有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは。

 

関東はいよいよ梅雨入りし、天気予報を当てにしながら過ごす毎日。

各地では紫陽花も見頃を迎え、いつもの通勤路で観る紫陽花が日に日に色付く様子を楽しみにしつつ、雨の日には花弁に雫が落ちて色鮮やかになると、やっぱり紫陽花には雨が似合うな。雨の日も悪くないな。なんて思いながら梅雨を楽しむ今日この頃です。

 

やや曇り空の6月某日。今年で38回を迎える「 横浜開港祭 」のメインイベントでもある、花火観覧。「 ビームスペクタクルinハーバー 」観賞のご招待を頂く機会に恵まれ、お邪魔して来ました。

 

メイン会場である、臨港パーク前海上周辺 ( インターコンチネンタルやパシフィコ横浜付近 ) は、開始1時間以上前から席を取る人の列でごった返していました…

 

さて、会場に到着すると、立食形式で屋上テラスにはバーカウンターも。

 

辺りが暗くなり始めて、海上には屋形船も見え始める中、定刻に花火が打ち上がります

 

右手の遠方、大桟橋には客船「飛鳥Ⅱ」も停泊し、すぐ横に見えるベイブリッジ、赤レンガ倉庫と共にコントラストの綺麗なライトアップ

 

更に目の前でこんな大きな花火が打ち上がり、歓声が上がります。

 

終わる頃には辺りも更に暗くなり、MM21周辺~インターコンチネンタル周辺の綺麗な夜景を目に焼き付けつつ、終わりを迎えました。今年初の花火を特等席で観賞し、一足早い夏を味わい帰路に着きました。

 

 

それでは。

老人ホーム業界の棚田ファンの皆様、美味しいお米を食べてますか?

 

昨年の米作りが感動的だったので、今年もエントリーさせていただきました。

昨年の棚田ブログはコチラ→ 棚田大好き、齋藤です。8

 

5月の下旬に大好きな山梨県富士川町平林地区へ凱旋。

晴天に恵まれ絶好の田植え日和、意気揚々と棚田へ向かいます。

 

 

「ム~…、ビューティフル棚田!」

既に田植えが終わっている棚田もあり、若々しい苗の緑が棚田の景観を一層引き立てています。

 

 

今年の田植え部隊の後ろ姿です。

身体に締まりのない後ろ姿を眺めていると、なぜか不安な気持ちになります…。

 

「人選間違えたかな~」と少々後悔しながら後ろを歩いていると、自然の中で聞きなれない音が…

「コツコツコツコツ…」

不気味な音が齋藤の田植え部隊にくっ付いてきます!

もしや…!?と思い、恐る恐る田植え部隊の足元を見てみると…

 

 

「ムム―――ッ!! 田植えに革靴できているボンクラがいるじゃないですか!!」

革靴履かせたまま、田んぼに生き埋めにしてやろうかと思いました。

 

 

みさき耕舎から徒歩で約10分、今年の棚田はコチラになります。

昨年の約2倍の広さで約500㎡。

 

 

昨年は田植えをなめていたので、とてつもない作業時間を要しました。

よって、今年は「田植え機」を導入!

 

 

田んぼ指導員から田植え機のレクチャーを受けている齋藤。

齋藤の熱意に田んぼ指導員のオッサンもタジタジです!

 

大事なレクチャーを受けているのに田植え部隊の兵隊が見当たらねーな、と思い横を見ると…

 

 

馬鹿どもが田んぼで「T」を探していました。

田植え機でひき殺してやろうかと思いました…。

 

 

まずは田植え指導員が手本を見せてくれます。

苗を田植え機にセットして…

 

 

「ドドドドド――――――ッ!」とアクセル全開。

オッサンが「どんなもんじゃ―――いッ!!」と雄たけびを上げていました。

 

 

続いて齋藤もアクセル全開!…とまではいかず半クラッチ程度で恐る恐る田植え機を動かします。

危なかしいので指導員がピッタリ寄り添ってサポート。

 

 

この折り返しが一番難しかった。

田植え機がドンドン進んでいくので、スムーズに反転させないと畦道に乗り上げてしまいます。

 

何回も折り返しをしているうちに、田植えが終わるころにはスムーズにできるようになりました。

 

 

田植え機では届かない細かな場所はやはり手作業です。

 

 

柴﨑相談員にも田植え機を体験させてもらいました。

何事も経験ですからね。

 

柴﨑相談員がアクセルを握ると、周囲が大声で叫び始めました!

 

 

「曲がってる!曲がってる!!」

仕事もふざけていますが田植えでもふざけているので…

 

 

齋藤が速攻駆け寄り、厳しく指導します!

「オイ! 田んぼの中で T 探してるんじゃねーだろーな?仕事は曲がっているかもしれないけど、田植えぐらいは真っすぐやろうぜ」

 

 

田んぼの中が一気に職場の雰囲気になってしまい、我関せず…と急に真面目に田植えをする部隊。

いつの時でも「空気を読む力」は大切です。

 

 

山口相談員も田植え機にチャレンジ。

写真を見ての通り、田植え機に振り回されていました…。

 

田んぼの中を裸足で歩き回り、田植え機を動かす体験を共有できたことが大きな財産になりました。

仕事中ではあまり見せない皆のリラックスした表情を見ることができたのも嬉しかったです。

 

 

田植え機を使うとこんなにキレイに簡単にできるんだな~、と感心しきりでした。

昨年の手植えの辛さを実体験しているからこそ、機械のありがたみを痛感できるものです。

 

昨年は約250㎡を手植えで約6時間。

今年は約500㎡を田植え機と手植えで約1時間半。

随分とラクをしてしまいました…。

 

 

いつの間にか看板を立ててくれていました。

看板を見ながらニヤニヤしてしまう気持ち、わかりますか?

 

手伝ってくれた兵隊もいるので「齋藤弘毅」と「その部隊」の田んぼと追記しておこうかな。

 

 

齋藤にとっては、これ以上ない助っ人!

自宅にも欲しくなってしまいました。これで中華街を練り歩いたら目立つだろうな~。

 

 

畑仕事を終え、当日は甲府で一泊。

立ち寄った居酒屋でパンチの効いた逸品を発見。

ペペロンチーノほうとう

 

パクリとひと口!

「イタリア人が食べたら怒ると思いますよ…」

 

次回は7月上旬に雑草むしりです。

 

5月最終日、エアコンの直撃に絶不調の唐沢…怒涛のブログ更新も続いておりますのでカルク短く。

神奈川相談室事務の高倉も滑り込みで間に合わせたようですが、東京事務・唐沢も・・・

 

 

『奇跡をつくる、1人になろう』に便乗して、23万8224円!? 工エエェェ(@_@;) 

いいんでしょうか…いいんです!?

 

ご存知、5月9日から始まった『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』の抽選申し込み。ほとぼりが冷めた頃に…なんて暢気に構えていたらあっという間に締め切り目前!

皆さん同様(ブログも等しく?)“駆け込み申込み”に至った次第。計画性など一切なしの、勢いのまま「申し込んでしまった…(^▽^;)」ゆえに、余分なチケットまで購入していたとは知る由もなく。。

 

いいんでしょうか…いいんです!?

そもそも、750万人分の1の我々…全て当選するとは限りません!ので?(でも、サッカー男子決勝は当てたい!

 

 

さて、運命の抽選結果は6月20日

当選者は7月2日午後11時59分までに、現金かVISAカードで一括購入しなければなりません。色々な意味で、ドキドキの一日となることでしょうね。

 

また、今回抽選に乗り遅れてしまった方!諦めるなかれ!!

秋には先着順の販売が、また来春開幕直前には残りの追加販売があるようですので、今から吟味して…チャンスの神様の前髪はガシッと掴んで?迅速に!で、“奇跡をつくる、1人に”なってみませんか(*^^*)

★パラリンピックはこの夏の販売予定(ぜひ応援したいですね☆)

 

 

ところで昨年の今頃…東京2020大会のセーリング競技でもある「ウィンドサーフィン」のワールドカップをジージと観戦。

 

 

厚みのあるボディは相談員の小林ならずとも目を奪われてしまいます。そんな迫力ある肉体美?(笑)オーラを目の当たりするのも現場ならではの醍醐味。ただし、あくまで「風任せ~」の競技である事をご承知おきの上、観戦いただきますようご参考まで。

 

 

【お悔やみ】

川崎市登戸で起きた凄惨な事件に、近隣住民としても胸が張り裂けるような思いでおりました。

犠牲になられた児童と男性のご冥福をお祈り申し上げるとともに、事件に遭遇した子どもたちと深い傷を負われた女性の心身の回復を心から祈念いたします。

からさわ

皆さんこんにちは。

前々回投稿の続編として最近のあれこれpart2と題して、山口のレコメンドをご紹介させて頂きたいと思いますので、少々お付き合い下さい。

 

1998年に出版されてから、既に絶版になっており数年前から探し続けていた写真集がこの度、新編集され出版した事を知り、念願叶ってamazonで購入する事が出来ました。

 

「新編 代官山17番地」 著者:ハービー山口

こちらの写真集は代官山17番地にかつて存在し、1996年11月再開発により取り壊された「同潤会 代官山アパート」を写真家である、ハービー山口氏が撮影した貴重な写真集となります。

モノクロで切り取られた風景や生活の様子を見ると、当時の息吹を感じる事が出来、とても興味深い一冊です。

 

現在、再開発跡地は「代官山アドレス」と名称を変え、都市型複合施設と36階建の高層マンションが並んでおり、当時の面影をイメージする事は難しくなっています。

 

この同潤会アパートは主に東京・横浜各地に建設され、神宮前4丁目に存在した「青山アパートメント」は現在の表参道ヒルズへ。弊社神奈川相談室近くの、横浜市中区山下町に存在した「山下町アパートメント」は地上17階建のタワーマンション「レイトンハウス」へとそれぞれ姿を変えています。

 

‹ 同潤会 / どうじゅんかい アパートとは ›

関東大震災の復興支援を目的に大正12年に設立された、財団法人 同潤会が大正時代末期~昭和初期にかけて供給した、当時としてはまだ珍しい鉄筋コンクリート造( RC造 )で電気、都市ガス、水道、水洗式トイレ等の先進的な設備を備えた居住施設。

この様な歴史を知った上で現在の跡地を巡ると、見慣れた景色もまた違った角度から見えて来るものがあるかもしれませんね。

 

さて、続いては久しぶりの音楽ネタ。

最近、良く聴いている、英国の新鋭ソウルシンガー

Jacob banks

ナイジェリア出身の26歳

2013年にメジャーデビューし、これまた大好きなAlicia keysの英国ツアーをサポートする等活動の場を広げるアーテイストです。

魅力はハスキーで太いボーカル( ※専門的にはスモーキーボイスと表現するようです。 )特に、アカペラやスローな曲調に特徴的なボーカルが際立つ様に思います。

現在はアメリアツアー真っ最中との事ですが、是非、生で聴いてみたいです。

 

 

それでは。

柴﨑 竜
2019.05.30 07:21

夢むすび

最近、神仏に興味津々の柴﨑です。

 

 

ということで、今回ドライブがてら行ってまいりましたのが

茨城県稲敷市にあります大杉神社。

 

 

こちら、パワースポットとのこと。

なぜパワースポットなのか?

 

それは、日本で唯一の夢むすび大明神だからです。

 

"夢むすび"とは、いかなる願いも叶える、という意味。

こちらの神社では様々な願い(夢)を叶えて下さるそうなんです。

 

一般的な、厄除け・縁結び・家内安全などから

金運・進学・就職・経営の願いごとも。

珍しいものでは、"悪縁切り"や賭け事などといったものまで。

 

すごく幅広いですが・・・斬新です。

 

私の家族情報では、こじんまりして参拝客も少なく静か。

とのことだったのですが、実際行ってみると沢山の人。

 

 

イメージと違ったなぁ・・と少し寂しさを感じながらも

休日だからかと安易に考えていました。

が、参拝客のお一人が

「やっぱりテレビの影響はすごいなぁ」

と。。!?

後で調べてわかったことですが、私が訪問した日の朝にテレビで特集されていたらしく、混雑したのはその影響だったようです。

 

テレビに放映されるほど注目度が高いのですね。

 

 

では、そろそろ神社の成立ちなどを・・と思いますが

私の下手な文面でご紹介するよりもホームページをご覧いただくとして。

 

私が今回特にお伝えしたいのは

神社内の色鮮やかな建物珍しい装飾です。

 

建物は、目がさめるほど鮮やかな朱色。

 

 

 

 

装飾を細かく見ていても飽きません。

 

 

 

 

 

最近は外出時の天候に比較的恵まれ、この日も晴天。

余計に色が映えます。

 

敷地内はさほど広くないですが、見どころ満載です。

 

 

 

ちなみに、おトイレの装飾まで力を入れています。

 

 

 

こちらも必見です。

 

 

あまり時間をかけずに参拝できるので、お近くに寄った際などにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


ページの
先頭へ