有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは

ルート営業の小圷です

 

コインランドリーを利用する回数が

一年でもっとも多い季節になりました

 

さて今回は上野に近い稲荷町界隈を散策してみました

 

東京メトロ銀座線・稲荷町駅にて下車

 

噂ではこの稲荷町駅

東京メトロ銀座線の中で最も乗降者数が一番少ない

駅なんだとか…

 

地上に上がりまず向かったのが「下谷神社」

上野駅方面へ歩くこと約5分

 

ビルとビルの間にそびえ立つ

大鳥居が見えてきました!

 

奈良時代に創建された都内でもっとも古いお稲荷様

産業の守護として商売繁盛・家内安全にご利益のある神様と

して崇められています。

 

寄席の発祥の地としても有名だそうでして

江戸時代最初の寄席が行われた場所でもあります

 

 

明治5年に現在の「下谷神社」と改めるまで

下谷稲荷神社として祀られており

この周辺一帯の地名でもある稲荷町の由来にもなっています

 

 

「下谷神社」をあとにして

小休止をしようと浅草通りを歩いておりましたら

雑居ビルの一角に看板が…

 

 

近づいてみると

中世を思わせる絵画とステンドグラスが飾られた入口

 

 

純喫茶『古城』と書いてあります

 

他にお店もなさそうなので

思い切って階段を降りてみます

 

 

地下は思っていた以上に広いです

開業は1964年(昭和39年)

60年近く続く

レトロな喫茶店

 

 

 

天井にはシャンデリア

その周りにライトが付いていて

大きいソファーもあり

上野界隈では地下の迷宮と呼ばれているそうです

 

たしかに不思議な空間です

 

写真を撮る許可を店員さんにお願いをする際に

色々と伺ったら

 

初代のオーナーさんが

ヨーロッパのお城や教会が

大好きだったようでして

その影響で個性的な

独特の雰囲気になったそうです

 

 

全席喫煙席なので

特にタバコを吸われる方には居心地がよいと思います

 

 

メニューの表紙も独特です

 

 

少し小腹も減っていたので

ホットケーキと珈琲のセットを注文

 

 

小ぶりのホットケーキが二枚

 

マーガリンをとかし

メイプルシロップをかけて

ホイップクリームをのせて

一気に頬張ります

 

 

何かホッとするような味わい!

歩き疲れていたので糖分が体に染みます

 

 

貴族をイメージしたカップなのでしょうか?

コーヒーは

酸味がないまろやかな味

後から少し苦味が広がります

 

 

座り心地がよいのでついつい

長居をしてしまいそうです

 

店名の通り

高級感を感じさせるお店でした

 

ごちそう様でした。

 

 

小圷 寛之
2022.06.10 19:39

久々の浅草

こんにちは

ルート営業の小圷です

今年は例年より早い梅雨入り

少し早歩きをするだけで汗ばんできます

 

 

さて今回は久方ぶりの浅草方面に足を運んでみました

 

梅雨のジメジメを吹き飛ばすくらい威勢の良い恒例行事

浅草三社祭は3年ぶりに規模を縮小して行われたようです

残念ながら各町会が持つ町神輿は出なかったそうです

 

そのかわり、浅草神社にある三基の本社神輿を境内から

担ぎ出す宮出しが行われ

四十四ケ町の各町から選ばれた氏子執行員の皆さんで担がれたようです

 

浅草におります小圷の友人も担ぎ手に選ばれていたら

大変嬉しいのですが…

 

今度、時間があったら担ぎ手に選ばれたのか聞いてみようと思います!

 

三社祭が終わった2週間後

美味しいと評判の洋食屋さんに伺ってみることにしました

 

浅草駅より徒歩5分

浅草六区のブロードウェイ商店街にあります

洋食『リスボン』さんです

 

 

1932年創業の洋食店

浅草で90週年を迎える老舗中の老舗

コックさんの帽子をかぶった

かわいらしい豚さんの看板が目印です

 

まだ早すぎたのか開店前でした

せっかくなので六区界隈を少し散歩してみます

 

浅草演芸ホール前やホッピー通りは人出も多く

活気に溢れています

 

通りの提灯が

三社祭の名残りを感じさせます

 

 

程なくして『リスボン』に戻ってまいりました

 

開店したようです

先客で席がほぼ埋まっておりましたが

なんとか座れました

 

店内は明るく厨房がよく見えます

 

壁に貼られた手書きのメニュー

 

名物がカツレツと書いてあるので

上カツレツを注文

 

そもそもカツレツとはどんなものなのか

調べてみると揚げ焼きと書いてあります

 

因みにとんかつは揚げのみだそうです

 

 

ポタージュとチャップスイという野菜スープが選べます

迷いましたがポタージュにしました

 

 

注文して約5分後

ポタージュが先に出されました

 

 

生クリームとチーズ感のある濃厚ポタージュ

まろやかさの後に塩気を感じます

ライスの上にかけて食べたいくらいです

 

 

続いてロース上カツレツ

ケチャップとからしを付けて

頬張ります

 

衣は軽くて香ばしい

肉汁もしっかり出てます

添えてある千切りのキャベツとパセリ

パセリを食べるのは何年振りでしょうか?

 

 

 

ケチャップとからし

なかなかのマッチングです

サクッと食べてしまいました

 

私には丁度よい量ですが

若い方には少し物足りないかもしれません

 

食後は上野方面に

移動してみようと思います

 

 

雷門通りから見るスカイツリーは猛々しく美しいです

来年こそは各町会のお神輿が街中を巡る

ところを見てみたいと願っております!

 

小圷 寛之
2022.05.17 20:01

「太陽!」

こんにちは

ルート営業の小圷です

 

朝と晩はまだまだ肌寒い日もありますので

皆様も体調など崩さぬようお身体ご自愛下さいませ

 

 

さて今回は

数年前、板橋在住の親友から教わり

一緒に食べに行ったこともあるラーメン屋さんに行ってきました

 

 

JR高円寺駅より徒歩3分

飲食店街の一角にあります

 

らーめん『太陽』さんです

 

伺ったのは夕方

特に並ぶこともなく

すんなりと入店が出来ました

 

お昼頃はいつも並んでいます

 

 

 

すでにカウンター席は満席

二人用のテーブル席に座りました

 

壁に貼られているメニューを見渡します

 

メニューはラーメン・餃子・炒飯と

アルコール・ソフトドリンク

おつまみのみです

 

 

色々食べてみたいのでCセット

(ラーメン・半炒飯)と

ジャンボ餃子2個入りを注文

 

 

店内は煮干しの匂いが漂っております…

さらにお腹が空いてきました

 

 

数分後、先に半炒飯が出てきました

 

見た目はあっさりしておりますが

よく炒めている?炒めすぎている?のか

焼きおにぎりのような硬さが

所々あります

 

 

本命のラーメンです

 

 

具はチャーシュー ナルトにメンマとネギが入っています

まずは一口スープを飲んでみると

煮干し出汁の香りが引き立つ

すっきりとした味わいのラーメンです

 

中細縮れ麺?なのでしょうか

麺が美味しい

喉越しがいいですね

 

シンプルにうまい!と表現をする方がおりますが

まさにその通りだと思います

 

 

ジャンボ餃子も運ばれてきました

 

 

皮が厚めで餡もたっぷり

パンパンです

 

合間をみて二人の店員さんが皮に餡を詰める作業をしております

どのお客さんも餃子を注文するので忙しそうです

 

絶えずお客さんが入店してくるので

余韻にひたることなく会計を済ませて

お店を出ました!

 

 

お店の外には「三河屋製麺」と書かれた

箱が積み重なっていました

 

気になったので調べてみると

東京都久留米市に本社工場があり

全国約1000店を超えるラーメン屋さんに

生中華麺を提供していて

そのお店のスープとの相性に合わせて

「求められる麺」を追求しているそうです

 

先程食べた縮れ麺が美味しかったのは

三河屋製麵さんのお陰だったのですね!

納得しました

 

ごちそう様でした。

こんにちは

ルート営業の小圷です

 

ゴールデンウィーク

いかがお過ごしになりましたでしょうか?

 

小圷は地元近辺から離れて文京区にあります

『根津神社』に行ってきました

 

年に何回かルート中に神社の前を通っていたのですが

実際に参拝したことがなく今回はじめて伺います!

 

 

東京メトロ根津駅より歩く事約5分

大鳥居が見えてきました

 

まだ早い時間帯なのか人もまばらで空いています

 

 

案内表示板には

1900年以上の歴史ある由緒正しい神社

古事記に登場する日本武尊(やまとたけるのみこと)が創建された

と伝わる東京十社の1つでもあり

拝殿が根津神社の起源とされています

 

 

江戸時代に5代将軍の徳川綱吉が

大造営を行った際に作られた拝殿・唐門など

現存している7点が国の重要文化財の指定を受けています

 

 

江戸時代から今日まで災害や戦禍を免れ

全ての社殿が現存しているのは都内では

根津神社だけだそうです

 

 

なんとも凄い強運の神社…

パワーを頂けそうな気がしてきました!

 

早速、楼門~拝殿に向けて進みます

 

 

楼門

都内では最古の楼門

手前の池に架かる橋は神橋と呼ばれ

江戸城より真北を守る結界の役目があったそうです

 

 

 

 

手舎水

この水盤は300年ほど前に神奈川県真鶴にて採れる

本小松石の一枚岩から切り出して造られた

非常に希少性の高い石との事です

 

 

 

唐門~拝殿

拝殿を囲むように造られた唐門

その奥に拝殿があります

 

 

江戸時代の神社建築としては最大規模を誇ります

本殿と拝殿が一体化している権現造建築が大きな特徴

邪気払いや厄除けのご利益があります

 

参拝を終えて次は…

 

拝殿から少し離れた小高い所にあります「乙女稲荷神社」に

向かいたいと思います

 

「乙女稲荷神社」につながる「千本鳥居」をくぐります

整然と並んでいる鳥居が美しいですね

 

因みに「乙女稲荷神社」は

倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

古くから女神とされていて

霊感が際立っていると崇敬者が多く

縁結びの神様として慕われています

 

 

これも何かのご縁と思い

小圷も一礼して参りました!

 

 

根津神社の近隣にはその昔、文豪が住んでおり

「乙女稲荷神社」が夏目漱石や森鴎外の作品にも

登場しているそうです

 

 

お昼に近くになると天気もよくなり

人出も増えてきました

みなさんつつじを見に来られたのでしょうか?

 

神社内につつじ苑があり

約100種3000株のつつじが毎年4月末まで見られます

 

 

綺麗ですね

販売もしております

 

夏には例大祭

秋には下町祭りもあるとの事です

 

 

 

この一帯は谷中、根津、千駄木の頭文字を

取って「谷根千」と呼ばれており

下町情緒が残っている観光スポットです

 

今回は根津界隈を歩いたので次回は谷中や千駄木を

散策したいと思います。

 

こんにちは

ルート営業の小圷です

 

花粉症も治まりホッとしております

今年も随分と目薬に助けられました

 

 

さて今回は中野区内にあります

『紅葉山公園』に行ってきました

 

中野駅より線路沿いに歩くこと約8分

マンションが立ち並ぶ横道を抜けると

 

大きな石が出迎えてくれます

 

 

こちらの紅葉山公園は

東京の百年記念事業の一環として作られた公園とのことで

私有地であった大正時代にもみじの木が多く植えられたことから

そのまま公園名として採用されたそうです

戦後、中野区が敷地を取得し公民館や図書館が

建てられました

 

 

 

さっそく公園内の散歩を開始します

少し小高い丘のような作りになっていますが

そんなに大きな公園ではないので

ゆっくり歩いても10分位で回れます

 

 

 

 

石階段を上ると森の木々が強い日差しを

遮ってくれて助かります

夜は西新宿の高層ビル群の夜景が綺麗に見えるそうです

 

 

 

これは、像さん?をイメージして作られたトイレのようです

可愛らしいデザインです

 

 

さらに散策をすると

公園内にSL機関車が…

 

 

案内板を読んでみますと

C-11形蒸気機関車368号機

 

昭和21年に制作されて延べ113万キロを走破

昭和47年7月まで

国鉄石巻線で活躍をされていたそうです

 

内部の見学は出来ませんが

下から眺めると迫力がありますね

 

 

暑い中、一通り公園を回りましたので

公園に隣接する白い建物

『なかのZERO』内にあります

「カフェぐり~ん」さんにて休憩にしようと思います

 

 

『なかのZERO』は大小のホールやプラネタリウムからなる

建物にて多くのイベントが開催されます

この日も暑い中、ホールを囲むように50人位の方々が

並んでいました

 

「カフェぐり~ん」に到着

先に注文と支払いを済ませてから

席に着くシステムのようです

 

暑いときはやっぱりアイスコーヒーですね

ピザトーストも注文

 

ホールの片隅にある

喫茶コーナー的なお店です

回転が良いので混雑をしていても

すぐに座れます

 

 

隣が中央図書館になっているので奥行きも広く

本棚が綺麗に見えます

 

 

 

図書館の本棚を眺めながらアイスコーヒーを飲んだり

ピザトーストを頬張るのは

なんとも不思議な光景です

 

 

紅葉山公園という名前の通り

紅葉シーズンが一番の見どころのようです

次回は秋口に訪れてみようと思います!

 


ページの
先頭へ