有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

春休み中に野球部の大島合宿に付き添いをした母親同士で打ち上げをしましょう!と話していましたが、入学式や新学期の準備~GWを経て、子どもたちが修学旅行に行っている間に、母親同士でも羽を伸ばしましょうと集いました。

大島のお店ではないですが、同じ島つながりで、八丈島料理と島焼酎のお店、立川駅南口徒歩5分の「佐藤(Japanese Cuisine Satoh)」へ。どうしても、島での珍道中が忘れられないため、幹事の方のお勧めで島つながりのお店を予約していただきました。

Japaneseがコンセプトでもあるため、佇まいもお堅いイメージを思いきや。こんなおしゃれな雰囲気で。

 

 

 

 

 

 

 

さすが、明日葉入りのサワーもあり、島の名産をふんだんに使っているなぁと感心。

 

 

 

 

 

 

 

自家製の鰻巻き。卵が薄い色合いで、だしのきいているやさしい味でした。

ハーブどりのフライドチキン、実は、この色合いで、しょうゆなどに付け込まず、塩コショウと企業秘密の調理法(チキンが全くパサつかなくなりました。)でふっくらとした味わいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

豆腐と茄子の揚げ出し!明日葉のてんぷらも彩りに、野菜好きには目がない料理です。

八丈島 島寿司!真鯛や鰹、はまちなど全て、特性のしょうゆに漬け込まれ、大島の時のべっ甲寿司を彷彿とさせた一品です。

最後はうしお汁です。魚のあらを使用し、だしがしっかりしており、ほっとする味でした。

子供たちを修学旅行へ送り出した後なので、大島の珍道中を振り返りながら、日々の生活の疲れがどうとか、毎日の弁当作りや、子どもたちが漫画やゲームに夢中になって、手伝いをやってくれないなどなど、不満を言いつつも、お母さんの仕事って終わりがないよね、と互いに共有できたことだけでも、うれしいひと時でした。

私たちがお店を出るころには、満員で、椅子は新しい物を出さないとならないほどの盛況ぶり。

立川相談室からも徒歩で5分程度なので、時々立ち寄りたいお店になりました。

皆さまも立川へ来る機会があれば、是非お立ち寄りください。

https://foodplace.jp/satoh/

ゴールデンウイークも明けあっという間に5月の後半、暑い日がつづきますね🌞

先輩相談員 柴﨑とは逆に汗だくだくの毎日を過ごしている 井出 です。

 

GWの話になりますが、祖母の家がある「山梨県富士河口湖町」に1泊2日で行ってきました。

 

渋滞を恐れ下道で向かう事…………7時間!!

結局混んでる…普段は2時間ちょっとで着くのに…

おとなしく高速使って渋滞に並んだほうが早かったんじゃないか…

なんてほんの少し思いましたが、

ドライブ好きなのでそれ程辛くはありませんでした。

 

富士五湖のひとつ、山中湖を通過するときには湖越しに堂々と立つ富士山が一望できました🗻

 

1日目は「鳴沢氷穴」へ寄り道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴沢氷穴は富士山の噴火で形成された地下21mの洞窟で、天然記念物に指定されています。

氷穴内の気温0℃、さすが天然の冷蔵庫。

周りを見渡しても短パンで挑むのは井出くらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元は滑りやすく、途中には天井高さ91cmが5m続く道もありなかなかハード。

階段を下りきったところで氷柱をパシャリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ撮影技術が足りませんね…

 

2日目は「富士山五合目」へ!

五合目へ向かうスバルラインは約30km続いていますが、

ロードバイカーたちが何十人も行き来していました。

 

この日はどんよりとした天気でしたが、

五合目に到着してすぐにほんの一瞬だけ周りを囲う雲が離れていき

綺麗な富士山を近くで望むことができました!!

このあと数分で雨が降り出したので本当にいいタイミングでした。

 

撮影後は「富士山・五合目 五合園レストハウス」をウロウロ。

気になったものをいくつかご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪ スイスの黄色いポスト ≫

 

スイスのユングフラウヨッホ山頂郵便局と姉妹提携をした際に贈呈されたポストとのこと。

ユングフラウヨッホ駅には日本の赤いポストが設置されているそうです。

日本のポストと比べて非常にコンパクトですね。

 

 

 

 

≪ 日本の赤いポスト ≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で一番高いところにあるポスト…ではないようです。

ちょうど回収作業中でしたが、出てくる出てくる手紙の山!

ここから投函すると富士山風景の消印が押されることが人気の理由だそうです。

 

≪ 外貨両替機 ≫

 

まさか富士山に置いてあるとは!

なんだか違和感を感じましたが、気にしてみると観光客は外国人の方もたくさん。

日本一の山はやっぱり国際的な観光地なんですね。

 

 

 

 

 

≪ 名物 富士山(の噴火)カレー ≫

 

この日の昼食です。

本当は噴火に見立てた福神漬けが頂上から散らされているんですが、

井出は福神漬けが苦手でトッピングカットしたので噴火させませんでした。

 

 

≪ 富士山の空気 ≫

 

え?空気?550円…妥当な価格なのか?!

ラベルには「あけるとさわやかな登山気分!」と書いてあります。どんな気分でしょう。

どうやって閉じ込めているのか不思議だったので購入はしませんでした。

 

 

 

 

観光を終えた頃には本降りの雨。

少しの晴れ間で富士山が望めてよかったーなんて思いながら帰宅。

もちろん渋滞を避けたかったので下道で帰ること…………6時間!!

やっぱり混んでる…前日から学習してませんね。

2日間の往復で運転時間13時間。

多少腰は固まりましたが、いい休日を過ごせました。

 

最後に、祖母の家から望める富士山の写真を一枚 ↓↓

 

それでは。

史上最長の10連休と共に、それぞれの余暇を楽しんだり、連休だからこそ思いっきり働いた方、通常通りお仕事を続けておられる方。平成から令和へ皆様はどんな思いでお過ごしになりましたでしょうか。

私は、子どもが小さい頃は親主導で予定が組み立てやすかったのですが、子どもの部活や予定を見てみると、まとまって家族が旅行に行くスケジュールが合わないため、実家に日帰りしたり、娘と原宿に行ったり、中学時代の同級生と会ったりとのんびり過ごしました。

 

原宿のチーズハッドグ。。。なかなかの若者フードで、胃もたれ満載です。たっぷり吸った油と、中には、のびーるチーズがたっぷり。中学生の娘が友達と食べに行ったので、私も気合入れて便乗です!

 

 

原宿駅から3分。竹下通りの中にある、「Sweet XO Good Grief」の哺乳瓶ソーダ。チーズハッドグの後の甘いものはきつかったので、娘だけ購入です。なかなかのフォルムで、今時の若者文化にはついていけないです。他にも、レインボー綿あめや、面白い形のしたアイス(ここでは言えません)が売っていましたが、チーズハッドグにやられている私には、食べきれる自信がなく、とても購入する勇気がありませんでした。。。

 

同級生と会うとくだらない話も懐かしくて、なんでもないことが面白く感じたり。同級生のお子さんも受験を終えて、高校生になったよーとか、まだ下の子は3歳で大変など、中学生の頃の面影を残していますが、親としても立派な大人になったなと思いました。

平成に切り替わるときには、まだ子供時代で、いつの間にか平成になったよねーなどと語らい、久々にのんびりできたなぁ。。。としみじみ。大人になった今、こんな風に話せることがとても大事だと感じるひと時で、令和も良い時代になりますようにと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩センター地元のお店で、同級生と時間を忘れて。。。

生牡蠣を沢山頂き、美容に良い食事と、ジビエ料理を初めて頂きました。意外とさっぱりして美味しく頂きました。

オイスター&ジビエ snug 2号店

https://www.diningbar-snug.com/

みなさん、こんばんは。

立川相談室 上野です。

 

皆さま、今年のGWはいかがでしたでしょうか。

連休!どこ行く?

そうだ、パワースポットへ行こう。

パワースポットと聞くと気分が高まり、気合いが入る上野です。

そんな単純な上野は茨城県の鹿島・水戸方面に行ってきました。

 

まずは、以前もブログに書かせて頂きましたが

まずは、鹿島神宮です。

大きな鳥居が出迎えてくれます。

お参りし、また鹿さんに会いに行く事に。

鹿さーん、またエサをあげにきましたよー

なんだか、鹿が不機嫌。

理由は、、エサやり中止の看板が。

理由はわかりませんが、残念です。。

 

帰り際、人混みが

おっ大河ドラマの撮影かと思いましたが、

流鏑馬(やぶさめ)をやっておりました。

ですが、上野がカメラを向けたときには、走り終わった後。

パワースポットに来ましたが拍子抜けです。

 

気持ちを切り替え、水戸方面へ車を走らせます。

今回のメインイベント

ネモフィラです。

ひたち海浜公園へ向かいます。

渋滞。駐車場に入るまでざっと1時間弱は並びました。

やっと会場に入れましたが、絶妙に天気が悪いです。

雨が降る前に急ぎます。

GWという事もあり、すごい人です。

 

これが噂のネモフィラかぁ

あまり、花に感動を覚えた事のない上野ですが

感動しました。

ネモフィラの数、頂上から見る景色は最高でした。

 

帰りは渋滞にはまり、4時間ほどかかりましたが

遠出しリフレッシュになりました。

 

皆さまも機会があれば、ぜひ!

 

柴﨑 竜
2019.05.22 21:39

世界一。

最近、めっきり暑くなってきましたね。

まったく汗をかけない、代謝の悪い柴﨑です。

 

 

普段人混みの中にいると、神聖な場所へ行きたくなります。

 

 

 

ということで、今回は「牛久大仏」へ行ってきました。

 

聞いたことがない方も多いかもしれませんが

実はすごい仏像。

なんと、、、ギネス記録保持者なのです。

 

 

ブロンズ立像では世界一の高さを誇る牛久大仏。

どれだけ大きいのかこの目で拝んでみたいと思い、実際に見てきました。

 

 

行く前は、人が少ない静かなイメージを持っていましたが、意外に人も多く混雑していました。

 

早速、敷地内ではイベントを開催。

ステージ上ではものまね芸人さんやマジシャンの方々によるショーも行われており大盛り上がりでした。

 

少しイメージとの差異があったものの、、、

気にせず前に進みます。

 

大仏様はかなりの大きさのため、目の前に行かずともチラチラと見えますが、、見えないフリ。

 

 

ギネスブックに登録されているのは本当のようです。

 

 

この門をくぐるといよいよ大仏様の目の前です。

いざ。

 

門をくぐってから大仏様までの間には

群生海(ぐんじょうかい)

なるものがが現れます。

 

残念ながら四季折々の花々は見れませんでした、、

さらに進むと

 

大香炉です。

こちらも日本一の大きさとのこと。

 

 

いよいよ、あと橋一つとです。

 

もちろん六歩で渡らせて頂きました。

 

ついに目の前。

 

 

 

 

言い方が美しくありませんが、とにかくデカい。

それとともに、下から見上げた時の抱擁力。

圧倒されました。

 

写真だと少しわかりづらいので、遠めからのショットも。

 

 

近くで眺めてばかりいると首を痛めそうだったので敷地内を散策することに。

 

すると、今度は浄土式庭園なるものが。

 

 

清々しい青空を背景にすると、緑も映えます。

 

 

広々とした芝生の広場には花々も沢山咲いており、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

最後にこの日のベストショット大仏様を一枚。

 

光の差込み具合と、緑との共演がお気に入りポイントです。

 

 

 

今後も色んなギネス記録を追いかけていきたいと思います。

柴﨑でした。

 

 

 


ページの
先頭へ