有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは!

 

来たる2022年5月13日。

 

いよいよ、ずっと楽しみにしていた「シン・ウルトラマン」が劇場で公開されます。幼い頃、実家にあった「ウルトラ怪獣図鑑」を見ながらニヤニヤしていたことが懐かしく思い出されます。

怪獣映画ってなんだか夢がありますよね!!公開が楽しみです。

 

 

ということで、今回は現実世界の中の、「夢のテーマパーク」にいって参りましたので、ご紹介したいと思います。

 

場所はわたくしの地元「群馬県」。

夢のテーマパークは、群馬県の中の「甘楽町(かんらまち)」という、なんとも甘くて楽しそうな地域にございます。

 

それではさっそくご紹介します!

 

まずはこちら。

当日はあいにくの雨でしたが、入口の時点ですでにいろんな色がわちゃわちゃしています。

皆さま、ここは何のテーマパークかお分かりでしょうか、、

 

ヒントはこちら。

おなじみの群馬県タレント、中山ひでちゃんが掛けているタスキには「こんにゃく大使」の文字が、、

 

 

くどいほどの「こんにゃく」「こんにゃく」「こんにゃく」

 

そうです!!こちらは群馬が誇る観光名所(?)「こんにゃくパーク」です!

わたくしにとって、約6年ぶりの訪問になります。

 

受付(※入場無料)を済ませると、このような被り物をいただけます。

さながら「〇ィズニーランド」のように、親子やカップルで仲良く被り物を装着する人々も多く見受けられ、私も危うく被り物を装着するところでした、、、

 

館内は主に下記3つのコーナーに分かれています。

 

➀工場見学コーナー

②こんにゃく無料バイキングコーナー

③こんにゃくお土産コーナー

 

このほか敷地内には、お子様用の遊び広場や足湯コーナー、こんにゃくの手作り体験等もございます。

 

バイキングは込み合っていたため、まずは工場見学から。

このように、製造工程をパネル上で学べたり、実際の製造ラインを上から見物できたりします。こちらの工場では、一般に思い浮かべられるような通常のこんにゃくだけでなく、「スイーツ系」や「健康系」など、多種多様な商品が作られているようです。

 

さて、次はいよいよ「こんにゃく無料バイキング」に参戦です。

 

入口遠っっ!!

やっぱりみんな、食べることがいちばん楽しみなんですね。

待っている間、前回訪れた時の反省点を脳内で再度確認します。

 

一、何度も往復している時間はないため一発で完璧に盛り付けること。

一、一番おいしかったのは玉こんにゃく。

一、変わり種はほどほどにしておくこと。

一、結局すべて「こんにゃく」のため、過度な期待はしないこと。

 

、、、ざっとこんな感じだったと思います。

 

さて、そんなことを考えているうちに順番が回ってきました。バイキングの盛り付けには定評のあるわたくしですが、今回の盛り付けはこのような仕上がりになりました。

 

〇▽□の配置がなかなかの出来ではないでしょうか(ドヤ)

実はこちらに伺う前にボリューム満点のパスタを平らげたばかりだったため、ちょっと控えめの盛り付けにいたしました。

 

あらためて、やはり玉こんにゃくは最強でしたね(●´ω`●)

 

こちらのこんにゃくパーク、年間の来園者数は100万人を超えるそうです。群馬が誇る夢のテーマパーク、ぜひ皆様も足を運んでみてください!!

 

 

 

 

、、さて。

 

夢のテーマパークはこんにゃくにとどまりませんよ。

 

2022年4月21日。「こんにゃくパーク」から車で10分たらずのところに、群馬県民待望の新たなテーマパークが誕生しました。

 

「海なし県」群馬の田舎道に突如として現れた、明太子の精霊。

「海なし県民」の夢を乗せた、待望の「かねふく・めんたいパーク」ですっっ!!

 

 

明太子ありがとう。

 

そんな気持ちがふつふつと湧き上がってまいります。

入口ではスプーンたっぷりの明太子の試食が配られていて、みんなもれなく満面の笑顔です。

 

光につつまれた謎の空間「つぶつぶランド」。

 

数々の「めんたいレシピ」紹介コーナー。

 

 

パスタとこんにゃくですでに満腹だったため、泣く泣くフードコーナーは諦めました。

全体的に子ども向けコーナーが多い印象の館内でしたが、私にとっては足を踏み入れられただけで大満足でした。

 

 

今回は、「夢のテーマパーク巡り」ということで、群馬の観光スポットをご紹介いたしました。皆様も群馬県に足を運ぶ機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてください😎

 

 

 

ちなみに!!!

 

群馬の主要都市である「高崎市」はなぜかパスタで有名な街でして、駅周辺にも美味しいパスタ屋さんがたくさんあります。

今回、こんにゃくパークを訪れる前にいただいたパスタも、せっかくなのでご紹介します☺

 

たっぷりのトマトベースソースにアツアツのチーズがのっかった、食べ応え抜群のパスタです。他にもいろんな種類があり、お昼時には行列ができるほどの人気店ですので、高崎に行く機会がありましたらぜひ食べてみてください!!

【店舗情報👇】

「スパゲッティー専科はらっぱ」(高崎市内に4店舗展開)

URL:http://www.harappa.co.jp/

 

 

【ご参考👇】

「こんにゃくパーク」(入場無料・営業時間9:00~18:00※平日は~17:00)

URL:https://konnyaku-park.com/

「めんたいパーク群馬」(入場無料・営業時間9:00~18:00)

URL:https://mentai-park.com/gunma/

※新型コロナウイルスの影響で、営業時間が異なる場合がありますのでご注意ください。

 

サボっていたわけではございません

 

桜前線も到着したし、お花見もしたいし

週末ごと雨だし、サンデー朗希さんの日曜午後は空けておきたいし(笑)

いつの間にか夏日だし・・・

と、先送りになっていた『箱根路歩き旅』

 

六郷橋を越えて早ひと月

このままフェードアウトすることも出来たのですが(^^;

「歩いてくるか…」に、

「暑いから気を付けてね」と、サラリと送り出されてしまったので再び・・・

 

 

ひと月前は枯れ木に花🌸だった草木もすっかり

青葉若葉の眩しい景色に🍃変わっておりました

 

さて、ここから始まる「花の二区」はエースランナーが集う激戦区

2区 23.1km(鶴見~戸塚)

 

距離も最長と心して掛からねばなりません!

と、気合十分?されど、毎度「行き当たりばっ旅」で準備不足は否めません

 

ところで、駅伝コースをたどる旅は、ず――――っと幹線道路沿いと

景色も代わり映えなく…面白みも変哲もありません

コンビニやファストフード店には事欠かないのですが、

あってラーメン屋さんと「ときめきポイント」はほぼ皆無!?です…ので誰も誘えません(;^_^A

 

更に、歩いている間はずっと日差しに晒されるという修行のような歩き旅ですが、

稀に?思いがけない出会いがあるかも知れません

(あったらラッキー🍀くらいの心持で臨みましょう)

 

溶けない?アイス??『くずバー』!?

突如現れた「トキメキ✨」には、しっかり乗っかっておきましょう✌

 

外国訛りの店員さんのおススメは「抹茶」でしたが、

パイナップルと迷った末に初志貫徹!!

疲労回復効果を期待して「梅」をいただきました♪

 

早め早めのクールダウンと、こまめな水分補給…そして時々のご褒美はマストですね

 

途中、キリンビールの工場は敢え無く通過

『生麦事件碑』に、そんな生々しい史実もありましたね…とゾクッと

時々不意に遭遇する妙な代物に励まされ?(誰!?)

 

ようやく、みなとみらいのランドマークが見えて来て~(*^^)v

 

気持ちはこんな感じ!!

 

ゴールの目安にしていた横浜駅手前で

寄り道を決めていたカフェにて束の間の休息を・・・

 

川崎から歩いてきたことを告げると、

東海道五十三次の?お寺巡りですか??と話が噛み合わず(^▽^;)

 

この辺りは神奈川宿跡らしく…神奈川宿は「神奈川県」の名前の由来でもあるそうで

また博識な旅の際に、立ち寄りたいですね

 

 

さて、23キロの旅も約半分?…10kmは進んだであろうゴールに選んだのはコチラ

 

品川駅からずっと並走してきた赤い車体がトレードマークの京急本線

 

どこか見覚えのある光景・・・

!!

以前、狛犬ならぬ、狛鼠詣りに訪れた「戸部駅」ではありませんか!!

一度限りの訪問と思っておりましたが、こんな形で再訪するとは(#^^#)

そんな感慨に浸りながら帰路に就いた京急線ですが、

歩けば30分ほどの道のりを、ものの数分でお隣、横浜駅に到着してしまうという虚しさよ(=_=)

 

そんなこんなの箱根路歩き旅

ここからが「花の二区」たる所以の難所が待ち受けており…果たして続きはあるのか!?

 

次回の申し送りは

アイスタオルと、着替え…あと、空腹を絶対に我慢しないこと!(倒れます💨)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

春の陽気に誘われて、山梨県清里のキャンプ場へ行ってきました。

キャンプ場のチェックインには早すぎる時間だったので、良い暇つぶしになる場所ないかな~と車を走らせていると…

見頃を迎えた桜の大木に埋もれた看板を発見。

「ムム―――! オオムラサキセンターだと~!?」

「オオムラサキ」は日本が世界に誇るエレガントな蝶で、日本昆虫学会で国蝶に指定されています。

横浜市ではまず目にかかれない貴重な蝶が目の前にいるのか…!? と、興奮のあまり足元がフラ付きながらセンターへ一歩踏み入れると…

 

「ヌオォ~…、こいつはたまげたぜ~!」 ドでかいカブトムシがお出迎え。

早くもオオムラサキとカブトムシが樹液をめぐって喧嘩していました!

 

管理棟へ向かっているとオオムラサキ花壇を発見。

 

管理棟はこんな感じ。

オオムラサキの顔に齋藤の顔を突っ込んでやりました! 齋藤弘毅、もうすぐ49才です。

 

センターの中で販売されていた「むしT」。これで街中を歩けば職質間違いなしです!

 

「ムム―――ッ!! 樹液に群がる昆虫達!まだ4月上旬なのにどういうこと?」

 

「・・・。 ジオラマかよ」

 

暇つぶし程度に寄ったつもりですが、昆虫好きにはパラダイス。オオムラサキに限らず、様々な昆虫を学ぶことができます。

「入館料420円、お値段以上だぜ~」

 

蝶の標本で作った五輪マーク…。呪いがありそうでした。

「ゴキブリにさわってみよう!」と恐ろしい体験もできます。

 

この金網防護された空間でオオムラサキの生態を観察できます。

が、まだ4月上旬ということもあり当然ながら蝶はいません。やっと幼虫が木に登り始めた頃…。

 

必死になってオオムラサキの幼虫を探しましたが、すぐに見つかるほど自然界は甘くはないです。

イライラするぐらい探しまくりましたが結局断念…。

 

オオムラサキの幼虫が見つけらずイライラしていたので、ヤギと頭突き対決をして血だらけになって帰ってきました。

 

今回はオオムラサキの生態観察をするには早すぎる時期でした。

オオムラサキが羽ばたき始める6月下旬~にまた再訪したいと思います。

 

毎年この時期に訪問する「道の駅 南きよさと」が近かったので、鯉のぼり鑑賞をして手打ちそばをいただいてきました。

ここのざるそばは安くて美味しいので、ぜひお立ち寄りの際はご賞味ください。

 

雲ひとつない青空に泳ぐ鯉のぼり。

街中では見られない里山の風景に心癒され、心穏やかな気持ちになりました。

こんにちは。土日は晴天で気温も上がり夏日となるところも出てくるような予報ですね。入学式シーズンもひと段落して、都内では長く楽しめていた桜も散り始めました。でも春はこれからですよ🌷

 

横浜ではスプリングフェアが開催されています。感染対策と花粉対策をバッチリして、春のお散歩に出かけてみてはいかがですか?

 

横浜公園はチューリップが見頃です。

 

冬に球根を植えるイベントがあったのですが応募者多数の為落選…自分で植えていたらより思い入れがあったと思いますが、見るだけでも十分綺麗です。

今年はチューリップの品種が立てられているので、覚えたらチューリップ博士になれそうです。人気投票もあるようです。

 

こちらの花壇は段差を活かしてランダムに植えられています。カラフルでいっぺんに楽しめますね。

 

でっかいカメラを持っている人もチラホラ…このアングルで撮っていたので真似してみました。どうでしょうか📷

 

未だ桜前線の便りが届く前のこと

ビビッドな黄色い🌼菜の花を求めて出かけた先がこちら

 

ウ―――――ン、ビビッド感はいずこ?

 

目指すは目の前のこんもりしたお山

「吾妻山公園」山頂です

 

山頂までは「梅沢口」と「役場口」の二カ所の案内がありますが、

登りは「梅沢口」から、下りは「役場口」を選択♪

 

先ずは登山口まで、線路沿いを10分ほど歩きます

桜?ではなく、大きな『梅』の木がお出迎え

※なんてったって「梅沢口」ですものね(#^^#)

 

登山口にある杖を拝借して、“えっちらおっちら”

 

15分程で山頂へ!?

残念(^^ゞ、手前の「吾妻神社」に到着です⛩

こちらは、縁結びの神として信仰されているそうで💗

女子の皆さんは要チェックですね(^_-)-☆

 

 

神社から、ほどなくして\(^o^)/待望の頂へ!!

ビビビビ――ッドな黄色い🌼菜の花がお出迎えしてくれます

 

 

標高136.2m

吾妻山山頂から望む景色は☆☆☆

絶景かな

 

絶景なり

 

 

最高だぜ👍

 

 

さて、若きは「花より団子」より滑り台!?(^◇^)


全長102メートル、傾斜約10度のローラーすべり台は

無料開放とあって、老いの?懐にもナイスだぜ~(笑)

相模湾を見下ろしながら一気に滑る爽快感は老いも若きも関係ありませんね(#^^#)

※ただし、降りたらまた登るというエンドレス(ワイルドだぜ~笑)

 

今頃は、のトンネルに包まれていることでしょう🌸

 

 

我が家から「南西」の方向にある二宮町

方位によると、南西は『努力のパワー』に溢れているとか(*^^*)

こつこつ努力する力が身につき、心も生活も安定するそうですよ

新年度に向けてパワーチャージに訪れてみても良いですね

 

 

今頃はと富士山の饗宴』が望める場所

吾妻山公園山頂

JR東海道本線「二宮」駅より梅沢口まで約800m、山頂まで徒歩20分

 

)^o^( からさわ !(^^)!

 


ページの
先頭へ