有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

みなさんこんにちはルート営業の小圷です
毎日猛暑の中お仕事お疲れ様です

さて今回はユニバーサルマナー検定3級なる講座に参加してきました
この講座はユニバーサルマナーを初めて学ぶ入門編です
講義75分グループワーク45分の合計2時間コースです
どんな人がどんな事に困っているのか
困った方への声かけの方法などを学びます

 

ではユニバーサルマナーとは何か?
高齢者・障害者・外国の方など多様な方々を街で見かけるようになった現代
自分とは違う誰かの視点に立ち適切な理解のもと行動する
特別な専門知識や技術などではなくちょっとした『こころづかい』
誰でも学べるマナーです

講師は原・聡先生
ご自身も網膜色素変性症という視力と視野が徐々に失われる視覚障害をお持ちです
(以下原先生の言葉を引用)

現在、1日3,000人以上利用のある駅はエレベーターを設置しなさいと法律がなされ
さらに次の法改正にて恐らく1日1,500人以上利用の駅にもエレベーター設置を
しなさいとなる予定
障害者の方がこれからどんどん外に出られる時代になった

皆さんの中にも経験があると思いますが
困っている人を見かけたけど声をかける勇気がない
どうしていいかわからない
どうやってサポートをすれば良いかわからない
一歩踏み出す仕方がわからない

声をかけたいが…という思いがあっても中々行動に移すことができないとすれば
それは多様な方々の視点がわからないからではないでしょうか?

私たちに求められること?
施設や設備を整えるハード面も必要だが
これにはスペース・お金・時間に負担がかかるので個人も企業も大変になる
ハード面を変えることは中々難しくすぐに変えられない
しかし私たちひとりひとりの『ハート』はすぐに変えることができます

そもそも障害とは何か?
普段当たり前のように利用しているハサミや駅の自動改札機は右利き用になっているように大多数に合わせて作られた物が障害であって障害は人ではなく環境にある
障害はかわいそうではない

以上、講演の中で印象に残ったお話しを引用致しました
原先生のひと言ひと言に頷いてしまい、まだまだたくさん良いお話をされていたのですがメモを取るのが追いつきませんでした!

 

後半はグループでご一緒させて頂いたメンバーの中に接客関係の方がいらして
実際にあった出来事を発表してくださいました
『車椅子で来店した方へ、良かれと思ってテーブルをどかせば車いすに座ったまま
食事をすると思ったそうなのですが本当は席に座って食事をされたかったとの事
車椅子にずっと座っていると背中もお尻も痛いそうでして席に座りたいユーザーが
本当は多いそうです』

上記の出来事から私たちのグループは、今後自分たちに求められる事として
過剰に何かをしなければならないという義務感で向き合わない
いつでも声をかけられる距離で見守る
先入観や押し付けではなく『私にお手伝い出来ることはありますか?』と声をかける
という結論に至りました

 

最後に原先生より
多様な方と向き合うために100点満点を目指さない
50~60点で良い
不格好でもよいから向きあう
続けることが大事!
人との違いを見つけるよりも同じところを見つけたり探す方が難しいことを認識する
オストメイト対応のトイレが少ないので日頃からトイレを気にかけてほしい
知っていれば教えてあげてほしいなど
まだまだ興味深いお話がありましたがあっという間に90分が過ぎて終了となりました

 

皆様もご興味が御座いましたら是非受講してみて下さい

すごく新鮮な気持ちになりますよ。

 

 

こんにちは。連日の猛暑、身体に堪えます。暑いのを通り越して、降りそそぐ日差しは痛いです。皆様熱中症にならないように、水分・塩分補給をこまめにおこないたいですね。

そんな「真夏」の夜にふさわしい、横浜・みなとみらいの夜空を彩る花火大会がありました。

 

 

場所は、みなとみらい地区・臨港パーク。7月の天候が気になる中行われた「横浜スパークリングトワイライト2019」とは違い、打ち上げられる目の前の芝生席は有料。料金はかかりますが、大勢の人が押し寄せたようです。

 

 

「未来都市・横浜」をテーマに開催された「スマートフェスティバル」。音と光を駆使した花火プログラムとのこと。

 

 

夜になっても気温が下がらず、有料席まで良く元気もなかったので、自転車を走らせ象の鼻パーク周辺で花火を見ることに。この辺りは入場料も入場制限もなく、人出はありましたが大混雑と言うほどでもなかったです。

 

 

打ち上げ場所からは少し離れていたため、プログラム中の「音」の部分は全く聞こえませんでしたが、花火を楽しむには充分。

 

 

打ち上げ時間25分、打ち上げ数約20000発。平日でしたが、夏休みという事もあり、「今日は特別!夜更かしOK!」と言われたであろう子どもたちもたくさんいました。

最後は、これでもか、と言わんばかりに連続花火が打ちあがります。

 

 

もはや爆発。

 

 

8月に入りました。

まだまだ暑さに体が慣れませんね。

 

暑い中また刺激物を食してきました。

今回の刺激物はカレーです。

先輩相談員 上野が「カレー大好きシリーズ」を載せていますので

キチンと許可を得て掲載しています。

 

行ってきたのは中華街 関帝廟通りにあるこちらのお店↓↓

 

鳳林(ほうりん)

横浜市中区山下町197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店前には有名人の写真やサインが。たくさん来られているようですね。

今回の目的は カツカレー🍛

ただのカレーではありません。

メニューには載っていない”裏メニュー”なんです!

知ってる風に書いていますが情報源はTVです。

カツカレーがメニューに載っていないことを確認していざ注文っ!

井 出  : テレビでやっていた裏メニューのカツカレーください。

店員さん : 大・中・小ありますがどうしますか?

井 出  : (どうしよう…ここは無難に…)中で!

店員さん : 大と中は食べ残すとプラス500円いただきますがよろしいですか?

井 出  : !? 中はどのくらいの量なんですか?

店員さん : お盆位です。

井 出  : !!?? 小はどのくらいの量ですか?

店員さん : 茶碗2杯半くらいです。

井 出  : ……じゃあ小でお願いします。

 

少し早めのランチタイムに到着したんですが

お客さんが多く店内写真が撮れませんでした。

「テレビでやっていたカレー」と注文されている方もチラホラ。

 

隣の母娘はものすごくいい香りの石焼あんかけ焼きそばを

美味しい美味しいと連呼しながら召し上がっていました。

 

「お待たせしましたカツカレーです。」

……小でも十分にお盆サイズでした。

 

隣の母娘の声が聞こえてきます。

「…カレーだって…あんなのあるんだ…すごい量ね…」

 

なんだか勝手に恥ずかしい気持ちになりましたが、いただきます。

 

具はカツのほかにホロホロの大きめ牛バラと大きめカットの玉ねぎだけ。

色味は深い茶色です。

中華なので強い火力で煮込んでいるんですかね?

カレーはコクが強くピリリとした辛さを感じます。

唐辛子の辛さです。じわじわと汗かきます。

食べ終わる頃には汗だくだくです。

 

あとで聞いたら中は茶碗2杯半+どんぶり1杯。

大はどれほどなんだろう…。たまに注文する方がいるようです。

そういえば店前の有名人の写真中にギャル曾根がいたな。大を食べたのかな。

 

ごちそうさまでした。

 

今回の刺激物:鳳林 裏メニューカツカレー(小サイズ)

辛さレベル :★☆☆☆☆

柴﨑 竜
2019.07.31 22:35

見学会②

前回のブログで

「今後も見学会に参加したいと思います。」

と、お伝えしましたので、早速先日行ったプチ見学会についてもお話ししたいと思います。

柴﨑です。

 

 

皆さん、明太子はお好きですか?

私は大好きです。

 

明太子で有名な「かねふく」。

そちらが主催で、茨城県の大洗町では人気の

「めんたいパーク」へ行ってまいりました!

 

 

明太子好きにはぜひぜひ行って頂きたい場所です。

 

 

パーク内では主に明太子の販売を中心に行っておりますが、奥へ進んで行くと、、、

 

 

ありました、お目当ての「見学ギャラリー」。

 

 

早速、中へ入ってみると、

 

通路の壁には、お子さんが楽しめるような細工がされていて、、

 

 

と、こんな感じです。

 

 

さらに進むと、

 

!?!?

そんなに沢山の人が来ていたなんて、、、。

さかなクンが隠れスタッフのようです。

 

もちろん真面目な感じでも、明太子が生まれるまでの過程を教えてくれます。

 

 

ちなみに、皆さんはスケソウダラの"求愛"の声を聞いたことがありますか?

 

見ず知らずの小学生男子と一緒に、この黒い筒のような中へ入り耳を澄ましました。

…それはそれはとてつもなく低音で微かな声でした。

気になった方はぜひ、めんたいパークへ!

 

 

そして、いよいよお目当ての明太子作りが見学できるコーナーへ。

 

職員の皆さんは下を向いてもくもくと作業されています。

・・・真剣さが伝わってきます。

ですが、こちらの作業員の方々のお陰で美味しい明太子が食べられるのだと思うと感謝しかありません。

 

こんなことにもこだわってくださっているんです!

 

 

 

最後にこれでもかっ!というぐらい明太子が入った大きなおにぎりを食し、帰路につきました。

明太子が好きな方も好きでない方。

これから好きになりたいという方も!

 

 

こんな感じのお子さんが楽しむポイントもありますので、お近くへ寄った際はぜひ!

 

 

おひとりさまのがっつり系から変わりまして、お洒落なCaféをご紹介。

休日の散策中に文京区で素敵なお店と出合えました。

 

外観からも漂うお洒落感。

単純な豊田は早速同行者とお店の中へ。

しかし、中は満員御礼。外の看板でメニューを見ながら待つことに。

タイミングが良かったようで待ち時間5分程で、アンティーク品が並ぶお洒落な店内へと案内されました。

パスタやガレットといったお食事系も美味しそうでしたが、甘いものを食べたい気持ちが強かったのでクレープとコーヒーを注文。

コーヒーはこちらもお洒落感満載なグラスに入れられてきました。

 

そして一番のお楽しみのクレープ。

手にもって食べるような大きさを想定したのですが、運ばれてきたのはなんとお皿いっぱいに横たわるクレープ。

クリーム、イチゴもたっぷりと添えられており、流石に一人で食べるには量が多いので同行者と分けて一緒に楽しみました。

嬉しい誤算に気持ちもお腹もたっぷり満たされました。

 

 

梅雨明けを迎え、ようやく太陽がお目見えしいよいよ夏本番というお天気が続いておりますね。

しかし夏場だからと油断をしていると外気とクーラーのきいた室内との温度差に体力が奪われてしまうことも。

8月を迎えるとますます日差しも厳しくなってまいります。皆様くれぐれもご自愛ください。

 


ページの
先頭へ