有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

みなさん、こんばんは

梅雨が明けたと思いきや、急に雨が降ってきたり、

カラッとした暑さではなく、まだジメジメした日が続いてますね。

そんな梅雨真っ只中の時に、上野は引っ越しの予定が。。

しかも、週末は台風直撃の予報。。

迎えた朝。台風の予報が嘘のように天気良好。

朝からフル稼働し、引っ越し致しました。(一駅分くらい引っ越しただけですが。。)

 

無事に引っ越しを終え、夜ご飯は何を食べようかな~と考えていたところ

引っ越しそばという言葉が頭に浮かび

前から気になっていた蕎麦屋さんに行って参りました。(前置きが長くなりました。。)

それは、こちら

手打ちそばの店「みのり」

自宅から歩いて5分程です。

メニューはこちら

色々の蕎麦の種類があります。

店内に入ると

 

オシャレな廊下

お蕎麦屋さんというか落ち着いた居酒屋さんという感じです

まずは、天ぷらを頂きます。

照明のお陰でしょうか。上野の自身作です。

 

上野が頼んだお蕎麦は

利き蕎麦

右側が田舎蕎麦 黒っぽく、麺が太くしっかりしております

左側が手挽き十割蕎麦 甘みがあり、優しい味です

どちらも美味しいですが、何か変わった蕎麦も食べたくなり

所長は、山梨でペペロンチーノほうとうを紹介しておりましたが

上野は、ペペロンチーノそば

やはり、蕎麦は蕎麦で

ペペロンチーノはペペロンチーノで頂きたいですね。(笑)

 

お店を出てから気づいたのですが

引っ越しそばは、「江戸時代から続く、細く長くお世話になりますの意味を兼ねて近隣の方に蕎麦を配る習慣」

ということを。

自分がお腹いっぱい食べてしまった。

近隣の方に蕎麦を早速持っていこうと思った上野でした。

 

皆さま、もう数日すると8月です

猛暑日が続くと思いますが、お身体壊さないよう頑張っていきましょう。

有難う御座いました。

みなさん、こんばんは。

立川相談室 上野です。

 

ジメジメした日が続いておりますが、

とうとう梅雨明け?!ですかね。

暑い!熱い!夏がやってきますね。

 

そんな上野の今回のブログは

私の地元、昭島市の夏といえば、ここ!という所に行って参りました。

 

それは、こちら、、

BBQ会場です。

しかも、手ぶらでBBQ。

都内含め、このような手ぶらでBBQ増えているそうですが

昭島にもあったんです。

しかし、雨男の上野のせいで雨予報。

会場に着くと、

雨は降ってなかったですが、いかにも降りそうな雲。

会場にはテントが張ってあり、雨が降っても安心です。

 

まずは、説明を受けます。

まずは、使い方の説明

からの~

食材の説明

ボリューミーです

まずは、とうもろこしから

んん~お腹が空いて我慢が出来ない。

いっきに焼いちゃえ~という事で、入れ食い状態です。

上野の心の中は

(ブログに載せたいから、もう少し綺麗に焼いてくれよ。。。)

調味料もしっかり揃っております。

いただきまーーす。

友人たちは、お肉を頬張っておりましたが、

上野は、ビールへ

BBQにはビール欠かせません。

 

 

飲み放題です。

ドリンクコーナーに行くのは、少し面倒でしたが

メニュー豊富です。

赤い方がアルコールメニュー

青い方がソフトドリンクです

飲めない方やお子さんでもメニューたくさんです。

夜は、実家のすぐ近くの小さいお祭りへ

小さい頃からお世話になった近所のおじさん・おばさんに挨拶を済ませ、帰宅しました。

みなさんも夏休みにぜひ、昭島へ!(笑)

 

有難う御座いました。

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

ついに30度を超える夏らしい日がやってきましたね。

もう梅雨が明けるのも間近。

皆さんは体調を崩したりしていませんか?

今回はそんな暑さで夏バテをしてしまったときにピッタリのメニューをご紹介させていただきます。

 

今回ですが、番外編ということでパスタメニューではなく、うどんメニューのご紹介です。

以前、このブログ内でご紹介させていただいたことのあるお店メニューの再現レシピになるのですが、試行錯誤を経てご紹介させていただくに至りました。

メニュー名は、その名も「ごたのらうどん 渡辺風」

火に掛けた食材を冷やしたりする工程があるので、少し調理に時間が掛かりますが・・・

味はお勧めです。

 

では早速、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・なす( 1~2本 )

・ごぼう( 20㎝程度 )

・長ネギ( 20㎝程度 )

・椎茸( 2~3個 )

・インゲン( 3~4本 )

・カイワレ大根( 1/3パック )

・ショウガ汁( 小さじ1杯 )

・黒すりごま( 大さじ1杯・大さじ1杯 )※2回に分けて使用

・顆粒カツオだし( 小さじ1/2杯 )

・砂糖( 大さじ1杯 )

・塩( 小さじ1/4杯 )

・みりん( 大さじ1杯 )

・しょうゆ( 小さじ1杯 )

・めんつゆ( 小さじ1杯 )※今回は3倍濃縮を使用

・液体関西風だし汁( 200㏄ )※今回はストレートタイプを使用

 

 

<下ごしらえ>

■なす・ごぼう・長ネギ

・縦に半分にカットし、極力薄く斜めにスライスします

■インゲン

・極力薄く斜めにスライスします

■椎茸

・薄くスライスします

■カイワレ大根

・根の部分を取り除き、1/2にカットします

 

■ショウガ

・生のショウガを使用する場合は、すり下ろして絞ります

 

■関西風だし汁

・1.5倍に水で薄めます

・冷製のうどんの為、冷蔵庫で冷やしておきます

 

 

<作り方>

① 大きめのボウルに、スライスした野菜( なす・ごぼう・長ネギ・インゲン・椎茸 )、砂糖・塩を入れ、全体的によく混ぜ合わせます。

 

② 全体的によく混ぜ合わさったら、ラップを上からかけて30分ほど冷蔵庫で置いておきます。

※20~30分経つと野菜がしんなりとして、野菜から水分が出てきます

 

③ 30分置いておいた野菜を弱火~中火に掛けたフライパンに入れ、みりん・しょうゆ・めんつゆ・カツオだし・黒すりごま( 大さじ1杯 )を加えてじっくり10分程度炒めます。

※野菜から出た水分も一緒に入れます

※水分が多少あるので、「炒めるというより煮る」というイメージ

10分程度火に掛けると、こんな感じになってきます。

 

④ ③で火に掛けた野菜を火から外し、しょうが汁を混ぜ入れ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やします。

これでほぼ完成したようなものです。

関西風のだし汁、④の野菜はしっかり冷えていた方がより美味しく食べられます。

 

⑤ ④の野菜がしっかりと冷えたら、うどんを茹でていきます。

 

⑥ うどんが茹で上がったら、しっかりと冷水で締め、水気を切ったらお皿に盛り付けます。 さらに、関西風のだし汁を入れ、④の野菜・黒すりごま( 大さじ1/2杯 )・カイワレ大根の順にトッピングすれば完成です。

 

 

<食べた感想>

甘めに煮た野菜、薄く仕上げた関西風のだし汁によって、全体的にとても優しい味に仕上がっています。

黒ゴマの風味も優しさの中でのアクセントとして、とても良い仕事をしてくれています。

非常に良いバランスです。

冷製にしている点、油を一切使用していない点など、今の時期にはピッタリです。

少し調理工程が面倒くさいメニューですが、食欲が落ちてきたときには是非皆様も試してみてください。

きっと夏バテも解消しますよ!

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

皆さんこんにちは。7月に入って以降、連日ジメジメとした雨模様が続きますね。

山口の休日のスケジュールも打撃を受け、以前から予定していた地引網や盆踊りといった夏のイベントが次々に中止という残念な事に…

8月からは気を取り直して、夏を満喫したいと思います

さて、今回は久しぶりに神奈川相談室周辺のおすすめランチをご紹介致します。

 

今回お伺いした、レストラン「 グリルサクライ は実は以前からお店の前を通り、見掛ける度に満席で、時には店先に列が出来ている事もあり、そんなに⁇ ( 失礼 )と気になっていました。

今回、開店直後の空いているであろうタイミングを見計らってお邪魔して来ました。既に数組の方が居ましたが、並ぶ事も無く無事に入店。オーソドックスな街の洋食屋さんという印象です。

10名程が座れるカウンター席のみ小さな店内に目をやると、こちらのご夫婦が二人で切り盛りしているようです。

さて、壁のメニューを見ながら、何にしようか悩んでいると、常連風の一人がメニューにない「ヴィクトリア!」と一言注文。

え?メニューに無いけど…。まさか裏メニュー⁇と試しに同じものを注文してみました。

待つ事数分。出て来たのがこちらの「ヴィクトリア」

メンチカツ?の上に目玉焼き&デミグラスソースがかかった1品。予想以上にガッツリとしたビジュアルでしたが、湯気が立ち上り美味しそう…

断面がこちら☟

衣はサクサクで口に入れると肉汁が溢れ、ジューシーで美味!ヴィクトリア正解でした。

付け合わせのライスは盛りが多すぎて、流石に食べきれませんでしたが、やや柔らかめな山口好みの絶妙な炊き加減でした。次回は半量にしてもらおう。

食べ終わる頃には次から次にお客が入り、カウンターはあっと言う間に満席でした。

やはり、オープン直後が正解。

 

今回お邪魔したお店はこちら☟

□ レストラン グリルサクライ

□ 住所:横浜市中区相生町1-14 第二小原ビル1-A

□ 045-662-6088

□ 営業時間:AM11:30~PM15:00

□ 休業日:土・日・祝祭日

 

それでは。

中華街へ行ってきました。

毎日通っている場所ですが、やっぱり休日は観光客で賑わっていますね。

 

「甘栗いかがですか~」を避けながら最初の目的地へ。

 

王府井(ワンフーチン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理工程は目の前で見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も行列ができていて、10分程並びました。

お目当ては 正宗生煎包( 焼き小籠包 ) です。

井出家の子どもたちも好物で定期的に食べに来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは穴をあけスープをいただきます。

こんなに入っているの?!と思うくらいにたっぷりのスープが。

安易に噛みつくと肉汁が噴き出すので注意が必要です。

※店頭でも注意喚起の映像を流すほど噴き出します!!

焼面はパリパリで、焼きというよりも揚げに近いです。

 

お腹も満たされたところで今度はスイーツを食べに移動~

 

横浜大世界の2Fにある 横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな種類のチョコレートが所狭しと並んでいます。

ミュージアムというだけあり眺めているだけでも過ごせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内にはガラス張りのチョコレート工場もあり

実際の工程が見学できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜中華街らしく花文字の入ったチョコレートや、

第4のチョコレートと話題のルビーチョコレートも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通サイズのチョコレートのだけではなく

いろんな味が楽しめるような小さめサイズも揃っていました。

 

人気フレーバーランキングです ↓↓

1位】PLAIN 横浜・プレーン

【2位】TEA スリランカ・紅茶

【ランキング外】SALT ヒマラヤ・塩 を購入し実食!

 

 

 

PLAIN 横浜・プレーン

はじめは甘味が抑えめですが、

途中からベリーのような香りが広がります。

ベリーの香りが抜けたあたりから甘味が強くなります。

一番味の変化がありました。

 

 

 

 

 

 

TEA スリランカ・紅茶

すぐに紅茶の香りが広がります。徐々に甘味が増しキャラメルに近いような味わいでした。

色味は他と比べて明るい茶色です。

 

 

 

 

 

 

 

SALT ヒマラヤ・塩

”甘みを引き立たせるためにスイカに塩をかけて食べる”

みたいな塩控えめなイメージでしたが全然違いました。

塩主役で結構強いです。後味もしばらく塩味が続きます。

歌舞伎揚げみたいな味でした。…表現力がないですね…。

 

 

 

 

それぞれ”味の変化”が楽しめましたが、個人的にはTEAが一番好きです。

 

皆さんもお好みフレーバーを探しに来てみてはいかがでしょうか。


ページの
先頭へ