有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

立川駅には沢山の商業施設がありますが、スイーツ店によく立ち寄るのですが、お店の入れ替わりも多く、いつの間にかお気に入りのお店が無くなってしまうこともあります。今回は、立川駅近くではなく、子どもたちも小さいころから好きで、ずっと変わらず立川のスイーツ店として、続いているお店をご紹介します。

立川市幸町にある「洋菓子専門店 アンの工房」調べてみると、2005年に「わが街立川いい店大賞」で、大賞を受賞したお店です♪

夕方に来たので、こんなに物悲しい旗と写真ですが、立川の田舎風が垣間見られます。。。

ケーキや、焼き菓子もふんだんにあり、包装の可愛いものも沢山置いてあります。目移りしずっと居たくなるお店です。私は特にシュークリーム目当てでよく買いに行きます。

ここのシュークリームのシューはクッキーっぽく、ふかふかのシューとは違い、フレンチスタイルのカリカリっとした食感。食べ応えもあり、粉砂糖も振りかけられて、食べるときはテーブルの大惨事は覚悟で。。。💦

減量は小麦粉、バター、卵、砂糖、生クリームだけと後味がさっぱり。どっしりとした見た目と違って軽ーく食べれちゃいます。10年くらい前に、子供が小さいころに公園で遊んだり、サイクリング帰りに立ち寄って買いに行きましたが、久しぶりに立ち寄り、変わらぬ美味しさでスイーツを食べられる幸せ。食べる量が増えた子供たちにほとんど食べられてしまうのですが、それもまた幸せですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンの工房 立川幸町店                                    立川市幸町2-17-4ソノベビル1F                                 042-535-9485                                           営業時間:AⅯ10:00~PM8:00                                  年中無休

立川駅のエキュートにも店舗があります。                            フロアエキナカEAST                                     042-526-3475                                         営業時間:月~土/9:00~22:00 日・祝/9:00~21:00

アンの工房

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

2019年初めての投稿です。

 

今回は、パスタのご紹介ではなく、先日の休日に訪問した場所をご紹介させていただきます。

正月はいわゆる寝正月で終わってしまった為、どこかへ遠出をしたいと思っておりまして。

日帰りで行ける場所として選んだ場所が、千葉の房総にある「鋸山」

海ほたるを使えば都内から車で2時間程度の丁度良い距離感です。

訪れたことのある方も多いかと思いますが、とても良い場所でしたのでご紹介いたします。

 

 

まずは都内から高速道路に乗り、海ほたるへ。

今回初めての訪問です。

朝9時前なのにもう車がいっぱい。

周りに遮るものがないので、ここからの景色は最高です。

どんどんと車が入ってくるので、早々に海ほたるを退散。

いざ鋸山へ向かいます。

 

鋸山へ到着。

思ったよりも人が多くなく一安心。

これが鋸山の案内図。

正式には、「日本寺」というらしいです。

山の色んなところに観光スポットがあるみたいですね。

よく見るとロープウェイもあるみたいです。

てことは・・・ 山登りが不安。。。

 

入口を入って早々に現れたのが、

写真だと分かりづらいかもしれませんが、一緒に写ってる人の大きさと比較してください。

かなり大きいですっ! 圧巻ですっ!

高さが31メートルもあり、鎌倉大仏や奈良大仏よりも大きく、日本最大とのこと。

 

大仏さまのすぐ横にはこんなスポットが、

写真では分からないですが、仏様の周りにある白っぽいもの、これ全部小さなお地蔵様です。

 

次のスポットへ向かいます。

かなりの急階段、日頃まったく運動をしていない渡辺にとっては相当キツイ。。。

 

山の頂上へ向かうまで、幾つかの場所で仏さまがたくさん。

建物の中とは違った神々しさがありますね。

 

息を切らしながら、水分を補給しながら30分近く歩みを進め頂上付近に。

鋸山のメイン観光スポットが見えてきました。

皆さんもテレビなどで見たことがあるかと思います。

高所恐怖症な渡辺は、とてもじゃないですが先端に立つことはできません。

先端に立つための行列が出来ていましたが。。。

 

天気にも恵まれ、景色は最高です。

 

頂上を後にし、下山します。

すると途中で現れたのが、

いや~これも圧巻でした。

バーミヤンの石仏みたいですよね。

他ではなかなか見られない景色です。

 

自然も満喫しながら下山。

2時間くらの周遊でしたが、もう足がパンパン。

日頃から運動しないとダメですね。

ただとても満足した観光でした。

 

帰りは近くの食事処で腹ごしらえ。

 

「鋸山」は都内からもとても近いので是非皆さんも行ってみてください。

山というくらいですから、植物も楽しめそうなので春や秋が見頃かもしれません。

ただひとつ、海ほたるを通る高速代が高いのがネック。

(通って初めて知りました。。。)

他ルートとしては、久里浜~金谷までのフェリーを使うのもありですよ。

 

 

現在、「NABE’Sキッチン 2019」も考案中です。

次回をお楽しみに!

寒中お見舞い申し上げます
新年早々、いつもの散歩コース阿佐ヶ谷に行ってまいりました。
今回訪ねたのが「阿佐ヶ谷神明宮」と和菓子屋の「うさぎや」さんです

まずは「阿佐ヶ谷神明宮」

主祭神が天照大御神にて月読命・須佐之男命も祀ってます
さらに日本武尊が休息したとの言い伝えが残っており
伊勢神宮の御神体も祀られているそうです

約3000坪の境内にはケヤキやイチョウ等の巨木が多く
一年を通して植木市・骨董市・能・ジャズコンサートの会場にもなっています

能楽堂
能・狂言など伝統芸能の奉納に使用

本殿
中央に天照大御神・右に月読命・左に須佐之男命をお祀りしてます
凄く御利益がありそうな感じがしてきました。

 

夫婦けやき
元々は別々だった二本の木が長い年月の間風雪に耐えて夫婦のように寄り添い
一つに結ばれたことから良縁成就・夫婦円満の御利益があると言われてます

 

参拝も済みましたので次は「うさぎや」さんに向かいます「阿佐ヶ谷神明宮」
からは徒歩3分位です。

いつも混んでいる和菓子屋さん
名物のどら焼きを買いに並びました

一個から買えますよ


元々上野で開業され、現在は上野と日本橋と阿佐ヶ谷に店舗があるのですが、
暖簾分けではなく経営は3店舗とも独立をされているので、製法や材料も違うらしく
味は各店舗のオリジナルだそうです。
阿佐ヶ谷店は当初、同じ中央線の西荻窪にて開業後数年を経て阿佐ヶ谷に移転されたそうです。

 

包装にうさぎの絵がついてかわいらしい

阿佐ヶ谷店のみの特典です

手に持つと生地がふんわりしてやわらかい

早く食べたい!

大粒の餡にほのかなはちみつの香り

甘さすぎずちょうどいいですね

何個でも食べられます!

今回も充実した阿佐ヶ谷散歩でした

次回も阿佐ヶ谷の喫茶店を紹介したいと思います

各事業所の皆様、本年もよろしくお願い致します。

 

 

今年も残すところ後1日。

今年は沢山の蕎麦を食べてきました。

今年最後は

 

 

埼玉県さいたま市岩槻区にある「やぶそば」

私の地元が岩槻なので、今回帰省時に行ってきました。

小さい時はよく行ってましたが、ここ最近はご無沙汰してました。

たぶん20年ぶりぐらいです。

 

 

年越そばの時期もあり、店内は大賑わいでした。

 

 

昔ながらのストーブもありました。

 

 

こちらがメニューです。

 

 

手書きで色々修正されています。

改訂されたのが平成16年。ずっとメニューが変わっていないようです。

年末ということもあり、食欲が爆発しています。

まずはざるそば大盛

 

 

とても越が強く、歯ごたえのある蕎麦でした。

香りが良い。

 

 

蕎麦屋の丼物はなんでこんなに美味しいのでしょうか?

鶏肉もたっぷり入っているので、たんぱく質も十分含まれています。

美味しい!!!

大満足の蕎麦屋でした。

岩槻周辺には蕎麦屋が10カ所以上あるようなので、帰省時には一カ所ずつ行こうと思います。

これで今年の蕎麦収め

 

今年も一年ありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

今年も残す所、後1日となりましたね。

 

 

個人的に今年1年を振り返ると、仕事を通じて生まれた新たな御縁もあり

例年以上に内容の濃い、変化の多い充実した年だったように思います。

 

 

反省すべき課題として、日頃の体調管理の甘さから体調を崩し、

ご迷惑をおかけした事もあり、改めて健康である事の大切さも

身をもって実感しました。

今年始めたジョギングも継続しつつ、よりヘルシーな生活習慣を

心掛けたいと思います。

 

 

多くの関係者様のご協力やご支援を頂きながら、こうして無事に一年を

終えられる事に感謝致します。

 

 

年末にゆっくりとご挨拶が出来なかった方々へこの場を借りて、

厚く御礼申し上げます。

来年度も何卒、宜しくお願い致します。

 

 

来年も皆さまにとって実り多く、健やかなる新年を迎えられる様

心よりお祈り申し上げます。

 

 

それでは。

 

 


ページの
先頭へ