有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

横浜相談室に隣接する、横浜公園では現在「横浜開港記念バザー」が開催されており、連日多くの方々で賑わっています。


…あれ、先日どこかのブログでも。
デジャブではございません。

 

私の場合は、観葉植物には目もくれず「食」「食」「食」。
毎日数回は通る横浜公園。
ジュージュー焼けるソースのいい匂い…
あぁ、あっちには唐揚げ…
横目でチェックはするものの食べる機会に恵まれず。

 

そんな中、先日の土曜日の午前中に来社面談があったのでこれはチャンス!とばかりに屋台ランチにしました♪
せっかくなのでお休みの夫と息子も合流~!!

さてさて何から食そうか…と母が吟味している横で、「あれ食べるー!!!」と目を輝かせる息子。
指の先を見てみると、「チョコバナナ」
昼飯だろうが、と言いたくなるのを祭りムードにぐっとこらえ、スイーツ男子と言い換えます。
色とりどりのカラフルなチョコバナナの中から彼がチョイスしたのは「ピンク」。

…母より女子力が高いとは。恐るべし。

 

その後、いちごのかき氷を発見し唐揚げと交互になぜか正座で敬いながら食しだす息子。

スプーンもやっぱりピンク。
戦隊ものも大好きですが、プリ〇ュアも大好きです。

 

この日は快晴も快晴。夏を思わせる暑さでしたが、外で食べる食事ってなんであんなにおいしく感じるのでしょう。
私も母の身。いつも野菜を食べさせようとあれこれお料理していますが、たまにはこんな日があってもいいものですね。

食事は「楽しく」。

 

さぁ、今日も笑顔で頑張りましょう。

 

 

5月に誕生日を迎え45才になった齋藤弘毅です。

四捨五入すると50才の仲間入りを果たし、妙な胸騒ぎがしております…。

 

そんな齋藤に45年間のねぎらいプレゼントだか何だか知りませんが、上質な温泉宿をプレゼントしていただく機会があり、ご厚意に甘えさせていただきました。

 

いつもは共同浴場や鄙びた温泉宿、山奥の秘湯など、一流温泉旅館とは縁がなく…。

噂によると、今回の温泉宿には各部屋に露天風呂がついているとのこと。ニンマリしながらその温泉宿を目指しました。

 

伊豆半島を走る135号線をひたすら南下…

 

 

 

大川温泉郷の看板が目印。そこから急斜面を一気に駆け上がっていきます。

新緑の向こうに見えるのは太平洋。

 

 

伊豆半島の高台らしい細い道をソロリソロリと徐行していると、やっと目の前に現れたのが今回の温泉宿。

知る人ぞ知る…、みたいな奥まった場所で営業されています。

 

高級温泉宿なので、女将をはじめスタッフが気持ちよくお出迎え。

笑顔って大事だな~…、と改めて痛感した瞬間でした。

 

早速、お部屋へ案内されると…

 

 

 

「ムム―――ッ!! ファンタスティック…」

なんとも贅沢な「露天風呂付のお部屋」でした。

 

と、ここですぐに部屋のお風呂へ飛び込むのは温泉ド素人。

まず齋藤が目指すのは大浴場です!

 

 

 

地下通路のような廊下を進むと…

 

 

 

「ム~…、期待できるぜ~]

このくらい激熱な温泉じゃないと、齋藤までぬるくなっちまうってもんです。

 

 

 

「ムム―――ッ!! いつもお世話になっている共同浴場とは違うぜ~」

風呂場の造り、浴場の石材、オシャンティーなオブジェ、照明の演出…、風格あるね~。

 

お部屋のお風呂に入らないで、先に大浴場に来た意味がおわかりになったでしょうか?

このタイミングで大浴場に来ると、この豪華スペースを独占できるのです。

お部屋のお風呂は、当然ながら独占状態なので急いではいる必要はございません。

 

 

 

■ 大川温泉 いさり火 (静岡県賀茂郡東伊豆町大川)

【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉 【源泉温度】約70℃ 【湧出量】120ℓ/分

 

 

 

抽象的なオブジェ。

素人には何をイメージして創作したのかさっぱりわかりません…。

 

誰もいない大浴場に響く優しい音…。

「サワサワサワ~…」と、石の上を液体がすべるような音に齋藤の神経が反応します!

 

 

 

「ム~…、やはり源泉かけ流しの風呂だったか~」

写真だとわかり辛いですが、右側の浴槽から温泉がとめどなく溢れ出ているのがわかるでしょうか。

浴槽の縁と浴槽の温泉がバリアフリー状態。

 

齋藤が浴槽に入ると、これがまた心地よい音が大浴場に響きます!

「ザザザバ―――ン~。サパ―――…」と、表現力が乏しい音ですが、何となく共感してくれれば結構です。

 

 

 

湯中カメラを投入!

少々濁った温泉で、かすかに感じる鉄の香り。

肌触りがとても良くついつい長湯したくなるような温泉でした。

 

実際は長湯どころじゃありません。

温泉の効能が強烈らしく、一気に汗が噴き出てきて身体が火照ってしょうがないです。

入浴と休憩を繰り返し繰り返し…。

 

大浴場を貸し切り状態で堪能できて大満足でした。

 

 

 

お部屋に戻り、大量の汗で噴き出た水分を補給しようと思い蛇口に手をかけたところ…

「ムム―――ッ! この温泉自慢もいい加減にしやがれ!」と心の中で思いました。

脱水で救急搬送されるところでした…。

 

 

 

室内の露天風呂からの景色。

天井からぶら下がっているのは和紙でできたペンダント。

遠い先に見える太平洋を眺めながらお風呂に浸かっていると、時間の経過なんてどうでもよく感じてしまいます。

 

 

 

 

蛇口にこびり付いた温泉成分が宿の歴史を感じますね。

 

温泉のことをしらないド素人が「蛇口周辺が汚れていて不衛生だった」と、とんでもないレビューをしている時がありますが、そのような記事を読むと温泉宿の方に申し訳ない気持ちになってしまいます。

 

 

 

AM4:30

ほんのりと夜が明け始めたときにも入浴。

直接的な太陽の光ではなく、空に反射された光が湯面をライトアップ。

自然光が作り出す淡い温泉に浸かりながら、「年を取ることも悪いことばかりじゃないな~」と、もの思いにふけってしまいました。

 

水平線と雲の隙間からせり上がってくる日の出を眺めていると、潮風に交じってご飯が炊ける香ばしいニオイが…。

「腹減ったな…」

 

 

つかの間の休息を堪能させて頂き、また仕事に対するパッションを再点火した次第です。

 

齋藤もいつかこのレベルの温泉宿を人にプレゼントできるぐらい、太平洋よりも広い心を持った人間になりたいな~、と考えながら、朝からお米を茶碗3杯食べてきました。

 

とにかく、「人に喜んでもらうことをする」。これに尽きると思います。

 

 

所長やスタッフが、お米や馬鈴薯を育てている事もあり、今回は国分家で育てている2点をご紹介。

まずはミニトマト。

種を植えてまさかの数日で発芽。早い!早すぎる!

子供の教材なので子供に担当してもらっています。

今後成長した際にはまたアップします。

 

2点目はこちら。

葉っぱが寂しい限りですが、こちらはコーヒーです。

2年前に親戚から頂いたものの、直射日光は葉っぱが焼けて枯れるからダメ。熱帯原産なので寒い所はダメと、育て方が分からず適当に水と肥料をやっています笑

鉢変えをしたところ、上に伸びているので成長しているのでしょう。

このブログを書く際にWebで育て方を検索しましたので、これを機会にしっかり育てていこうと誓いました笑

 

 

 

横浜相談室に隣接する、横浜公園では現在「横浜開港記念バザー」が開催されており、平日にも関わらず連日多くの方々で賑わっています。

 

屋台や、各都道府県の名産品等の販売が多くを占める中、興味深い一角を発見。

 

 

 

横浜市金沢区から出店の植木屋さんのブースです。植木以外にも鉢植え、苗、観葉植物等かなり幅広いラインナップで年配の方々を中心に人だかりになっています。

私、山口も自然と吸い込まれてしまいました…

 

 

これから見頃を迎える色鮮やかな「山紫陽花」

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、紫陽花は土質により花の色が変わり、酸性なら青色、アルカリ性なら赤色となりますが、街中で紫陽花を見かけ、色を見ると「この辺りの土質はアルカリ性が多いのかな?」なんて事を思ったりもします。

 

 

ハイビスカスも既に花を咲かせていました。以前、自宅で育てている友人に聞いた所、開花のシーズンになると毎朝、一輪ずつ花を咲かせるので手入れが楽しみなんだとか。

 

昔懐かしの、ホオズキ

最近はめっきり見かける機会が減りましたが、幼少期に実家の裏庭に生えており、夏場、観賞用に飾っていたのを思い出します。※シニアの方々がこぞって購入されていました。

 

 

その他にも、オリーブやベンジャミン等もかなりのお買い得でした。

 

 

 

今や定番の多肉植物各種

 

いつかは手を出したいと憧れ続けている「コケ」の世界。

初老の男性が何やら真剣な眼差しで、店主へコケの生育についてアドバイスを求めており、店主も負けじと熱心に答えていました。

コケの世界とても奥深そうです。

 

自分の庭を手に入れた暁には、是非育ててみたいのですが、迂闊に手を出して良いのやら…

 

 

 

そして今回、購入したのがこちら!

 

 

購入時、店主の方も名前が分からないという代物で、「お兄さん、是非調べて大事に育ててよ~♪」とザックリ過ぎるやり取りの中、半信半疑で購入し、調べてみた所、正体が判明。

 

「ベビーサンローズ」※別名:アプテニア

 

 

 

南アフリカ原産の多肉植物の様で、今回購入の決め手となった、下の写真にある濃いピンク色の花が5月~7月に繰り返し咲く様なので、今から楽しみに育てたいと思います。

 

 

7月頃に花が咲いたら改めてレポートしたいと思いますので乞うご期待。

 

それではまた。

国分 多一
2018.05.30 20:40

洗濯機

我が家の洗濯担当:国分です。

現在使用している洗濯機は7年目に突入。
毎月市販の洗濯槽クリーナーを使用しているものの、ゴミが付着するようになり…何度使用しても付着するためストレスに…。

何か対策はないものかと洗濯機の取扱説明書を読んでいると、洗濯槽クリーナー(防食剤配合塩素系漂白剤)の文字が!
2,000円と割高も、amazonでのレビューも評価が高く、試して駄目なら専門業者に依頼するか、いっそ買い替えてしまおうかとポチっと注文。

そして届いたのがこちら↓

 

1,500mlと大容量。

各社から販売されていますが、念のため洗濯機メーカーと同じ物を購入。

蓋を開けた際かなりの塩素臭に、これは効くと確信。

樽洗浄11時間コースに設定しスタート。

ちょくちょく運転を中止しフィルターを見てみると…今までのクリーナーでは見た事がない物体が…(あまりに酷いので写真は載せません)

空運転を数回し完了。

1週間使用していますが、気になる汚れが出てこなくなりました!

お薦めです(効果がなかったらすみません)


ページの
先頭へ