有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

またまた宿泊客がいない温泉宿にピントを合わせて、温泉療養兼温泉宿に貢献してきました。

湯守のおっさんと雑談をしていたところ、Go To キャンペーンの時は宿泊客が殺到してテンテコ舞いだったそうですが、キャンペーンが中断になった途端にこの有り様だよ…、と嘆いていました。

自粛期間中に申し訳ないですが、宿泊客がいない温泉宿ならば、逆に温泉宿に貢献できて良い面もあると考えています。なぜなら人と接触しないのだから…。

齋藤の住んでいる中華街周辺の方が人混みがすごいですから…。

車移動、宿泊客なし、部屋食、観光地は行かない、お土産なし、帰りの食事はテイクアウト…。

 

開湯1300年余り、伊豆最古の湯、徳川家康の側室:お万の方ゆかりの温泉、芸術家:岡本太郎と映画監督:黒澤明の常宿、などなど立派な肩書を引っ提げている温泉宿でお世話になりました。

吉奈温泉 さか屋 (静岡県伊豆市吉奈)

【泉質】弱アルカリ単純泉 【湧出量】425ℓ/分 【源泉温度】45℃、47℃、65℃ の3本の源泉を混合

 

「伊豆の温泉宿だな~」と感じる景色ですね。

 

「岡本太郎先生の常宿」とうたっているだけあって、太郎先生にまつわる芸術品が多数飾ってありました。もっとインパクトのある美術品は後ほど…。

 

こちらは「徳川家康の側室:お万の方」をイメージしたディスプレイらしい…。不気味でした。

江戸時代から「子宝の湯」として全国に名を馳せており、お万の方がこの温泉を訪れたことで2児を授かった…、という言い伝えがあるそうです。

 

さらにその前に、こちらは元々「造酒屋」だったそうです。で、その名残りで「さか屋」。

ウェルカムドリンクで徳利に入れた日本酒を用意してくれていました。

「随分と景気良いサービスだな~」と徳利を手に取ると…、半分も入っておらず、本当にお猪口2杯分でした。

 

軽く一杯ひっかけてから、早速温泉巡りをすることに。

まずは貸切露天風呂へ! と言っても宿全体が貸切りですから…。

 

5階のテラスみたいな場所に酒の仕込み樽のようなデカイ浴槽が…。

「ム~…、湯気が出ているけど湯が見えねーな…」と、近づいてみると「なんだこりゃ…?」

チェックインは15:00からでしたが、齋藤は勢い余って14:30にチャックイン! お客様のために新鮮なお湯をそそいでいるところでした。

そしてこの日は終日雨模様…。湯温が下がらないようにアルミシートをかけてました。 

 

気を取り直して、2階にある半露天風呂。

湯船からサワサワと温泉が溢れ出ていました。湯船につかると「ザザザザ――――ッ!!」と豪快にお湯が溢れ出る音が、齋藤を贅沢な気分にさせてくれます。

 

こちらは4階にある大浴場。手前がぬる湯で約38℃ぐらいかな…。奥が熱めで約41℃ぐらい。どちらも快適でとても気持ち良かったです。

 

木の節がそのまま活かされた浴槽の縁。ゴツゴツしており重厚感がありました。少々苔むした感じも風情があって良いですね。

浴槽の真ん中に木の囲いがあり、そこから静かに源泉が湧いていました。

 

左がぬる湯。右が熱めの湯。歴史を感じる浴槽にウットリ見とれてしまいます。

お次は3階の大浴場へ…

 

「ムム―――ッ!? ふざけたネーミングを付けやがって…」

 

「…何だこりゃ?」

この温泉旅館は岡本太郎先生が50年ぐらい贔屓にしていたそうで、そのつながりもあり太郎先生が大浴場をデザインしてくれたそうです。美術品としても大変貴重な価値ある風呂場です。

「女性が座ったときのお尻の跡」をイメージした浴槽は凡人の齋藤には全く理解できず…。

 

宿泊客がいないことを良いことに、これでもか!というほど片っ端から温泉に入りまくったのでグッタリしてしまいました…。

今日はこのくらで勘弁してやるか…、ということで早めの就寝。

 

翌朝…、都心部でも積雪の可能性があると言われていた日だったので、山奥の温泉宿も激寒でした。

そんな日は露天風呂で寒中温泉だい!ということで、前日に空振りした5階の露天風呂へ。

 

屋根の上に浴槽が埋め込んであるだけで、雨に濡れながらの入浴でした。ワイルドだぜ~…。

屋根のトイから源泉が注ぎ込んでいるのも斬新!

 

早朝の張りつめた寒気の中、素っ裸で温泉につかる非現実的な時間が、温泉宿に来たな~という充実感を提供してくれます。

 

温泉宿を10:00にチャックアウト!

帰りに飲食店でランチを食べようと思いましたが、外食を避けてご当地グルメをテイクアウト。

修善寺駅内にある「あじ寿司」が相当旨いという情報をキャッチしていたので、それを購入して帰路に着きました。

 

自分の行動を正当化するわけではないですが、宿の女将さんが涙目で声をかけてくれたのが忘れられません。

「こんな大変な時に泊まりに来てくれて本当にありがとうね。健康に気を付けて、また泊りに来てね」

極々微力ではありますが、温泉宿に少しの元気と少しの売上を貢献できたと自負しておりますが、やはり世の中が世の中なので自分の行動に罪悪感がいつまでも残ってしまいます…。

とても複雑な心境ですね。

見ることが出来ると、ちょっと嬉しくなる富士山。
登ったり、わざわざ見に行ったりする訳ではないですが
子供の頃から見えそうな状況だと、キョロキョロと探してみたり、
お天気が良い時に校舎の4階から頭がチラリと見える中学校でしたので
見つけては中3女子達が見えるねと教えあったりしてました。(今から思えば微笑ましい

ここ最近も都内で富士山の頭を見かけています。

◇渋谷
お昼、会社近くの権八に行きました。道玄坂の上の方にあるビルの14階。
夜の賑やかさが抑えられているし、お手頃だし良い感じです。
化粧室への順路が、店舗内の外周に沿って配置されている個室を通るため、扉が閉まっていない空室をちょっと覗き見。
周りに高い建物が無く見えたので、写真だけ撮らせていただきました。

◇富士見坂
先月、江戸見坂というスゴイ坂に遭遇した話を小5の甥にしたところ
地元の少年野球チームで二子玉川のグランドへ練習に行く際、自転車で通る
「魔の坂」と呼んでいる坂に連れて行きたいと言われ、一緒に行くことに。
名もなき坂に傾斜21%の標識。助走も付けられず坂は上れず。。。
楽しかったのか、他にも行きたいと言い出したので調べたら、近くに激坂があると。
富士見坂。名前のとおり、ちゃんと富士山が見えました!
ユーミンがスキーをしたと噂の坂(近所にお住まいだし多分ホント
急なうえに長い!!テンションの上がっている甥はチャレンジしたいと言うので
危険なため自転車を降りて坂を下り、いざ!!
24インチの自転車で上り切りました!スゴイ脚力。義妹の電動自転車は余裕で上れ
私だけ、全然全然ムリでした(転ばなくてヨカッタ

◇ラヴィーレ駒沢公園
自転車で駒沢公園を出て住宅展示場の裏道から深沢不動の交差点へ向かう途中で
正面に見える隙間の空に富士山らしきシルエットが見えたことがありました。
平地ですし、雲がそんなように見えたんだと思ったのですが、複数回目撃したため
もしやと思い、友人に確認したところ駒沢公園近くで車から見えるとの情報で確信。
ちゃんと見ようと少し高い所ということで、ラヴィーレ駒沢公園の前の歩道橋から!

遠く小さい富士山の頭しか見られなくても満足です!(フルサイズで見られる方が良いですが…

それにしてもどれも小さい!!

越県をしない行動自粛に準じて、神奈川県民の齋藤は神奈川県内でコソコソと休日を過ごしております。

とにかく人と接触しなければ大丈夫…、ということで小田原の漁港へ。

 

「ムム―――ッ!? こいつはたまげたぜ~…。こんなにデカいアジの干物は初めて見たぜ~」

「ムム―――!! 蒲鉾UFOキャッチャー…恐るべし!」

 

人との接触を避けるために、超マイナーな真鶴半島へ…。

半島の先端に遊歩道が整備されており、太平洋の大海原を眺めながらノンビリと散歩ができました。

ローカルな真鶴漁港。のどかです…。

 

突き抜けるような青空の下、久々に日光浴を堪能して気分良くなったところで神奈川県の端っこの湯河原温泉へ。

注)ネット検索したら予約客がいなそうだったので…。

 

湯河原の高台にある生活道路のような小道に、申し訳なさそうに灯りがポツリ…。創業80年の温泉宿に世話になってきました。

このご時世なので予約客がほぼいない…、という前情報を頼りに行くと、齋藤以外には男性1名のみとのこと。 注)その人と会うことはありませんでした…。

客もいなければスタッフもいない、閑散としたロビーがお出迎え。

 

脱衣場はシンプルですが、アメニティは充実していました。

風呂桶に焼き印を入れる凝りよう…。

 

「ム~…、ファンタスティック…」 こちらは一階の露天風呂。

一枚岩をくりぬいた「石風呂」 広さと深さが絶妙で、何時間でも寝転がっていれる感覚でした。

奥は3名ぐらい入れる「岩風呂」。

 

石風呂だけでは無機質な感じで味気ないですが、ダウンライトと間接照明で演出することにより高級感がグッと高まりますね。

風呂場に限らず館内全体的に感じたのですが「照明」にこだわっているな~…と思っていたら、やはり照明デザイナーのプロデュースだそうです。

 

温泉成分が強烈なため、給湯口にビッシリと白い結晶が付着していました。

ペロッと舐めたりフンフンとニオイを嗅いでみましたが無味無臭…。

 

■ ゆがわら大野屋 

【泉質】ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉

【源泉温度】84℃ 【湧出量】(相当量と言っていました…)

もちろん源泉かけ流し。40tの温泉タンクを併設しており良質な温泉を提供し続けているそうです。

今年の第1湯は「当たり」でスタートして幸先良いです。

 

大浴場は2か所。右側の大浴場は珍しい形状でしたが意味不明…。居心地は良かったです。

 

コチラは二階の露天風呂。奥が有料老人ホームでもお馴染みの「檜風呂」。手前が「陶器風呂」。

湯河原の山肌から運ばれるヒンヤリとした風が湯けむりをゆらゆらさせます。

 

有料老人ホームも「陶器風呂」を採用すれば良いのにな~…、と思いながら入浴していましたが、底がツルツル滑るので溺死リスクが上がりそうで危険ですね。

だけど喜ぶ人も多いと思うので、ぜひお風呂に特徴をだしたい老人ホームがあればご検討いただきたいです。

 

翌日、近くに由緒あるお寺があるとのことで、そちらに寄って「新型コロナが早期終息するように」お参りをして帰ることにしました。

 

「ムム―――ッ!? 境内から強烈な視線を感じるぜ~…」

今までに感じたことのない恐怖が齋藤を襲います!

 

「ヌヌヌォ~…。進撃の大仏じゃねーか!」

身体が地面に埋められており微動たりしません!目を見開いており怖いです!頭のパンチパーマのグリグリがデカイです!

 

人と接触をしない旅は気を遣わないで良かったです。

が、どんなに人と接触をしていないと言えども、このご時世に外出すること自体が「悪」ととらえられてしまいますね。

責任ある行動、迷惑をかけない行動を心がけつつ、商売をしている方々に少しでもお金を落とせるようにしたいのですが…。悩ましい日々は当分続きそうですね…。

ソーシャルディスタンス・うがい手洗いの徹底、常にマスクの着用を順守して、今年最後の温泉として近場の伊東温泉へ行ってまいりました。

 

昭和の残り香がプ~ン…と漂ってくるクラシックな外観。

館内の廊下からも「古き良き伊東の温泉宿」を感じることができました。若干の古さは感じますが館内清掃はしっかりされており、とても快適に過ごさせていただきました。

 

こちらの温泉は「大浴場と3つの貸切風呂」がウリで、全ての風呂は源泉かけ流し!

15時にチェックインして、早速お風呂調査へ。

 

まずは貸切露天風呂。緑に囲まれて温泉効果倍増です。

 

源泉かけ流しなので、湯船からは止めどなく温泉が溢れ出てました。湯船に入る階段が温泉の滝のようです。

「お次の貸切風呂はどれにしようかな~…」と思いながらも、どこの温泉が空いているかな~と…

 

「ムム―――ッ!! ブタさんの電気が消えてるぜ~!」

ロビーの天井からカワイイ動物たちが風呂場の交通整理をしていました。

 

浴衣の裾をまくり上げて、猛ダッシュで五右衛門風呂を目指します!

 

「ムム―――ッ!? 五右衛門風呂を目指しているが、防空壕とは聞いてないぜ~…」

のれんをくぐると不気味な防空壕が…

「はは~ん…、これにビビってたら五右衛門風呂に入れないってことね」

少々ビビりながら暗闇に突入します!

 

意外に長いです!

 

これが五右衛門風呂。防空壕より不気味でした!

窓もない密閉された空間に信楽焼(?)のデカイ壺がコンクリートに固定されています。

こちらも源泉かけ流しなので、サワサワとお湯がオーバーフロー。齋藤が壺に身を沈めると「サバサバサバ―――ッッ!」と、お湯が溢れるけたたましい爆音が防空壕にこだまします。

全くリラックスできずに、そそくさと五右衛門風呂から退散。

 

お次は寝風呂。どれどれ…、と扉を開けると

「ムゥ~…、湯船が薄すぎんじゃねーか?」

 

とりあえず湯船に入って寝っ転がってみると、底がゴツゴツして意外に気持ちイイ…。

それはそのはず、底一面に敷き詰められた「玉石」が背中から足裏までを刺激してくれます。お湯の中という事で適度な浮力がちょうど良く、痛くもなく痒くもなく。

泉温は37℃ぐらいかな…、比較的ぬるいので長く温泉に浸かってられるのも嬉しいですね。

 

ちょっと休憩してから大浴場へ。

 

ごく一般的な脱衣場にほのかに香る水仙の香…

ありましたありました!

季節の生花をさりげなく飾ってくれる気配りに、お客様を大切にされている気持ちが伝わってきます。

 

ついつい有料老人ホームをリンクさせてしまう自分自身の思考回路がイヤになりますが、数千万円の入居金を支払う有料老人ホームでもホコリの被った造花を平気で飾っているところが山ほどあります。

こちらの温泉宿は、有料老人ホームで例えるならば「入居金300万円、月額18万5千円」あたりでしょうか。

 

大浴場は中心の柱を境に「左側がぬるい」「右側があつい」に別れています。

交互に入浴することにより温泉効果をさらに高めてくれました。

 

伊東温泉 大東館( 静岡県伊東市末広町 )

【泉質】アルカリ性単純泉 【源泉温度】45℃~52℃ 【湧出量】297ℓ/分

 

今年はコロナで始まりコロナで終わり…、というのも悔しいので、齋藤は温泉で始まり温泉で終わり!にさせていただきました。

 

幸いなことに当社スタッフをはじめそのご家族にも新型コロナにかかった人はおらず、関係者する方々には感謝感謝に尽きます。

年が明ければ感染症は跡形もなくなるわけではなく、逆に危機感を高めていかないといけませんね。

連日の感染者数を見ていると「いよいよ身近に迫ってきたな…」という緊張感を持たざるを得ません。

 

改めて緊急事態宣言の時のような緊張感を持ち、日々の相談業務に対応していく所存です。

と言いながら、温泉に行ってしまっている自分の行動が申し訳なく…。感染症対策のルールを順守して、極力ひとと接触しないように行動しているので許してください。

穴があったら入りたい!

 

これからも、一日3回の検温は徹底して健康管理には最新の注意を払ってまいります。

年の瀬の(渋谷駅)地下通路の広告は

ジャニーズさんでも鬼滅さんでもなく、ロッテさんの「雪見だいふく(福)」

 

#小さな幸せが大きく見えた年でした

本当にそうですね・・・

見えないものに振り回され

瞬く間に日常を奪われるという未曾有の事態に見舞われた2020年

当たり前の有難さをひしと感じた一年でしたね

 

 

さて、こちらは「(ロッテ)クーリッシュ×川崎フロンターレ」のコラボタオル

どんだけーーー?(;^_^A…と、引かないでくださいませ

いい風呂の日(11/26)以降もタオルが残ってしまっている?と知り

半ば使命感の如く銭湯を訪ね歩くこと、10湯で11枚!!

気が付けば10種の内、9選手分をゲッツ!で大いに貢献していた唐沢さんです(笑)

 

 

ところで、そんな唐沢の次なる任務は!?…というよりハマってしまったのがこちら

 

ピノ?…にして、ピノにあらず!?

否、紛れもなく森永乳業さんのロングセラーアイスクリーム、『ピノ』でございます

 

現在、50種類のかわいい”パッケージを展開中☆との事で

ハマってしまった「かわいい」ピノ達をご紹介

 

 

エントリーナンバー30番

キモかわいい

 

エントリーナンバー48番

花かわいい

 

エントリーナンバー47番

北欧かわいい

 

💗かわいいは人をやさしくする

と提唱するのは、かわいい研究者の入戸野宏さん…(大阪大学大学院人間科学研究科教授!)

 

思わずクスっと微笑んでしまう「かわいい」シリーズのピノ

これは、何かわいいかしら?と求めてもよし

自分だけのお気に入りを求めてもよしで、「やさしい気持ち(*^-^*)やさしい時間」を過ごしてみませんか?

 

 

エントリーナンバー45番と10番のこちらは・・・

 

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 


ページの
先頭へ