有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

先月より介護施設研究所の一員となりました、相談員の柴﨑と申します。

東京相談室での活動が中心となります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

初めての書き込みのため少々緊張と、どんなことを発信したらいいのか・・・と不安の中ではありますが、書かせていただきます。

 

 

初ということで、自己紹介をさせていただきます。

 

私は、ネギやこんにゃく、温泉や中山秀征さんなどで知られる群馬県で生まれました。

地元は渋川市といいまして、温泉でいうと伊香保温泉などが有名です。

 

伊香保温泉には県外から来る方も多いのですが、私自身あまり行ったことがなく・・・近いとなかなか行かないものです。

個人的には四万温泉がおすすめです。

本物の温泉が楽しめます。

 

 

大学進学を機に上京をしてから住むことはありませんでしたが、たまに帰省をするとやはり心和みます。

何もないですが、1年を通してずっと風が強いですが、落ち着ける大好きな場所です。

 

地元のご紹介はまた改めて。

 

 

 

趣味は、スポーツ・ドライブ・弾き語りです。

スポーツは元々やっていたバスケットをはじめ、主に大きめのボールを使う球技が好きです。

最近は健康のためにランニングなども行っています。

介護施設研究所にはランニングをされる先輩がいらっしゃいますので、いつか一緒に、と密かに狙っています。

定期的に汗を流して体を浄化する。

大切にしていることです。

 

 

車の運転も好きなので、ドライブにもよく行きます。

車内で音楽を聴きながら、行ったことのない土地の景色を見ながら走る。

私の好きなことランキング上位です。

 

 

昔から音楽が好きで、聴いたり、歌ったり、時に演奏したりもします。

ジャンルは特にこれといったものはなく、その時々で興味のある音楽を聴きます。

最近は、ジャズに興味があります。

 

よく代表の齋藤からいじられますが、「グレープフルーツ」という親友と作った自前曲もあります。

グレープフルーツのご紹介については、また改めて。

需要があれば、ですが。

 

 

好きな食べ物は、お肉と・・・

 

そんなに自分のことを綴る機会もなく、このブログ大丈夫か!?と思ってきました。

年度切り替えの時期でもありますので、来年度の目標をお伝えして締めたいと思います。

 

 

〈目標〉

・相談員として、1人でも多くの方の支えになる

・ダイエット−5kgを成功させる

・唯一嫌いなワカメや昆布などの海藻類を好きになる

 

 

 

今回は自己紹介ということで、写真も全くなく見づらくなってしまいました。

次回からは、他の皆さんに負けないくらい写真をふんだんに使った見やすいブログを心掛けます!

 

乞うご期待!!

 

プロフィールの写真を早くなんとかしたいと思っている、柴﨑でした。

 

 

こんにちは
毎日スギ花粉と共生しながらもがいております
桜が開花すると今度はヒノキ花粉が舞ってきます

今回は以前紹介させて頂いた阿佐ヶ谷のどら焼きの名店「うさぎ」より
10m程駅よりの喫茶店「gion」にお邪魔しました。
大物芸人さんも立ち寄ると評判のお店です
日中はいつも満席で入店を断念すること数回
作戦をかえて夜に伺ってみました。

お店の雰囲気はピンクの壁やブルーのランプと生け花が相まった不思議な空間と
たばこの吸える昭和の純喫茶が融合したような感じです
(タバコの煙がスゴイ…)

ワッフルが美味しいと評判なのですが、
厨房からの香ばしい匂いに誘われてナポリタンと紅茶を注文しました

出来上がりましたナポリタンです

味はナポリタンというよりは焼きそばに近いかも知れません
焦げ目の付いた麺に大きくカットされたマッシュルーム・ハム・タマネギ・
ピーマンが食感を良くしています

お皿半分にたっぷりの生野菜と黒コショウの効いたタマゴサラダ
野菜不足の私には大変有難いです
結構お腹がいっぱいなりました

食後の紅茶がお口の中をさっぱりしてくれます
いつもは珈琲を注文するのですが「gion」さんの珈琲はなかなか濃いストロング
なので今回は紅茶にしておいて良かったです

午前2時まで営業しているので夜更かしをしたい気分の時はピッタリのお店です
深夜にこんなボリュームのあるものを食したらカロリーが気になりますが
美味しいものを食べて花粉症を乗り切りましょう
それではまた。

Listen・・・

 

 

 

 

リッスン・・・

 

 

 

澄ん・・・

 

 

虫や蛙、バルタンも目覚める今日この頃、ジージの狩猟魂にも火が点いて・・・

やって参りました(^▽^;) 平成最後も「葉っぱ三昧」の日々。

❝愉しかったなぁ…❞と大量の葉を抱えるジージを呆れ顔で眺めていた唐沢ですが、ある晴れた日の休日、フト相乗りしてみようかしら?と二人乗りバイクで出掛けた先が『〇akuten』のお膝元、二子玉川河川敷

※自転車圏内(笑)

 

 

目指すは、「クレソン」

 

毎朝、車窓から眺める多摩川(河川敷)へ…しかもジャブジャブ入水なんて!

川の音…せせらぎに癒され感もMAX!で、ジージのお株を奪うテンションです⤴

 

さて、この中からクレソンを見つけられますか?

 

 

根の浅いクレソンは風来坊。

今年見つけたからと言って、来年また同じ場所で出会えるとは限りません…というより、ほぼ奇跡的な出会いもジージの狩猟魂の賜物でしょう(笑)

 

ところで、川の中での中腰はなかなかの腹筋と下半身の強さを伴います。夢中になっているとお尻が水浸し?なんてこともあるので、遊びも筋力強化と二刀流で楽しみましょう(*^^)v

 

 

お次は雑草の中のお宝探し☆お気づきですか?

 

 

お宝その一

うちわ(団扇)のような丸い葉が特徴の「菜の花」

 

お宝その二

葉の淵のギザギザが特徴の「芥子菜/カラシナ」、菜の花よりも少しえぐみの効いた大人味?

 

 

争奪戦の菜の花摘み。出遅れてしまうと、ライバルさん達に先を越されてしまいます…

 

が、諦めることなかれ!大きな葉の下からはすぐ新芽が顔を出しますので、二番茶ならぬ二番菜?摘みを楽しみましょう(#^^#)

※日に晒され茎が紫褐色しているものは薹が立ち硬く筋張っていて、えぐみも強くなるのでお薦めできません。

 

 

想像以上に葉っぱ摘みを楽しんでしまった唐沢さんの収穫がこちら。

ドン、ド~ン

 

ド---ン!

 

ひとしきり楽しんだ後の代償は、靴底にあり!?

帰宅すると、長靴の底が両足ともゴッソリ無くなっており…(@_@) 河童のしわざ?

藪の中ではスッポン?カミツキガメ?の骸/ムクロに仰天したりと、河川敷に分け入る時は、丈夫な靴と慎重さを持ち合わせたいものですね。

 

本日、東京は(ソメイヨシノ)が平年より5日早く、去年より4日遅く開花したとか(*^-^*) いよいよステキな春ン♪の到来ですね。慣れない紫外線と、寒暖差に気を付けながら、春の声…春の匂い…春の食探しに出掛けてみませんか?

 

さて、唐沢家の次なるターゲットは・・・

野蒜/ノビルか?/セリか(笑)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

 

蟹を食べたい。

同行者のそんな希望から、先日蟹を食べに北陸地方へ旅行に行ってまいりました。

 

まずは新幹線で富山まで向かい、そこからはバス観光です。

一日目は、富山市内にある江戸時代よりあるという「反魂丹(はんごんたん)」をはじめとした和漢薬を取り扱われている池田安兵衛商店や、水仙観賞のため越前岬にある水仙ランド等の観光地を巡りました。

その中でも、印象深く残っているのは、かの有名な観光地、福井県にある東尋坊です。

まさしく断崖絶壁。ドラマのBGMと某俳優の声が聞こえてくるような(聞こえない世代も多い?!)定番スポットであるその場所はしっかりと観光地化されており、崖にたどり着くまでの道には両脇に土産物屋が立ち並びます。

雨のち曇りとあいにくのお天気模様でしたが、足場が濡れていてもチャレンジャーな観光客は崖のぎりぎりまで足を運び崖下をのぞき込んでおりました。

 

観光を終えた後はお夕食。いよいよ同行者にとって今回の旅の最大の目的である越前ガニのお店へ。

お盆の上に並ぶのは蟹!蟹!蟹! 見事なまでの蟹づくしに満足!

満足…ではございましたが、あまりにも蟹づくし過ぎて食べている途中から贅沢にも飽きてしまいました。

「づくし」というのも時には考えものですね。

 

蟹をおなか一杯食べて一日目のツアーは終了です。

 

二日目の朝は自分の計画を実行するため早めに起床。

実は今回の旅ではぜひ着物を着て金沢を歩きたいと以前より計画しており、自宅から着物を持参。出発時間まで時間のない中、素人なりになんとか着付けをしました。

二日目もあいにくのお天気で、同行者からは止めたらと諭されましたが、草履に雨除けのカバーを取り付け、意地を通して二日目のツアーへ出発。

 

二日目も一日目と同様にバスで観光地を巡っていき、ついに念願の目的地、ひがし茶屋街に到着。

情緒ある建物が建ち並び、どこか現実離れした街並みです。

その街並みを歩くのは多くの観光客。写真の隅にも写っておりますが、観光客の2割ほどの方が着物を着ておりました。

実はレンタル着物店が茶屋街の入り口にあり、もしや持参しなくても良かったのではという考えが頭を過ぎってしまいました。

江戸時代そのままの建物が残る国指定重要文化財の「志摩」さんを見学したり、金箔をそのまま張り付けた金箔ソフトを食べたりとひがし茶屋街を念願の着物姿で満喫することができました。

 

 

ツアー旅行ということで、たくさんの観光地を巡ることのできた二日間でした。

けれども一か所をもう少し長く観光したい気持ちも少なからずあり、次回は個人旅行で着物旅を計画したいと思います。

こんにちわ。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

最近は花粉症がキツイですね。

渡辺はマスクをしながら何とか生活してますが、さすがに厳しくなってきました。

でも春が近づいていることを日に日に感じますよね。

今日はそんな春にピッタリの彩り鮮やかなパスタをご紹介させていただきます。

その名も、「彩り野菜のジェノベーゼ」。

以外に簡単なパスタなので、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※1人前

・バジル( スーパーで売っている1袋程度の量 )

・パプリカ赤・黄( 各1/4個 )

・ズッキーニ( 1/3個 )

・松の実( 10粒程度 )

・ニンニク( 1片 )

・鷹の爪( 1~2個 )

・鶏がらスープの素:顆粒( 小さじ1杯 )

・白ワイン( 少々 )

・オリーブオイル( 40㏄ )

・スパゲッティ( 100グラム )

 

 

<下ごしらえ>

➀ バジルの茎を外し、包丁みじん切りにします。

※フードプロセッサーがあれば尚良い

② ニンニクをみじん切りにします。

 

③ 松の実を包丁の側面等で潰します。

④ 鷹の爪は半分に割り、中の種を抜きます。

 

⑤ パプリカの種を抜き、食べやすいサイズにカットします。

⑥ ズッキーニを食べやすいサイズにカットします。

 

 

<作り方>

➀ フライパンに、オリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れ、中火で火にかけます。

※ ニンニクがすぐ焦げてしまうので、じっくり火を入れましょう

 

② 麺を茹でていきます。

※湯量に対し1%の塩を入れています

 

③ ニンニクがほんのりキツネ色になってきたら、ズッキーニ・パプリカを入れ炒めます。

 

④ ズッキーニとパプリカがしんなりしてきたら、松の実を入れ、さらに炒めます。

 

⑤ ニンニクがキツネ色になったら白ワインでフランベし、ゆで汁を約40㏄入れ弱火にします。

 

⑥ 鶏がらスープの素、バジルを入れ、全体的に混ぜ合わせます。

これでソースは完成です。

 

⑦ 麺が茹で上がったらソースを混ぜ合わせ、お皿に盛り付ければ完成です。

 

 

<食べた感想>

バジルのフレッシュな香りして、とても美味しいです。

もう少しバジルを増やしても良いかもしれません。

欲を言えば、ズッキーニやパプリカは事前に直火で炙って、多少の焦げ目をつけておいたりすると、より見た目がお洒落になるかなあと。

正直、松の実を入れる意味があるのかは分かりませんが、ジェノベーゼと言えば松の実なので今回も入れてみました。

もしかしたら松の実を入れることで、味にコクが出ているかもしれません。

少しお洒落なパスタ、是非皆様も休日に試してください。

 

 

次回もお楽しみに!


ページの
先頭へ