有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

有料老人ホーム業界のマンホールファンの皆様、ご無沙汰しております。

最近、イケてるマンホールを見つけましたか?

 

2017.10月以来のマンホールブログになりますが、月日が経過するのは早いものですね。

 

 

山梨県昭和町で見つけたマンホール。

この街には共同浴場が点在しており、たびたび訪問しています。

 

 

仕事中に見つけたマンホール。東京都小平市。

何の植物かさっぱりわかりませんが、周囲を囲む十二支のデザインがカッコ良かったので写真に納めてみました。

 

 

もういっちょ東京都下で見つけたマンホール。東京都小金井市。

力強いデザインで、桜以上に幹が強調されているのがイイですね。

 

 

もういっちょ東京都下から。

デザインはさておき、今はなき「保谷市」の名残があるマンホールを西東京市で見つけました。

 

 

ちびまる子ちゃんの作者 故さくらももこ先生の出身地:静岡県静岡市の街中で発見。

静岡市の中心部に4枚ぐらいしかない貴重なマンホール。

 

 

こちらも静岡県の沼津市で見つけたマンホール。

最近は元気がない街おこしの一環として、アニメを誘致するのが流行っていますが、まさしくその類ですね。

地元の話によれば、「二次元ファンが急激に増えたけど街に活気が湧いたかは…」とのこと。

 

 

埼玉県所沢市のマンホール。

汚水と消火栓に、同じゆるキャラを使ってくる強気なデザイン…。

日本の航空発祥の地ということでこのデザインなのでしょう。

 

夏休みに地方都市へ旅行する方も多いと思います。

観光地巡りする時は、ぜひ足下にも目を配ってみて下さい。

きっと人に自慢したくなるようなご当地マンホールに出会えるはずです。

 

子どもが小さいときに、飽きるほどディズニーランドに出かけていましたが、娘が夏休み中にスプラッシュマウンテンに乗りたい♪との要望で行ってきました。

まず、驚いたのが「ファストパス」の取得の仕方が大分変りました。もう知っているという方も多いかもしれませんが、今はスマホでサイト登録すれば、パークの中を走り回らずにファストパスが取得できます。

ですが、スプラッシュマウンテンとトゥーンタウンが残念ながら工事中で。。。メインが乗れないため、他の乗り物のファストパスをガンガン取りまくりました。今回気づいたのが、三半規管の衰えからか、あんなに楽しかった乗り物が気分悪くなるとは思いもせず。老化現象を感じ、次回は色々覚悟していかないとと痛感しています。

ディズニーランドは乗り物だけが楽しみではなく、シンデレラ城や(昼と夜の姿は違います)、パレードも楽しいですし、今回は、音楽隊や海賊の音楽隊も鑑賞ができて大満足でした。

 

 

隠れミッキーなども探すのも楽しいですよ(トイレの石鹸です)。

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きなリトルグリーンまん♪ 面白お土産。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さまも、いろんな楽しみ方がありますので、暑さにもマケズ!ディズニーランドも良いものですよ♪

柴﨑 竜
2019.07.31 22:35

見学会②

前回のブログで

「今後も見学会に参加したいと思います。」

と、お伝えしましたので、早速先日行ったプチ見学会についてもお話ししたいと思います。

柴﨑です。

 

 

皆さん、明太子はお好きですか?

私は大好きです。

 

明太子で有名な「かねふく」。

そちらが主催で、茨城県の大洗町では人気の

「めんたいパーク」へ行ってまいりました!

 

 

明太子好きにはぜひぜひ行って頂きたい場所です。

 

 

パーク内では主に明太子の販売を中心に行っておりますが、奥へ進んで行くと、、、

 

 

ありました、お目当ての「見学ギャラリー」。

 

 

早速、中へ入ってみると、

 

通路の壁には、お子さんが楽しめるような細工がされていて、、

 

 

と、こんな感じです。

 

 

さらに進むと、

 

!?!?

そんなに沢山の人が来ていたなんて、、、。

さかなクンが隠れスタッフのようです。

 

もちろん真面目な感じでも、明太子が生まれるまでの過程を教えてくれます。

 

 

ちなみに、皆さんはスケソウダラの"求愛"の声を聞いたことがありますか?

 

見ず知らずの小学生男子と一緒に、この黒い筒のような中へ入り耳を澄ましました。

…それはそれはとてつもなく低音で微かな声でした。

気になった方はぜひ、めんたいパークへ!

 

 

そして、いよいよお目当ての明太子作りが見学できるコーナーへ。

 

職員の皆さんは下を向いてもくもくと作業されています。

・・・真剣さが伝わってきます。

ですが、こちらの作業員の方々のお陰で美味しい明太子が食べられるのだと思うと感謝しかありません。

 

こんなことにもこだわってくださっているんです!

 

 

 

最後にこれでもかっ!というぐらい明太子が入った大きなおにぎりを食し、帰路につきました。

明太子が好きな方も好きでない方。

これから好きになりたいという方も!

 

 

こんな感じのお子さんが楽しむポイントもありますので、お近くへ寄った際はぜひ!

 

 

皆さんこんにちは。

関東甲信は例年より長い梅雨が明け、いよいよ夏本番ですね。

 

梅雨明け発表と同時に連日30℃を超える猛暑日が続き、刺す様な陽射しに体力も奪われます。お出掛けの際は小まめな水分補給や、日陰で休憩を取る等、充分な熱中症対策を。

 

さて、梅雨明け発表の数日前。レジャー日和とは行かない天候だったので、食器・カトラリーを買い足す下見がてらにウィンドウショッピングへ。

 

幾つかの中から目に留まったこちらは、家具、照明にはじまり、音響機器、ファブリック、ガラス、セラミックなど、幅広い分野でデザインを手がけるデンマークのプロダクトデザイナーが手掛け、日本国内の工房で製作されたコレクション。

シンプルで機能的な飽きの来ないデザインが山口好みです。上位候補として持ち帰り検討する事にしました。

 

お店を移動し、恒例の植物チェック

①肉厚で可愛い丸い葉が特徴の常緑性の多年草

「 ペペロミ 」

葉も青々と放射状に伸びてグッドコンディション。

 

②熱帯アメリカ原生の着生植物

「エクメア チャンティニー ゼブラ」

一般的にはテーブルサイズの小さな株として並んでいる事が多く、ここまで見事なサイズは初めて見ました。写真の様なピンクの鮮やかな花苞が見られるのも、この時期ならでは。やはり熱帯アメリカ地域の植物はワイルドで存在感があります。

 

ブラブラしていると、いつの間にか陽も傾き始め、妻から夕飯は軽くワインを飲みたいとリクエスト。

試飲しながら、こちらを購入。

フルーティな微発泡の白ワインで、飲めない私でも飲みやすい口当たり( グラス2杯が限界でしたが… )

 

久しぶりにのんびりとした梅雨最後の休日を満喫しました。これから夏本番。夏らしいレジャーを楽しみたいと思います。

 

 

それでは。

 

柴﨑 竜
2019.07.31 06:45

見学会

ほぼ毎月のように施設の見学会に参加しています。

柴﨑です。

 

 

たまには違った見学会に参加しようと思い…

 

 

行ってまいりました、工場見学。

ちなみに、今回は私の大好きな"ビール"工場の見学会です。

 

先日「キリンビール工場」の見学ツアーに参加したので、その時のお話を少し。

 

見学ツアーはほぼ毎日開催されているとのこと。

事前予約をして早速現地へ。

 

 

私が参加したのは、

「醸造工場」

「パッケージング工場」

を中心に見学するスタンダードタイプ。

無料で参加ができます。

 

 

まずは、「醸造工場」。

早速目の前には大きな"麦汁煮沸釜”

 

 

これらでビールの素である麦汁を造るそうです。

 

ここでは、キリンビールさんの最大の特徴である

【一番搾り】

のすばらしさをこれでもかと教えてくれます。

まずは映像で。

 

 

そして、試飲でも。

 

一番搾りと二番搾りでは色が全然違います。

一番の方がきな粉のような甘みが強いです。

 

最後に、顕微鏡で"酵母"を見ます。

なんともいえない感じでしたが、、、貴重な体験でした。

 

続いては、「パッケージング工場」へ。

工場間はバスで移動します。

 

こちらでは、パッケージングにおける工程が見られます。

 

 

ここで面白かったのは、なんといってもVR体験。

 

自分がビールになった感覚で、工場内を工程に沿ってパッケージングされていく、という内容。

さすがキリンさん。最新を取り入れています。

 

こちらは、フィラーシーマー。

1分間に2,000缶もの缶ビールを造ります。

 

 

さて、「パッケージング工場」を後にし

いよいよ最後にお楽しみの試飲会です。

・・・と、思ったのですが。車で行った私は飲めず。

キリンレモンと零ICHI(ノンアルコール)をガブ飲みしてやりました!!

 

試飲会の途中で、ガイド女性の方が美味しい缶ビールの注ぎ方を教えてくれます。

 

確かに美味しいのですが、、、とにかく時間がかかります。

ゆっくり注ぐことがコツ。

のようですが、5分程かけながら3回に分けて注がなければいけないので、喉がカラカラの時はツライです。

その日の夜に自宅で試してみましたが、、、

やはり待ちきれずに途中で飲んでしまいました。

 

何事も我慢、が大事ですね。

 

 

厳しさも学びましたが、意外に楽しめたビール工場の見学ツアーでした!

 

今後も、色々な見学会に参加していきたいと思っています。

 

 


ページの
先頭へ