有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

長期間の自粛生活から、下田家の子ども達は明日から学校生活が再開となります。高校生の息子は、某B社のアプリ学習を早々に学校で導入し始めましたが、全国の学校が某B社のアプリ学習を集中的に利用となったことで、パンク状態となっていました。学校独自のアプリ学習を導入するのに時間を要しましたが、何とか。。。

中学生の娘の宿題も、プリントを先生が各家庭に配って頂いたり、分散登校などを取り入れながら家庭学習を進めていました。

明日から学校再開となりますが、平時で取り組んできた学習環境はしばらくは取り戻すことはできないと感じています。

経済活動も緊急事態宣言前より、徐々に街に人の流れが増えつつあり、普段通りのような生活が見受けられますが、このように経済活動を再開できたことは、最前線で頑張って下さった、医療と福祉の現場の従事者の皆様のお陰であるとしみじみ感じています。解除後も行動変容を求められます。

日々の業務で、感染拡大に最大限に留意しつつ、お問い合わせに際してしっかりとサポートをしていきたいと思います。

施設見学が難しかった5月上旬にzoomを利用して、相談者様と施設のホーム長さんとの面談の様子です。

 

フランス在住の相談者様とその妹様がご実家に帰国中に面談の機会を設け、とても良い面談でした。施設来訪が難しく、直接顔を合わせなくても、様々な代替の対応の工夫をすることで、今後もこのようなホームとの橋渡しができればと思います。

甲子園大会中止の会見に、涙がこぼれた。

 

奇しくも連続テレビ小説『エール』では、野球人の話・・・

“野球ば頑張っている人のラジオば聞いて、頑張れる人がおる!”

“頑張れることは、繋がるんや!!”

 

球児たちの全力プレーが我々大衆に感動と勇気をもたらすように、

『がんばることは、つながる・・・』

休校・休業…三密回避に外出自粛と、皆が足並み揃えて「共に頑張ろう!」と踏ん張ってきたからこそ、感染爆発の局面を乗り越え解除へとつなげることができました。

 

ただし(>_<)未だ黄色信号は点滅中です!!

 

基本的な生活様式の継続と「新しい生活様式」導入の下、ひとり一人が思いやりある行動を実践し、希望を繋ぐ社会であることを祈念して、新しい月を静かに迎えたいと思います。

※入梅の季節、涙雨ではなく慈雨や和雨の『水の月』となりますよう

 

いよいよ(週1回からですが)学校も再開しますね

 

からさわ

緊急事態宣言がようやく解除されました。

しかし気の緩みは禁物。

当分はステイホームを続けていきたいと思います。

私の趣味の筋トレも、スポーツジムが営業自粛している為、筋トレができない状態です。

数か月も筋トレをさぼってしまうと、今までトレーニングしてきた分が水の泡になってしまうので、自宅でトレーニングを行うことにしました。

まずは軽めのダンベルを購入( 5キロ×2 )

 

 

このダンベルでは物足りず・・・

どんどん重りが増えていき・・・

トレーニング器具が増えていき・・・

結果・・・

 

 

ダンベルの総重量100キロを超えてしまいました・・・

スポーツジム並みの重量で、筋肉に負荷を掛けることが可能になりました。

自宅はアパートの為、下の住人に迷惑を掛けない様、専用のマットも購入。

欲が出ると怖いですね。 *更なる器具の購入を検討中

 

またサプリも増えてきています。

トレーニングを始めた当初は1種類だったサプリも・・・

 

 

どんどん量が増えていきます。

最近購入したサプリは・・・

 

 

かなり怪しいサプリに見えますが、ドーピング検査もクリアしている、ナチュラルなサプリ

本場アメリカ、カリフォルニアから直輸入しました。

脂肪燃焼に効果的なサプリで、品切れが続いておりましたが、運良く購入することができました。

中身は

 

 

8錠のカプセルが一包化されており、こちらのサプリを朝・昼(15時頃)空腹時にまとめて摂取します。

飲んですぐ、激しい腹痛に襲われますが、これも数日間摂取していれば慣れてきます。

使用上の注意事項には「3週間以上飲み続けないでください」と書かれています。

かなり刺激的なサプリですが、欲が出ると様々な物を試したくなる物・・・

今後の体の変化が楽しみです。

今回外出自粛中も、自宅での生活を楽しめました。

 

緊急事態宣言は解除されましたが、我々も気を緩めず、体調管理にはより一層気をつけていきたいと思います。

ついに全国的に緊急事態宣言が解除されました。

今後はひとり一人の意識が大切になってくることかと思います。

もらうことも広めることもないように自粛は今後も続けていきたいですね。

 

ですが、そろそろおひとり様が恋しくなってきたのも事実。

自宅での晩酌も悪くはありませんがまだお店に飲みに行くのは時期尚早と悩んでいたところ、家族から気分を変えたいのならベランピングをしてみてはというアドバイスが!

 

ベランピングとはベランダ、グラマラス、キャンピングを組み合わせた造語。

ステイホームが推奨されている現在、新たなアウトドアの楽しみ方として注目されているそうです。

ベランダにテントを設置したり、食事をしたりと楽しみ方はいろいろ。

残念ながら我が家のベランダにそんなスペース的余裕とお洒落さはございません。

それでもただ家の中で飲むよりも新たな楽しみを見出せるのではと早速実践。

お花見用にと購入していたテーブル、椅子、そしてランタンにもなる懐中電灯も引っ張りだし、お酒とおつまみも用意していざベランピングの準備。

見栄えは随分と映えからかけ離れておりますがセッティング完了です。

 

さて、ベランピングを楽しむ際の注意点としては決してご近所の迷惑になってはならないということ。

閑静な住宅街では音は響いてしまうため、イヤホンで静かに映画鑑賞しながらお酒片手にまったりとした時間を過ごしました。

今の時期、夜なら風も爽やかで居心地も抜群。

少しだけ非日常を味わえるベランピング、機会があればまた試してみたいと思います。

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

ようやく緊急事態宣言が解除となりましたね。

「気の緩み」とよくメディアでも言われますが、まだまだ自宅で食事をする機会も多いと思います。

今回もいつも通りにパスタをご紹介させていただきますので、そんな自宅でのお食事メニューの参考にしていただければ幸いです。

 

今回のメニューはパスタの定番と言えるような「えびのガーリックパスタ プッタネスカ風」です。

「プッタネスカ」。 これは「娼婦風」という意味らしいのですが、所以は娼婦が自宅にあるものを使って好んで食していたからと…。

具材に、アンチョビ・ケッパー・オリーブを使ったパスタを指すようです。

一般的にはトマトソース仕立てのものが多いようですが、今回は塩ガーリック仕立てのメニューをご紹介させていただきます。

 

 

【材料】 ※2人前

・えび( 100グラム程度 )

・アンチョビ( 5グラム程度:1~2枚 )

・ケッパー( 5グラム程度 )

・ブラックオリーブ( 25グラム程度 )

・鷹の爪( 1本 )

・ニンニク( 1片 )

・イタリアンパセリ( 適量 )

・パルメザンチーズ( 適量 )

・白ワイン( 20㏄程度 )

・ブラックペッパー( 適量 )

・塩( 適量 ) ※味の調整用

・オリーブオイル( 60㏄ )

・スパゲッティ( 200グラム ) ※8分茹でを使用

 

 

 

【下ごしらえ】

■アンチョビ

→ 粗みじん切りにします

■ブランクオリーブ

→ 粗みじん切りにします

■鷹の爪

→ 半分に割り中の種を抜いておきます

■ニンニク

→ みじん切りにします

 

 

【作り方】

① 早速、麺から茹でていきます

※湯量に対し約1%の塩を入れています

 

② フライパンにオリーブオイルを入れて中火に掛け、ニンニクをじっくり炒めていきます

 

③ ニンニクが少しキツネ色になってきたら、えびを入れ炒めていきます

 

④ えびにある程度火が入ったら、アンチョビ・ケッパー・ブラックオリーブ・鷹の爪を入れそのままじっくり炒めます

 

⑤ 全体に火が入ったら、白ワインでフランベし、ゆで汁を約60㏄入れ乳化させます。

 

⑥ ソースの味を見て、塩分が少なければ塩を足して調整します(既にある程度塩分はついてます)

※塩分の調整は最後に麺とソースを絡めるときでもOK

※味が決まったら火を止めます

 

⑦ 面が茹で上がったら、ソースと絡めてお皿に盛り付け、パルメザンチーズ・ブラックペッパー・イタリアンパセリをトッピングすれば完成です!

 

 

【食べた感想】

アンチョビの魚介的な風味、ケッパーの酸味、ブラックオリーブの深い味わいなどがしっかりと感じられて、大人な味でとても美味しいです。 白ワインがとても合いそう。

えびの代わりにドライトマトなどを使用したり、トッピングに香草パン粉を振りかけたりするのもお洒落かなと。

少し食材調達が大変なメニューですが、ご興味をお持ちいただける方は是非試してみてください。 トマトソースバージョンもお勧めです。

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

ちなみに・・・

昨日電車で移動中に虹が見えました。


ページの
先頭へ