有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

連日、殺人的な暑さが続いていますね。熱中症も他人ごとではありません。

水分・塩分を適度にこまめにとりながら皆様どうぞお気を付けてお過ごしください。

 

 

さて、先日友人に会いに長野県へ行ってまいりました。道中、鉄道ファンを引き寄せる看板が高々と立っていたので、迷うことなく立ち寄ることにしました。

 

【碓井峠鉄道文化むら】

 

急こう配の地形のために鉄道を敷くことが困難とされてきた碓氷峠。ドイツの山岳地帯の鉄道を参考に、日本初の「アプト式」という形式を使い鉄道が開通されたこの碓氷峠という地で、峠の鉄道の歴史に触れることのできる場所です。

 

入場してすぐの、シンボル広場。子ども向け遊具があちらこちらにあります。サササーと抜けないと、入場料以上にこちらのほうが高くつきそうです。

 

ここは群馬県ですが、山手線もあります。

 

 

ノンビリとシンボル広場を歩いていると、ポポー…シュッシュッシュッシュ!!と聞こえてきます。園の目玉のひとつ、園内の高架橋の上を、蒸気機関車が走るのをちょうど見ることができました。

 

蒸気機関車発祥の地イギリスからやってきた美しいブリティッシュグリーンの本格的蒸気機関車です。運行時間が決まっており、タイミングが良いと乗車することができます。炎天下で次の運行まで待つことができなかったので、乗車は断念しました。

 

 

ギラギラ照りつける太陽に負けて室内(鉄道資料館の中)へ…

鉄道資料館のなかには、横川~軽井沢間(信越本線、残念ながら既に廃線)の、碓氷峠の鉄道ジオラマがありました。演出運転の時刻になると鉄道模型が勢いよく走り出します。東海道新幹線、旧東海道線、スーパービュー踊り子、京浜東北線まで、東京を走る列車も複数登場していました。

 

2階は、碓氷峠の歴史。

こちらは以前使われていた気象情報版。昔は手書きで記入し知らせていたのですね。

峠越えをした鉄道の貴重な資料を展示しています。

 

 

 

園内は広く、屋外スペースには、ミニ蒸気機関車の運転体験がれきるファミリー列車コーナーやミニSL運行コーナーもあります。もう少し過ごしやすい気候であれば、一日楽しむことができたのですが…

 

また、鉄道文化むらを飛び出て、提携施設には日帰り温泉もあります。「ぶんかむら駅」~「とうげのゆ駅」としてトロッコ列車で行き来することが可能です。

 

 

水分補給!水分補給!と自販機に駆け寄ると、鉄道文化むらのペイントが施されていました。

 

 

見て、触れて、体験できる峠と鉄道の歴史、ポッポタウン♪

■ 碓氷峠鉄道文化むら

〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川407-16

 


この度の震災において被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます


 

 

こんにちは。梅雨時期に貴重な晴れとなりました、有効に活用したいですね。

 

さて、途中になっていました『熱川バナナワニ園』の残りの園の様子をお届けします。

 

ワニ園を出て、分園を歩いていると…かわいい足跡が!

 

たどってくと…

 

レッサーパンダがお食事中でした。ワニに食べられないように、別の園で生活をしています^^ カメラを向けるとひょいっと逃げてしまう恥ずかしがり屋です。

 

 

そっぽを向いたカメさん。こちらもむしゃむしゃお食事中です。

 

お次はフラミンゴ。フラミンゴと言えば一本脚でのバランス立ちを見かけますね。実はこれ、休憩スタイルなんだそうです。片足に負担がかかって疲れそうですよね。

 

 

可愛い動物たちを通り過ぎ、順路は室内へ。

プチ水族館のようですが…入り口にはドーンとワニの標本(復元)が!80万年前に日本に棲んでいたワニで、全長が8m。当時の気候は現在よりも暖かかったため、日本のあたりにも生息していたそうです。

 

 

ぬぉ~っと魚がお出迎え。誰かに似ている!?

 

今はやりの?ドクターフィッシュ体験!!をできるコーナーがありました。

幼児が一生懸命手を伸ばし入れていましたが、一匹も寄ってきません。一緒にいた大人の方が手を入れるとこのように一気に手の周辺は魚だらけに!!幼児は角質が無いのですね…羨ましい。


 

 

次は温室へ。まだ緑のバナナがた~~~くさんありました。バナナワニ園ですからね。

 

パパイヤの木も発見。

 

写真右側に見える赤い実。コーヒーの実を見ることができました。

 

 

最後はお土産物屋さんへ。

 

やっぱりワニでした。

 

 

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

これまで自作パスタを中心にご紹介させていただいておりましたが、

今回は全く違った内容でブログを書かせていただきたいと思います。

パスタもメニューが段々とネタ切れになってきたので、ここで小休止です。。。

 

先日、いつもとは違った休日を過ごしたく、ふと思い立ったてギネス大仏を拝みに行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、その名も「牛久大仏」。

まだ行ったことのない方のために、どんな所かを簡単にご紹介させていただきます。

 

場所は、茨城県の牛久市。

都内からは高速で1時間半~2時間程度でしょうか。

高速を降りるときから、その大きな大仏様が姿を現します。

どうです?? 周りに何もないので余計に異様な感じがします。

 

心を高ぶらせながら車を進めていくと、近づくにつれかなりの大きさに圧倒されます。

このアングルでは大きさが分かりづらいですよね。 すみません。

 

大仏の周辺は大きな墓地や庭園などに囲まれていてかなりの敷地です。

駐車場も相当数用紙されています。

敷地内マップはこんな感じです。

 

ゲートの手前にはちょっとした土産物屋( 仲見世 )もあります。

 

大仏の拝観料は800円。 大仏の胎内まで入れるそうです。

 

ゲートを入り歩みを進めていくと、大仏の説明が。

 

高さは120mもあるそうで、青銅製の立像としては世界一( ギネス認定 )。

材質にこだわらないカテゴリーにしても世界3位の高さを誇る。

1986年に着工、1992年に完成。

青銅製なので時間が経つにつれ、「自由の女神」のように青っぽく変色していく。

頭のぶつぶつ( 螺髪:らほつ )1個がこんな大きさです。 すごいですね。

 

正門をくぐるとこんな見事な光景が。

何となく人と比べていただくと、大きさを想像していただけますでしょうか。

 

真下、裏からはこんな感じ。

 

大仏様の台座の下に、胎内への入口があります。

ちょっと近代的なやや複雑な心境。。。

 

この入口から大仏様の胎内に入らせていただきます。

胎内は写真を撮ったらいけなそう雰囲気がありましたので、写真がなくてすみません。

 

入口を入ると真っ暗な部屋に通され、ディズニーランドに来たような感じがします。

かなり近代的な使用になっており、薄暗い照明が照らされ、有難そうな音楽が流れていました。

また、大仏様が出来るまでの歴史などが写真とともに展示されています。

 

さらに歩みを進めていくと、地上85mの展望台??に行けるとのこと。

これまた近代的なエレベーターに誘導されます。

 

エレベーターを降りた部屋から写真を1枚だけ撮りました。

大仏様の胸の部分にある隙間らしいです。

ビルに相当すると、23~24階の高さとのこと。

 

いくつかこういった隙間や小さな窓があり、外を見渡すことが出来ます。

あとは展望スペースにちゃっかりお土産コーナーまで。

周辺の景色を堪能した後、エレベーターで下ります。

下層階にはお寺らしく写経スペースなども用意されていました。

 

「牛久大仏」はこんな感じでした。

有難みのある場所なのでしょうが、少々近代的な感じが強いのがやや複雑です。

「仏様」というよりは、「ビル」とさえ思えてしまいます。

ただ、近代技術を使ったからこその見栄えは圧巻。

皆さんも休日にネタが切れてしまったら、ぜひ行ってみてください。

 

次回もお楽しみに!

のどかな田園風景…( *´艸`)

 

ムムーーー!! もしやこれは、噂の棚田じゃないですかーーーっ!?」

 

なかなか様になっている?面々…手前から神奈川相談室事務・髙倉、東京相談室・唐沢、監督兼オーディエンスの№8君、そして奥のへっぴり腰の人は?…

なんと!噂の新人「平成生まれ」の立川相談室・上野相談員ではありませんか!!

 

いよいよ始まった『介護施設研究所米?』ならぬ、斉藤オーナーの米作り。

その棚田に唐沢&上野相談員も便乗したくだりは、こんな感じ。

 

所長 「日曜日は田植えかぁ」

唐沢 「いいですね~💛」

所長 「唐沢さんも来てよ!」

唐沢 「行きたいです☆」

上野 「・・・」

所長 「上野、お前もやりたいだろ?」

上野 「やりたいです!」

 

若干一名、強制参加の疑い有?ながら(笑)、前日入りの所長とは別便で、当日朝5時台に自宅を出発した上野&唐沢は、一路、山梨県南巨摩郡富士川町の「みさき耕舎」へ。

 

ところで東京都府中市生まれ、世田谷育ち、川崎市在住の唐沢と、東京都昭島市生まれ、昭島育ち(中学校は渡辺相談員と同窓!)、昭島市在住(…って、ずっと昭島じゃないの!?)の上野相談員が、田植えの「た」の字を知る由もありません。

 

上野 「どんな格好で行ったら良いですか?」

所長 「そんなもん、自分で(みさき耕舎に)聞いてよ」

 

と、一蹴されてしまった上野氏に案内された服装がこちら。

  • 長袖
  • 長ズボン
  • 長い靴下…???

「長ズボン+長い靴下」って、どんだけダサいの~?と不安を覚えながら、素直な二人は言われた通りの格好でスタンバイ。情報収集の無かった所長は見事「素足に半袖・短パン」姿で登場(笑)

※蛭(ヒル)も出るそうなので、極力肌をさらさない方が良いのかも知れません。

 

そして始まった、『2018 田植え作業』

天気は良好!紫外線もバッチリ!?絶好のコンディションです。

監督の№8君は熱中症を蹴散らす勢いで天然水をがぶ飲みしながら、へっぴり腰の大人たちを見守ってくれていました。

 

 

 

ドキドキの田んぼへの第一歩は!( ̄― ̄)、何とも言えない感触に「うわぁぁぁぁぁぁぁ」と感嘆の声をあげながら皆笑顔・・・最初の1時間くらいまでは・・・

 

約80坪からなる斉藤オーナーの田んぼ。

初心者4人組では日が暮れてしまうと、見かねた耕舎のオジサン達(口ばかり働くおじさん含む)が次から次へと参集。

 

9時過ぎに始まった田植えは、ほぼ3時間以上ぶっ通しの作業となり…徐々に足腰に痛みが出始めた頃、一番最初に根を上げてしまったのは1歳児の監督…(笑)は置いておいて、年若の新人相談員・上野氏(-_-メ)が最初に息切れ。さすがオーナー斉藤、真っ赤なシャツ同様溢れる闘志は、最後まで尽きる事はありません。(だてに3立て「はしご温泉」するだけではありませんね。)

 

そして、無事仕事を終えた斉藤オーナーの田んぼがこちら。

立派な「こしひかり」になるまで、毎日耕舎の方が水量調整をしながら管理して下さいます。後は、稲刈りまで目の前に望む富士山にお預けして?なんて薄情な・・・次は田んぼの雑草取りに、田んぼIN再びです(^^♪

行きましょう!行きますよね?上野さん!?

同じ釜の飯ではないですが、自然と一体となった経験と、今後の苗の成長を想うと愛おしくもなります。

 


少しだけ、唐沢の話…

先日、米農家を生業としてきた母方の叔父(68才)が急逝し、新潟までお見送りに出かけて来ました。

胃癌で全摘をして以来、体重は30キロ台と激減しながらも田畑に出て明るく過ごしてきたという叔父でしたが、田植えを目前にして誤嚥性肺炎をこじらせ、あっという間に(祖母よりも先に)5月13日の母の日に逝ってしまいました。

叔父亡き後の田んぼは継続が難しいと、初めて田植えを委託したと聞き、寂しい気持ちでいたところ、所長の田植え作業に参加させていただけるという機会を得て、叔父への供養と祖母へのエールの想いで、感謝の気持ちで努めさせていただいた『2018 田植え作業』でした。


 

 

さて!田植えを終えたあかつきには、きっと美味しい「握り飯~☆」なんて期待に胸をふくらませておりますと、手渡されたものが「ミズカマキリ!?」

…って一体?

 

ナナフシにも似ていますが、「カメムシ目・タイコウチ科」に分類される水生昆虫の一種で、カマキリとは名ばかりの「カメムシ」の仲間とか…

「カ・メ・ム・シ(”_”)」

 

「今日、一番テンション上がったよ~💗」とはしゃぐ所長をよそに、隣の新人クンに勧めると「僕はいいです」と即答で拒否。まだまだですな。

 

しかし、オーナーも田植えそっちのけ?で「今日1の感動」がミズカマキリとは!?

どおりで、耕舎のオジサンに何度も「サトウさん」と呼び間違えられるわけです(笑) まだまだですね(^^ゞ

 

 

ぬかるみに足を取られまいと、常時スクワット状態で踏ん張り続けた身体。

しばらくは、ハムストリング(太腿裏)の痛みと共存生活が続きそうです。

田植えからの~温泉2本立て!は機会があればまた♪

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

こんにちは。先日、京急主催の鉄道イベントに行ってまいりました。

京急・ファミリー鉄道フェスタ2018

 

工場の屋内外を最大限に利用し、鉄道ファンを魅了します。ちなみに昨年は24,000人もの来場客がいたそうです。

 

会場までは、お迎え臨時電車(久里浜駅~会場の工場まで特別電車が運行)か無料シャトルバスか徒歩。臨時列車やシャトルバスはすし詰め状態、というか溢れかえっていていつになったら乗れるかわからなかったので、久里浜駅から徒歩で向かいました。

 

到着

開場時間は10時。10時半くらいにつきましたが、既に人でごった返していました。

 

 

会場内を把握できないまま、人の流れに乗って進みます。

まず、目についたのは「洗車体験」。電車の中から洗車の様子を見学できるそうです。

 

先着順。待ち時間が長そうでしたので、次へ…

 

 

「軌道補修作業実演」

線路の補修作業を実際に見せてくれました。説明をしていただきましたが、難しい…。

興味深く見入る大人たちが沢山いました。鉄道ファンにはたまらないのでしょう。

 

 

「運転台撮影」

事前応募イベントで、本物の運転台に入らせてくれます。帽子をかぶって写真撮影までできます。(小学生以下、限定。)

 

ところどころにある車両を撮影しようと思いますが、人人人で、電車単体の写真撮影は難しいです。

 

 

 

様々なタイプの京急列車が集合、整列していました。脚立を持参して撮影している人もいました。正面から撮れればよかったのですが、なかなか空かないので横からパシャリ。

青空に赤い車体が際立ちます。

 

旧1000形花電車

2011年に引退した旧1000形、都営浅草線相互直直通運転50周年を記念して、50年前に乗り入れ開通式で運転された花電車を再現したようです。

 

湘南電鉄デ1形復元保存車

昭和4年に製造された列車の復元モデル。ドアが木製です。

 

と、どこもかしこも京急づくしのイベントでした。

 

お子さまはこちらの方が良かったようです。

会場内の一角にプラレール広場が…

 

うん十年後には、本物の鉄道を食い入るように見つめてシャッターを切っているでしょうね。

 

お昼も過ぎ、お腹がすいたので帰路に着きました。

「京急ファミリー鉄道フェスタ記念弁当」が販売されていましたので、一日中いることもできたようです。

 

 


ページの
先頭へ