有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

だいぶ感染者数も減ってきて、色々なところで規制の緩和がされているこの時期
お墓参りと友人に会うことを目的に、京都へ行ってまいりました!

等持院というお寺さんに曾祖父母や高祖父母のお墓があり、お参りした後にお寺も参拝しました。
足利将軍家歴代の菩提所だそうで尊氏の墓である宝筐印塔があります。お庭が綺麗です(金閣寺方面に行きお時間あれば立ち寄られるのも良いかも

もう一つの目的である友人にも会い、友人宅から自転車で東側を巡ることに

劇場版「きのう何食べた?」の京都旅行シーンで訪れた『日の出うどん』
元々人気店で並んでいるお店だったところに、映画ファンの方も来られて行列が絶えないようです(月曜日の開店10分前で既に16人
開店と同時に案内が始まり、いざ入店。で、前の人で1回転目の満席。。。20分位待ち入店!
カレーの風味とお出汁にもっちりうどん美味しかった!!(説明が長くなりそうなので、これだけにします

ホントにおいしかった!

食後の散策に永観堂

入口を見るだけでいいかな~って思ってたら、隙間から見える紅葉に引き留められ拝観。
拝観してヨカッタ!!(ひと言

なんだかんだで4時頃になり、自転車を置いていた平安神宮から友人と別行動をとることに。
御所を経由して下鴨神社を通って帰ろうとしていたのに。。。
地図を見ないで勘だけで行こうとするから、西に進むところを東に行ってしまい時間のロス(夕方の20分は大きい
やっぱり目的地周辺に着いたら、薄暗くなってしまったので御所を諦めて下鴨神社へ行ったのに、暗かったのでこちらも途中までで諦め、出町柳の商店街でお土産を散策(平日の夕方なのに有名なふたばは行列…こちらも諦め

お天気にも恵まれ、少し早い紅葉や普段見ることがない風景に風情を感じ、心の浄化、美味しい、楽しい、嬉しい…と、ポジティブでハッピーな時間を過ごすことができました。

次はいつかなー

日ごろ、頭しか見ることができない富士山の全景も見られました!

んー、

いいお天気

アンジェパティオ/Angepatio
渋谷区南平台町12-11
パスタランチ 1,100円

見た目、雰囲気が会社員のランチというより、マダム達がゆったりランチに利用しそうなお店

以前、夜に自転車で前を通った時にこんなところにお店があるんだな~って発見してから、気になっていました。
ランチ営業をしているかどんな感じなのかと覗きに来たら、入れそうな雰囲気でしたので

ギャルソンが案内してくれます。
なんか、見た目だけでなく店内も豪華な雰囲気~

でもいただくのはパスタランチなのでお手頃

サラダの彩りも綺麗。黄色のにんじん、紅芯大根、ラディッシュ、赤いトマト、緑色のトマト…
季節柄ですね、パンプキンのテリーヌもありました(見た目は何??って感じでした

パスタはトマト味とオイルベースの2種類から選べました。
で、写真は「小柱とかき菜のグリーンソース」です。
グリーンソースだからジェノベーゼを思い浮かべていたら
青唐辛子とアンチョビのペペロンチーノ風なものでした(少し辛い
薄味好みのため、ちょっと塩味が濃いように感じましたが一般的
んーー!!ってまでではないですが、美味しかったです(写真が下手で美味しいように見えない…

以前に行っていたスパイラル(ランチ事情@東京相談室 その➀Legato / その②スパイラル)は営業自粛が解けてからランチ営業をしていないので、パスタを食べたい時に行きたいお店がない状態が続いていました。
席と席の空間にも余裕があるし、ちょっとゆったりとしてパスタを食べたいときには、また行ってみようと思います。

調べてみたら、レストランウェディングができる場所。雰囲気に納得です~~

時間にも余裕のある方は、フルコースランチをどうぞ!!

ハッピーハロウィン!(お店のディスプレイ

今は少し落ち着いていますが、まだまだ我慢の日々が続いています。
今年の夏休みにはせめて京都に行こうかと考えていたのですが、秋になった今でも遠出となるとまだ気が引けるのでやめることにしました。
気兼ねなく旅行に行かれるように戻っても混雑やら何やらで気軽に行かれるのはさらに後になりますね。
最後に行った地ではないですが、皆さまも旅行気分をどうぞ!(自分への癒しと、撮りっぱなしの写真整理も兼ねてます

アンテロープキャニオン(アメリカ・アリゾナ州)

ロサンゼルスからペイジまで飛行機で行き、レンタカーで(運転免許が無いので、ひたすら助手席

ネイティブアメリカンのなかで最大規模であるナバホ族の住居自治区域内にあり
基本的に、ナバホ族による案内や許可証がなければ観光できない場所
キャニオンの上流に降る雨がもたらす鉄砲水と風が、砂漠地帯の固まって出来た砂岩を長い年月をかけて狭く深く削り出すことでつくられた洞窟のような渓谷。
アッパー(upper)、ロウアー(lower) 旅行客が訪れる一般的なのはアッパー
(以前は2つでしたが今は3つ目のアンテロープキャニオンXがオープン)

アッパー(upper)
夏場に太陽が真上にきた数時間しか見られない「光線のように見えるハイビーム」という現象は旅行客に人気
恋人とみると幸せになれるというハート形のハイビーム(友人と見てガイドさんに写真を撮ってもらいました…

ロウアー(lower)
観光用のはしごを伝って地下深くに潜っていきます
こちらの方が観光客は少ないのでゆっくりと味わうことができます
ただ、とても狭い足場の悪い場所を歩いて通る所もあるので一般的ではないのかもしれないです

渓谷と西部アメリカの強烈な日差しが作り出す陰影のコントラスト!
地層がオレンジや赤、ピンク色に染まる風景!
表情を変えるアンテロープキャニオンは、写真を撮るのが下手なうえに無加工でもこの位キレイなので、Webで検索するとかなり素敵な写真がたくさんあります。

また過去の旅行写真をポストしてしまいそうです…

10年ほど前の勤務地近くにあったお店の汁なし担々麵が、今まで食べた中で一番美味しいと思っています。
家から少し遠かった勤務地を離れてもその味は恋しく、でも足を運ぶことなく行動範囲の近場で同じようなお店を探そうと、これまでランチタイムに色々なお店で試してきましたが、まだBingoできていません。。。
2年前に時間ができたので、ずっと恋しかったそのお店に行ったら無くなっていて……
本当にショックで、本当にショックで(2回言うほどショックだったのです。汁なしもスープありも美味しかった
花椒がきいていているだけではなくスパイスも感じられて濃すぎないごまの風味がもう味わえない!
ひと言→ 後悔です。

まだ追い求めているところですが、界隈での途中経過をご紹介します。
汁なしとスープタイプの両方あります

➀麺屋 池湖
渋谷区道玄坂2-22-6 CREA道玄坂 4F
白ゴマ担々麺 850

さらっとしているけれどクリーミーさもあり、辛すぎないスープ
青菜、シャキシャキなもやしに、そぼろ、癖が無くシンプルで細い麺タイプ。いわゆる担々麺
エレベータを開けるとすぐ客席なのでビックリしちゃいます

➁BISTROT PELMENI(ビストロ ペリメニ)
渋谷区円山町10-14 スタジオDEn 1F
汁なし担々麵 1,000

店名の通り洋食のお店なのに、何故か汁なし担々麵だけ異質
ゴマよりピーナッツがきいているモッタリとしたクリーミーさで、『コンフィ○○ソース掛け』みたいな感じのタレ
八角のスパイスがほんのりのそぼろに、ゆで卵加減やチャーシューにも所々にお料理を感じられます

➂うさぎ
渋谷区神泉町8-13 アーガス霜田ビル 1F
担々麵 980

花椒のしびれる感じもありつつラー油の辛さもありつつツルツルな麺で、サラサラすぎず濃厚すぎず
0~4まで辛さに段階があります
辛いのが好きな方ですが、基本の辛さ『1』でちょうどおいしくいただけました

食べログに『TOP5000』のマークがついています

④春水堂(チュンスイタン) 渋谷マークシティ店
渋谷区道玄坂1-12-3 渋谷マークシティ 4F
麻辣香草担々麵 1,350(ドリンクとセット)

香草がのった細麺で、胡麻やナッツは遠い彼方に感じられるサラッサラッでスパイスなスープ
求めているのとは違う初めてのタイプ
タピオカドリンクもセットになっていてお得

➄麺KAWAKEI
渋谷区円山町18-2 林ビル 1F
冷やしKAWAKEI流タンタン麺 950

お蕎麦屋さんで夜は居酒屋さんになるお店。
担々麺というより、ゴマダレに少し辛い所があると言う感じ。辛さの調節用のコショウが良いです完全有機栽培のカンボジアのコショウ(世界一と言われる味と風味だそうです。知らなかった!

説明に書かれている通りにミントのようなさわやかな香り。家のGABANとは違います!!他の2種類にも興味津々

本場四川式は茹でた麺の上にラー油、花椒、芝麻醤などをベースとした調味料を添え、具は豚肉のそぼろや刻みネギ等を乗せたもの。
日本人の口には痺れる辛さが合わず、四川料理の父である陳建民氏が祖国の味わいを日本に広めたいと、ゴマを入れてクリーミーに仕上げ汁を入れ辛さを抑えた調理法が一般に知られている担々麺。
味のベースがラー油や胡麻であることは変りはないけれど、日本の場合は辛さを抑えるケースが多いそうです。

食べたくなりました??

どちらかというと夜型タイプで、朝はあまり得意ではありません。
そんな朝に、ボーっとした頭で朝食をとりながら新聞の人生相談を読むことが日課でもあり趣味でもあります。
(読売新聞では人生案内として毎日掲載されているのです)

相談は、人間関係、相続、恋愛、風習、家族、、、と色々で
話を聞いて欲しい、気の持ちようを知りたい、悩みの打ち明け、解決方法の提案依頼、アドバイスが欲しい、背中を押す一言がほしいものと様々

こんなこと相談するんだー
確かにこんなだったら悩むなー
こんな人いるんだー、近くにいなくてよかった。
これってここに相談することじゃないんじゃない?
こんなこと思ってるなんて最悪!!
なんて優しい…
これは困るー
ホントに?思い込みじゃない?
不倫はダメでしょ
わかる!これ
どうしてあげるのが良いんだろう
この年齢でもこんなことあるんだー

と、いうようにボーっとした頭で考えながら読み進め、なんとなく自分での回答を想像しながらいよいよ回答欄に移ります。

落ち着かせようとしていたり、同情していたり、初っ端からはねつけていたり、提案だったり、視点を変えた考え方の提示だったり、冷静に分析していたり

おー、こう来ますか!
やっぱりね!
こんな返しする?
これしかないわ
やっぱり行政
やっぱりボランティア
なるほど!

機転の利いた回答は私には到底できませんが、正しい解答の無いクイズっぽい感覚で楽しみながら、色んな考え方/回答の仕方を見ています(実践できるかは別で

むかし、話し方のクラスを受けた時に、一度相手を認めてから反論をすると、受ける側の印象が変わると聞きました。
『それ違うと思う!』って開口一番言われるのと、『わかる!だけどこうじゃない?』と言われるのでは受け入れようとする気持ちが変わります。
回答をみていると圧倒的に後者の入り方をされています。

オリンピック/パラリンピックで忙しかったのか、ここ最近は回答者に元マラソン選手の増田明美さんの登場がないのですが、褒める&褒める&実例や本からの引用を加えたちょっとした提案をしていて、厳しく言うようなことなく相談した人を救われた気持ちにするのも見ていて心地良いです。(たまに叱って欲しいのかなと思うような相談もありますが

今は外れてしまったのですが、哲学者の先生が回答者の時期があり、その先生の視点を変えた回答に拍手したくなる位に凄かった日があったのに、どう凄かったのか何も覚えていない…残念(本当に見事な回答だったのに。。

では、読売新聞からの引用をどうぞ!
どんな風に受け取り、なんて答えるのが良さそうか、試してみてください!


ページの
先頭へ