有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

 

もしかしたら大会史上「イチ」素晴らしい花火の饗宴に歓声を上げていた多摩川で…そのわずか一週間後に氾濫の危機に脅かされるとは。。。

 

 

 

一晩でしたが、人生初の避難を経験し

一晩で済みましたが、停電と断水による不自由な時間を過ごし

自宅から7-800m程の所では背丈を超える浸水があり

亡くなられた方も居て・・・

 

  

 

家財道具を運び出し、泥出しや清掃に追われる近隣の方を目の当たりにして…胸が詰まる思いで、もう他人事ではありません

 

何かしなければ…何かしたい!けれど、どうしたら良いものかと悶々としていたところ、川崎市で「台風第19号に係るボランティア」の受付をしていることを知り、遅い夏休みを利用して及ばずながら唐沢も2日間参加させていただきました

 


  • 毎日9時から(お昼ごろまで)受付をしていること
  • 当日「ボランティア保険」に加入後、その足で現地へ向かうということ
  • よって、すぐ作業に入れる格好でセンターを訪ねること等

以上の情報のみを頼りに、川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)へ

 

 

 

もしかしたら、そんなに人が集まらないのでは?たった一人で個人宅へ向かうよう言われたら…(方向音痴の唐沢は作業以前に無事たどり着けるのか?)等々要らぬ心配をよそに、多くの方が次々参集し、唐沢は総勢11名のグループに割り当てられて、2駅先の個人宅へ「泥出し」作業に入りました

 

 

 

川崎市の被害は多摩川支流の平瀬川(川崎市高津区)の「バックウオーター現象」による氾濫被害【死者1名】と、武蔵小杉駅周辺(川崎市中原区)の内水氾濫による浸水・停電が連日報道されておりましたが、実は報道されていない多くの箇所でマンホールから2~3m高の水が噴き出し、床上浸水に見舞われていた地域があったことを後から知りました

※途中、閉鎖せざるを得なくなってしまったコンビニエンスストアも見かけました

 

  

 

ボランティア活動は「15時まで」という制限がある為、全ての作業を完了する事は叶いません

実際、元の生活を取り戻すまでには、まだまだ時間を要するでしょう・・・

そんな現状を目の当たりにして、連休をブラブラ過ごしていて良いものか?…ボランティアも平日になればガクンと減るのではないか?という懸念から、既に満身創痍の?身体に鞭打って(腰には湿布薬を貼って)翌朝もセンターを訪ねた唐沢です

 

 

台風19号(ハギビス)が日本に上陸し、関東~甲信~東北と甚大な被害をもたらしてから2週間

時間の経過と共に、精神的ケアも必要になってくる頃…相反してボランティアの活動が先細りなっていくのが怖いところ

 

参加資格は、「川崎市在住、在勤及び『在学』の方」…とありますが、中には遠く秦野市や平塚市からボランティアに駆け付けて下さった方もあります

保護者同伴で有れば中学生からでも大丈夫でしょう!気力・体力共にエネルギーに満ち溢れた『若い力☆』はパワーの源、被災者に元気と勇気をもたらします

 

まだ続く復旧に関心を持っていただき、出来る所から長くご支援いただけたら…と切に念願いたします

 

 

ボランティアの活動について・・・


・移動時に掛かる交通費や昼食代は個人負担となります(保険料は行政持ち)

・服装は大方のイメージ通りで、泥や怪我対策に長袖・長ズボン、長靴に厚手のゴム手袋は必須

・貴重品はウエストポーチ等で自己管理します

※また、個人宅を訪問する為、トイレは使用できないことも想定してください(公共の施設等、事前確認も必要になります)

 

 

★参加に当たっては「自己完結できること」…何より、自身の「体調が万全であること」が前提です

 

からさわ

 

ラグビー日本代表の「大金星」に沸いた列島…もうしばらく暑さ(熱さ)の残る秋になりそうですね

 

   

 

 

突然ですが、スポーツの和名(漢字名)を考えたことはありますか?

 

サッカーは「蹴球(しゅうきゅう)」

テニスは「庭球(ていきゅう)」

野球や卓球はベースボールやテーブルテニス(ピンポン)よりも馴染みがありますが・・・

 

では、「ラグビー」は?

 

闘球(とうきゅう)!

体と体が激しくぶつかり合うスポーツ…まさしくですね

※ちなみに同じ「とうきゅう」でも投球はボーリング、籐球はセパタクローだそう(^-^)

 

 

先日、「ちょっと良い(おかずの種類の多い)お弁当を買って来て」と、所長に託されデパ地下へ

 

栗や松茸など秋らしい食材にも惹かれながら…店員さんに「おかえりなさいませ♪」と言わしめるほど唐沢の心をとらえて止まなかったお弁当がごちら

 

 

俵?否、ラグビーボールを模したというこちらの弁当は、『なだ万』の行楽弁当☆税込1,944円(本体価格1,800円)也

※いやはや、中々手の出せないお値段です

 

しかし、どストライクの老舗日本料理店が、血気盛んなラグビーをタイアップしてくるとは!粋ですね(#^^#)

今回、所長のランチに唐沢もご相伴に預かりましたのでご紹介まで

 

 

先ずは目で楽しみ…そして、一つ一つ丁寧な仕事をされた逸品の数々を、「お献立」を見ながらゆっくり味わいます☆

 

「お献立」は次の通り



「玉葱」!?

…ってどこよ~?と、「牛肉香味焼」の下に鎮座ましまして(笑)…が、その旨味たるや牛肉を超える?甘味と旨さ

 

見えないところで仕事をしている(主役を引き立てる)「玉葱」に感心していると・・・

お次は「さくらんぼ蜜煮」

 

 

「蓮根ツナサラダ和え」にちょこんと乗る赤い代物…もしやコレ?と口に含むと、これまた絶妙の蜜煮加減でサラダの良いアクセントに

 

これら微細に至る惣菜の数々は、まるでラグビーチームのよう??

 

高い技術力と強い個性を併せ持つ選手一人ひとりが、「勝利という目的」のため周囲を活かす働きをする(繋ぐ・コネクトする)という精神は、弁当箱という限られた枠の中で、あたかもバラバラの素材が、他を邪魔することなく味・量・配置ともにバランス良く納まっているところが共通するような…って、無理やり感がありますかね(^^;

 

たかが弁当…されどで、さすが老舗のお弁当☆丁寧かつ見えない箇所への心配りも忘れてはいません

 

 

そんな感動の『闘球弁当』は、ラグビーワールドカップの期間中11月2日まで販売\(^o^)/

秋の行楽のお供に…自分へのご褒美に増税も何のその!で、一度『トライ』してみてはいかがでしょう?

 

さて、明日から10月!(パラリンピックの抽選結果はいかに!?)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

台風一過の夕空

燃えるような美しさに、「どうか千葉県に雨風をもたらしませぬよう…」と願うばかりです

 

 

さて、「おひとり様」と言えば、我らが豊田の専門?ではありますが(笑)、独り甲子園や仕事終わりの独りスタジアム等、スポーツ観戦の「おひとり様」なら唐沢さん担当?

未だ「独り赤提灯」には抵抗はあるものの、ドサクサ紛れで「独りパブ」に参戦してまいりましたので、世のおひとり様女子のため?ご参考まで

 

 

雨の帰り道、定時上がりで急ぎ訪問したのがこちら

英国風パブの『HUB』(ハブ)川崎店

 

川崎市民にして、川崎駅に降り立つのは指折り数えるほど・・・

徒歩1分は嘘~?と思いながら、案内通り「26番出口」を上がってすぐのところにそれはありました♪

…が、お店を向こう5メートル程の所にして躊躇うこと数分

 


  • 小雨の残る夜の川崎
  • 地下店舗で中の様子が分からない
  • 待合せらしき人の影がほぼ男性

と、初パブ&おひとり様女子には少々ハードルが高い?と怖じ気づくも、意を決して地下階段へ

 

 

目的は天皇杯「川崎フロンターレvs.ヴィッセル神戸」のサッカー観戦☆

 

アウエィ神戸にも行けず、有料チャンネルのテレビ観戦も叶わず…負けたらおしまいのトーナメント戦とあらば!と、最後の手段に馳せ参じたのがスポーツバー?(パブ)

 

 

ところで、意を決した先はというと、ラッシュアワーさながらの人・人・人で「すし詰め」状態

立ちはだかる人の背中に触れぬよう「優しく」扉を押し開けて、僅かなスペースを確保します

 

 

ほぼ身動きが取れないまま立ち続ける事、およそ2時間

この間チップを落とすことは一度もなく…Σ( ̄ロ ̄lll)って、いいんでしょうか!?

 

…って、仕方ないのです

あまりの人混みに、レジまで行きつくことが出来なかったのですから(T_T)

 

 

結局、初パブ参戦にして飲食一切無し!の、ほぼパブリックビューイング状態で、「負け試合」にうな垂れ帰宅した唐沢さんでした。

 

パブ(【Public House】の略)は、公共の場所・みんなの家という意味で、イギリスでは“街を歩けば『パブ』に当たる”と言われるほど、生活の一部として?浸透している模様

 

別に『HUB』さんの回し者でも、今回ただ観してしまった償いという訳ではないですが、


  • 独自に開発した「エールビール」の提供
  • ハッピーアワーの来店ならカクテルが30%~50%オフ☆
  • リーズナブルなメニューetc.

と、ノーチャージでドリンク一杯(ソフトドリンク可)からでも気軽に立ち寄れるパブ

今まさにタイムリーの「ラグビーワールドカップ観戦」に、来年のオリンピック・パラリンピック観戦にお試しいただいても(#^^#)

 

 

ただ…出来れば、「おひとり様」より二人以上の方がスポーツ観戦も「倍」楽しめるのではないかな~とシミジミ思う今日この頃です。

 

さあ、パブへ行こう(*^^*)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

気が付けば秋の気配を感じるようになってきた昨今ですが、まだ「夏」真っ盛り!の頃のこと

『炎天下×甲子園』の叶わなかった唐沢は、『炎天下×ボランティア』へ参加してきたので一つ

 

 

目指すは最寄りの『久地円筒分水』(徒歩圏内)

 

多摩川を水源とする全長約32キロの水路を「一斉清掃!」と壮大な?イベントとあれば、近隣住民としては参加せねばなりません!?…と、謎の使命感に(笑)「申し込み不要&手ぶらでOK」の後押しもあって、姪のシーちゃんを巻き込んでの参戦

 

 

朝から気温30度超えの炎天下、集まった有志は・・・

人生の大先輩ばかりです(;^_^A

 

明らかに浮いている我々でしたが、

“どこの小学校?”

“(世田谷の)〇〇小学校です”

“じゃあ、(多摩川の)花火大会仲間だね~☆”と楽しく仲間入りさせていただき一安心

 

そして!いよいよ作業開始~と渡された道具が「長ぐつ」(・・?

※なお、先輩ボラさん方は、膝当てと鎌!?

 

 

ところで、二ヶ領用水『久地円筒分水』なるもの・・・

実は、国の『登録有形文化財』に指定せれている凄いシロモノ!

 

 

遡ること400年以上…徳川家康の命により開削された農業用かんがい用水でしたが、水量をめぐる争いが絶えず、より正確に分配できるよう技術の「粋」を集め作られたのが、サイフォンの原理を応用したという定比分水装置(円筒分水)

 

その文化財に直接触れることが出来る!(お掃除できる♡)というのですから貴重な体験です

 

 

立ち入り禁止区域からの眺めがこちら

 

  

 

 

我々の任務はびっしりと苔むした「藻」の除去作業

 

 

最初こそ臭い?とヌメリに「うわぁ~」と抵抗はあったものの、いつの間にか夢中になってむしり続けること一時間あまり

15分毎に「ピーーー」と休憩を知らせる笛が鳴り…麦茶に塩飴配布とベテランボラさんたちは熱中症対策も万全です

 

 

直径16メートルになる円筒の清掃作業は半分も終わらない内に、任務終了

乗りかけた船…最後までやりきりたかったところですが、無理は禁物ですね

 

 

最後に感想を求められ・・・


私は水のある所で涼しかったけれど、皆さんは暑い所で掃除(雑草の除去作業)をしていて、凄いなぁと思いました。また次も参加したいです。


と挨拶をしたシーちゃん(#^^#)

帰宅後、小腹を満たした後は大の字で爆睡…ひと夏の良い経験になりました

 

 

年に一度の「一斉清掃」とは別に、『久地円筒分水サポートクラブ』の皆さんは、文化財保護のため毎月ボランティアに精を出してくださっています。

素敵な活動☆夏休みに限らず、企画の大学生さんにはもっと積極的に、また地元小中学生を大いに巻き込んでのクリーンアップ大作戦が出来ればなおステキですね(*^-^*)

 

 

さて、お次はこちら!

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 

絶景かな・・・

 

絶景かな・・・

 

 

絶景かな!?

ギョギョー(*_*)

フナムシ見参!

 

超大型台風10号が「ほとんど停滞」していた頃

猛烈アピールを受け、日帰り強行軍でお馴染み城ヶ島(三浦半島)へ

 

痛いくらいの日差し…海水浴へ繰り出す強者?阿呆?もそうそうなく…目の前の海は貸し切り状態です。

 

 

  

 

 

 

・・・?

この素敵な背中は?

ペ・ン・ギ・ン??

 

❝ペンギンじゃないよ―(一一”)『デイジー・ダッグ!!』❞とお叱りを受けた唐沢

それにしても、キュート(⋈◍>◡<◍)。✧♡

何よりペンギン…否大好きなディズニーグッズを旅のお供にと準備してくる姿が微笑ましい☆彡

 

片や、姉弟喧嘩勃発にママの落雷で大事な「空気入れ」を忘れて来てしまったというネーネとニーニ・・・

 

 

反省も兼ねて、お二人さんには己の肺活量全開で空気入れをしてもらいました(笑)

これはこれで、よい思い出?(経験)になったことでしょう

 

 

 

さて、天然ウォータースライダーに磯遊びを堪能した一行のメインイベントと言えば・・・

 

サ・ザ・エ??

 

  

 

ギョギョー(*_*)

今年はサンマも不漁で高騰しているそうですが、ジージの漁も不発

サザエの中からは赤い主がリョロリと(*_*)仰天!大きなヤドカリが

 

 

ところで、三人のママが小学生だった頃の話

水族館でタカアシガニの水槽を前に、生唾を啜りながら「おいしそう~♡」と感嘆の声を上げていたとか・・・

その伝説?は本物だったようで「ヤドカリは旨いらしい!?」という天の声に、躊躇なく「食べてみた~い」と内臓?らしき袋の部分にも果敢にチャレンジ

ママ曰く『濃厚☆』だったそう…母強し?いや、ほんまもんの酒飲みですな(笑)

 

 

旅の土産はこちら

 

  

 

 

皆思い思いに怪我無く楽しんで…少し後ろ姿も逞しくなったかな?

 

 

ところで、追い込みの宿題が進んでいないのもネーネとニーニのお二人さん(^^;

~~残暑お見舞い申し上げます~~(残り10日、ガンバレ―――!)

 

 

相次ぐ海難事故に「離岸流」という言葉を初めて知った唐沢

慣れない海のレジャー、十分注意しなければなりませんね。


【海水浴の注意事項】

  • 遊泳禁止区域では泳がない。
  • 深みや滑りやすい所には気を付ける。
  • 引き返す波の流れに注意。
  • お酒を飲んだら海に入らない。
  • 自分の技能レベルを知り、無謀な事はしない。
  • 天候が悪いときは無理をして海に出ない。

(第七管区海上保安部HPより)

 

!(^^)! からさわ )^o^(

 


ページの
先頭へ