有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

新たな刺激を求めてぶらぶらぶら。

今回は渋谷の新スポット、渋谷ストリームに足を運んでみました。

 

新スポットといってもオープンしたのは昨年の9月。

なかなか訪れる機会がなく、今回ようやく初レポートです。

 

アクセスは東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」16b出口が直結をしておりますので、そこからが一番わかりやすいルートかと思います。

地下からエスカレーターであがっていくとまずは渋谷川がお目見え。

画像右側の建物が渋谷ストリームです。(左側は左側で古き良き~?)

1~3階にはショップやレストランが建ち並んでおり、新たなご飯スポットに目移りをしてしまいます。

 

その中のひとつ、レモネード専門店にぶらりとお邪魔をしてみました。

冷たいもの、温かいものそれぞれございますが、驚きなのがその豊富な種類。

メニューの中にはスムージーやチーズなんて変わり種もございます。

スムージーは夏にはぜひ楽しんでみたいラインナップですね。

 

変わり種も試してみたい気持ちもございましたが、

初回はやはりスタンダードにとソーダレモネードを注文。

お店の並びにはイートインスペースもあり、

そこにはなんとイスのかわりにブランコがぶら下がっております。

試しに座ってみましたが、座り心地はなんとも…なんとも…

今回は大人しくテイクアウトで、おじゃましました~。

 

この他にもストリームにはお店は盛りだくさん。

ランチに晩御飯、いろいろ楽しめるようですので、渋谷にお越しの際はぜひお立ち寄りを。

こんにちは。雪の降りそうな空の色です。1月最終日となりました。

 

年末年始の暴飲暴食をリセットしようと、雑穀入り玄米ご飯を主食とする生活をしています。間食無しは無理なので、体に良さそうなものを選んでいます。2番目の高級チョコは、頂きもので添加物無しのカカオ72%というものです。

 

 

 

先日、運動不足の体を動かそうとラジオ体操をしたところ、筋肉痛になりました。たかがラジオ体操、されどラジオ体操です。健康は一日にしてならず、日々小さな運動を継続したいと思います。

 

 

さて、主食は玄米ご飯ではないですが、バランスの良い体に優しそうな定食屋さんをご紹介します。

外観こんな感じ。ランチタイムになると看板が出ます。

 

ランチタイムの食事メニューは3種類で①定食、②丼物、③カレー。この日の定食は、油で揚げないカツです。ヘルシーですね。

 

定食は、主菜のほかに小鉢が3つ。毎日メニューが違うとの事で、通っている方も多いのではないでしょうか。それに、ご飯とお味噌汁で1100円。美味しい~!!と感動する程のランチではないですが、安定のおふくろの味、という感じです。

 

店内は、カウンター15席程、テーブルが椅子を動かして3~6名程着席できるくらいのこじんまりとした空間です。食事を作っている店員さんとの距離が近く、レシピは見えないものの時間によっては仕込みをしている為、調理方法などが見られます。

この日の「揚げないカツ」は、豚肉に衣を薄く塗り、オリーブオイルを振りかけて230°のオーブンで18分間温める、という調理方法でした。

 

店内の黒板によると、夜の営業もあり、メニューはランチタイムの3種類+お楽しみ皿が付いてくるようです。

 

 

■ あいおい食堂

■ 神奈川県横浜市中区相生町1-18-1 TSKビル 1F

 

蕎麦シリーズも遂に10回目を迎えることができました。

これからも健康の為にも食べ続けます。

今回の蕎麦屋は

 

 

文京区本郷にある増田屋さん

系列店では神田にもあるそうです。

お昼時ということもあって、大変込み合っていました。

最寄駅は東大前ということで、学生さんが多かったイメージです。

かなりエリートそうな・・・( 偏見かもしれませんが )

 

お店の中は昭和にタイムスリップしたかのような、古き良き落ち着く雰囲気

 

 

蕎麦以外にうどんもありました。

この日の最高気温は5℃でしたが、蕎麦通は「もり!!!!」と

雑誌に書いてあったので「もり」を注文

 

 

ランチメニューはどんぶりとセット

年末年始で体重が激増して、プチ減量中なのでここは我慢・・・

本来は

 

 

みそ煮込みうどん ライスセットの気分でした。

隣の学生さん( エリートそうな )もみそ煮込みうどんをズルズル啜っていました。

10分程で

 

 

きました。

とても越があり、蕎麦の味がしっかりしていてとても美味しかったです。

食べ終わった時には、みそ煮込みうどんではなく、もりそばで良かった・・・と思えました。

大変満足の蕎麦でした。

体は冷え切ってしまいましたが、心は満たされ、足取り軽く会社へ戻りました。

1月某日。久しぶりに平日に休暇を頂き、今回は伊豆高原へ

足を伸ばして来ました。

 

R134の海沿いを横目に目立った渋滞も無く、約2時間のドライブ

天候にも恵まれ、遠くにはうっすらと伊豆大島も見えます

 

 

今回、お邪魔したのは、伊豆大川温泉。全室源泉かけ流し露天風呂付の宿

途中、車1台がギリギリ通れる程の狭い山道を抜けた先にその宿はあります。

 

館内に通されると、眼下には海と緑豊かな山々に囲まれた静かな環境

少しゆっくりして、夕食前に汗を探そうと自慢の露天風呂に浸からせて頂きました。

 

鉄分を多く含んだ弱アルカリ性の泉質で、湯あたりしにくいと好評のようです。

 

さて、楽しみにしていた夕食は新鮮な海の幸、里の幸。

旬な食材が並び、お腹一杯贅沢な食事を堪能させて頂きました。

 

食事を終え、夜21:00以降は共同浴室が貸し切りになるとの事だったので、

真っ暗になるタイミングを見計らい、今度はゆっくりと浸かって来ました。

 

写真の浴室とは別に露天風呂もあり、周辺は外灯も無い為、綺麗な満天の

星空を拝みながら、風に揺れる草木の音に耳を澄ませつつリラックス

 

都会の喧騒を離れ、本当に贅沢なひと時を過ごしました。

是非ともまたお邪魔したいと思います。

 

 

翌日はチエックアウトが12:00という事もあり、のんびりと軽食のブランチを

頂き、宿を後にしました。

 

伊豆高原周辺を散策し、途中寄り道をした「道の駅」ならぬ「旅の駅」で

お土産を物色すると、河津桜の開花時期も近い季節限定のさくらそば

 

昨年は売り切れ状態だったという、人気no.1あおさと山葵が練り込まれた

海苔の佃煮。( 激推しだったので購入決定 )

 

美味しそうなミカンかと思いきや、饅頭でした…

 

さくらそばを見て、ふと河津桜の様子が気になり河津まで足を伸ばし

チェックしてみましたが、だいぶ蕾が膨らみ、ちらほら咲き始めていました。

春はもう少しですね。

 

タイミングが合えば、ライトアップの時期にお邪魔したい所です…

 

 

それでは。

 

 

今年の初笑いはラジオ体操から。

初日の出を見ようと急ぎ支度をしていると、ラジオからはお馴染みの音楽が・・・と構えていたら、優雅な琴の音色の正月版ラジオ体操に思わずクスっと( *´艸`)

365日、ラジオ体操には正月休みもない?ようです(お疲れ様です!)

 

何だか愉快な発見(出会い)の新年に、良いことがありそうな予感?

ちなみに今年最初に引いた携帯みくじは「中吉」。~根拠のない自信とか(笑)

 

本家本物の初笑い!は、ニューイヤー駅伝にあり。

猫も杓子も蓋を開ければ「平成最後/\」と、さすがに聞き飽きたわ…と思っていた頃、右に倣えの凡人達に釘を刺すような名文句?で登場したのが、某駅伝選手とエスコートキッズの中学生。

 

パフォーマンスもさることながら、「まだ平成」とは「ごもっとも!」と、そのセンスに唐沢家では拍手喝采。

早速、中学1年生の甥っ子に即席で書をしたためてもらい、「まだ平成~!」と掲げて笑顔で収まった集合写真、2019お正月でした。

 

今年のラッキーカラーは「赤と白」。そして今年は「変化(チェンジ)」の年で、大きな変化(山)に向けて礎を築く年になるそうです。ラッキーアイテム等、上手に取り入れながら、先ずは健康第一で良い年にして参りたいですね(*^-^*)

 

 

さて、気が付けば冬至から早ひと月…まだまだ寒さ厳しい毎日ですが、心なしか日差しにも春のぬくもりを感じるようになって来た今日この頃、でもやっぱり寒い!ですね。

 

冷え切った体には「焼き芋」屋台は魅力的~☆とチラ見してみると、なんと小ぶりのSサイズで1個400円と、帰りのバス代とスーパーに並ぶ198円の焼き芋が脳裏をチラついて・・・

そうだ!林くん (『林修の今でしょ!講座』) おススメの「焼き芋を試してみよう!」とサツマイモを購入して帰宅。

 

 

一つは一般的な「紅あずま」、もう一つは、期待感膨らむ石川県産「五郎島金時」

 

ところで、皆さん焼き芋と言えば「ホクホク派」ですか?それとも「しっとり&ねっとり派」ですか?

唐沢は、断然!「ねっとり派」。

『アレ』を使えば、簡単にしっとり甘い焼き芋ができる…という林くん情報を元にいざ試作。

 

調理は簡単。サツマイモを洗って、『アレ』に投入するだけ。

『アレ』とは・・・

 

 

どこのご家庭にもある「炊飯器」。

ポイントは、「玄米モード」で(ゆっくり低温で)炊くこと…以上!

水加減は2本で100ccを基準に適宜加減?(試作なので、だいたいです)

 

後はスタートボタンを押して、ピーピーという合図を待つばかり(ドキドキ)

ガスのように、火加減の調整を気にする必要が無いのは魅力ですね☆

 

超~しっとり!とまでは行かなかった紅あずまですが、程よい甘さと水分量で、小ぶりのお芋はすぐに無くなってしまい・・・

ナオミちゃんの試合観戦中に焼き芋「2巡目」へ。

 

 

 

厚みのあるボディの金時芋は、どちらかと言うとホクホク系。唐沢の求める「ねっとり系」石焼き芋ならぬ「釜焼き芋」への道はまだ半ば…しばらく「炊飯器×サツマイモ」の歩みは続きそう?でしょうか…

 

さて、いよいよ春立つ2月。こちらも始動して参ります\(^o^)/

 

)^o^( からさわ !(^^)!

 


ページの
先頭へ