有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

またまた宿泊客がいない温泉宿にピントを合わせて、温泉療養兼温泉宿に貢献してきました。

湯守のおっさんと雑談をしていたところ、Go To キャンペーンの時は宿泊客が殺到してテンテコ舞いだったそうですが、キャンペーンが中断になった途端にこの有り様だよ…、と嘆いていました。

自粛期間中に申し訳ないですが、宿泊客がいない温泉宿ならば、逆に温泉宿に貢献できて良い面もあると考えています。なぜなら人と接触しないのだから…。

齋藤の住んでいる中華街周辺の方が人混みがすごいですから…。

車移動、宿泊客なし、部屋食、観光地は行かない、お土産なし、帰りの食事はテイクアウト…。

 

開湯1300年余り、伊豆最古の湯、徳川家康の側室:お万の方ゆかりの温泉、芸術家:岡本太郎と映画監督:黒澤明の常宿、などなど立派な肩書を引っ提げている温泉宿でお世話になりました。

吉奈温泉 さか屋 (静岡県伊豆市吉奈)

【泉質】弱アルカリ単純泉 【湧出量】425ℓ/分 【源泉温度】45℃、47℃、65℃ の3本の源泉を混合

 

「伊豆の温泉宿だな~」と感じる景色ですね。

 

「岡本太郎先生の常宿」とうたっているだけあって、太郎先生にまつわる芸術品が多数飾ってありました。もっとインパクトのある美術品は後ほど…。

 

こちらは「徳川家康の側室:お万の方」をイメージしたディスプレイらしい…。不気味でした。

江戸時代から「子宝の湯」として全国に名を馳せており、お万の方がこの温泉を訪れたことで2児を授かった…、という言い伝えがあるそうです。

 

さらにその前に、こちらは元々「造酒屋」だったそうです。で、その名残りで「さか屋」。

ウェルカムドリンクで徳利に入れた日本酒を用意してくれていました。

「随分と景気良いサービスだな~」と徳利を手に取ると…、半分も入っておらず、本当にお猪口2杯分でした。

 

軽く一杯ひっかけてから、早速温泉巡りをすることに。

まずは貸切露天風呂へ! と言っても宿全体が貸切りですから…。

 

5階のテラスみたいな場所に酒の仕込み樽のようなデカイ浴槽が…。

「ム~…、湯気が出ているけど湯が見えねーな…」と、近づいてみると「なんだこりゃ…?」

チェックインは15:00からでしたが、齋藤は勢い余って14:30にチャックイン! お客様のために新鮮なお湯をそそいでいるところでした。

そしてこの日は終日雨模様…。湯温が下がらないようにアルミシートをかけてました。 

 

気を取り直して、2階にある半露天風呂。

湯船からサワサワと温泉が溢れ出ていました。湯船につかると「ザザザザ――――ッ!!」と豪快にお湯が溢れ出る音が、齋藤を贅沢な気分にさせてくれます。

 

こちらは4階にある大浴場。手前がぬる湯で約38℃ぐらいかな…。奥が熱めで約41℃ぐらい。どちらも快適でとても気持ち良かったです。

 

木の節がそのまま活かされた浴槽の縁。ゴツゴツしており重厚感がありました。少々苔むした感じも風情があって良いですね。

浴槽の真ん中に木の囲いがあり、そこから静かに源泉が湧いていました。

 

左がぬる湯。右が熱めの湯。歴史を感じる浴槽にウットリ見とれてしまいます。

お次は3階の大浴場へ…

 

「ムム―――ッ!? ふざけたネーミングを付けやがって…」

 

「…何だこりゃ?」

この温泉旅館は岡本太郎先生が50年ぐらい贔屓にしていたそうで、そのつながりもあり太郎先生が大浴場をデザインしてくれたそうです。美術品としても大変貴重な価値ある風呂場です。

「女性が座ったときのお尻の跡」をイメージした浴槽は凡人の齋藤には全く理解できず…。

 

宿泊客がいないことを良いことに、これでもか!というほど片っ端から温泉に入りまくったのでグッタリしてしまいました…。

今日はこのくらで勘弁してやるか…、ということで早めの就寝。

 

翌朝…、都心部でも積雪の可能性があると言われていた日だったので、山奥の温泉宿も激寒でした。

そんな日は露天風呂で寒中温泉だい!ということで、前日に空振りした5階の露天風呂へ。

 

屋根の上に浴槽が埋め込んであるだけで、雨に濡れながらの入浴でした。ワイルドだぜ~…。

屋根のトイから源泉が注ぎ込んでいるのも斬新!

 

早朝の張りつめた寒気の中、素っ裸で温泉につかる非現実的な時間が、温泉宿に来たな~という充実感を提供してくれます。

 

温泉宿を10:00にチャックアウト!

帰りに飲食店でランチを食べようと思いましたが、外食を避けてご当地グルメをテイクアウト。

修善寺駅内にある「あじ寿司」が相当旨いという情報をキャッチしていたので、それを購入して帰路に着きました。

 

自分の行動を正当化するわけではないですが、宿の女将さんが涙目で声をかけてくれたのが忘れられません。

「こんな大変な時に泊まりに来てくれて本当にありがとうね。健康に気を付けて、また泊りに来てね」

極々微力ではありますが、温泉宿に少しの元気と少しの売上を貢献できたと自負しておりますが、やはり世の中が世の中なので自分の行動に罪悪感がいつまでも残ってしまいます…。

とても複雑な心境ですね。

土曜日に人混みの全くない(というか人との接触が一切ない)富士五湖周辺の山歩きをして気付いたことがありました。

「マスクをしないで堂々と歩ける爽快感」です。

富士五湖周辺大好き、齋藤です。 ← 詳細はコチラ

約1年前まではマスクをしないで外出できることは議論にすらならない極当たり前のことでしたが、今となってはマスクをしないで外出するということは犯罪行為に近いものになってしまいました。

 

マスクをしないで自然の空気を腹いっぱい吸い込む爽快感をもう一度!

そうすると必然的に山奥へいくしかねーな…。

 

ということで、翌日の日曜日にまたまた早朝出発。神奈川県と山梨県の県境に位置する神奈川県山北町にある通称「西丹沢」へ行ってまいりました。

ココもアクセスは最高に悪く、車でないとアプローチが難しい場所です。

「西丹沢自然教室」をスタート地点として、「檜洞丸」や「畦ヶ丸」などの硬派な山登りが楽しめます。

ちなみに…、表丹沢というのは小田急線沿線の渋沢駅からアクセスが良いので、都心部からの登山客でごった返しています。塔ノ岳の山頂のイメージは、朝の五反田駅ぐらいの混雑具合でしょうか…。

 

今回の齋藤の目的地は「山頂」ではなくて「滝」にしました。

「本棚の滝」という、手つかずの自然そのままの滝を目指して山道と沢沿いの道を進んでいく往復約2時間のコース。

 

スタートして間もない頃は、このような道しるべが沢山あるので迷うことはないでしょう。

 

これは「堰堤(えんてい)」というものです。

これを滝だと思っている人が意外に多いですが、これは自然災害(特に水害)を防ぐために人工的に築かれたもので、わかりやすく言えば「プチダム」とでも言いましょうか…。これで流れを穏やかにして水害を軽減するのです。

これだけでも十分キレイですが、やはり自然の中で人工物は違和感ありますね。

 

齋藤の大嫌いな「スギの植林帯」を抜けて山道に入っていきます。

まだスギ花粉は発生していませんが、もしもスギ花粉の時期に重なってしまうと、この植林帯から生きて帰ってこれないと思います…。

 

堰堤も見る角度によってはキレイですね。

 

枯れた沢沿いでは、道を外して遭難してしまうことが多々あります。

左側の写真ではどこが登山道かわからないと思いますが、道を見つけるのはとても簡単です。

道が不明瞭な場所には右の写真のように木にリボンが縛られているものです。なので、もし道に迷ったら周囲を見渡してリボンを見つければ遭難することはないでしょう。

 

こんな道を歩いて…

 

 

あっち行ったりこっち行ったり…。

 

 

 

山奥の水源地帯なのでとにかく水かキレイです。

 

「ム~…、いい苔してやがるぜ~」

苔の上に彩り豊かな木の実が散りばめられてキレイでした。

 

ドド―――ン! 山道の突き当りに突如現れる「本棚の滝」

マイナスイオンを体いっぱいに浴びて…、なんて言っていられないぐらい激寒です。

「超冷(チョレ―――――――ィ)!」 注)卓球の張本選手が夏にエアコンのコマーシャルをしていた時のかけ声

 

帰り際に、地質調査をしているような方とすれ違いました。その方と滝を同じフレームに収めたので、滝のスケールの大きさがわかると思います。

 

二日連続で清々しい自然の空気を沢山吸い込んできたので、脳みそからオルチニンが溢れ出ているのでは…?と錯覚するぐらい元気いっぱいになって帰路に着きました。

 

昔は頻繁に山歩きをしていましたが、いつの間に足が遠のいていました。

人の気配が全くしない山奥で、自然観察をしながらマイペースで山歩きをする喜びを再確認できた週末でした。

人混みを避けて誰もいない場所はどこかな…と考えると、自然の中に身を投じるしかないですね。

 

外出自粛が叫ばれている今日この頃、家の中に居ろと言われても特にやることもなく時間の無駄遣いになってしまうので、「人と接触しない」ことを前提に自然と戯れてきました。もちろん車でアプローチするので移動時間も誰とも接触していません。

AM5:00起床→ AM6:00出発→ AM8:30山梨県河口湖町にある「精進湖」に到着

精進湖は富士五湖の中でも少々変わった形をしており、大昔の富士山の噴火で溶岩が流れ込み「いびつなU字」をしています。

周辺駅からのアプローチは非常に悪く、車でないとなかなか行く機会の少ないマイナーな場所なのでいつ来ても人影はまばら…。

 

到着したときは気温が-3℃。約1300mぐらいの山々に囲まれた精進湖はなかなか日が届かず寒さが厳しいです。

 

「ムム―――ッ!? この看板は…?」

ということは湖面が凍っていることか!? 急いで湖畔に駆け寄ってみると…

 

「超冷(チョレ―――ィ)!」 注)卓球の張本選手が夏にエアコンのコマーシャルをしていた時のかけ声

湖面がバキバキに凍っており、石を投げるとカーリングのようです。

恐る恐る足を湖面に踏み出すと…、ガッチリした氷はびくともしません!

と、その瞬間!「ピピピピピ―――――――ッ」と湖面に白い稲妻が走り、はるか彼方へ消えていきました。

大急ぎで地面へ飛び戻ったことは言うまでもなく…。

 

おもいっきり脚光ですが、富士山の裾まで見渡せる絶好のロケーション。

富士山の前にそびえる山は「大室山」。富士山に包み込まれている風景は「子抱き富士」と称されています。精進湖湖畔ならではの絶景ですね。

 

 

湖畔にはボートが沢山並んでいますが、精進湖はボート競技で活用されることが多く、ボートの合宿地としても有名です。

駐車場近くに「パノラマ台入口」の看板があり、ここから約60分登っていくとパノラマ台山頂へ。

 

こんな山道を登っていきます。

アスファルトで舗装された道ばかり歩いているので、落ち葉の積もった山道はフカフカで気持ち良く感じます。、

 

松林に囲まれた休憩スペースから富士山が望めます。

ここからさらに高度を上げて登っていくと…

 

先週降り積もった残雪が足元を邪魔してきます。

「ギュッ、ギュッ、…」と雪を踏みしめる感覚が心地よく、全く苦にはならず逆に気持ち良く登れました。

 

この標識からパノラマ台山頂までは目と鼻の先。

 

ドド―――ン!

約60分の山歩きで、これだけの達成感を得れる場所はなかなかないと思います。

「これから山登りを始めたい」という人には必ずこの山頂に連れてきます。連れてきた人の100%の人が山登りを好きになってくれます。

心地良い疲労感も得ることができるので、達成感もあるのでしょうね。

 

帰りに「道の駅鳴沢」で見つけたご当地グルメ?らしきもの。

なんでも天ぷらにすればいいってもんじゃねーんだよ…。 田舎の人たちは「テレビで取り上げられた」というキーワードが大好きなような気がします。

目をつぶって、天ぷらの衣とビスケットを口の中に入れたイメージをしてモグモグとエアー咀嚼をしてみました…。

「なかなか旨いな…」とエアー食レポをして帰ってきました。

越県をしない行動自粛に準じて、神奈川県民の齋藤は神奈川県内でコソコソと休日を過ごしております。

とにかく人と接触しなければ大丈夫…、ということで小田原の漁港へ。

 

「ムム―――ッ!? こいつはたまげたぜ~…。こんなにデカいアジの干物は初めて見たぜ~」

「ムム―――!! 蒲鉾UFOキャッチャー…恐るべし!」

 

人との接触を避けるために、超マイナーな真鶴半島へ…。

半島の先端に遊歩道が整備されており、太平洋の大海原を眺めながらノンビリと散歩ができました。

ローカルな真鶴漁港。のどかです…。

 

突き抜けるような青空の下、久々に日光浴を堪能して気分良くなったところで神奈川県の端っこの湯河原温泉へ。

注)ネット検索したら予約客がいなそうだったので…。

 

湯河原の高台にある生活道路のような小道に、申し訳なさそうに灯りがポツリ…。創業80年の温泉宿に世話になってきました。

このご時世なので予約客がほぼいない…、という前情報を頼りに行くと、齋藤以外には男性1名のみとのこと。 注)その人と会うことはありませんでした…。

客もいなければスタッフもいない、閑散としたロビーがお出迎え。

 

脱衣場はシンプルですが、アメニティは充実していました。

風呂桶に焼き印を入れる凝りよう…。

 

「ム~…、ファンタスティック…」 こちらは一階の露天風呂。

一枚岩をくりぬいた「石風呂」 広さと深さが絶妙で、何時間でも寝転がっていれる感覚でした。

奥は3名ぐらい入れる「岩風呂」。

 

石風呂だけでは無機質な感じで味気ないですが、ダウンライトと間接照明で演出することにより高級感がグッと高まりますね。

風呂場に限らず館内全体的に感じたのですが「照明」にこだわっているな~…と思っていたら、やはり照明デザイナーのプロデュースだそうです。

 

温泉成分が強烈なため、給湯口にビッシリと白い結晶が付着していました。

ペロッと舐めたりフンフンとニオイを嗅いでみましたが無味無臭…。

 

■ ゆがわら大野屋 

【泉質】ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉

【源泉温度】84℃ 【湧出量】(相当量と言っていました…)

もちろん源泉かけ流し。40tの温泉タンクを併設しており良質な温泉を提供し続けているそうです。

今年の第1湯は「当たり」でスタートして幸先良いです。

 

大浴場は2か所。右側の大浴場は珍しい形状でしたが意味不明…。居心地は良かったです。

 

コチラは二階の露天風呂。奥が有料老人ホームでもお馴染みの「檜風呂」。手前が「陶器風呂」。

湯河原の山肌から運ばれるヒンヤリとした風が湯けむりをゆらゆらさせます。

 

有料老人ホームも「陶器風呂」を採用すれば良いのにな~…、と思いながら入浴していましたが、底がツルツル滑るので溺死リスクが上がりそうで危険ですね。

だけど喜ぶ人も多いと思うので、ぜひお風呂に特徴をだしたい老人ホームがあればご検討いただきたいです。

 

翌日、近くに由緒あるお寺があるとのことで、そちらに寄って「新型コロナが早期終息するように」お参りをして帰ることにしました。

 

「ムム―――ッ!? 境内から強烈な視線を感じるぜ~…」

今までに感じたことのない恐怖が齋藤を襲います!

 

「ヌヌヌォ~…。進撃の大仏じゃねーか!」

身体が地面に埋められており微動たりしません!目を見開いており怖いです!頭のパンチパーマのグリグリがデカイです!

 

人と接触をしない旅は気を遣わないで良かったです。

が、どんなに人と接触をしていないと言えども、このご時世に外出すること自体が「悪」ととらえられてしまいますね。

責任ある行動、迷惑をかけない行動を心がけつつ、商売をしている方々に少しでもお金を落とせるようにしたいのですが…。悩ましい日々は当分続きそうですね…。

新年明けましておめでとうございます。

昨年の今頃は、新型コロナ禍の生活など予想もしていなかったですね。

来年の今頃は、また予想もしていないことが起こると思います。しかしそれは良い意味で期待を裏切ることを切に願っております。

 

年末年始にかけけて外出自粛が叫ばれておりましたが、さすがの齋藤も世の中に従い家でゴロゴロしていました。

 

2020年の大晦日、富士山の向こうに日が沈むころ…

「お雑煮の出汁とるかな…」と、毎年恒例のお雑煮スイッチを入れました。

 

2021年のお雑煮はちょっと豪華に「金目鯛の潮汁」にしました。

左下の茶色い塊は「ホタテ」の真空パック。

 

昨年も鯛の潮汁を作っているので要領は心得ております。

下処理が重要で、ここで手抜きをするとクリアスープになりません。

ちなみにこの時点で半分失敗…。金目鯛のお頭を型崩れしないように仕上げたかったのですが、下処理をしている段階でボロボロに崩れてしまいました…。

 

大晦日に試作品を作ってみました。

どれどれ…、と新年を迎える前にフライングの一杯。

「ウィ~…、もう一杯!」 ビシっと味が決まり大満足。

 

2021年の三が日は外出自粛間違いなし!と覚悟をしていたので、お節料理を充実させました。

もう一つの意味合いとしては、「普段お世話になっている飲食店を少しでも応援したい」という気持ちです。

 

こちらのお節はいつも会社の忘年会でお世話になっているお店のもの。今年は社内忘年会を開催できなかったので、せめてお節で貢献しようかな…、とお思いまして。洋風、和風、ご飯ものの段。

 

こちらは個人的にお世話になっているお店のお節。王道の日本のお節です。

 

お正月に備えて、齋藤の家でスタンバイしているお酒たち。

「ム~…、日本酒が少なくてバランス悪いな…」

 

元旦一杯目のお雑煮。

底の方に具を忍ばせて、焼餅とみつ葉、万能ねぎと柚子を散りばめて完成です。

 

二杯目!

 

三杯目! キレイに盛り付けするのが面倒くさくなってしまいました…。

 

年末年始にかけて確実に太ったような気がします。

が、すぐに通常と変わらない仕事中心の日常生活に戻るので、きっと体型も元に戻ってくるのでは…、と楽観視しております。

 

まだまだ感染症対策が続く世の中ですが、この期間だからこそできる新たな気付き、新たな取り組みが沢山あります。世の中を悲観しているばかりではなく、その中でもやりがいや喜びを感じられるように、一日いちにちを大切に過ごしていきたいですね。

 

少しでも世の中に役立つことができるように、例年以上に勇気を持って生活しようと思います。

本年もよろしくお願い致します。


ページの
先頭へ