー80の爺さん婆さん達が年に一度のビックイベントでイキイキしています!威勢の良い掛け声があちこちで聞こえてきます。

と言ってもやはりオーバー80なので見ているだけで痛々しくなってくるので、宴の準備は爺さん婆さん達に任せて、その間に我々は今回のミッション「大根掘り」に向かいました。

 

 

天候も奇跡的にV字回復してこの空模様。

11月下旬だというのに汗ばむぐらいの好天に恵まれ気分最高でした。

 

大根も色々種類があるのですが我々の大根は「青首大根」

国内市場に流通している大根の約90%がこの青首大根。大根の上の方に甘みがあり、下の方になるにつれ辛みがあるとされています。

 

齋藤が抜いた大根を見ながら渋い表情をしています…。

大根を見ながら何を考えていたかと言うと、「いけね~…、ご相談者〇〇さんに電話するのを忘れてたぜ~…」

 

上野ソルジャーも大根戦争に招集しましたが、彼が抜くとナゼか奇形大根ばかり引き当てます…。

気味悪いのであまり掘らせませんでした。

奇形大根は全て上野ソルジャーに持ち帰らせて完食させたたのでご安心ください。食べ物を無駄にしませんから。

 

この3倍ぐらいの大根が収穫でき、一人20本~30本ぐらい持ち帰ることができました。

一般家庭での大根消費量は、1週間で1本ぐらいが精いっぱいでしょうね…。持ち帰ったソルジャー達は親戚やご近所にお裾分けして、大変喜ばれたようです。

渡辺ソルジャーはお決まりのパスタで大根を消費したようです。

「NABE’S キッチン2019」パート⑮  / 「NABE’S キッチン2019」パート⑯

 

大根掘りを終えてみさき耕舎に戻ると、舞台が用意されていました。

いつの間にか秋晴れで清々しいです!

その周辺にはテーブルも用意されており、爺さん婆さん達が作った田舎料理に舌鼓を打ちながら一年間の農作業を振り返っていると…

 

山肌を吹き抜ける乾いた空気に篠笛と和太鼓の音色が我々をタイムスリップさせてくれます。

大昔からこの地域に根付いている伝統芸能「氷室神社 神楽の舞」

 

介護施設研究所の2019年農作業は終了しました。

2018年に続き、農作業を通じて社員やそのご家族、老人ホーム関係者の方々と仕事以外でのコミュニケーションを取ることができ、とても有意義な体験になりました。

この土台作りをしてくれているのは、山梨県富士川町平林地区のみさき耕舎の職員の方々です。

改めて、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

自然の摂理を通じて「人間力」にもっと磨きをかけ、自己利益を優先するのではなく利他の精神を身に付けたいですね。

このような貴重な機会を齋藤だけが独占するのではなく、齋藤を支えてくれている方々にも共有していただき、共に成長できる環境を今後も継続していきたいものです。

 

柴﨑 竜
2019.11.30 16:12

地元の逸品

最近、酒蔵巡りに興味がある柴﨑です。

 

 

そんな私の地元・群馬県には海がありませんが、美味しいお酒はあります。

 

 

今回ご紹介したいのは、群馬の地酒"桂川"の蔵元である

「柳澤酒造」

 

私の故郷群馬の地酒ですが、この存在を教えてくれたのは弊社代表の齋藤です。

甘口の美味しいお酒と聞き、行ってみました。

 

 

こちらは明治10年に創業された大変歴史のある酒屋です。

 

 

早速中へ入ると、想像をはるかに越えた狭さ。

そして、誰もいなかったので声をかけると奥の方からスキンヘッドの店主が登場。

少し強面でしたが、話してみるととても穏やかな優しい方。

そして、奥さんとお子さんも続けて登場しそれだけで満員な状況でした。

お子さんは私の娘よりちょっと早く生まれたそう、などたわいもない会話までしてくれました。

 

店内にはたくさんのお酒や表彰状、写真などが置かれていました。

 

 

見えづらいですが、明治から今も続けている全国新酒鑑評会で金賞を取られたさいの表彰状。

 

 

写真には訪れた著名人が写っており、片岡鶴太郎さんや群馬出身のJOYさん、そしてサッカー元日本代表の中田英寿さんの姿も。

 

 

そして、ずらりと並んだ日本酒。

 

 

お酒の知識が少ない私が色々質問すると、その度に店主が丁寧に説明をしてくれました。

 

 

スタンダードな桂川から、最近では微炭酸の日本酒も作っているとのことで何種類かを選び購入。

微炭酸も美味しかったですが、やはりスタンダードがすっきりとした甘口で格別に美味しかったです。

 

 

緑豊かな中に突然現れる酒屋、柳澤酒造。

今後も帰省の度に寄って行きたいと思います。

 

 

 

冬将軍の猛威に?オリンピックの二次抽選を失念してしまった唐沢です(T_T)

これで「スポーツの秋」も終わってしまったのでしょうか・・・

 

 

さて、見覚えのある光景

(デジャヴではありません)

12月目前!何の変哲もない道玄坂(事務所界隈)から、滑り込みで「食欲&芸術の秋」を納めてまいりましたのでご紹介まで

 

 

先ずはこちら

 

裏道玄坂のローカルなビル郡の中にあって、常に行列を作る(昼しかやらない強気な)ラーメン店

『らーめん はやし』

 

斉藤オーナーに言わせると、“今流行りの味だね…”と可もなく不可もなくの感想

しかし、あの猛暑の中を…また風雨にさらされても途切れない行列に、一度は訪ねてみようと思い続けて9ヶ月(坂道を上ること170回以上)

中々ありつけなかった…そもそも並ぶまでの意欲は湧かなかった?ラーメンを不意に頂くチャンスが訪れ赴くまま入店

 

 

お品書きは3つ!!

(優柔の唐沢でもすぐ決断できます)

カウンター席が10席ほどの小さな店内には、店主とそのパートナー?(夫婦?、姉と弟?)が阿吽の呼吸で黙々と支度をしており、その職人気質な姿がまた心地よくもあります

 

何より!唐沢の心を捉えたのはこの一片

日本人ならではの味覚を刺激し「いい仕事」」をしています

 

通りから見ると薄暗い店内に多少入りずらさを覚えるかも知れませんが、おひとり様女子でもまったく気にならない…と言うより、繊細なラーメンは女性向きかも知れません

スープが無くなり次第、閉店となりますので不意のチャンスはきっちり逃さず、お近くにお越しの際はぜひご賞味ください♪(だいたい、15時頃の閉店です)

 

 

お次は「らーめん はやし」の向かいにある、『アート ギャラリー 道玄坂』

日本画に…恐竜!?

このミステリアスな関係と、鳥獣戯画?を思わせるような、どこか愁いを帯びた恐竜に吸い寄せられるよう初入店

 

 

先客は1名・・・

静かな空間に、虫の息で作品一点一点をじっくり鑑賞

 

 

そして、思わず見惚れてしまった…と言うより、涙が出そうになった作品がこちら

 

まるで酸いも甘いも、善も悪も、人類誕生から現代に至るあらゆる問題を…人間の愚かさ儚さを人柱らなぬ「恐竜柱?」となって、黙って受け止めてきたような佇まいにただただ圧倒されて、一瞬にして虜になってしまいました

 

 

作者は恐竜の化石?骨格等を専門に描く若き大学の助教授とのこと

確か66万円の値が!?…手が届かないのでしっかりと心に焼き付けてきました

 

 

唐沢の心を捉えたもう一つの作品がこちら

 

『光』・・・

 

スポットライトがやさしくも悲しく…まるで見世物小屋の(自由を奪われた籠の中の)恐竜のさがを見るようで、タテヨコ20cm四方の小さなキャンバスに見る物語性に立ちすくんでしまいました

 

 

そもそも日本画とは・・・

見返り美人や富嶽百景のような古典的な絵画のことを指すのかと思っていましたが、「岩絵具」を使った絵はすべて『日本画』に該当するとのこと

・・・と教えてくださったのは、入店のきっかけとなった看板絵『内潤』の作者、水島篤さん

なんと!先客の1名は主催者であり作者でもあるご本人でした!!(御年30歳くらいでしょうか)

 

来春にはアメリカで恐竜の絵で個展を開く予定とのこと

“恐竜の絵画と言ったら『自分(水島篤)』と言われるようになる”のが目標だそうです☆

頑張っていただきたいですね(#^^#)

 

 

 

さて、明日11月最終日は「スポーツの秋」…正確には「スポーツ観戦の秋」…もっと正確には、川崎フロンターレのホーム最終節「見納めの秋」に行って参ります!!

残念ながら、リーグ三連覇の夢は途絶えてしまいましたが(涙)11歳と5歳のサッカー少年の大胆予想💗


優勝は(多分)横浜マリノス…勢いと若さ、フォワードが強くて得点力があるから!

でも【その優勝するだろうチームをフロンターレはやっつける!メチャ勝ちする!!


と、なんとも頼もしく鋭い子供たちの視点と熱い希望を胸に、(一応大人の)唐沢さんは、明日ホーム最終節の雄姿をしっかり見納めてまいります\(^o^)/

 

 

いよいよ師走何かと気忙しい毎日ですが、元気に年末を乗り切ってまいりましょう!

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

米の収穫作業はコチラ → 棚田大好き、齋藤です。12

 

稲刈りをして天日干しをしたまでは良かったのですが、そのあとに日本各地で大きな爪痕を残した台風19号が到来。

無事に精米までできたのかな…、と不安な日々を過ごしていたところ、介護施設研究所の東京相談室、神奈川相談室に大量の段ボールが届きました。

「また老人ホームのパンフレットの差し替えか~」

この時期は消費税改定にともない、毎日のように有料老人ホームから大量のパンフレットが届く時期でした。

 

「ムム―――ッ!! この段ボール…、お米の臭いがしやがるぜ~」

各相談室から齋藤の社用携帯に緊急連絡が入ります!

「隊長!戦利品が届いております!」

 

事務スタッフにヘコヘコしながら指示を出します!

「お忙しいところすいませんが、5㎏の袋に小分けしていただけますか?すいませんね~」

小分けの様子はコチラ → いただきます!

 

これと同じ量のお米が神奈川相談室と東京相談室に届きました。

200㎏の収穫で、精米にして約180㎏ぐらいだったみたいです。

 

タイミングよく、ちょうど自宅の米も底をついていたので、即新米をいただくことにしました。

新米なので水分量を少なめに調整。

炊飯器から勢いよく蒸気が上がり、日本人のDNAを刺激する「ご飯の炊ける香り」が家の中を駆け巡ります!

 

こんな感じで、ライスを主役にして並べてみました。

写真ではイマイチ伝わりませんが、「お米のツヤ、香り、粘り気、甘み」どれを取っても最高です。自分たちで育てたお米ですからね。

 

ライスを引き立てるおかず達。

キクイモの味噌炒め、ムカゴ、里芋の煮びたし、ひよこ豆とサンマの甘煮のマリネ、冷奴、キムチ

「我ながら渋いおかずをチョイスしたぜ~…」

 

目をつぶり、口の中に神経を集中してライスをパクリ!

脳裏にフラッシュバックする棚田の景色、ソルジャー達と汗を流した草むしり、全身を駆け抜ける稲刈り機の振動…

「ム~…、ファンタスティック!!」 心の底からご馳走様と言いたいです。

 

ひと口ひと口噛みしめながら、ライスのありがたさを謳歌している時に大事なことに気が付きました!

「ムム―――ッ! 味噌汁を忘れたぜ~…」

 

翌朝はおにぎりです。本当に美味しいライスは冷めても美味しいものですね。というか、さらにライスの甘みを感じることができました。

口の中に広がるライスの粘り気とパリパリとしたぬか漬けの食感…。質素な献立ですがなぜか贅沢を感じます。

 

朝から贅沢な気分に浸っているときに大きなミステイクをしたことに気付きました!

「ムム―――ッ! また味噌汁を忘れたぜ~…」

 

上記写真は昨年の「食味分析表」です。 注)昨年の結果です。

上野ソルジャーの身内に農業系の仕事につかれている方がいるらしく、その方の協力を得てライスの分析をしていただきました。

いろいろ書いてありますが「品質評価値」に注目。

バーチ―産(千葉)こしひかり75点/ 新潟産こしひかり78点/ 山梨産介護施設研究所こしひかり76点

 

今年も「食味分析表」にて介護施設研究所こしひかりをジャッジしてもらった結果…

 

どど―――んッ! 品質評価値80点!

平均値などはわかりませんが、昨年の「新潟産こしひかり78点」をぶっちぎる高得点なので相当良いはず…。

 

今年は日照不足や悪天候に悩まされた記憶に残るシーズンでしたが、山梨県富士川町平林地区の爺さん達が老体に鞭打って我々の棚田をメンテナスしてくれたおかげで、ハイクオリティのお米が収穫できました。

限界集落でくすぶっている爺さん達に、この輝かしい結果を伝えてこようと思います。

 

タイミング良く、みさき耕舎からお知らせが届きました。

稲刈りの日に大根の種まきもしており、その収穫のお知らせです。

 

大根収穫で今年の農業体験は終了。併せて山梨県富士川町平林地区の限界集落で脈々と受け継がれているお祭りに参加させていただき、爺さん婆さん達と交流をしてまいります。

農作業を通じて先人たちの経験や知恵を学ばせていただき、自然の厳しさや美しさも学び、社員とそのご家族や取引先業者との一体感を育み、良いことだらけの「棚田大好き、齋藤です」でした。

 

■ お知らせ: 2020年 農作業ソルジャー募集中! 君も棚田でサクセスしてみないか… ■


ページの
先頭へ