有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは!

 

今年も三角チョコパイの季節がやってきて、浮き立っております指田です。

白黒どちらと聞かれたら私は迷わず「白」ですが、皆様はいかがですか?

今年は「白」ではなく「よくばりカスタード」ということで、本題に入る前に少しだけレビューしておきたいと思います。

 

 

かわいい、、

 

どことなく、「〇ンデ〇イオン」を彷彿とさせるキャラクターが描かれています。

とてもおいしかったですが、やはり私は純粋な「白」が好きです。

ちなみに三角チョコパイに関しては、中身があふれてきて食べづらいという感想を持たれる方も多いと思います。私もずっと苦戦してましたが、毎度試行錯誤を重ねた結果、いい感じに食べる技を習得しました。

興味あるよという変わり者の方がいればぜひ伝授しますので、お声かけください。

 

ということで本題ですが、先日、神奈川相談室・室長の山口より「Boulangerie Ensemble」という鎌倉のパン屋さんの、クロワッサンと食パンをお土産にいただきました。

 

せっかくですので、再びサンドイッチづくりにチャレンジしてみようと思います。

 

まずはクロワッサンから。

 

 

左上:クロワッサン フランセ

右下:クロワッサン ジャポネ

 

こちらはフランス最高級AOPバターを使用しているとのこと。原材料は変わらないようですが、若干形が異なります。

 

AOPとはなんのことやら定かではありませんが、とりあえず工程を進めます。

 

今回は「ジャポネ」を使用したいと思います。

はさむ具材はこちらです。

 

・ゆで卵

・サラダチキン

・ブロッコリースプラウト

 

 

世は空前の筋トレ・タンパク質ブーム。しっかりとあやかります。

 

具材を切って、慎重にクロワッサンをスライスして、挟んで、完成です。

 

 

盛大にはみ出しておりますが、まぁ良しとしましょう。

卵の断面が汚いというクレームは受け付けません。

 

 

続いて、食パンを使っていきます。

 

こちらはサンドイッチではなく、おすすめのトーストをご紹介します。

具材はこちらです。

 

・生卵

・スライスチーズ

・マヨネーズ

・胡椒

・スプラウト(余ったので飾り用)

 

 

まず、厚めにスライスした食パンの真ん中に四角いくぼみを作ります。

 

 

勢い余って風穴を空けないように気をつけてください。くぼみができたらチーズを敷いて、マヨネーズで土手を作り、そこに卵を落とします。

 

 

卵が滑り落ちないように気をつけながら、トーストします。時間と温度は卵の具合を確認しながら調整してください。

 

 

、、、ちなみに私は、調整に失敗して盛大に焦がしました。

 

 

 

 

 

卵にばかり気を取られているとこのようになりますので、お気をつけください。

 

さて、焦げてしまったものは仕方ないので、胡椒とスプラウトでカモフラージュを試みます。

 

 

、、、気持ちましになったでしょうか。

まぁ、お味よければ全て良しです。

 

 

この後ひとりで美味しくいただきました。

 

ちなみに卵トーストの方は、食べるときに半熟の卵が溢れてくるので気をつけてください。

 

 

それではまた!

皆さんこんにちは!

 

涼しい日が多くなってきましたね。

厄介な虫の活動が徐々に落ち着くにつれ、私の心も穏やかな日々が続いております。

 

さて、今回は最近購入した目覚まし時計を紹介したいと思います。

こちらです!

 

 

日の出のような優しい光

「SUNRISE(サンライズ)」

 

音ではなく、光で起こしてくれるタイプの目覚まし時計です。ずっと気になっており、最近やっと購入しました。

 

 

円柱形で全方面に光を放ってくれます。充電式です。

間接照明にもなり、3段階の明るさを選べます。

 

灯すとこんな感じです。

 

 

 

、、なんだかトイレットペーパーが光ってるみたいですね。

 

 

さて、本体の下部分に調整ボタンがあり、そこで時刻やアラームなどの設定ができます。

 

たとえば6時にアラームをかけると、5時半頃からだんだんとこのトイレットペーパーが灯りだし、6時にMaxの明るさに達します。

 

ちなみに、音が鳴るようにも設定できます。確か6種類くらいから選べるのですが、私は小鳥のさえずり音を設定しています。

 

 

本当に光と小鳥だけで起きられるかな、、と不安でしたが、使ってみると意外とぱちっと目が覚めます。

 

今はまだ二度寝が怖いため、念のため遠くにスマホをおいて時間差でアラームをかけていますが、そのうち光だけですっきりと起きられるようにしていきたいと思います。

 

朝を穏やかに迎えたいと思っている方、ぜひ光で起きる目覚まし時計シリーズを試してみてください!

 

それではまた!

皆さんこんにちは!

 

8月も終わり、ちょうど夏から秋への季節の変わり目ですね。

ここ最近の私の脳内BGMはもっぱら、森山直太朗の「夏の終わり」です。

 

ところで、私は季節の変わり目に感じる「匂い」とか「音」がとても好きです。マスク生活になって久しいですが、それだけは聞き逃したり嗅ぎ逃したり(←?)しないように気をつけて生活しています。

 

さて先日、仕事終わりに家までの帰路を歩いていた時にふと、虫の鳴き声が夏から秋の虫へと変わっているなぁと気付きました。

夏のセミもいいですが、秋のマツムシやコオロギも風情があっていいですよね。

 

ちなみに秋の主な鳴く虫のラインナップはこんな感じです。

 

※参考URL: https://www.dainippon-tosho.co.jp/yagi/1997/971015/index.html

 

 

家の中で鳴かれたらちょっと嫌ですけど、遠くで鳴いてるのを聞く分には季節を感じられていいですよね。

 

そんな、虫たちの移り変わりを感じながら、「セミの大合唱が聞けるのもまた来年までお預けかぁー」と、温かい気持ちでセミへの若干の感慨に浸っているうちに家に到着し、鍵を開けようとしたとき、、

 

 

 

 

バサバサバサバサ!!

 

 

 

足元で不吉な音がしました。

 

私は生粋のビビリ芸人なので言わずもがな飛び上がったわけですが、そこにはひっくり返ってジタバタしているセミがいました。

 

 

「、、セミよ、なぜよりによって私の家のドアの目の前でジタバタしているんだ、、」

 

心の中でそう呟きつつ、刺激しないようにそっと家の中に入ったものの、ドアの目の前でセミがジタバタしていることがどうしても気にかかってしまい大事な夜ご飯に集中できないため、意を決してセミを移動させることにしました。

 

さっきまで温かい心持ちでセミに想いを馳せていたのに、それがセミ当人により一瞬でぶち壊されるという皮肉を恨みつつ、動きやすい部屋着に着替え、片手にホウキを構え、いざ出陣です。

 

 

まずはかすかな期待を込めて、そっとドアを開けて奴の所在を確かめます。

 

 

、、、います。

もう、すぐそこにいます。

なんなら、さっきより若干家の方に寄ってない?ってくらい近くにいます。

 

 

一旦ドアを閉めて深呼吸して、ドア開閉時の刺激を最小限にしながら、うまく外に出ることに成功しました。

 

 

、、こうして改めて対峙すると、セミってやっぱり怖いですね。

 

 

さて、さっそく手に持ったホウキでセミを払おうとしますが、刺激するたびにバタバタ羽を動かすのでこちらがびびってしまってなかなか捗りません。思い通りに移動させられないことに気を揉みながらも、なんとか自分を奮い立たせて、

 

「えいっ!」

 

と思いきりホウキで払ったその時!

 

セミが体勢を整えました。その瞬間を逃さずセミが勢いよく飛びあがったわけですが、あっちに飛んだりこっちに飛んだり、玄関前の狭い空間で私とセミとの激しい攻防が繰り広げられたことはもはや言うまでもありません。

 

さらにタイミングとはわからないもので、その死闘の瞬間とほぼ同時に、後方では隣の部屋の女の子が家の中から出てきて、前方ではピザの宅配のお兄さんが颯爽と登場してきました。

 

ホウキを片手に奇声を発しながらセミと格闘する不気味な女と、たまたまそのタイミングで家から出てきた隣の女の子と、ピザを届けに来たお兄さんが一堂に会してしまうというカオス。

 

「この大一番に、のうのうとピザの宅配を注文した奴はいったいどの部屋の住人だ!」

と、やり場のない怒りに一瞬駆られつつ、よく考えると誰も悪くないこの状況を静かに受け入れました。

 

 

一人暮らし史上忘れられない夜の一つとして、しっかりと私の心に刻まれたと思います。

 

 

しかしそんな状況下でも、隣人同士の「こんばんは」の声かけを双方きちんと交わしたことは、我ながら快挙であったと思っています。

 

 

そろそろいい文量になってきたので今回はこの辺にしておきますが、まさか「セミ」がメインの投稿を2度もすることになろうとは思ってもみませんでした。

 

、、もしかしたら、このブログのネタ欲しさにセミ関連の事件を無意識に引き寄せてしまっているのかもしれないですが、皆さんどうか私のことをセミに取り憑かれた女と思わないでくださいね。

 

 

、、ちなみに全ての元凶であるセミはその後どうなったかというと、こちらのカオスをよそに近くの木に飛び移って、知らん顔で休憩していました。まったく憎い奴です。次はひっくり返ってジタバタしてても助けてあげませんっ!

 

それではまた!

「そうだ、高級食パンを食べよう」

 

と突然思い立ち、

「そうだ、京都行こう」的なノリで先日、高級食パンを買ってみました。

 

ちなみに私にとっては、人生ではじめての高級食パン体験です。

 

 

さて、高級食パン初心者ということで、まずはネットで高級食パン市場の動向を調べないといけません。

 

なにしろこれから買おうとしてるのは「ただの食パン」ではなく「高級食パン」ですので、こちらも慎重です。

 

 

さっそくネットでどんなお店があるのか検索してみました。

こちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、ふざけているのでしょうか?

 

「これからここで高級な食パンを売るんだぞ!」という気迫が全く感じられません。

(でもなんとなく気になってしまうところが悔しい)

 

 

ということで、結局色々調べても違いはよく分からなかったので、とりあえず王道であると思われる「乃が美」を購入しました。

 

 

 

 

自ら「高級」と明言するあたり、自信と潔さを感じます。

 

では、まずはそのままちぎっていただきます!!

 

 

 

はい、おいしい!!

 

高級食パンってふわふわしてるんですね。

生地の密度が高く、切ったときの断面も滑らかです。

食レポ能力が低いためうまく表現できないのが残念ですが、やはりただの食パンとは一線を画する上品さを感じます。

 

 

 

 

そういえば今まで、

 

「ふんっ、高級食パンなんてどうせ、高いのは値段とカロリーだけでしょ」

 

と、斜に構えていた無礼者は私です。

どうもすみませんでした。

 

 

 

 

、、さてここで、

「せっかく高級食パンを買ったのだからサンドイッチでも作ってみよう」

と思い立ち、フルーツサンドを作ることにしました。

 

なにしろ高級食パンですので、この際しっかりと「インスタ映え」を狙っていきます。

 

 

※前回のブログでうっかり【セミ】について熱く語ってしまったため、

今回はバランスをとってなんとなく女子っぽい投稿をしておこうという裏目的があることは秘密です。

 

 

具材はキウイフルーツをチョイス🥝

 

 

※「ちょっとパンの切り方が雑じゃない?」とか、「ホイップクリーム手を抜いてない?」とか、そういったお声はこの場では一切スルーさせていただきます★

 

 

まず、キウイフルーツの皮を剥きます。

 

 

次にホイップクリームを敷き詰めて、キウイを並べてサンドします。

 

 

ラップで包んで冷蔵庫で数時間寝かせます。

 

 

取り出して、断面を間違えないように慎重にカットして、完成です!

 

 

 

 

 

うん、我ながら素晴らしい出来です。

これならインスタ映え間違いなしです。

 

ハッシュタグは「♯萌え断」でいきたいと思います。

 

 

 

 

 

、、しかしここで残念ながら、私はインスタをやっていないということに気付きました。

 

 

 

ということで、ぜひこのブログを見てくれてる方がいたら、お会いした際に口頭で「いいね」お待ちしております\( ˆoˆ )/(強欲)

 

 

次回は、ふざけた名前の高級食パンを買ってみようと思います。

 

それではまた!

皆さんこんにちは!

 

最近はセミの鳴き声が目覚ましアラーム代わりの指田です。

 

以前【虫対策】と題したブログにも書きましたが、私のアパートの隣には雑木林があります。

そこにはライト級からヘビー級までいろんな虫が生息しているわけですが、セミももちろん例外ではありません。

 

、、ちなみにセミは階級で言うと、ミドル級」といったところでしょうか。

 

 

セミといえば、先日仕事でお客様先へ訪問する途中、両サイドに木々が生い茂る細い道を歩いていた時のことですが、四方八方から夥しい数の鳴き声が聞こえてきました。

 

耳をつんざくほどの声量でものすごい数がいるであろうに、1匹もその姿を肉眼で確認できないことに軽い恐怖を感じながら、

 

「もしこの鳴き声がいっせいに止んで、こっちに向かって一気に飛んできたら大変だ、、!!」

という謎の危機感にとらわれ、とりあえずその道は無駄に全力で駆け抜けておきました。 

 

 

 

ところで私は、セミがどうも苦手です。

なぜなら見た目が怖いのと、予測不能な飛び方をするからです。

 

ですが、自分の幼少期を思い出すと、セミについては苦手どころか見つけたら大喜びしていた記憶があります。

 

「セミの抜け殻」にいたっては、今も昔も子どもたちから「カブトムシ」と並んで絶大な人気を誇っていると思われますが、あの頃の私ももちろん例外ではなく、積極的に抜け殻を拾い集めては大喜びし、その数を周囲と競い合っていた記憶すらあります。

 

 

、、今思えば、「セミの抜け殻」の何が楽しくてそんなに夢中になっていたのか謎ですが、おそらくあの頃にしか分からないロマンが詰まっていたのだと思います。

 

 

しかしいつからか、抜け殻を見てもなんとも思わなくなるどころか、木にセミがいるのを見つけると、その木を避けるようにすらなってしまいました。

 

 

 

、、もしかしたらこれが、歳をとるということなのでしょうか。

あの頃の無邪気で清らかな心はどこにいってしまったのでしょうか(遠い目)

 

 

でも私だけでなく、昔は大丈夫だったのに大人になったら苦手になってしまった、という人は多いと思います。不思議ですよね。

 

「昔は好きだったけど今は嫌いな虫」ランキングがあるとすれば、セミは「ダンゴムシ」と並んでツートップに入るのではないかと睨んでいます(偏見)。

 

 

と、ここまで散々セミについて語ってきた割に案外知らないことも多いことに気づいたので、少しだけその種類や生態を調べてみました。

せっかくなので、需要の有無に関わらずこの場を借りてシェアしたいと思います。

 

※このあと立て続けにセミの画像が出てくるので、苦手な方はお気をつけください。

 

【国内の主なセミの種類】

・アブラゼミ

他のセミと比べると、夜に多く鳴くのが観察されています。ちなみに、羽に色が付いている種は世界的に見ると珍しいそうです。ぜひ世界進出を果たしてほしいと思います。

 

・ミンミンゼミ

高温を嫌う傾向があり、西日本での生息数が少ないそうです。

、、ちなみに私は毎朝、ミンミンゼミの鳴き声に起こされます。周波が合っているのでしょうか。

 

・クマゼミ

体長が6-7cmと大きめなのが特徴で、温暖な地域を好み、西日本に多く生息します。

 

ニイニイゼミ

 

体長は2cmと小さめです。夏に見られるセミの中では早めに鳴き始めるのが特徴です。

 

・ツクツクボウシ

他の種に比べて、土の中にいる期間が1-2年と短いのが特徴です。名前の通りの面白い鳴き声ですよね。

 

●補足

※国内で確認されているのは上記含め約30種

※参考URL

https://biome.co.jp/biome_blog_074/

 

 

【セミの一生(要約版)】

・土の中で1年〜5年ほど過ごす(幼虫)

・地上に出て羽化(成虫)

・オスは鳴き、メスは産卵(寿命約2〜3週間)

 

●補足

※諸説あり

※参考URL

http://www.kodomonokuni.org/nature/summer/summer_semi.html

 

 

 

ということで、余談程度で済ませるつもりがついつい筆が進んでしまいましたので、今回は「セミの回」ということにして終わりたいと思います。

 

セミは苦手だと言ったものの、あの独特な鳴き声は、夏のこの時期にしか聴けない日本が誇る風物詩ですよね。地上での短い命を懸命に全うする姿は、胸に迫るものすらあります。

 

 

、そう思うとなんだか、セミを応援したくなってきました。

セミサイドからしたら人間に応援されても困惑するだけでしょうが、この時期にしか聴けないセミの大合唱を楽しみたいと思います!

 

 

 

、、最後に一つだけ。

セミの動きは非常にトリッキーですので、この時期はくれぐれも正面衝突にお気をつけください。


ページの
先頭へ