有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

 

「頭の良くなる温泉があるらしい…」

さらには、「胃腸病にも効く温泉らしい…」

 

頭が良くなりたい! 逆流性食道炎を治したい!

ということで、遠路はるばる長野県上田市の山奥まで行ってまいりました。

 

 

対向車がほとんど通らない山奥に突如現れた噂の温泉宿の看板。

 

 

 

橋を渡って突き当りに見えるのが目的地の「岳の湯温泉雲渓荘」

山奥の一軒宿と聞いていたのでもっとボロい建物かと思っていましたが、意外に立派な外観でした。

 

 

ロビーから昭和臭がプンプン漂ってきましたが、とてもキレイに清掃されており好感が持てました。

気になるのは客がいないことぐらいでしょうか…。

 

フロントにエプロン姿の女将?らしき女性。

「本当に400円で良いのでしょうか…?」と経営が心配になってしまいますが、お言葉に甘えて激安入浴料をお支払い。

 

 

質実剛健な暖簾が良いですね。

人の気配は全く感じない浴場へ突入。

カラカラカラ~…、と扉をあけると…

 

 

「ムム―――ッ!! 景気よく温泉がかけ流されているじゃねーかッ!」

 

温泉へ行くと、ついつい浴槽の縁をチェックしてしまいますね。

浴槽からお湯がサワサワと溢れ出ている光景を見ると心まで温まってきます。

 

浴場に入った瞬間から滝のように汗が噴き出てきたので、温泉の効能としては相当レベルが高いことが容易に想像できました。

毛穴に詰まった都会の汚れが吹っ飛んだ感じです。

 

 

浴槽に入らず、ジ―――ッと浴槽の縁を見ていると…

「お湯が溢れ出し過ぎじゃないですか?」

 

洗い場にお湯が溜まっているので、そちらに寝そべっても入浴ができるレベルです。

※写真で伝わりにくいのが残念。

 

 

浴槽から入り口をパチリ。

客はいなくてもキレイに整理整頓されています。

 

建物は歴史を感じさせますが、清潔感があり気持ち良く入浴させていただきました。

老人ホームも一緒で、年数が経過している老人ホームほど清潔感があると好印象です。

特に「ニオイ」でしょうか…。

古い老人ホームほど清掃がいき届いていると、評価ポイントがアップしますね。

 

 

岳の湯温泉 雲渓荘 (長野県上田市武石小沢根) 【入浴料】400円

【泉質】アルカリ性単純泉 【源泉温度】?℃ 【湧出量】?ℓ/分

※間違いなく源泉かけ流し

 

脳の働きをよくする(頭の良くなると言われ)名湯として親しまれてきました。

※宿のパンフレットから引用

 

 

窓の外を見ると目隠し代わりのパーテーションに季節外れ飾りが…。

温泉宿の近くの桜でしょうか…?

桜の写真をデコレーションするようにクリスマスの電飾がチカチカ光っていました。

ちなみにこの日の気温は35℃以上。猛暑日です。

 

建物や浴場は特筆すべきことはないですが、温泉は間違いなく素晴らしい。

温泉の力強さを肌で感じることができる一湯なので、泉質にこだわっている温泉ファンは大満足していただけると思います。

「宿の雰囲気」などとぬかしている温泉ファンにはおススメしません。

 

温泉でデトックスをしたので腹が減ってきました。

山奥なので食堂などあるはずもないしな~…、と館内をうろついていると…

 

 

「ムム―――ッ!? 入居率が悪い老人ホームの食堂みたいな空間がッ!?」

聞くところによると、こちらで食事をいただけるそうです。

 

こちらの名物料理を注文したところ、運ばれてきたのが…

 

 

特製 薬膳熊笹米粉うどん 1人前800円也

 

「温泉で不純物を洗い流し、薬膳うどんで身体の内側からもリフレッシュだぜ~」

と、ツルツルッとひと口。

 

「…。」

再確認のためもうひと口ツルツルッと…

「ム~…。アイディアとビジュアルは良いんだけどな~…」

※齋藤個人の感想です。

 

 

飾り気のない温泉宿でしたが、温泉を大切にしている感じはヒシヒシと伝わってきました。

働いている方々の対応も非常に気持ちよく、純粋にまた日帰り温泉で再訪したいですね。

 

しかし、薬膳うどんがどうも納得いかないんだよな~…

と、何となく後味が悪くなってしまったので、その足でもう一湯行くことにしました。

岳の湯温泉から車で約90分、浅間山の登山口にパンチの効いた温泉があるらしい…

to be continue…

 

浅間山の登山口へ向かって爆走している最中、あることに気づきました。

「そういえば頭が良くなったような気がするな…」

 

先日の土曜日は、幼稚園で夕涼み会(七夕まつり)でした。

…毎年七夕って雨な気がするのは気のせいでしょうか。
今年も天気予報はギリギリまで雨マーク。
雨男の彦星か、はたまた雨女の織姫なのか…なんて考えていましたが、今年は幼稚園の先生方の祈り勝ちのようで見事に降らず無事に行う事が出来ました♪
(先日のお芋ほり同様、先生方のお祈りパワーは効果絶大のようです!!)

 

服装は何でもOKとの事で、息子は甚平を着ていざ出陣。

ここは何があるのかな?と覗き見…


先生とヨーヨーすくいにチャレンジ!!

見事に奇麗なヨーヨーを1つゲット。(切れないタコ糸が付いておりました)


昔ながらのかき氷機にびっくり。

お味はもちろんイチゴ味♪

途中、先生方による「七夕のお話」もありました。

織姫と彦星って仕事中にイチャイチャしすぎて仕事しなかったから神様(上司)に怒られて年1回しか会えなくなったんですね。
職場恋愛中の皆様、お気を付けください…

 

フィナーレは沢山の花火!!

子供たちから大きな歓声が上がっていました。

 

子供と暮らしていると、たくさんの行事と向き合ういい機会に恵まれます。
久しぶりに短冊に願い事を書きました。

 

「息子のトイレトレーニングが早く終わりますように」

 

…母は切実です。

 

隣の短冊に目を向けると、どこかのクラスのお母さんの字で、

「幼稚園に嵐の5人が来てくれますように」

 

夢は大きく。

 

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

 

このたびの大阪北部地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された皆様の心身のご健康を心よりお見舞い申し上げます。


 

ワールドカップ(ロシア大会)が開幕しました!

連日の世界最高峰のプレーに(さすがに3時起きの根性は無いものの)、朝3時50分の目覚ましで後半戦から臨んでいる唐沢です(*^-^*)

 

そして♪・・・

いつか訪れてみたいのは、島根県にある『足立美術館』。(何の脈絡もなく、スミマセン)

 

さすがに、島根までそう易々とは出掛けられないので、いつもお世話になっている?「とどろきスタジアム」のお隣、等々力緑地内の市民ミュージアムへGO。

 

ゴールデンウィーク前から気になっていた鉄道写真家・中井精也さんの写真展。

神奈川相談室・髙倉同様?「てっちゃん」ではないですが、鉄道ファンならずとも心癒される写真の数々に出会えます。

 

 

先ず出迎えてくれたのがこちら・・・

 

椅子?

 

い・い・え…

です。

 

 

そう、川崎市(高津区二子)は、あの❝ 芸術は爆発だ~!で有名な、岡本太郎さん生誕の地でもあり、芸術にゆかりのある街?のようです…恐らく。

 

 

さて、坐ることを拒否されてもめげずに歩みを進めると・・・

またもや不思議なオブジェに遭遇。

 

 

そして、どこからか「ワハハハッ」と楽し気な笑い声が…

 

平日のミュージアムは、「小さな声でお話くださいね」と注意を受けてしまうほど(^_^;)閑散?否静か故、展示品もゆっくり鑑賞できます。

思わず貰い笑いしてしまうほど愉快なコチラの作者は?というと…

 

 

巨匠!

ローカルミュージアムを侮るなかれ!?です。

 

 

さて、本命の写真展はというと・・・

見る人の想像力をかき立てる写真の数々に、「ゆる鉄ワールド」をたっぷり堪能することができます。

 

 

唐沢好みの世界観。

 

 

コントラストの中に畏敬を感じる鉄道風景。

 

 

特に印象に残った鉄道写真は、東日本大震災からわずか5日後に復興支援列車を走らせ、人々を勇気づけたという三陸鉄道。

 

震災から7年を経過した今なお、瓦礫の山の写真には胸を締め付けられます。

 

 

震災から3年後に全線開通。


 

3年ぶりに街に列車が戻ってきたとき、

住民が列車に贈った言葉は、

「おめでとう」でも、「ありがとう」でもなく、

おかえりなさいでした。


そして・・・

この破顔に( ;∀;)、思わず目頭が熱くなりました。

 

 

600円以上の素晴らしい時間を過ごせた「笑顔あふれる」写真展。

次の週末(6/24)まで開催していますので、お近くにお住まいの方はぜひ☆

※ちなみに65歳以上と高校・大学生は450円、中学生以下は無料です。

 

 

さて、『静』を満喫した後は『動』

いよいよ今夜、サッカー日本代表(サムライブルー)の初陣です!

!(^^)! からさわ )^o^(

 

梅雨入りでしょうか。
雲行きが怪しい中、先日の土曜日に息子が通う幼稚園のイベントに出席してきました。
今回のイベントは「じゃがいも堀り」。

齋藤所長が一生懸命畑を耕す中、申し訳ありません。
お先に収穫作業をさせていただきました…( ̄▽ ̄)

 

朝から雨予報だったにも関わらず、先生たちの雨ごときでキャンセルさせまいと言う祈りが通じたのかギリギリの天気で元気に出発!!

親友と仲良く歌いながら~
耳を澄まして聞いてみると…

「オ〇ラ~♪お〇り~♪ウ〇チ~♪」
※下品なので一部割愛。

男子として真っ当な道を健やかに育ってくれているようです…泣

 

幼稚園から10分程度行った先に突如じゃがいも畑がどどん。
地元民ですが、全く知りませんでした。

 

「たんぽぽ2組さんはこっちで~す!」
先生の声を頼りに息子が真っ先に進みます。

軍手も何も用意していないノーガードの我が家。
掘る前からなぜか洋服が真っ黒なのをいい事に、「いけぇ~!!」と引っこ抜くと、大きなじゃがいもがたくさん♪

あ!今日の夕ご飯はジャーマンポテトにしよう!

 

今の時代、中々土を触る機会が少なくなってきました。
もしかしたら野菜や果物がどうやって実ったり収穫するのか知らぬまま大人になる子供たちも多いのかもしれません。
土から産まれたじゃがいも達に子供たちの目はキラキラ。
私もとっても楽しかったです。

「仕事後の一杯はうめぇ~」
頑張ったご褒美に幼稚園からリンゴジュースのプレゼントが^^

 

 

日曜日は父の日でした。
母の日にかっさらわれ、何だか影の薄い父の日ではありますが、我が家はもちろん私の実家に行きダブル父の日パーティを。


幼稚園で先生に教わったのか、
「パパ、お仕事いつもありがとう!」と息子から温かいお言葉。
更なる出世を期待します笑

 

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

 

 

お田植えをしてから一週間、どうも仕事に手が付きません…。

前回のお田植えの様子はコチラ↓

スキです☆棚田 / 棚田大好き、齋藤です。5

 

魂を込めて田んぼに突き刺した苗が、ちゃんと根付いているのか…。

田んぼに湧き水が注ぎ込まれているのか…。

 

気が付いたら山梨県の富士川町平林地区へ進路を向けていました…。

 

 

「齋藤弘毅の棚田 AF区画、異常な―――しッ!!」

 

 

棚田の周りを舐めるように練り歩き、苗がしっかり根付いていることを確認して大満足。

と、言いたいところでしたが、少々異変があることに気づきました。

 

 

湧き水が注入されている周辺の苗が、軒並み倒れているような感じでした。

 

そういえば、指導係がこんなことを言っていました。

・棚田に水が注がれるその周辺は、水温が冷たいのでコメが生育しづらい。

・昔は水が注がれる周辺だけは「もち米」を植えていた。

・「もち米」の方が丈夫で冷たい水にも耐えられるから。

・しかし今は植え分けるのが面倒くさいからそのままにしておく。

 

 

お田植えをしてから一週間たらずですが、イマイチ苗に元気がないような…。

穂先が枯れているような…。

 

不安になってきたので、他の棚田を見てみると…

 

 

こちらは指導係のプライベート棚田。

苗がイキイキしているような…。

 

 

こちらも指導係のプライベート棚田。

やっぱりイキイキしているような気が…。

 

「隣の棚田は青く見える」ってもんです。

平林地区の棚田をひと通りチェックして、齋藤の棚田へ戻って再チェック。

 

 

「うんうん!良いんじゃない。」

 

せっかく来たので棚田の指導係に挨拶して帰ろうと思いましたが、今回はやめておきました。

「あんたも物好きだね~。一週間ぐらいじゃ何も変わらねーよ」

と、失笑を浴びてしまうよな気がしたからです。

 

次の棚田のメンテナンスは2週間後、「雑草を取り除く作業」を予定しています。

2週間後に青々とした稲が田んぼを埋め尽くしていることを期待して帰路に着きました。

 

 

炎天下の中、富士川町平林地区の棚田を練り歩いていたので、軽い熱中症になった感じでした。

自販機で冷たいドリンクでも購入するかかな~…、とお金を投入しようとしたところ…

 

 

「ムム―――ッ! 納豆の自販機じゃねーか!」

 

田舎の自販機は危なくてしょうがありません。

なんでも自販機の中に入れちゃいますからね。

 


ページの
先頭へ