有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

小さい頃から、勉強は得意な方ではなかったですが

歴史を知ることが好きな、柴﨑です。

 

 

世界史よりも「日本史」に興味がありました。

 

 

 

そんな私ですが、茨城県に興味深い場所があると聞き訪ねてみた場所があります。

 

その名も【ワープステーション江戸】。

なんとなく想像がつく方もいるかと思いますが、、

そうです。

いわゆる江戸時代を体験できる場所なんです。

 

 

こちらは映画やドラマなどの「ロケ施設」。

時代劇でよく使われる江戸時代の街並みだけでなく

明治や昭和の時代を再現したセットがあります。

 

 

 

ロケ施設のため撮影優先。

 

でしたが伺った日は特に撮影はなく一通り見られそうだったので一安心。

 

そのまま隣の案内板に目をやると注意書きが。

 

 

一番下に気になる文章が、、、

 

写真・ビデオ撮影禁止。

来てから知るという失態。。

 

ということで、残念ながら写真で様子をお伝えすることができず。

現地へ来た時のお楽しみにしていただきたいと思います。

 

敷地の模型図です。

 

 

こちらのロケ施設では、主にNHKの大河ドラマや連続テレビ小説の撮影が行われているそうです。

 

放送中の大河ドラマ「いだてん」出演者の等身大パネル。

 

 

私が以前ハマっていました「真田丸」もこちらで撮影されたとのこと。

 

 

映画では、戦争を題材にした「永遠の0」や「るろうに剣心」「銀魂」などアニメ実写化の作品も多く撮影されたようです。

 

施設内にある再現されたそれぞれ建物はリアリティがあり、どれも見応え抜群でした。

 

まさに、江戸や明治の時代にタイムスリップしたような感覚。

 

雰囲気はホームページでもご覧いただけますが、こちらは1度現地で本物を見ていただくことをおすすめします。

 

敷地内には建物だけでなく、当時を再現された街を走る電車や線路も。

実際の撮影時には動くこともあるそうです。

 

歴史が好きな方、懐かしい雰囲気を体験したい方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

柴﨑 竜
2019.06.27 08:27

あじさい寺

梅雨の季節が苦手な柴﨑でございます。

 

 

最近はとにかく朝がつらいですね。

毎朝自分に「喝っ」を入れて、なんとかこの時期を乗り越えようと日々頑張っております。

 

 

とはいえども、この季節ならではの良さもあります。

梅雨の時期といえば、アジサイ。

 

先日"アジサイ寺"へ行ってきました。

少しご紹介していきます。

 

その名の通り沢山のアジサイが敷地内に咲くお寺。

"アジサイ寺"は日本各地に存在します。

 

今回行って来ましたのは【本土寺(ほんどじ)】。

 

 

こちらは別名「あじさい寺」と呼ばれるほどで

1万株のアジサイが見られます。

 

 

語るよるもぜひ実際の雰囲気をご覧ください。

 

 

 

 

普段あまり写真を撮らない私ですが、あまりに色鮮やかなアジサイが一面に広がっている光景に感動し、この日ばかりはシャッターが進みます。

 

 

気付けば120枚ほどシャッターを切っていました。

 

 

ちなみに、こちらのお寺は五重の塔とアジサイのコラボレーションが見られることでも有名なため私も撮影に挑戦。

 

 

しましたが、、全く上手に撮れず。

たくさん撮影したのに1枚も良い写真がありません。。

少し悲しくなりました。

 

気を取り直して、もう少しまともな写真を。

 

 

 

意外に敷地内が広く、全て回りきった後は少し疲れるほど。

それだけ見所がたくさんある、ということでもあります。

 

 

ちなみに、こちらのお寺は秋には紅葉も楽しめるとのこと。

またその頃にも行ってみたいと思います。

 

季節の移ろいを楽しめる日本に生まれてよかったなぁ

としみじみ感じました。

 

 

この日も、やはり雲が多くどんよりした天気。

でしたが、だからこそ映える花の色かと思いました。

梅雨の時期も少しは好きになれるかなぁ

と前向きになれた気がします。

 

今日も一段と気合いを入れ直し

相談業務に励んでまいります。

 

 

 

柴﨑 竜
2019.05.30 07:21

夢むすび

最近、神仏に興味津々の柴﨑です。

 

 

ということで、今回ドライブがてら行ってまいりましたのが

茨城県稲敷市にあります大杉神社。

 

 

こちら、パワースポットとのこと。

なぜパワースポットなのか?

 

それは、日本で唯一の夢むすび大明神だからです。

 

"夢むすび"とは、いかなる願いも叶える、という意味。

こちらの神社では様々な願い(夢)を叶えて下さるそうなんです。

 

一般的な、厄除け・縁結び・家内安全などから

金運・進学・就職・経営の願いごとも。

珍しいものでは、"悪縁切り"や賭け事などといったものまで。

 

すごく幅広いですが・・・斬新です。

 

私の家族情報では、こじんまりして参拝客も少なく静か。

とのことだったのですが、実際行ってみると沢山の人。

 

 

イメージと違ったなぁ・・と少し寂しさを感じながらも

休日だからかと安易に考えていました。

が、参拝客のお一人が

「やっぱりテレビの影響はすごいなぁ」

と。。!?

後で調べてわかったことですが、私が訪問した日の朝にテレビで特集されていたらしく、混雑したのはその影響だったようです。

 

テレビに放映されるほど注目度が高いのですね。

 

 

では、そろそろ神社の成立ちなどを・・と思いますが

私の下手な文面でご紹介するよりもホームページをご覧いただくとして。

 

私が今回特にお伝えしたいのは

神社内の色鮮やかな建物珍しい装飾です。

 

建物は、目がさめるほど鮮やかな朱色。

 

 

 

 

装飾を細かく見ていても飽きません。

 

 

 

 

 

最近は外出時の天候に比較的恵まれ、この日も晴天。

余計に色が映えます。

 

敷地内はさほど広くないですが、見どころ満載です。

 

 

 

ちなみに、おトイレの装飾まで力を入れています。

 

 

 

こちらも必見です。

 

 

あまり時間をかけずに参拝できるので、お近くに寄った際などにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

柴﨑 竜
2019.05.22 21:39

世界一。

最近、めっきり暑くなってきましたね。

まったく汗をかけない、代謝の悪い柴﨑です。

 

 

普段人混みの中にいると、神聖な場所へ行きたくなります。

 

 

 

ということで、今回は「牛久大仏」へ行ってきました。

 

聞いたことがない方も多いかもしれませんが

実はすごい仏像。

なんと、、、ギネス記録保持者なのです。

 

 

ブロンズ立像では世界一の高さを誇る牛久大仏。

どれだけ大きいのかこの目で拝んでみたいと思い、実際に見てきました。

 

 

行く前は、人が少ない静かなイメージを持っていましたが、意外に人も多く混雑していました。

 

早速、敷地内ではイベントを開催。

ステージ上ではものまね芸人さんやマジシャンの方々によるショーも行われており大盛り上がりでした。

 

少しイメージとの差異があったものの、、、

気にせず前に進みます。

 

大仏様はかなりの大きさのため、目の前に行かずともチラチラと見えますが、、見えないフリ。

 

 

ギネスブックに登録されているのは本当のようです。

 

 

この門をくぐるといよいよ大仏様の目の前です。

いざ。

 

門をくぐってから大仏様までの間には

群生海(ぐんじょうかい)

なるものがが現れます。

 

残念ながら四季折々の花々は見れませんでした、、

さらに進むと

 

大香炉です。

こちらも日本一の大きさとのこと。

 

 

いよいよ、あと橋一つとです。

 

もちろん六歩で渡らせて頂きました。

 

ついに目の前。

 

 

 

 

言い方が美しくありませんが、とにかくデカい。

それとともに、下から見上げた時の抱擁力。

圧倒されました。

 

写真だと少しわかりづらいので、遠めからのショットも。

 

 

近くで眺めてばかりいると首を痛めそうだったので敷地内を散策することに。

 

すると、今度は浄土式庭園なるものが。

 

 

清々しい青空を背景にすると、緑も映えます。

 

 

広々とした芝生の広場には花々も沢山咲いており、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

最後にこの日のベストショット大仏様を一枚。

 

光の差込み具合と、緑との共演がお気に入りポイントです。

 

 

 

今後も色んなギネス記録を追いかけていきたいと思います。

柴﨑でした。

 

 

 

柴﨑 竜
2019.04.30 20:01

GW

まさに今、世間では

"平成最後・令和元年" "GW10連休"

で、話題が持ちきりかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

あまり流行り廃りには左右されない人間ではいたいのですが、さすがにこの流れ。乗らせていただきます。

 

 

ということで、柴﨑家は水族館へ行くことに。

家族サービスのつもりでしたが、結果的には自分が1番楽しんでいました。

 

今回行ってきましたのは「葛西臨海水族園」。

1989年に東京都江戸川区に開園したこちらの水族館は、30周年記念を迎えていました。

 

進んで行くと、半球体ガラス張りの建物が目の前に現れます。

この日はあいにくの天気でしたが、海をバックに佇む姿は少し幻想的でした。

 

建物内に入ると早速巨大水槽がお出迎えです。

何匹ものサメが泳ぎ回っています。

泳ぎが早すぎてうまく写真が撮れません…

 

園内のオブジェにもサメ。

かなりリアリティがあります。

 

やはりGWということもあり大勢の人が。

小さな水槽は人だかりで隠れてしまうため、気合いを入れないと見れません。

 

園内の各所には、水の生き物や水族館に関する小話・豆知識が張り巡らされています。

個人的には、26cmで大丈夫なのか?と思ってしまいました。

実物を触るのを忘れました…

 

 

ここからは、私が気になった水の生物たちをご紹介。

まずは、こちら。

なんといっても、この見た目。

気にならざるを得ません。

メガネをかけているような姿から

メガネモチノウオ」と名付けられたそうです。

別名を「ナポレオンフィッシュ」というそうですが、なんだか「メガネモチノウオ」の方が似合いますね。

 

 

続いては、こちら。

伊勢海老の仲間である「ニシキエビ」。

イセエビの類でも最大級だそうです。

肉質は劣るが味はほぼ伊勢海老と同じとのこと。

どうしても食べることばかり考えてしまいます。

 

 

最後にこちら。

わかりづらい方もいるかと思いますので、少しアップにしてみます。

トビハゼ」です。

おそらく、園内の中で1番地味な水槽と言っても過言ではないでしょう。

そして、きっとこれからも日の目を見ることはないでしょう。

私はあえて注目してみました。

 

 

水族館のご案内に戻りますが、園内には特設展示場や魚との触れ合いコーナーなど、お楽しみポイントが沢山ありました。

私はどちらも大賑わいで諦めてしまいましたが…

さすがGW。おそるべしです。

 

 

ちなみに、今回ペンギンを1番楽しみにしていたのですが、子供たちに大人気のため近くでゆっくりと見ることができませんでした。

次回のお楽しみにしたいと思います。

 

 

ご紹介した水族館の他にも、葛西臨海公園にはバーベキュー場や大観覧車もありご家族やご友人と休日を楽しむにはもってこいかと思います。

広場では、大道芸もやっていて大盛り上がりでした。

まだご予定が決まっていらっしゃらない方は、どうぞ足を運んでみてください。

GW後半は天気も回復しそうですしね!

 

 

それでは、まだまだ大型連休は続きますが皆さん体調管理にはお気をつけてください。

 

そして、明日からいよいよ令和が始まりますが、私もより一層気合いを入れて頑張っていきます!

 

東京相談室の柴﨑でした。

 


ページの
先頭へ