有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

不要不急の外出を控えながら

今回も小圷は運動不足解消と新鮮な空気を求めて

自宅から自転車で約30分

区内にございます『妙法寺』というお寺を訪ねてみました

 

言い伝えでは境内に足を踏み入れるだけで

厄除けと良縁にご利益のあるお寺だそうです

 

江戸時代より庶民からお祖師さま(おそっさま)と呼ばれていて

厄を除いてもらおうと毎年全国から大勢の参拝者が訪れます

境内は人も少なく落ち着いて見て回れそうです。

 

妙法寺では『除厄け』と書いて『やくよけ』と読むそうです!

江戸時代には浅草の浅草寺と並ぶほど人気だったといわれております

 

江戸時代の後期には将軍様の鷹狩の休憩所になっておりました

徳川11代将軍家斉12代家慶15代慶喜が訪れています

東京都の有形文化財にも指定されています

 

まずは山門をくぐります

1787年建立(天明7年)

仁王門…二十層造りの桜門

左右には金剛力士像が安置されています

 

 

山門を通るとさっそく荘厳な景観の祖師堂が見えてきます

祖師堂

境内に入るだけでも厄除けになるともいわれているところです

1811年(文化8年)建立

妙法寺の中心となる一番大きなお堂

厄除けの神様であるお祖師像が奥に奉安されています

御開帳をするとご尊顔を拝することが出来るそうですよ

平成10年に再改装を致しました。

 

 

こちらが本堂

1819年(文政2年)建立

 

別名三軌堂とも呼ばれ衣・座・室の三つの心構えを表しています

祖師堂とは対照的な落ち着いた雰囲気です。

十界諸尊を泰安しております

内部の撮影は禁止なので遠くらから一枚

 

寺内では板廊下も歩けます

元々は真言宗の尼寺であったそうですが日蓮宗に改宗し

その後、日蓮大聖人の霊像をお迎えしたところ

あらゆる災難除けに人々の信仰を集め今日に至っています

 

日朝堂

1828年(文政11年)建立

 

学問と眼病の守護として崇められています

日朝上人の御尊像が奉安されています。

眼を患うくらい勉学に励んだといわれており

勉学の願いが叶うと多くの受験生が訪れます。

 

 

二十三夜堂…良縁成就・財運吉祥(縁結び・商売繁盛)

二十三日の夜、月待ちをすれば願い事が叶うとされていて

毎月二十三日にお堂が開かれ、堂内にてお参りが出来ます

 

白蛇が石になったと言い伝えが残る

なで石に触れると財運・縁結びのご利益が得られると言われていますが

残念ながらこの日は23日ではなかったのでご縁がございませんでした。

 

 

浄行堂

病気治癒・家内繁栄

 

石像をたわしで洗って病気の治癒をお願いする菩薩様

浄行様のお体を清らかな水で洗い自分の体の調子が悪い部分を

タワシでこすると病気治癒を得られるそうです

 

 

石灯籠…織部灯籠

墓地に通じる裏手門の前に灯籠が並んでいて

梅雨時は紫陽花が綺麗に咲くそうです

織田信長や豊臣秀吉に仕えた茶人

古田織部が考案したとされております

 

ちょうど各々のお堂より一斉にお経が始まったところで

門前横の「手打ちそば」を食べて帰ろうかと立ち寄ってみたところ

お蕎麦が売り切れになっていました

揚げまんじゅうはまだ注文が可能ということで

黒糖入りこしあんを注文

注文を受けてから揚げるので約5分待ちます

店内は羊羹やお煎餅も販売しております

衣がふわっサックっと軽い感じになっており

思ったほど熱くもなく食べやすかったです!

 

次回は23日に訪れて白蛇が石になったと言い伝えが残る

なで石に触れたいと思います!

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

本年もよろしくお願い致します

 

さて今年の初ブログは

地域の公園に行って来ました。

自宅から自転車にて約15分

 

『天沼弁天池公園』です

 

JR荻窪駅北口より徒歩8分

閑静な住宅街の中にある緑ゆたかな公園です

よく手入れをされた素敵な花壇が出迎えてくれます

この天沼地域はその昔、

こんこんと水が湧き出る池があり

天沼の地名の起こりになったと言われております

雨が降ると水が溜まりやすい湿地であったことに由来するそうです。

 

 

約300坪ある池の円形に5坪程度の島があり

そこに弁天様が祀られていました。

 

大正時代の半ばまで地域の水源になっていたそうでして

農民の皆さんにとって重要な役割を果たしていたことから

雨乞いの行事も行われていたようです。

 

 

池の周りにはスイレンが咲き

魚もいて子供たちの遊び場になっていましたが

昭和に入り都市化が進み農地が減少して地下水も枯れてしまい

最終的に池は埋め立てられてしまいました。

 

 

現在の池は人工的に作ったもので

地下水を汲みあげて利用しているそうです

 

 

この日は寒かったので池に氷がはっております

子供達が氷に石をぶつけておりますが

中々割れませんね

 

 

この辺りが昔、弁天様が祀られていた

池と島のあとでしょうか?

 

 

こちらは弁天池公園内にある郷土博物館分館

入場は無料にて

どなたでも利用可能です

気軽に文化に触れられるを

コンセプトにしているそうです。

 

区民参加型の企画展・紙芝居・モノ作りや

ワークショップも開催されます

 

通常は二階のフロアにてイベントがあるのですが

現在はコロナの影響にて立ち入り禁止になっております。

 

 

そのかわり一階にて展示が行われています

小さいフロアですが小綺麗にて窓からも

太陽の光が入り見やすい作りになっております

 

現在行われているのは

杉並区内の高校野球出場校の春夏熱闘の記憶と題して

高校野球の歴史を熱く展示しています

 

 

戦時下幻の大会もあったようですね

当時の選手たちはさぞ悔しかったことでしょう

現在もコロナという大変な状況下になっておりますが、

今年の高校野球は春夏共にいつも通り

開催されるといいですね!

 

郷土博物館のある広々とした園内は日常のお散歩や

身体を動かしたいときに便利ですね

地元の方々に好かれている憩いの場にふさわしい

素敵な公園でした。

 

 

こんにちはルート営業の小圷です

 

自転車に乗ると手がかじかむようになり

手袋が必須になってまりました

 

さて今年も残すところわずかではありますが

小圷は前回に引き続き池袋を散策して参りました

 

今回は池袋駅の東口側を歩いてみました

 

大通りを歩くこと約10分

見えてまいりました

『南池袋公園』です

 

 

ビルの谷間にあるオアシスといったところでしょうか?

早朝ということもあり空気が冷たいです。

 

 

公園内は芝生が広がる気持ちの良い所と評判なのですが

現在は芝生を育てている期間ということもありシートで覆われています

残念です!

 

こちらの「南池袋公園」

ほんの数年前までは昼間でも薄暗く

日が暮れるとたまり場のような公園でしたが

再開発の一環で整備をされて

今では子供達が元気に走り回る明るい公園に生まれ変わりました!

 

 

以前芝生がオープンだった際の様子です

とてもさわやかな感じですね

 

 

そして本日の目的地

公園内にあるカフェ『ラシーヌファームトゥーパーク』です

 

こちらでお腹を満たしたいと思います!

 

休日は屋外バーベキューも開催しており

天気が良ければテラス席が人気になるそうです。

気持ちが良さそうですね!

 

と言いながら小圷は寒いのでお店の中に入ります

 

 

吹き抜けの造りの二階建て

公園よりの窓際席はとても眺めがよさそうです

ホットドッグと生絞りレモネードを注文後

思い切って二階席に上がってみました

 

ランチ前なのでお客さんもまばらです。

予約席もあり大人数にならないように配慮がなされておりますね

 

 

ホットドッグと生絞りレモネード

 

 

 

想像していたよりかなり大きいです

大ソーセージが二本入っています

ガブリと食べると肉汁がジュワーと出てきます

口を大きく開けてさらにガブリつきます

 

チーズと野菜とトマトソースの一体感が素晴らしいです

ボリュームがあるのでお腹も満足

 

生絞りレモネードは

少し酸味はありますがさっぱりしているので

ホットドッグやタコスチップとの相性が良いです

 

 

スタッフさんから

「モーニングからディナーメニューまでテイクアウトも出来ますよ」と

笑顔で説明を受けました。

 

 

 

こちらの席は高層ビル側になりますが

公園側とまた別の雰囲気にてクラシック風

 

 

近年、池袋に立ち寄ることが少なかったのですが

散策をすると今回のように新しいお店の発見もあり

あらためて池袋に興味が湧きました!

 

 

本年も病院・包括支援センターをはじめ

各事業所の皆様方にはご多忙の中

様々なお心遣いを頂き誠にありがとうございました。

来年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

 

いよいよ手袋やマフラーが必要になってきましたね

 

さて今回は約一年ぶりに池袋を訪れました!

いつも喫茶店ネタを提供してくれる友人から

癒しの喫茶店があるとの情報に接し

半信半疑で行ってみることにしました

 

池袋駅西口改札から

東武百貨店側を出てすぐと聞いておりましたが…

 

まさかこのビル?

とキョロキョロしてしまうような

薄暗い古い建物

 

 

色々なテナントが入っておりますが

こちらのビルの地下にお目当ての喫茶店があるようです

 

 

色褪せた看板が古さをより一層感じさせます

 

入るのもちょっと勇気がいりますが

建物の中へ入ってみます

 

途中階段の踊り場にメニューの写真が貼りだされてあり

お客さんを呼び込むための仕掛けがしてありますが…

ほとんどの方がエレベータを利用して降りて行きます…

 

地下二階に着きました

お目当ての『喫茶フラミンゴ』

今年で創業54年

水槽のある老舗の喫茶店です

 

 

スタッフさんより

「お好きな席へどうぞ」とのことなので

迷わず水槽の隣に座らせて頂きました

 

店内は地下とは思えないくらい

広々としており明るく過ごしやすい雰囲気です

100席位あるようです

 

店内の中央に設置された大きな水槽

席と席を仕切るように水槽が三台配置されています

 

開業当初はオーナーが庭園風にこだわり

店内に池を作ってコイが泳いでいたそうです

その後店内を改装したようですが、チェーン店やライバル店が増え始めて

一時お客の足が遠のいた為、集客目的もあり水槽を置くことになったようです

 

水槽の中にはエンゼルフィッシュをメインに

数ミリの小さなお魚がいるとスタッフさんが教えてくれました

スタッフさんいわく毎週の清掃が大変なんだとか…

本当に大変そうです!

 

メニューを見ると

パスタや中華丼や麻婆茄子丼もあります

ショーケースのケーキも惹かれるのですが

初めてみる一風変わった

豚バラネギ味噌グラタンを注文

ランチタイムなのでトーストとドリンク付きなので

飲み物はコーヒーを注文

 

 

普通のグラタンに豚バラ肉とネギ味噌が絡む不思議な食感と味ですが

トーストにのせて食べるとバターの風味とネギ味噌の塩分が相まって

美味しいです!

 

食後のコーヒーを飲みながら水槽を眺めていると

時が経つのを忘れてしまいますね

広い水槽の中で優雅に泳いでいる熱帯魚

 

 

ずっと眺めていても飽きないです

グイグイ泳ぐ姿は感動しますね

 

 

かわいい熱帯魚を眺めながらゆったり過ごせる癒しの喫茶店

別名オアシスと呼ばれているだけのことはありました。

 

紹介してくれた友人に感謝です!

 

みなさんこんにちはルート営業の小圷です

先日、気温が23~25℃位まで上がった際に

経口補水液を飲み干しました

まさかこの季節にお世話になるとは思いませんでした

 

さて今回は地元から自転車にて約20分の

桃井原っぱ公園で行われた

総合震災訓練を見学してきました

 

大規模な地震の発生に備え地域住民の自主防災の能力を充実させ

且つ関係機関と地域が連携し

地域の防災力向上や市民への防災意識を高めることを目的として

ほぼ毎年広場や大きい公園にて行っているそうです

 

 

 

さっそく公園の中へ入って行きますと

すぐに区の職員の方より罹災証明書を渡され

災害が起きてから生活再建支援サービスを受けるまでの一連の流れと

写真の撮り方を解説してくれました

 

 

こちらは災害用簡易トイレ

被災して困るのがトイレですね

とても重要です

 

この公園の中には災害時に使用する

70基に及ぶトイレ用のマンホールがあるそうです

 

 

丁度東京都水道局による

給水の訓練が始まりました

 

 

水色の袋に6リットルもの水が入り

ヒモやフックも付いているので背負えます

いざという時にはこの袋を給水ステーションに持って行くか

給水車が来てくれた際に水を入れて頂きます

どこに給水ステーションがあるのかを普段から確認をしておくと良いそうです

 

 

次に赤十字のブースに伺ってみましたが

コロナの感染拡大防止を講じた上での訓練を実施するため

恒例のカレーライスや五目御飯の炊き出しは中止

非常に残念です

 

 

そのかわり耐熱ポリ袋を利用してハンバーグや出汁巻きタマゴが

出来る災害時調理方法

炊飯袋による非常炊出しのカタログを頂きました

 

 

放水訓練

体験コーナーの中では一番人気

みなさん真剣に行っています

 

 

最後は警察・消防・自衛隊・地元の消防団や学生さんによる

木造住宅密集地域での火災を想定した訓練

 

倒壊建物からの救助・負傷者搬送 応急救護が行われました

 

救助犬による捜索活動

 

東京消防庁レスキュー隊

陸上自衛隊による合同救出活動も同時に行われました

 

 

最後は一斉放水にて鎮火

 

 

震災対策本部長の

『日頃の備えが大切な人を守ります』

『防災行動力を身に付けましょう!』というお言葉にて訓練は終了

消防団・町内会の皆様お疲れ様でした

 

まだまだ見学をしたいブースがたくさんありましたが

次回に持ち越しです

お土産にビスケット等を頂戴しました

ありがとうございました!

 


ページの
先頭へ