有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

老人ホーム業界の棚田ファンの皆様、美味しいお米を食べてますか?

 

昨年の米作りが感動的だったので、今年もエントリーさせていただきました。

昨年の棚田ブログはコチラ→ 棚田大好き、齋藤です。8

 

5月の下旬に大好きな山梨県富士川町平林地区へ凱旋。

晴天に恵まれ絶好の田植え日和、意気揚々と棚田へ向かいます。

 

 

「ム~…、ビューティフル棚田!」

既に田植えが終わっている棚田もあり、若々しい苗の緑が棚田の景観を一層引き立てています。

 

 

今年の田植え部隊の後ろ姿です。

身体に締まりのない後ろ姿を眺めていると、なぜか不安な気持ちになります…。

 

「人選間違えたかな~」と少々後悔しながら後ろを歩いていると、自然の中で聞きなれない音が…

「コツコツコツコツ…」

不気味な音が齋藤の田植え部隊にくっ付いてきます!

もしや…!?と思い、恐る恐る田植え部隊の足元を見てみると…

 

 

「ムム―――ッ!! 田植えに革靴できているボンクラがいるじゃないですか!!」

革靴履かせたまま、田んぼに生き埋めにしてやろうかと思いました。

 

 

みさき耕舎から徒歩で約10分、今年の棚田はコチラになります。

昨年の約2倍の広さで約500㎡。

 

 

昨年は田植えをなめていたので、とてつもない作業時間を要しました。

よって、今年は「田植え機」を導入!

 

 

田んぼ指導員から田植え機のレクチャーを受けている齋藤。

齋藤の熱意に田んぼ指導員のオッサンもタジタジです!

 

大事なレクチャーを受けているのに田植え部隊の兵隊が見当たらねーな、と思い横を見ると…

 

 

馬鹿どもが田んぼで「T」を探していました。

田植え機でひき殺してやろうかと思いました…。

 

 

まずは田植え指導員が手本を見せてくれます。

苗を田植え機にセットして…

 

 

「ドドドドド――――――ッ!」とアクセル全開。

オッサンが「どんなもんじゃ―――いッ!!」と雄たけびを上げていました。

 

 

続いて齋藤もアクセル全開!…とまではいかず半クラッチ程度で恐る恐る田植え機を動かします。

危なかしいので指導員がピッタリ寄り添ってサポート。

 

 

この折り返しが一番難しかった。

田植え機がドンドン進んでいくので、スムーズに反転させないと畦道に乗り上げてしまいます。

 

何回も折り返しをしているうちに、田植えが終わるころにはスムーズにできるようになりました。

 

 

田植え機では届かない細かな場所はやはり手作業です。

 

 

柴﨑相談員にも田植え機を体験させてもらいました。

何事も経験ですからね。

 

柴﨑相談員がアクセルを握ると、周囲が大声で叫び始めました!

 

 

「曲がってる!曲がってる!!」

仕事もふざけていますが田植えでもふざけているので…

 

 

齋藤が速攻駆け寄り、厳しく指導します!

「オイ! 田んぼの中で T 探してるんじゃねーだろーな?仕事は曲がっているかもしれないけど、田植えぐらいは真っすぐやろうぜ」

 

 

田んぼの中が一気に職場の雰囲気になってしまい、我関せず…と急に真面目に田植えをする部隊。

いつの時でも「空気を読む力」は大切です。

 

 

山口相談員も田植え機にチャレンジ。

写真を見ての通り、田植え機に振り回されていました…。

 

田んぼの中を裸足で歩き回り、田植え機を動かす体験を共有できたことが大きな財産になりました。

仕事中ではあまり見せない皆のリラックスした表情を見ることができたのも嬉しかったです。

 

 

田植え機を使うとこんなにキレイに簡単にできるんだな~、と感心しきりでした。

昨年の手植えの辛さを実体験しているからこそ、機械のありがたみを痛感できるものです。

 

昨年は約250㎡を手植えで約6時間。

今年は約500㎡を田植え機と手植えで約1時間半。

随分とラクをしてしまいました…。

 

 

いつの間にか看板を立ててくれていました。

看板を見ながらニヤニヤしてしまう気持ち、わかりますか?

 

手伝ってくれた兵隊もいるので「齋藤弘毅」と「その部隊」の田んぼと追記しておこうかな。

 

 

齋藤にとっては、これ以上ない助っ人!

自宅にも欲しくなってしまいました。これで中華街を練り歩いたら目立つだろうな~。

 

 

畑仕事を終え、当日は甲府で一泊。

立ち寄った居酒屋でパンチの効いた逸品を発見。

ペペロンチーノほうとう

 

パクリとひと口!

「イタリア人が食べたら怒ると思いますよ…」

 

次回は7月上旬に雑草むしりです。

 

過去に我々が体験したことのない10連休、いかがお過ごしでしたか。

感想は二極化されており、

1.あっという間に終わってしまい物足りなかった

2.休みが長すぎて早く働きたかった 

のどちらかの回答が多かったですが、下記のような昭和堅気のサラリーマンもチラホラいらっしゃいました。

3.連休中も関係なく働いていました 

 

齋藤は10連休のうち1/3はお休みをいただくことができ、その間の出来事をご報告致します。

 

毎年とはいきませんが、GW中に良く訪れる場所があります。

山梨県北杜市にある「道の駅 南きよさと」です。

過去にもブログで報告したことがありますが、この時期にしかお目にかかれない「鯉のぼり」がお目当てです。

過去のブログはコチラ → カブトムシ大好き、齋藤です。

 

中央道の須玉ICを下りて、八ヶ岳を目指す感じで山間の道を走り抜けていくと…

 

見えてきました! 谷間を吹き抜ける風に群がる鯉の集団。

駐車場に車を停め、もっと至近距離で鯉の雄姿を眺めようと歩き始めると空模様が怪しくなってきました。

 

 

齋藤の日頃のおこないが悪いのか…。急転直下で天気が激変!

灰色の空にはためく鯉のぼり…。全く絵にならないですね。

この日は都心部でヒョウが降ったらしく、山間部の天候も不安定でした。

 

 

山の天気は急変するので「急に青空にならないかな~…」と淡い期待をしながら鯉のぼりを眺めていましたが、分厚い雨雲は微動たりしません。

鯉のぼりは青空の下でないと映えないので、本日の写真撮影は終了。

 

 

こんな悪天候に見舞われることは想定内。

当日は清里のペンションで宿泊することになっていたので、また翌朝に写真撮影をリベンジすることにしました。

 

で、翌朝目が覚めて恐る恐るカーテンを開けると…

 

 

「ム~…、ビューティフル!」

真っ赤なペンションの屋根の向こうに、残雪で化粧をした南アルプスに真っ青の空!

絶好の鯉のぼりウォッチング日和になりました。

 

ペンションの鯉の餌のような朝食をパクパクといただき、さっさと道の駅 南きよさとへ向かいます。

また天候が急変しないように…、と祈りながら鯉のぼりに近付いていくと…

 

 

「ム~…、ファンタスティック!」

菜の花のじゅうたんに浮かぶ色とりどりの鯉のぼり。

「コレコレ!これを写真に撮りたかったんだよね~」と意気揚々と周辺を練り歩き、シャッターチャンスを探します。

 

 

イイね~! 自然が作るコントラストが本当にキレイです。

後は谷間に風が吹き抜けてくれれば最高の写真が撮れるんだけどな~ 

 

 

風吹かねーな…

 

 

おっ!一瞬だけ風吹いた!

と思ったら、すぐに無風状態に…。

瀕死の鯉のぼりを眺めていると齋藤まで具合が悪くなってきてしまうので、シャッターチャンスは諦めることにしました。

 

 

鯉のぼり会場の田んぼに鯉が放流されており、ちびっ子達が「鯉のつかみ取り大会」を楽しみにしていました。

齋藤もエントリーしましたが、オーバー40代に出場権は与えてくれず。

「齋藤の精神年齢は小学校3年生ぐらいなんですけど!」と猛アピールしましたが不発…。

 

 

芝桜も見頃でした。

 

 

おっ! 風吹いた―――!と、思うとすぐに無風状態。

おっ! 今度こそ吹いた―――!と、カメラを構えるとピタッと風が止まる…。

そんなことを繰り返していたらイライラしてきたので帰宅する事にしました。

 

車を走らせながら離れていく鯉のぼりを眺めていると、急に450匹の鯉のぼりが青空を気持ちよさそうに泳ぎ始めました!

その様子は完全に齋藤をバカにしているかのようでした!

 

自然は齋藤の忍耐力のない心をお見通しですね。

休みの時ぐらい時間を気にせず大らかな気持ちでいなさい、と自然から諭された感じです。

それに気づいただけでも良い休日になりました。

 

いつの間にか桜が散り、それに代わるように街路を飾るつつじの花。

草木の新緑が眩しく、外を歩いているだけでも気持ちが晴れ晴れしてきますね。

 

爽やかな季節になるとやっぱり行きたくなるのが温泉です。

年がら年中行きたいのですが…。

 

以前から「山梨県甲府市に草津温泉がある…」という訳のわからない噂を耳にしていました。

緑色のパンチの効いた外観で、どう見ても温泉場には見えない…、と。

 

「ムム―――ッ!? 何とも言えない緑色の外観、こいつはもしや…」

 

 

「なぬ~…、本当にありやがったぜ~、草津温泉」

山梨県の甲府駅から車で5分位の場所にまぎれもない「草津温泉」がありました!

 

至福の湯 四七度 源泉かけ流し 加温・加水なし

「看板に偽りがないか、肌で感じてきてやろうじゃねーか…」

 

 

脱衣場は小ぎれいに清掃されており、備品類も壊れている様子はなし。

脱衣場を見る限り、経営者の温泉場に対する愛情も感じるし、利用者も温泉場をリスペクトしている感じが伝わってきます。

カラカラカラ~、と扉を開けると…

 

 

空母のような浴槽にザブザブと注がれる源泉。

「こいつは間違いない…、本物の温泉だぜ~」

 

 

草津温泉 【料金】400円

【源泉温度】47℃ 【湧出量】207ℓ/分 【泉質】ナトリウム―塩化物泉

 

 

給湯口からドバドバと注がれる源泉。

コップが置いてあるということは飲泉可能のサイン。

グビグビと飲み干します!

「プハーッ!…なんだかよくわからねー味だな」

 

 

広い浴場の端っこに激熱風呂と水風呂もあります。

 

 

湯中カメラを潜らせて写真撮影。

無色透明だと思いますが、何となく緑がかった色に見えるのはタイルのせいでしょうか?

 

温泉がフレッシュなので細かい気泡が身体にまとわりつき、スベスベ感を存分に味わうことができました。

ほんのりと鉄の匂いというかハーブの匂いというか…、モール温泉特有の香り心地よい。

 

 

草津温泉の名前の由来は、昭和初期に群馬出身の方が「草津湯」という銭湯を開いたそうです。

その後休業時期もあり、現オーナーが権利を買い取り、さらに一大決心をして本格的に掘削を開始。そして上質の温泉を掘り当てたそうです。

そして草津湯→ 草津温泉 に屋号を変えて現在に至っているとのこと。

 

 

課金式のドライヤーを発見。今でもこんなのがあるのですね。

100円で5分だったかな…。

 

山梨県甲府市の方に「どこの共同浴場が良いですか?」と質問をすると、かなりの確率でここ草津温泉の名前が上がります。

齋藤が訪れたときは閉店間際で誰もいなかったですが、常に地元住民でごった返している繁盛店と伺いました。

加えて、齋藤のような他県の温泉ファンも多数押し寄せるそうで、知る人ぞ知る名湯だったようです。

山梨県甲府市にたちよることがあれば、ぜひ立ち寄ってほしい一湯でした。

 

ちなみに、山梨県内に「伊香保温泉」や「玉川温泉」もあるそうです。怪しい…。

有料老人ホーム業界の食いしん坊諸君、ご無沙汰しておりますがお元気でしょうか。

ゴールデンウィーク中も間食ばかりしていることと思います。

 

5月1日から新元号になり、気持ち新たにした方は多いのではないでしょうか。

齋藤もその一人ですが、5月2日にまた気持ち新たにしないといけない出来事がありました!

 

 

5月2日は齋藤弘毅の46才の誕生日でした。元号が変わるよりも、四捨五入すると50才になるほうが大問題です…。

渋谷相談室近くのレストランで、サプライズの誕生日プレートをいただきました。

注)もっと賑やかな皿上でしたが、ひと通りいただいてから写真撮影

 

ちょっといたずらをして…

 

こんなことをして喜んでいる時点で「いたい50才」ですね。

 

誕生日プレートをだしてくれたお店はイタリアンなのですが、その中でも「サルディーニャ料理」に特化したこだわりのイタリアンです。

イタリアのサルディーニャ島は長寿の島としても有名で、とにかく豆類を多く食べるそうです。

 

 

サルディーニャ料理で埋め尽くされた「前菜の盛り合わせ」。彩がキレイですね。

オリーブの後ろに盛られているのはカポナータ。ドライトマトが沢山入っており、今まで食べた中でNo.1カポナータでした。

ちなみに、ラタトゥイユよりもカポナータの方が好き。

やはり「豆料理」は鉄板なのでしょう。プレートの真ん中に鎮座していました。

その他にも小魚とイカリングのエスカベッシュ、生ハム類など、贅沢な前菜盛り合わせをいただいたので寿命が長くなったような幸せな気分になりました。

 

 

このプレートも同じサルディーニャ料理のお店です。

この日は2次会で訪問したのでおつまみ中心の前菜盛り合わせでした。

こちらのお店は、その日の腹の具合により内容を臨機応変に変えてくれるのが嬉しいです。要するに「特別扱い」してくれるので、訪れる全てのお客さんを気分良くしてくれます。

 

ちなみに、当社スタッフは盛り付けの台に使われている「コルク」が大好物。肉と勘違いしてガリガリと嚙り付いて店員に叱られています。

 

 

こちらは馬肉のロースト。多くの店で馬肉をいただきましたが、やはりこの一皿でしょう。

※「このブログを読んだよ」と言っていただければ、もしかしたら招待するかもしれません。

 

 

新元号になったから急に何かを変えることはしません。誕生日をキッカケに何かを変えることもしません。

普段から自分を律していればいいだけのことです。

しかし人間の心とは弱いもの。なかなかそれができないので、このようなキッカケが欲しいのでしょうね。

 

 

おまけ

これは西新宿の居酒屋さんで見つけた逸品。「トマトの糠漬け」

どうやって漬けているのかわかりませんが、形そのままにしっかりと発酵臭もありほのかな酸味も感じました。

 

何事も基礎は大切ですが、トマトを糠漬けにしてしまう柔軟な発想も持ち合わせないと人との違いは演出できないな~…、と物思いにふけりながらトマトを味わいました。

 

介護業界のダメリーマンの方々、ご無沙汰しております。

ネットサーフィンの格好のつまみである齋藤のブログですが、今年はまだ一回も更新していませんでした。申し訳ございません。

 

改めて、明けましておめでとうございます。

本年も仕事に遊びに全力で取り組む所存です。

 

いきなりですが、「鳩サブレ―食べたいな~…」と思い、豊島屋(鳩サブレ―の運営会社)本店へ行くことにしました。

 

 

鎌倉鶴岡八幡宮の参道「段葛」。

こちらを正面に見て、左側に目指すお店があります。

 

 

段葛から見るとこんな感じです。

和洋折衷のモダンな外観。鳩サブレ―の本店だとは思わないでしょうね。

 

 

入口はこんな感じです。

 

 

入店すると目の前に鳩サブレ―のかわいいカレンダーを発見。

鳩サブレ―のロゴマークは有名だから、このくらいのアイテムは作っておかないとね…。

 

カレンダーの横にばら売りの鳩サブレ―が並んでいたので手に取ると…。

 

 

ずっしりした質感…、値段もやけに高いじゃねーか…。

「ムム―――ッ!? 鳩妻鏡(ハトミラー)?」

危うく鏡にかじりつくところだったぜ~…。 

 

ハトミラー周辺は次々に怪しいアイテムが登場します。

 

 

「鳩サブローの過去の消し方」

消しゴムのようですが、取説がなかったので店員に質問しました。

「過去何年ぐらいまで消すことができますか?」「嫌な思い出だけ消したいのですが?」と矢継ぎ早に質問したところ、あわやガードマンを呼ばれるところでした。

 

 

「あぶらとり紙」 ケースに鳩サブレ―マークが型押しされています。

別売りでリフィルもありましたが、ほとんどの方はこのケースを「名刺入れ」に転用するそうです。

 

 

付箋「鳩(は)っといって」

ポ〇トイットのパクリ全開ですね。

 

 

「ハトカー」

ボールペンの上にミニカーが付いているのには驚きませんが、それがダイキャスト(金型鋳造)製ということです!

鳩サブレ―のお菓子同様に、店頭にならぶ商品には一切の妥協をしないのですね。

恐るべし、豊島屋…。

 

 

これは鉄板商品ですね。「鳩三郎」

以前からこの存在は有名です。

 

 

トートバックならぬ「ポーポバック」

頑丈にできていて、ワンポイントのロゴマークにもセンスを感じました。

個人的にはこれがイチオシ商品です。

 

 

気が付いたらこれだけ鳩グッズを購入してしまいました!

 

 

思いもよらぬ鳩グッズに圧倒され、大満足でお店を後にしました。

 

帰りの横須賀線の車内でハッと思い出しました。

「肝心の鳩サブレ―を購入するのを忘れたぜ~…」

 


ページの
先頭へ