有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは。

 

5/25(月) 政府より緊急事態宣言解除の発表を受け、街には人が戻りつつありますね。しかし完全に収束した訳でもなく、第二波の懸念もあり、引き続いて検温や3密を避ける等しながら予防に努めて行きたいと思います。

 

さて。自粛生活が続き、休日の外出がままならなかった間、自宅玄関アプローチ周辺の僅かな植栽スペースの植え替え作業をしてみました。

 

プランナーさんからのアドバイスを元にイメージの打ち合わせをしながら、耐寒・耐暑性や乾燥に強く個人的な好みを反映した結果、乾燥地帯の植物を中心とした「ドライガーデン」のイメージに決定。

※ドライガーデンとは:季節乾燥に強い乾燥地帯の植物や多年草のように水をそれほど必要としない植物で、乾いた雰囲気を演出した植栽

 

真夏日となった当日。早朝より職人さん2名+見習い作業員の山口も参戦し炎天下の中、作業開始。

 

まずは現在の状態☟

コノテガシワと柊南天のみの簡素な状態…

手始めに敷き詰められた煉瓦チップ&玉石を手作業で取り除き、植栽も撤去。

撤去後はこんな感じ。

 

そして今回新たに植えるのは、このラインナップ。※写真右に見える縦長のユッカは別

 

そして今回、植栽の印象を大きく変える化粧砂利はベージュの優しい風合いと水捌けの良さが特徴のコッツウォルズという大き目な砂利をチョイス。今回の植物達との相性も良く、ドライガーデンのイメージにぴったりです。

 

そしていよいよメインの作業となる、植え替えスタート。今回の主役であり、シンボルツリーの「蘇鉄」

今年、新芽が出たばかりで葉も青々と立派です。しっかりと根が張り、安定するまでは添え木で固定。

続いて手前は「ウエストリンギア」( 別名:オーストラリアン・ローズマリー )と真ん中がローズマリー。風通しを確保する為に株間を空けて植えて頂きました

ウエストリンギアは環境変化に敏感な為、根が安定するまでは2~3日毎に水やりを欠かさないようにと指導を頂きました。

最後はドライガーデンに欠かせない、「コルジリネ」

熱帯地域でお馴染みの植物ですが、ハワイでは悪霊を払う木として魔除けの力があると言い伝えられているそうです。

 

仕上げは防草シートを敷き詰め、化粧砂利を撒いて完成。

 

これから手入れをしながら四季折々の成長を楽しみたいと思います。

 

それでは。

 

世界中を巻き込んだ新型コロナウイルスの蔓延は今、少しずつ収束に向かい

本日から緊急事態宣言も解除されました

解除前より第2波を危惧されており

スペイン風邪の時にも第2波の時の方が強毒化して死者も多く出たとの事ですから

今後も引き続き気を引き締めて予防していかなくてはなりません

あわせて、日本列島各地で地震も相次いでいますのでもしもの備えが大切になります

 

今回ご紹介したい絵本は

『スイミー ~ちいさなかしこいさかなのはなし』

レオ・レオニー 著 谷川俊太郎 訳 福音館書店 です

 

 

長いこと小学校2年生の教科書にも掲載されており、多くの人がご存じのお話なのでネタバレしてしまうと

小さな赤いおさかなの群れに1匹だけすばしっこいけど見た目が真っ黒なおさかなのスイミー

ある日大きなさかなに襲われ仲間たちはみんな食べられてしまいます

スイミーはただ1匹逃げ切りましたが孤独で寂しい気持ちで海を泳ぎます

しかし、広い海の中にいるとだんだんとまわりの面白いものや

素晴らしいものに気づき元気を取り戻していきます。

やがて、大きなさかなにおびえる小さな赤いさかなたちと出会います

スイミーは自分が黒い目になり、みんなで大きな赤いさかなのふりをして泳ぐことを思いつき

とうとうみんなの力を合わせ大きなさかなを追い払うことに成功しました。

メデタシメデタシと言うお話

 

 

一般的に国語の授業や道徳の時間などではこのお話の主題

生きていくために知恵を使い工夫していく事やみんなで力を合わせる事の大切さが説かれます

まさに今、疫病と戦う人類に課せられた命題のようです

我々人類もスイミーと同じようにステイホームという孤独の中で世界や未来の事を思い

又自分と言う存在を意識し、自己認識を深めることが出来たのではないでしょうか?

私たちもスイミーのように新しくウイルスとの戦い方

そして共存の知恵を身に付けていかなくてはなりません

この絵本の見どころは物語の内容だけでなく

絵そのものが一枚一枚絵画のように美しく、その描き方の手法が変わっていることも魅力です

一見、水彩画のように見えますが、とても実験的な絵画手法で描かれています

 

 

モノタイプと言われる版画技法で、アクリル板に水彩等の顔料を乗せ転写する版画が多用されており

赤い魚の群れなどはゴム印の様なもので同じ形を沢山作っていたり

 

 

ゆらゆら揺れる海藻もペーパーナプキンのレースを使用し上手く表現されています

 

 

暗い海の底もモノタイプでこそできる不穏な水流が表現されています

100円均一などで売られている画材で十分まねっこ版画ができるので試してみても楽しいかもしれません

 

 

今回のコロナ騒ぎで、みんなで協力し合い、知恵を出し合い困難を乗り越えるところはもちろん

カラフルな海の生き物たちを見ると町にあふれる色とりどりの手作りマスクを連想してしまいます

 

 

先日、政府からのマスクが我が家にも届きました

届くのは少し遅かったですが

医療に関係のない人々がどんどん高値になってゆくサージカルマスクを奪い合うのではなく

それぞれ自分好みの手作りの布マスク良いんだと気付くきっかけになったのではないかと思います

郷愁を漂わせる素朴なマスク、ありがたく利用させて頂きます

 

 

自分の為に、みんなの為に、今できる事を一所懸命取り組んで行きたい気持ちにさせてくれる作品です

困難を乗り越えた後の世界がレオ・レオニーの描く海の様に広く美しいもので欲しいと願ってやみません

誕生日プレゼントに抹茶セットをいただき、その後は抹茶をシャカシャカしまくりズーズー飲みまくりです。

茶道を習うには恐れ多く、純粋に抹茶を美味しくいただいている日々…。

 

どうしたら抹茶を美味しくいただけるか?ということで調べていると、ポイントは「抹茶がダマ(抹茶の塊り)にならないようにする」という事らしいです。

ダマになると舌触りが悪く、口の中に抹茶が残ってしまい気持ち悪いのです。

 

まずは茶こしで抹茶を振るいにかけます。

 

抹茶をサラサラの粉末に戻してあげます。

 

その次に少々のお水を加えて…

 

シャカシャカしてペースト状にします。

ここまでの手順で完全に抹茶のダマを無くせば、あとはお湯を注いでシャカシャカすれば出来上がり。

 

「ズズ―――ッ…。ム~、クリーミーだぜ~」

 

茶道からすれば邪道なお点前になってしまうと思いますが、純粋に抹茶を楽しむだけならばお叱りを受けないでしょう。

ぜひ皆様も試してみて下さい。まずは抹茶をペースト状にすればいいだけです。

 

美味い抹茶には美味しい和菓子が欲しいな~…、ということで和菓子を用意しました。

 

「ムム―――ッ!! 抹茶にシュウマイを合わせる馬鹿がいるかよ!」と自らを叱りましたが…。

 

「大丈夫ですよ! シュウマイ饅頭ですから!」と、自ら突っ込みを入れて、シュウマイ饅頭も口に突っ込みました。

「ム~…、抹茶がほろ苦く感じるぜ~」

毎年恒例の田植えの時期がやってまいりました。

が、新型コロナウイルスの影響で今年の田植えはどうなることやら…、とヤキモキしていた日々を過ごしておりました。

 

3月に届いた「お知らせ」はいつも通り

早々にエントリーをしましたが、すぐに「緊急事態宣言」が発令。

 

超高齢化がすすむ山梨県富士川町平林地区に万が一に新型コロナウイルスが入り込んでしまうと…。

爺さん婆さんしかいない限界集落がゴーストタウンになってしまう恐れがあります。

今回は自粛させていただきます、とメールのやり取りをしていたところに田植えの主催者:みさき耕舎よりお便りが届きました。

 

5月23日(土)、24(日)で田植えをする予定でしたが、山梨県外の方は出入りできず…。

逆にこのお知らせをいただいてホッとしたような気にもなりました。

 

その文面に続き下記お知らせも…

6月6日(土)、7日(日)に変更可能なオーナーは変更をお願いします。

もう都合がつかないオーナーはこちら当組合の担当役員が田植えを代わりにさせていただきます。

 

「都心のビジネスマンは忙しいんだぜ~。一年先までスケジュールはいっぱいだぜ~」

ということで、限界集落の爺さん婆さんを守るためにも田植えをお願いすることにしました。

しばらくして、追加のお知らせが届きました。

 

「ム~…、今年の田植えは草取りからスタートだぜ~」

この頃になれば越県も許される頃でしょう。

どうか今年も美味しいお米が収穫できますように!お米が新型コロナに感染しませんように!

 

ところで、皆様は五円玉のデザインの意味をご存知でしょうか。

日本を代表する産業「農業」「工業」「水産業」を表しています。

稲穂は見ての通り農業。穴の周辺のギザギザが工業を表しています。そして下の線が波(海)で水産業。

世界的に見ても穴が開いているコインは珍しく、五円玉はとても日本的な硬貨なのです。

 

緊急事態宣言が解除されましたが、その間に芽生えた助け合いのご縁(五円)を大切に。

こんにちはルート営業の小圷です
今回も運動不足解消と健康維持の為
前回に引き続き環七通り付近のお寺を
散策してみました

前回お邪魔を致しました「真盛寺」横の小道を入って歩く事約5分
「修行寺」という名前が目に入りました
どんな修行をされているのか興味津々でしたが残念ながら門が閉まっており
中を見ることが出来ませんでした

 


千葉県松戸で創建されて東京赤坂に移転したのですが防火対策のため
新宿市ヶ谷に移り1500坪を与えられたようですが大正時代に都市計画のため
現在の地に移ってこられたようです
尾張藩家老成瀬一族の菩提寺

 

警戒心のないカメラ目線でのんびりした雰囲気の猫

 

先に進むと
徳川3代将軍家光の弟、駿河大納言忠長が創建されたといわれている「西方寺」


門は閉まっておりますが奥に供養塔があり戦争殉職者やキリシタン、
動物などを供養しているそうです

 

 

この辺りは昼間でも薄暗いですね
木々が多くお墓が通りに面しているのでひんやりして気持ちが良いのですが…
恐らく夜は暗くて怖くて一人で歩けないと思われます…

 

 

「宗泰院」
江戸時代の檀家は尾張藩の旗本、御家人・藩士など350家と
そこに出入りをしている商人などで他の寺院と比べると隆盛を誇っていたとされています
尾張藩主の仏堂もあり周辺の寺院の中でも古い建造物です

 

最後に訪れたのが駅名にもなっている「高円寺」

 

徳川3代将軍家光がタカ狩りの度に立ち寄ったことで有名な寺院です
本尊は観音菩薩像で阿弥陀如来像も安置されています

 

 

徳川家ゆかりのお寺ということで所々に三つ葉葵が見られます
お寺の周辺には桃の木が多かったようでして以前は桃園という地名でした
祀られている観音様は桃園観音とも呼ばれています

 

自粛中の為、門が閉まっている寺院が多く中に入れず残念でしたが
各寺院の案内板を拝読すると明治や大正時代に都市計画の拡張や関東大震災にて
都心から移転されてきたようです

約40分位の散策でしたが、ちょうど汗ばむくらいで気分もスッキリしました
マスクをして歩くと喉の渇きも早いですね!
皆様もこれからの季節、水分補給を忘れないように気をつけましょう


ページの
先頭へ