有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

ナオミちゃん(女子プロテニス・大坂なおみ選手)の快挙に、唐沢家はもとより日本中が「カモ―――ン!!」と歓声を上げたことでしょう。

ところで、唐沢さんを釘付けにしていたのがこちら。

宇宙ステーションのような未来型審判席。恐らく自動昇降するのでしょう…アンパイアが自ら操作して、ゆっくり昇降する姿を想像するだけで( ´艸`)

 

さて、2週間で80万人近い動員を上げた全豪オープンですが、約3ヶ月で60万人を突破したのが『フェルメール展』(上野の森美術館)

 

 

毎日朝刊で目にするチケットの販売状況に、まんまとハマってしまった!?唐沢。

決して美術に造詣が深いわけでも、画家に特別な思い入れがあるわけでもないのに大丈夫?と多少不安を残しつつ…フェルメール作品の「青」の世界(ラピスラズリの青色)をこの目で見てみたい!とチケットを購入してしまったので、行くほかはありませんね。

 

名前と青いターバンの少女《真珠の耳飾りの少女》と、フェルメールブルーくらいしか知らないので・・・

→ フェルメールがオランダ出身であったことに「へぇ~」

→ 43歳という短い生涯であったことにも「へぇ~」

→ 『(全35点中)日本美術史上最多9点が東京に!』に、「へぇへぇ」

とまぁ予備知識なさ過ぎです(笑)

 

 

上野を訪れるのも学生以来?のほぼお上りさん。

いざ『フェルメール展』へ。

 

 

館内は日時指定の入場にも入替制ではないため、とにかく人・人・人。押し合いへし合いお目当ての絵画にたどり着くまでも一苦労。

残念ながら青いターバンの少女の出展はありませんでしたが、同時代のオランダ絵画50点程の鑑賞からの~フェルメール・ルームと気持ちは「まんぷく」、お腹は空腹でたっぷり2時間の滞在でした。

 

 

 

東京展は間もなく終了(大阪展は2/16~5/12)ですが、行きそびれてしまった方へ朗報!?です。

印刷博物館(一般300円)なるところでは、今流行りのVR(バーチャルリアリティー)で、360度方向からフェルメール作品《牛乳を注ぐ女》を体感できるという企画展が催されている模様。こちらは3月末まで開催なので、ちょっとアングラな角度からフェルメール作品をお楽しみいただけるかも知れませんね。

 

 

さて、フェルメールの次は・・・

 

この独特の技法(筆・色遣い)は、誰もが知るあの有名な画家。

新元号最初の展示として、また話題沸騰となること間違いなしでしょう!

今秋2019年10月11日~、上野の森へ「カモーン!(Come on!)」…使い方が違う?(^^;

 

明日から2月。「静」の次は「動」

サッカーアジアカップ決勝戦、日本代表の勝利に「カモ―――ン!!(再来)」なるか☆

 

)^o^( からさわ !(^^)!

 

こんにちは!
最近日が少し伸びてきたような気がするこの頃です。

さて今回は阿佐ヶ谷駅より徒歩2分にございますカフェ&バー
「ミスティーオーパース」のカフェの時間帯にお邪魔してきました。

 

お店は駅前パール商店街の細い路地に入った一角にあり
高さ3メートルの重厚な二重扉がお出迎えしてくれます!

創業は1991年

お昼のランチは旬の素材を取り入れた日替わりランチが人気
夜はショットバーにて400種類のカクテルを用意しています。

 

私は16時頃伺ったのですがこの時間帯は2F席のみの営業なので階段を上ります

15時までがランチタイムにて17時からバータイム

2Fは昨年リフォームをされ吹き抜けがなくなりその分テーブル席が増えました

店内は落ち着いたアンティーク調です

BGMもジャズに変わり

吹き抜けがなくなったので店内が少し広くなり清潔感もあります

 

コーヒーカップも一人一人に違うものを出す気遣いがいいですね

隣に座っていらした女性の方が「この珈琲は酸味がなくてあっさりね」と

店員さんに声をかけていました。

 


コーヒーシュガーの器も素敵です!

トーストを注文をしようかと思ったのですが時間がなく今回は断念

カレーも食べたかったです
次回はもう少し早い時間帯に伺ってゆっくりランチを食べたいと思います。

 

 

 

 

 

寒中お見舞い申し上げます
新年早々、いつもの散歩コース阿佐ヶ谷に行ってまいりました。
今回訪ねたのが「阿佐ヶ谷神明宮」と和菓子屋の「うさぎや」さんです

まずは「阿佐ヶ谷神明宮」

主祭神が天照大御神にて月読命・須佐之男命も祀ってます
さらに日本武尊が休息したとの言い伝えが残っており
伊勢神宮の御神体も祀られているそうです

約3000坪の境内にはケヤキやイチョウ等の巨木が多く
一年を通して植木市・骨董市・能・ジャズコンサートの会場にもなっています

能楽堂
能・狂言など伝統芸能の奉納に使用

本殿
中央に天照大御神・右に月読命・左に須佐之男命をお祀りしてます
凄く御利益がありそうな感じがしてきました。

 

夫婦けやき
元々は別々だった二本の木が長い年月の間風雪に耐えて夫婦のように寄り添い
一つに結ばれたことから良縁成就・夫婦円満の御利益があると言われてます

 

参拝も済みましたので次は「うさぎや」さんに向かいます「阿佐ヶ谷神明宮」
からは徒歩3分位です。

いつも混んでいる和菓子屋さん
名物のどら焼きを買いに並びました

一個から買えますよ


元々上野で開業され、現在は上野と日本橋と阿佐ヶ谷に店舗があるのですが、
暖簾分けではなく経営は3店舗とも独立をされているので、製法や材料も違うらしく
味は各店舗のオリジナルだそうです。
阿佐ヶ谷店は当初、同じ中央線の西荻窪にて開業後数年を経て阿佐ヶ谷に移転されたそうです。

 

包装にうさぎの絵がついてかわいらしい

阿佐ヶ谷店のみの特典です

手に持つと生地がふんわりしてやわらかい

早く食べたい!

大粒の餡にほのかなはちみつの香り

甘さすぎずちょうどいいですね

何個でも食べられます!

今回も充実した阿佐ヶ谷散歩でした

次回も阿佐ヶ谷の喫茶店を紹介したいと思います

各事業所の皆様、本年もよろしくお願い致します。

 

 

介護施設研究所のブログが好きな介護業界のダメリーマンの方々、お元気でしょうか。

今年ものらりくらりと仕事をされたのではないでしょうか。

 

シュールなネタで好評だったブログの続編です。

2017.5.07 トイレ大好き、齋藤です。

 

女性読者からは、「未知なる小宇宙を覗き見た感覚だった…」

男性読者からは、「着目点が良いですね~、さすがです!」

意外にウケが良かったので、禁断の続編を綴ってみました。

 

 

急ぐとも 心静かに手を添えて 外にこぼすな 松茸の滴

 

日本人のDNAに刻まれた 五七五七七 のポエム!

一度読んだら忘れないですね。

こんな素晴らしいポエムが飾ってある環境はというと…

 

 

場末のスナックのトイレみたいなところでした…。

このギャップがまた感慨深いですね。

 

 

紳士のお客様へ

用を足す際は便座に座ってお願いします

 

男性も座って小便をすればまき散らかすことはないですね。

なるほどね~…、と感心しながら足元に目をやると…

 

 

思いっきりシミだらけでした!

これだけ派手に汚されれば、店主も黙っちゃいないですね。

 

最近は男性でも便座に座って小便をする方ばかりと聞いています。

現実的に、介護施設研究所のトイレも「男性も座って小便をして下さい」という張り紙が…。

だからいつも清潔です。

 

 

こちらのトイレで気になったことは、トイレスリッパがキレイに並んでいる事でした。

ほとんどのトイレはで、スリッパは適当に脱いでバラバラに散らばっているものです。

ここでは、足形をタイルに張って「脱ぐ位置を誘導」していました。なるほどね~。

 

 

これは説明不要ですね。

男性はこのくらい死に物狂いで小便をしているのです。

男性にとってトイレは戦場なのです。

 

どこの張り紙も共通していることは…

頼むからトイレを汚さないでくれ

 

忘年会シーズン、千鳥足でトイレに向かうダメリーマン諸君へこのブログを捧げます。

 

こんにちは
前回に引き続き阿佐ヶ谷パールセンター商店街よりお送りします

数年前にランチを食べに伺ったジャズが流れているレストランを紹介しようと
歩いていたのですがお店が見当たらずネットで調べたらなんと閉店していました。
化学調味料や冷凍食品を使用せず塩・砂糖も最小限にしていたオーガニックの
お店でしたが残念です!

ということで今回は商店街を抜けて大通り沿いにある姉妹店の喫茶店へ
行きました
姉妹店では店頭でケーキが売られています。
こちらのケーキとお菓子は都内の有名デパートでも買えるそうです

 

カフェインフリーのコーヒーもありましたが

店員さんお薦めの苦味が美味しい
インドネシア産の「マンデリン」を注文しました
酸味がなく苦味が喉を通ります

他にもお客さんがいらしたのであまり店内の写真が撮れなかったのですが
店内の造りは喫茶店というよりはレストランに近い感じです
BGMはボサノバ?が流れていました

店員さんに閉店したオーガニック店のことをお伺いしましたが入社してまだ日が浅いとの
事で詳しいお話は聞けませんでした(残念)

阿佐ヶ谷駅前の巨大ツリーの「アケボノスギ」
高さ約32m
2万個の電球を装飾してみんなの憩いの場になっています

急に寒くなりましたのでお身体ご自愛下さいませ。

 


ページの
先頭へ