有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。

スポーツの秋だというのに体がすっかり鈍ってしまっていて

ぎっくり腰に悩まされております。

安静にしている中で出来ることと言えば『読書!」

読書が好き!と言っても

読むのはもっぱら雑誌が多いのですが・・・💦

本日は私と同じくらいの年代の方がハマる事必至な雑誌をご紹介したいと思います。

 

 

総特集 大和和紀 デビュー55周年記念(文藝別冊)ムック 河出書房新社 1782円(税込)

 

文藝別冊は歴史上の人物から近代の文豪、俳優、ミュージシャン、漫画家等を特集している分厚い雑誌

この手の青土社さんの『ユリイカ』などもついつい手にしてしまいがちなのです💦

 

子供の頃は少女漫画と言うより週刊少年ジャンプ200冊超をベット代わりに積み上げた上に

寝ていたこともある程、ほとんど男の子状態だったのですが、TVアニメの影響もあるのか

『はいからさんが通る』と『ベルサイユのばら』は別格ですね~

特集されていると手が伸びてしまいます。

因みに

ジャンプベッドは「ゴキブリ出るよ!」の一喝で泣きながらチリ紙と交換されたのでありました。

 

 

中身は大和先生の美麗なカラーイラストから始まり、大和先生の3万字ロングインタビュー

『青池保子×山岸涼子×大和和紀』となんともゴージャスな顔ぶれの鼎談

著明な漫画家さん達からの寄稿マンガやイラスト

特別収録に上記写真左の先生のデビュー作や高校時代のマンガノートと貴重な収録が!

写真右のはいからさんの扉絵等懐かしい物のめじろ押し!

先生の他の作品もしっかりと語られております。

特別企画内のどのキャラが好きかの記事にはついつい自分も熱く参加したくなるほど

真剣に読み込んでしまい、本当に時間を忘れて子供の頃に戻ってしまう1冊です。

少女漫画もいいなぁ~とうっとりする事必至です。

 

さて、もう1種類おもしろい雑誌をご紹介

 

 

株式会社 クレタパブリッシング 発行の年代限定シリーズの初の女性版雑誌

『昭和45年女 born in 1970』シリーズです! 780円(税込)

 

 

江口寿史先生は小学生の頃『ストップ!!ひばりくん!』から始まり

高校時代も江口先生の作品は大好きで熱狂して愛読しておりました。

『地獄少年うしみつくん』が大好きで収録されている単行本

『江口寿史のなんとかなるでショ!』はバイブルでした。

 

 

その他にも、懐かしくタイムトリップしてしまう青春時代の思い出の数々!

 

 

あ~!これ持ってた!!  これ!欲しかったんだよな~ と、つい声を漏らしてしまう

懐かしの特集の数々に鼻息が荒くなってしまいます。オタクなので許して下さい・・・

一人で読んでも、青春時代を共にした友人と読んでも楽しめる

タイムカプセル的な雑誌です。

男性版の『昭和40年男』『昭和50年男』シリーズもおススメです!

男じゃないけど、たまにうっかり購入してしまいます。

 

本日、9/30 『昭和45年女 vol3』最新刊発売中です。

里中真知子先生書き下ろしの『月9』風なイラストの表紙が目印!

さあ!腰が痛いけど帰りに本屋さんに寄らなくっちゃ!!

現実逃避の懐古癖が止まりそうにありません・・・

いじわるばあさん♪

(*_*)意地悪ですね———

 

 

例年より数週間早く見頃を迎えた金木犀の傍ら🌼

季節外れの夏雲の下、申し訳程度のツクツクボウシが何とも切ない・・・

と侘び寂びならぬ、気候変動の厳しさを実感していた頃

駆け込みで「長谷川町子美術館」まで出かけてきました

 

目的は、美術館分館(美術館向い)の「長谷川町子記念館」

昨年、『サザエさん』の原作者、長谷川町子さんの生誕100年を記念して新設されたという記念館です

 

ご健在なら御年101歳!

1920年、佐賀県に生まれ、15歳で「天才少女」漫画家としてデビュー

『サザエさん』の連載が始まったのが1946年…って、戦後間もなくだったとは驚きですね!!

国民的アニメと言われる所以でしょう

 

 

ところで、『ドラえもん』vs.『サザエさん』

ご長寿番組はどっち?…とフト疑問に思い、調べてみたところ

『ドラえもん』の連載が始まったのが1969年と『サザエさん』から遅れること23年!?

 

もちろん誕生年に違いはありますが

アニメの放送開始もご覧の通りで、


サザエさん 1969年~ 52年
ドラえもん 1973年~ 48年
アンパンマン 1988年~ 33年
ちびまる子ちゃん 1990年~ 31年
クレヨンしんちゃん 1991年~ 29年
名探偵コナン 1996年~ 25年

『サザエさん』のご長寿振りは断トツです👏

 

 

初「記念館」で楽しみにしていたが☆美術館にはなかった「喫茶部」と「購買部」♪

 

“ミュージアムショップは博物館のエンドロールみたいなもの”

と語るのは、ミュージアムグッズ愛好家の大澤夏美さん

確かに~☆彡

関連商品を見て楽しんで♬ちょっとお買い物をして帰るまでが、

美術館や博物館を訪ねる醍醐味でもありますね💗特に女子は✨

 

 

「喫茶部」を訪れたら、誰もがサザエさんファミリーの一員に!?

「タラちゃーん」「ワカメちゃーん」と呼び出しがあるまで、ゆっくり店内を品定め(#^^#)

※できれば「いじわるばあさーん」とだけは呼ばれたくない?(笑)

 

前進の美術館と異なり、記念館はバリアフリー仕様になっており

窓越しの景色は一幅の絵画を見るようで、心地よい時間を過ごすことができます

 

企画展の「いじわるばあさん」展は今週末で終了してしまいますが

長谷川鞠子・町子姉妹が収集してきた788点に及ぶ美術品の数々は

~~必見の価値あり!\(^o^)/~~ですので、

“美術館の入門の場として、大人から子供まで楽しめる美術館であってほしい”

という鞠子・町子姉妹の想いを確かめに訪れてみてはいかがでしょう(*^-^*)

 

 

ちょうど9月27日(月)より、NHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」(昭和54年放送)の再放送が始まるとのこと

 

長谷川マチ子さんの姉、マリ子さんを主人公に

サザエさん誕生までの「うちあけ話」?をコミカルに描くとか☆

併せて『サザエさん』ワールドに浸ってみるのも面白そうですね(#^^#)

 

 

 

かしまし三人娘?に会える場所

長谷川町子美術館・記念館

住所:世田谷区桜新町1-30-6

交通:東急田園都市線「桜新町」駅下車(徒歩7分)

※身障者用を除き、駐車場はありません

 

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

髙倉 理乃
2021.09.13 15:54

Dino Science

こんにちは。

先日、パシフィコ横浜の展示ホールで行われていた【恐竜科学博~ララミディア大陸の恐竜物語】に行ってきました。

恐竜だから子ども向け?なんて思っていましたが、内容的には大人が見入ってしまうような展示が多く、太古の世界の勉強になりました。

写真撮影NGだった白亜紀体験シアターでは、最新の研究を基に、ララミディアの大地と恐竜たちの姿を超大型CG映像と大迫力の音と足元の振動・風で再現。さすがソニープレゼンツ、というコーナーでした。

 

展示の舞台は白亜紀後期(約1億年~6,600万円前)、失われた大陸「ララミディア」。早速目に飛び込んできたのは、恐竜の足跡が残された巨大な化石です。エドモントサウルスやティラノサウルスと推定される恐竜たちの足跡だそうです。

 

続いて頭骨の展示。

 

こちらは世界初公開となる、トリケラトプス幼体の骨格の再現。

 

この先は、少年トリケラトプスと一緒にララミディアの森を旅をする感覚で展示は進みます。

 

こちらはとても珍しい、脳腫瘍の痕跡が見つかったゴルゴサウルスの骨格標本「ルース」。病気の影響で骨折したことも分かっている満身創痍の恐竜の姿です。

 

そしてこの展示の見どころ、「レイン」。世界で最も完全で美しいと言われているトリケラトプスの実物全身骨格。奇跡の化石と言われるほどで、全長7メートル・高さ3メートル、角・頭部までほぼ完璧な形状で発掘された化石です。

 

そしてその「レイン」が遭遇したかのように向き合って展示されていたのが、ティラノサウルス「スタン」。尾を振り上げるようにした迫力ある躍動感ある姿に見入ってしまいます。

 

声が聞こえてきそうです。

 

お土産は恐竜セットにしました。ガオー

 

どちらかというと夜型タイプで、朝はあまり得意ではありません。
そんな朝に、ボーっとした頭で朝食をとりながら新聞の人生相談を読むことが日課でもあり趣味でもあります。
(読売新聞では人生案内として毎日掲載されているのです)

相談は、人間関係、相続、恋愛、風習、家族、、、と色々で
話を聞いて欲しい、気の持ちようを知りたい、悩みの打ち明け、解決方法の提案依頼、アドバイスが欲しい、背中を押す一言がほしいものと様々

こんなこと相談するんだー
確かにこんなだったら悩むなー
こんな人いるんだー、近くにいなくてよかった。
これってここに相談することじゃないんじゃない?
こんなこと思ってるなんて最悪!!
なんて優しい…
これは困るー
ホントに?思い込みじゃない?
不倫はダメでしょ
わかる!これ
どうしてあげるのが良いんだろう
この年齢でもこんなことあるんだー

と、いうようにボーっとした頭で考えながら読み進め、なんとなく自分での回答を想像しながらいよいよ回答欄に移ります。

落ち着かせようとしていたり、同情していたり、初っ端からはねつけていたり、提案だったり、視点を変えた考え方の提示だったり、冷静に分析していたり

おー、こう来ますか!
やっぱりね!
こんな返しする?
これしかないわ
やっぱり行政
やっぱりボランティア
なるほど!

機転の利いた回答は私には到底できませんが、正しい解答の無いクイズっぽい感覚で楽しみながら、色んな考え方/回答の仕方を見ています(実践できるかは別で

むかし、話し方のクラスを受けた時に、一度相手を認めてから反論をすると、受ける側の印象が変わると聞きました。
『それ違うと思う!』って開口一番言われるのと、『わかる!だけどこうじゃない?』と言われるのでは受け入れようとする気持ちが変わります。
回答をみていると圧倒的に後者の入り方をされています。

オリンピック/パラリンピックで忙しかったのか、ここ最近は回答者に元マラソン選手の増田明美さんの登場がないのですが、褒める&褒める&実例や本からの引用を加えたちょっとした提案をしていて、厳しく言うようなことなく相談した人を救われた気持ちにするのも見ていて心地良いです。(たまに叱って欲しいのかなと思うような相談もありますが

今は外れてしまったのですが、哲学者の先生が回答者の時期があり、その先生の視点を変えた回答に拍手したくなる位に凄かった日があったのに、どう凄かったのか何も覚えていない…残念(本当に見事な回答だったのに。。

では、読売新聞からの引用をどうぞ!
どんな風に受け取り、なんて答えるのが良さそうか、試してみてください!

最近の温泉マイブームは湯河原温泉巡りです。

その理由はコロナ禍で越県行動が禁止されているので、ギリギリ神奈川県内なのでセーフかな…と。そしてどこの温泉旅館も宿泊定員を大幅に削減して対応しているので安心。なによりも個人経営の歴史ある温泉旅館を見過ごすわけわけにはいかないのです!

齋藤が一泊ぐらいしただけでは金銭的貢献度はゼロに等しいですが、宿に出向いて「大変な時期ですけど応援していますよ!」と女将さんをはじめ全ての仲居さんに声をかけてたいのです。

 

ソーシャルディスタンスはとっても心のディスタンスはとりませんから… (業界名言集に加えます)

 

創業三百余年 江戸時代から続く老舗温泉旅館 源泉上野屋

湯河原温泉が「相模の小京都」と呼ばれているのは初めて知りました…。どのあたりが京都なのか全く見当が尽きませんがまぁいいでしょう。

 

「登録有形文化財の宿」「日本文化遺産を守る会会員」などに登録されているようで、宿に足を一歩踏み入れたその瞬間から空気が一変するのを肌で感じました。

 

齋藤は建築に関して造詣が浅いですが、それでも「うゎ~…」と感嘆の声をもらしてしまう立派な木造建築。迷路のように複雑に入り組んだ館内は、まるでカラクリ屋敷のようでした。

磨き込まれた廊下や階段などの光沢は、しばし時を忘れて見とれてしまう美しさ。この建物を拝見するだけでも十分に価値あります。

 

宿泊部屋は角部屋で、これまた匠の技を感じる日本の様式美…。

「この調子だと、温泉も相当期待できるぜ~…」 ということで、早速館内の温泉巡りへ。

 

温泉は意外に近代的でしたが泉質が抜群。なぜなら上野屋さんは中庭に自家源泉を所有しているからです!

 

こちらは貸切風呂。半露天で気持ち良いです。

 

こちらも半露天の貸切風呂。全ての浴槽が源泉かけ流しです。

 

 

こちらは1Fの大浴場。ヒョウタンの給湯口には源泉に含まれている石膏成分がビッシリと付着しています。

 

最上階の足湯スペース。

齋藤は普段は足湯に入りませんがこの日ばかりは足湯のお世話になりました。

なんで足湯に入らないかって? それは水虫のお土産をもらいたくないからです…。

 

足湯に浸かりながら湯河原の景色を堪能します。 源泉櫓と急斜面に点在する別荘の景観を眺めているだけで、いかにも「湯河原にいるな~」と心も満たされてきます。

 

六瓢(むびょう)の湯

このお湯に入られた方々の無病(むびょう)息災を祈り名付けたそうです。

■ 湯河原温泉 源泉上野屋(神奈川県足柄下郡湯河原町)

【泉質】ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉 【泉温】81.5℃ 【湧出量】64ℓ/分

 

館内のいたるところにレトロなアイテムが配置されています。

電話は現役で稼働しておりました。ダイヤルを回す感触はとても懐かしく幼少期に自宅にあった黒電話を思い出しました。

ジーコジーコ、とダイヤルを回しながら「あの時の俺の可能性は無限大だったな~…」

 

ノスタルジックな館内を散歩しながら過去の自分を振り返り、今までやってきたことに対して無駄なように感じていたことも全て今につながっているのかな…、遠回りしていたようだけど実は楽な道を進んできたのかな…、嫌な思いも沢山してきたけど今となってはどうでも良いことばかりだな…、自分で頑張ってきたつもりだけど結局は周囲の方々に助けられていたんだな…。

歴史ある木造建築で源泉かけ流しの温泉に身をゆだね、心が洗われた気分です。


ページの
先頭へ