有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

農業体験でお世話になっている「みさき耕舎」(山梨県富士川町平林)で蕎麦打ち体験をしてきました。

自分で打った蕎麦はさぞ旨いんだろうな~…と期待を胸に、人生初体験の蕎麦打ちに挑みます!

 

小雨模様のみさき耕舎。

しっとりとした雨露に緑の芝が一層キレイに見えますね。

「おざ―――っす!!」と、勢いよく玄関を開けると…

 

「さっさと手袋はめんか―――い!!」

みさき耕舎のおばちゃんがお出迎え…、というか待ち構えていました!

 

そば粉をふるいにかけ、こね鉢の中に。

水を150㏄ぐらい加えて指先で素早く混ぜていきます。

水分量は気温や湿度、粉の乾燥具合によって微調整するらしく、ここで蕎麦職人の経験値の差がでるそうです。

 

こんな感じになってきます。

これから更に練りこんでいくのですが、練りこむほどに腰が強くなり口当たりも滑らかになるそうです。

350回ぐらいを目安に練りこむとらしいです。

こねくり回したら丸い球に整形。

 

左)「なかなかいい球してるぜ~」

右)「こんなふ抜けた球はこうしてやる! デリャ―――ッ!!」

と、蕎麦打ちの婆さんとも格闘しつつ、次の工程へ。

 

のし板にパッパッと打ち粉をひいて蕎麦玉をセット。

手の甲で押しながらくるくる回して広げていきます。

 

蕎麦打ってる感じがしてきました。

麺棒に蕎麦を巻きつけて均一に伸ばしていきます。

 

均等に伸ばした後は蕎麦を折りたたみまな板にセットします。

蕎麦切り包丁とこま板を駆使して最後の仕上げです。

まずは蕎麦打ち婆さんの手本を拝見。

「どんなもんじゃ―――いっ!!」と蕎麦切り包丁がリズムよくまな板を叩きます。

 

齋藤もリズムは良いのですが、フィットチーネみたいな蕎麦やそうめんみたいな蕎麦など、麺の太さが安定しないで四苦八苦。

ここまでの工程で約60分でした。

 

どど―――ん!齋藤が魂込めて打った蕎麦がコチラ。

極太麺も交じっており、いかにも素人が打った蕎麦という感じがしますね。

ずず―――ッ!と蕎麦をすすり、風味とのど越しを確認。

「モグモグ…。ん~、やっぱり金払って食べる蕎麦の方が美味しいね」

 

普段は何気なくいただいていた蕎麦ですが、今回の体験を通じて、今後はより一層美味しく感じる事でしょう。

 

お口直しで「トマトカレー」を食べて帰りました。

「トマトの酸味がカレーに溶け込んでいて旨いね~。やっぱりカレーでしょ!」

ちなみに、齋藤はカレーを食べると肛門から土石流が襲ってくる体質でした…。

温泉大好き、齋藤です。60(山梨県南巨摩郡早川町:西山温泉) の続編。

 

なかなか来れない山奥まできたのでもう一湯…、ということで南アルプスの秘境と言われている「奈良田温泉」を目指します。

過去にも奈良田温泉を訪れたことがあり、その時は町営温泉「奈良田の里温泉」を利用。とにかくヌルヌルした肌触りに驚愕した記憶があります。

2018.11.29 温泉大好き、齋藤です。54

 

空腹で温泉に入ると身体に負担がかかってしまうので、まずは腹ごしらえを…

早川町の郷土料理:冷や汁そば

暑い夏で食欲減退しているときに、冷たい味噌汁を麦飯にかけて食べる「冷や汁」という食文化があるそうです。麦飯を蕎麦に変えたものが「冷や汁そば」。

大葉とミョウガがたっぷり入っており、夏にぴったりの清涼感ある逸品でした。

 

「日本秘湯を守る会」の会員である「白根館」

 

七不思議の湯として名を馳せており、温泉マニアから一目置かれた温泉宿でした。

しかしどういう理由かわかりませんが、つい最近から温泉宿を廃業して日帰り温泉施設に移行したそうです。

 

温泉宿の面影が残るフロント。

 

時間帯によって男女入替制。

 

露天風呂はこんな感じです。山間の木々に囲まれた温泉に漬かっていると、体内の細胞が活性化されて体内から若返っているような時間がします。

温泉は化粧水に漬かっているような肌触りで、ヌルヌルというかヌメヌメというか…、あまり類を見ない独特な肌触りで気持ち良いです。

女性ウケ間違いなしの温泉なので、お肌が荒れ気味の女性はぜひこの湯宿へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。余計なお世話だと思いますが…。

 

これは内湯。ヌルヌルの泉質が特長的ですが、それ以外にも特徴があります。

天候や気候により湯の色が変化するそうです。1.透明 2.グリーン 3.白濁 とその日のコンディションにより湯の色が変化するそうです。

ちなみに、齋藤が訪問した時は透明なお湯で滞在時間中に色の変化はなかったです。残念…。

 

■ 奈良田温泉 白根館(山梨県南巨摩郡早川町)

【泉質】含硫黄―ナトリウム―塩化物泉

【源泉温度】47.8℃ 【湧出量】約70ℓ/分

 

靴箱の木のカギ板を注目。縦から読んでみると…

ひ・と・う・を・ま・も・る(秘湯を守る)

 

体の芯からジックリと温まったので、クールダウンも兼ねて森林浴をすることに。

近くにあった野鳥公園。

 

いかにも野鳥が飛来しそうな野趣あふれる池…。観察スポットで息をひそめ、気持ちを森と一体化して野鳥を待つこと数分…。

スイスイーーーっと目の前をトンボが飛ぶぐらい…。暑くてイライラしてきて退散しました!

 

イライラしたら腹が減ったぜ~…

ということで、今度は王道のざる蕎麦をいただきました。

田舎蕎麦と書いてあったので極太のモサモサさした蕎麦を覚悟していましたが、細麺でのど越しも香りも良い齋藤好みのお蕎麦。

見るからに美味しそうでしょう!

 

田舎の蕎麦屋も感染症対策に必死です。

「お召し上がりの直前までマスク着用」「食事中はマスクをビニール袋に入れて下さい」とのこと。

 

人里離れた温泉巡りをしてきましたが、商業施設(旅館、飲食店など)は売上のために県外の人を受けれてくれますが、地域住民からすれば県外の人が田舎町に来ることを快く思ってはいないでしょうね。

「都心部の人は全員新型コロナにかかっているのでは?」と真剣に心配されている方が予想以上に多いことも実感しました。

そんな方々の気持ちに理解と共感をして、地元住民と極力接触しないようにコソコソと申し訳なく訪問させていただきました。

 

常に人の目を気にしてマスクを着用している今日この頃…。

何のために、誰のために、マスクを着用する本質すら麻痺してきたように感じます。

ワクチンが開発されマスクから解放されたとしても、新型コロナ以前の世の中に戻れないと思っているのは私だけでしょうか…。

ギネスブック認定とか、★いくつとか、他人がつけた評価などはどうでも良く、まずは自分で確かめてから齋藤ログで評価する男 齋藤弘毅です。

 

「千年以上一度も枯れることのない源泉としてギネスブックに認定された世界最古の温泉宿」

こんなキャッチフレーズに即反応してしまう齋藤は、言っていることとやっていることは真逆です。

このギャップに魅力を感じてくれる齋藤ファンは後を絶ちません…。

 

深山幽谷のちょい手前の雰囲気がある山奥。

山梨県早川町という「日本一の人口の少ない町」という触れ込みにある温泉旅館 慶雲館へ行ってまいりました。

 

「この辺、以前に来たことあるような気がするぜ~…」

と、周囲を見渡してみると、木々に覆われた老朽化した不気味な建物が…

 

「ムム―――ッ! あの不気味な建物は過去に入湯した蓬莱館では!?」

温泉大好き、齋藤です。53(山梨県南巨摩郡:西山温泉)

(過去の温泉ブログを読み返してみると、今回の齋藤の行動は情けない…、の一言です)

 

温泉旅館の玄関にウェルカムドリンクが飲み放題。

ホットな源泉をグビグビ飲み干します!

かすかな硫黄臭と適度な塩気。「プハ―ッ! 温泉卵の味がするぜ~」

 

チェックインの説明は適当に聞き流し、一目散に自慢の露天風呂を目指します!

 

「ム~…、さすがギネス認定の温泉旅館。万人受けしそうな無難な露天風呂を作りやがって~…」

 

源泉かけ流しでも湯船の脇から垂れ流すとは…。

ワザとそうしているのか、メンテナンス不足でそうなっているのかは確認しようがなく…。

これはこれで風情があって良かったです。

 

古代檜を贅沢にあしらった大浴場。

 

湯中カメラを湯入(投入)。温泉は透明ですが、かすかに感じる硫黄臭が心地よかったです。

不思議なもので、道を挟んだ向かい側にある「蓬莱館」では金色の湯の華が舞っていましたが、こちらの温泉宿には全く湯の華は見当たらず…。

 

ところどころにテラスがあり「湯上り処」として開放されていました。

火照った体に山肌から吹き降ろす清々しい風。最高だな~、と開放感に浸っていると攻撃的な羽音が齋藤の耳元を通過します!

アブの大群が襲来!一目散に館内に退散しました。

 

コチラは一階にある露天風呂。

 

コチラは一階部分の湯上り処。

コチラでもアブに襲われます!

 

こちらは普通の大浴場。ガラスのバリケードに守られて安全に入浴。

湯量豊富な温泉旅館なので、全ての風呂が源泉かけ流しで大満足でした。

 

湯上り処で涼んでいるとアブに攻撃されるので、旅館をでて散歩することに。

 

旅館裏手に風情あるつり橋を発見。

人がギリギリすれ違える程度の幅で、かなり揺れてスリリング。

 

「ムム―――ッ!! 床板が腐って穴があいているじゃねーか!」

「ムム―――ッ!! どデカイ獣うんこが齋藤の行く手をはばんでるじゃねーか!」

危険を察知したので、途中で引き返してきました…。

 

久々にゆっくりと温泉に身を任せ…、と書きたいところでしたが、露天風呂では常にアブの脅威にさらされながらの入浴。

しかし泉質はとても良く齋藤の身体との相性もバッチリだったので、内湯の大浴場を中心に堪能させていただきました。

■ 西山温泉 慶運館( 山梨県南巨摩郡早川町 )

【泉質】ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉

【源泉温度】52℃ 【湧出量】1,600ℓ/分(ドラム缶8本分)

【補足】湯量がハンパないので各部屋の風呂や給湯、カランのシャワーなども全て源泉が使われています。最高です。

西伊豆の断崖絶壁に共同浴場がある…、との情報をキャッチしたので早速行ってみました。

目指すは「沢田公園」というローカルな場所。新型コロナを警戒しつつ、人が集まりづらい場所を狙って行動してきました。

駐車場に車をとめて海の方を眺めると…

 

確かに断崖絶壁の上に小さな小屋が…。

「はは~ん…、あそこが風呂だな!」

 

駐車場の片隅で入浴料と駐車料金 合わせて700円をお支払い。

 

伊豆半島ユネスコ世界ジオパークに指定されており、このむき出しになった地層が「沢田公園」のウリらしいです。

齋藤には地層のロマンが理解できませんが、地層マニアが一心不乱にドアップの写真を撮っていました…。

 

全体的にはこんな感じの風景。

 

温泉小屋の脱衣所はこんな感じ。激狭いです!

 

温泉分析表を発見!

温泉ソムリエ齋藤の厳しいチェックが入ります。

「フムフム…、なるほどね」と温泉効能を解読して、振り向いてみると…

 

「ムム―――ッ!!」駿河湾を望む絶景露天風呂でした。

が、激狭でこのありさま…。齋藤の入浴スペースが見当たりません。

しょうがないので柵の前のスペースで日光浴をしながら眼下に広がる景色を楽しみました。

 

堂が島の三四郎岩が一望できます。

高い場所が苦手の齋藤は、高所にいるとキャン玉がキュッとしてしまう変な癖が…。

齋藤につられて先客も景色を見るために風呂を上がったその隙に、狭い浴槽に滑り込むと…!

 

「ぬぉ~…、絶景が地獄絵図に変わっちまったぜ~…」

どうあがいてもオッサンのケツが齋藤の視界にチャチャを入れてきます!

「オーシャンビュー」ではなく「尻ビュー」の露天風呂で、自律神経が整うどころか取り乱されてしまいました…。

 

沢田公園露天風呂 (静岡県賀茂郡西伊豆町)

【湧出量】?ℓ/分 【源泉温度】52.4℃

【泉質】カルシウム・ナトリウム―硫酸塩温泉

【入浴料】600円

感染症対策をしつつ、久々に静岡県の伊豆半島へ行ってまいりました。

新型コロナ禍で疲れた身体と精神を温泉で療養することが目的ですが、美味しいご当地グルメをいただき栄養補給をして、睡眠をしっかり取って「基礎体力向上」も兼ねております。

 

ローカルな場所を攻めた結果、西伊豆の仁科漁港へ行きつきました。

仁科漁港といえばイカが有名ですが、その漁法が少々変わっています。一般的なイカ漁は夜間に出航して舟の明かりに集まってくるイカを釣りあげますが、こちらでは日の出とともに出航して疑似餌がついた糸をたらす「昼獲り漁法」だそうです。

昼獲りをすることにより、夜間流通して翌朝には新鮮なイカを市場に提供できるそうです。

駿河湾のイカ漁の最盛期は6月~9月ということで、イカを食べるには今が一番イカした時期になります。

 

漁港内にある食堂にお目当てのご当地グルメがあります。

ド派手な大漁旗には駿河湾の向こう側に富士山が描かれてます。

 

店内の壁はどこもこんな感じです…。

 

ドド―――ンッ! いか様丼ときびなごのフライです。

 

茶色いイカは「漬けイカ」で白いイカは「刺身用のイカ」で、二つ合わせて「いか様丼」。ふざけてんじゃねーよ…、まるでイカさまに会った気分です。

卵黄は茶色いイカと混ぜて、白いイカは醤油をたらしていただきます。

パクリとひと口…。「ム~…、マーベラス!」

イカ特有のねっとりとした食感と鮮度の良さが伝わる適度な歯ごたえ。「こいつは確かにイカしてるぜ~…」

 

きびなごのフライも絶品。どちらかというとこっちのほうが好きかも…。

きびなごのフライを注文している客は見当たらず、そのおかげで油が汚れていなかったので素揚げみたいに綺麗なフライをいただくことができました。

瞬時に他の客が何を注文しているかリサーチして、厨房の油のコンディションまで見抜いてしまう…。「今日の俺はイカしているぜ~」

いか様丼は適当に食べてきびなごのフライばかり食べていました。

過去に西伊豆で「きびなご寿し」をいただきましたが、このあたりはきびなごの漁獲量が多いのでしょうか?

2016.5.1 ご当地グルメ大好き、齋藤です。3(きびなご寿し)

 

他にパンチの効いたイカ料理はないのかな~…、と漁港をプラプラ歩いていると。

 

ドド―――ン! 海賊イカ焼きそば!

ふざけやがって…、またまたイカさまにあったような気分に。

インパクトある焼きそばなので少し期待感を持ちつつパクリと一口…。「お値段イカ(以下)だぜ~…」


ページの
先頭へ