有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

今回は神田にあります「かんだ冨そば」

新橋の駅から歩いて10分ぐらいです。

カウンター席9席、立ち食いカウンターが数席ある小さなお店。

外観は、お世辞にも「キレイ」とは言い難い建物でしたが、お店の中は満席でした。

お店の中を少しだけ

 

 

大将がハワイ好きなのか、ところどころのインテリア、置物にハワイを感じさせる小物がいくつかありました。

 

 

こちらは先に食券を購入するタイプ。

中で蕎麦を食べている人を見ると、大きなてんぷらを注文している人が多かったです。

 

 

後々食べログ等を見ると、口をそろえて「てんぷら絶品」と書いてありました。

私は毎年恒例の「減量」中なので、てんぷらはやめときました・・・

初めて行く蕎麦屋は、必ずざる蕎麦を注文していますが、当日は5月にも関わらず、気温が上がらず体が冷え切っていてこともあり、温かい蕎麦を注文しました。

ただの温かい蕎麦ではなく、お店で大々的にお勧めしていた「肉蕎麦」を注文。

お店のメニューを眺めていると、10割蕎麦であることが判明!!!

 

 

(心の中でガッツポーズ)*高たんぱく、低脂質な為

待つこと15分・・・

混んでいたせいもあるのか、少々注文から時間が掛かりました

 

 

まずはスープを

お肉の旨味がたっぷりと出ている少し甘口のスープがなんとも絶品!!!

お肉もよく煮込まれていて、トロトロで美味しい!!!

肝心の蕎麦もコシがあり文句なし!!!

普段は体のことを考えてスープを飲み干さない私ですが気づけば

 

 

ほぼ完食。

次お邪魔した時も、肉蕎麦を注文しようと誓いました。

温かい蕎麦も悪くない・・・

 

大変満足の蕎麦でした。

ご馳走様です。

こんにちは。連日カラッとした気持ちの良い晴れの日が続いています。梅雨入り前に、エアコン掃除くらいは済ませておきたいですね。

 

先日、東京オリンピックのチケット申し込みが締め切られました。テレビで見るアップ映像の方が近いだろう、と当初は申し込みをする気は全くありませんでした。

が、販売サイトが混雑のため12時間延長されたというニュースを見て、急いで申し込みをしてしまいました。抽選とのことで、結果が楽しみです。

 

 

さて、ここ数日横浜スタジアム周辺は野球ではなく「横浜開港記念バザー」でにぎわっています。大正9年から続くこのお祭りは、福祉の増進や緑化等に寄付することを目的として開催されています。

 

一般ブースエリアでは、特産品や雑貨、軽食の販売をしています。バナナチョコ・やきそば…なんだか普通のお祭りの出店のようですね。

 

 

各地の特産品も出ています。伊豆のニューサマーオレンジ、のどが渇いていたのでしっかり試食品をいただいてきました。

 

 

そしてこの日何となく買ったお土産がコチラの塩ワカメ。

400gで500円…お得?普通?といろいろ思っているうちにおじさんの勢いに押され購入。少しおまけしてくれたようでした。

戻す時間は真水で5分ほど。2回ほど水をかえてあげると上手に塩が抜けます。生ワカメに近い食感を手軽に楽しめる一品です。

 

 

こちらは夏になるとビアガーデンとなり、巨大スクリーンで野球観戦ができるスペース。簡易テーブルが置かれ、出店や特産品の飲食物をこちらで頂けるようになっています。

 

植木市では、今見ごろのバラなどの花の苗木が販売されていました。

 

バザーは横浜開港記念日である6月2日を祝うもので、開催期間は~6月3日(月)まで。横浜の初夏を彩る風物詩のようですので、野球のついで、観光のついでにぜひ足を運んでみて下さい。

 

柴﨑 竜
2019.05.30 07:21

夢むすび

最近、神仏に興味津々の柴﨑です。

 

 

ということで、今回ドライブがてら行ってまいりましたのが

茨城県稲敷市にあります大杉神社。

 

 

こちら、パワースポットとのこと。

なぜパワースポットなのか?

 

それは、日本で唯一の夢むすび大明神だからです。

 

"夢むすび"とは、いかなる願いも叶える、という意味。

こちらの神社では様々な願い(夢)を叶えて下さるそうなんです。

 

一般的な、厄除け・縁結び・家内安全などから

金運・進学・就職・経営の願いごとも。

珍しいものでは、"悪縁切り"や賭け事などといったものまで。

 

すごく幅広いですが・・・斬新です。

 

私の家族情報では、こじんまりして参拝客も少なく静か。

とのことだったのですが、実際行ってみると沢山の人。

 

 

イメージと違ったなぁ・・と少し寂しさを感じながらも

休日だからかと安易に考えていました。

が、参拝客のお一人が

「やっぱりテレビの影響はすごいなぁ」

と。。!?

後で調べてわかったことですが、私が訪問した日の朝にテレビで特集されていたらしく、混雑したのはその影響だったようです。

 

テレビに放映されるほど注目度が高いのですね。

 

 

では、そろそろ神社の成立ちなどを・・と思いますが

私の下手な文面でご紹介するよりもホームページをご覧いただくとして。

 

私が今回特にお伝えしたいのは

神社内の色鮮やかな建物珍しい装飾です。

 

建物は、目がさめるほど鮮やかな朱色。

 

 

 

 

装飾を細かく見ていても飽きません。

 

 

 

 

 

最近は外出時の天候に比較的恵まれ、この日も晴天。

余計に色が映えます。

 

敷地内はさほど広くないですが、見どころ満載です。

 

 

 

ちなみに、おトイレの装飾まで力を入れています。

 

 

 

こちらも必見です。

 

 

あまり時間をかけずに参拝できるので、お近くに寄った際などにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

大型GWは如何お過ごしでしたでしょうか?私の方も10連休とは行かないものの、久しぶりの連休は、敢えて遠出はせずに家族でゆっくり過ごしました。

 

齋藤同様に、私山口も5月が誕生月という事もあり、今年から弊社に導入された「誕生日休暇」を頂いて、GWの喧騒が過ぎた某日。伊豆河津エリアへ1泊旅行に行って来ました。

 

今回お邪魔した宿は、弊社御用達の伊豆天城温泉「禅の湯」さんです。

 

こちらは宿に隣接する寺院「 慈眼院 / じげんいん 」が運営する一風変わった宿坊になるのですが、宿坊といっても建物は写真の様にモダンでシンプル。

‹ 慈眼院 ›

 

夕食の少し前にチエックインを済ませ、廊下を進むとお目見えする、観音様に先ずは手を合わせご挨拶。

 

軽く汗を流して、楽しみな夕食の時間

こちらのお食事は地の脂の乗った美味しい魚から山菜、手作りの豆腐等彩りも綺麗な小鉢が次々と並びます。

 

中でも美味しかったのが、こちらの、もずくの天ぷら。フワフワとした食感の中にも、もずくの歯ごたえを感じる絶妙な一品。

 

例の如く食べ過ぎてしまいました…

 

翌朝は少し早めに起床し、露天風呂を堪能。

柵の上からは鶯の鳴き声を聴きながら雄大な山々を望む事が出来、非日常を味わえます。

 

 

2日目。丁度、バラが見頃を迎えている「河津バガテル公園」にお邪魔して来ました。

1,100品種6,000株のバラが観賞出来る「春バラまつり」を開催中

 

入り口を抜けると広大な敷地の中に手入れが行き届いたフランス式庭園が広がります。

 

全体に7~8分咲きといった所でしたが、どれも丁寧に手入れをされているのが一目で分かる素晴らしい庭園でした。

 

6/30までイベントを開催中ですので、ご興味のある方は是非。

それでは。

 

お天気に恵まれた週末、友人に誘われてとあるイベントへ。

イベント会場はこちら。

 

大井競馬場です。

しかし目的は競馬にあらず。土日で開催されていた、全国から骨董品を取り扱う店舗が集う東京蚤の市に行って参りました!

 

 

会場入り口は某テーマパークのような長蛇の列が。しばし並ぶこと15分。

 

入場料700円を支払い、いざ入場。広い敷地内には265ものお店が建ち並んでおり、どこも多くの人で賑わっておりました。

出店は骨董品だけではなく、ドライフラワーや北欧雑貨、食べ物の露店も多くあり、あれもこれもと会場を隅々まで見て楽しむことができました。

出店しているお店の中には、ワークショップを開いているところもございました。

友人に誘われ、早速指輪づくりに挑戦。

作り方はとてもシンプル。

まずは指輪をはめる指の第二関節まで入るリングを選びます。

選んだリングを台の上で模様入れる金づちで叩いていきます。

模様を入れ終わったら、今度はサイズを広げるための筒にリングを通し今度は側面を叩いていきます。ちょうどよいサイズになったところで、最後に全体のゆがみを直せばあっという間に指輪の完成です。

(作業に夢中で作業工程を写真に撮るのを忘れておりました)

自分の手で作り上げた指輪にすっかり愛着がわき、早速愛用しております。 

 

その後も日本酒の飲み比べをしたり、おいしいソーセージを食べたりと全体を楽しむことができましたが、唯一の心残りは、同会場で開催されていた豆皿フェア。

実は一番メインの目的だったのですが、足を運んだ二日目は商品のほとんどが売り切れていた状況。

残念なことに結局なにも買わずに帰宅することとなりました。

 

大盛況の東京蚤の市。お目当てのものがある方は初日の早めのお時間に行くことをお勧めいたします。


ページの
先頭へ