有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!
柴﨑 竜
2020.06.28 18:24

初収穫。

前回のブログで「家庭菜園」はじめました。

をお届けしましたが、意外にも早く成果が出たのでご報告。

 

 

あれから約2週間。

ほど良い太陽と雨にも恵まれ。

 

 

葉の数も増え、大きくなりました。

ついに、ミニトマトも姿を現しはじめ…

 

 

その翌週には、ナスがどんどん大きくなりはじめました。

 

 

 

そして、苗を植えてから28日後。

ついにナスがみごとな成長を遂げ…

 

 

ましたが、1つだけ。

これからの大量収穫に期待しつつ。

 

 

師匠(義母)から授かった武器を手に。

 

 

初収穫!!

 

手にとってみると、目にするよりも大きく立派に成長しているのがわかりました。

庭の隅っこで育てていたネギも一緒に。

 

 

 

そして、その日の夜に早速いただきました。

 

 

中身もしっかりしていて、食べごたえありです。

 

 

買って食べるよりも美味しく感じた…

ような気がします。(きっと気のせいですが)

 

初収穫が良い結果だったので、今後も期待です!

 

現在、他の野菜も着々と成長中。

 

 

 

ですが、最近では水のやり過ぎで傷んでしまったり。

ミニトマトはちょっと土が乾燥しているぐらいが良いということも学びました。

 

簡単に収穫できてしまうより、時には難しさを感じることもいいものです。

 

外出時に苗を見ると、気になるぐらいになりました。

ちょっと気が早いですが、他の野菜にもチャレンジしていきたいと思います!!

 

 

そろそろ緊急事態宣言の解除が目前となってきましたね。

まだまだストレスがたまる今日この頃。

 

 

こんな時だからこそ、新しいことはじめてみました。

 

 

「家庭菜園」。はじめてみました。

 

 

元々、田舎育ちで土いじりは好きです。

昨年は当社の米作りにフル出場も果たしました。

 

 

友人から野菜の苗をもらったのをきっかけに、家でも野菜作りをやってみようと思い立ち。

 

幸いにも、義理の母が家庭菜園好きで師匠となってくれています。

 

そんな師匠から、セットをいただきいざスタート。

 

まずは、プランターと培養土を用意。

 

 

プランターに土をいっぱい敷きつめます。

 

 

苗は

「ミニトマト」

「長なす」

「万願寺とうがらし」

 

シャベルで土を掘り、掘った穴に水を入れ、苗を植えていきます。

 

ひととおり植え終わり。

次に支柱を立てたかったのですが良いものがなく、、、

ひとまず割り箸を代用します。

 

茎と支柱をビニールテープで結んで固定。

 

数は少ないですが、並べてみるとそれなりの達成感はあります。

 

 

 

 

 

一週間後。

 

雨も多く降ったせいか、それなりに成長しています。

支柱も本格的なものを師匠から授かり、若干ですが見栄えも良くなりました。

 

 

本来であれば、最初から肥料を撒いておきたかったのですが

このご時世でなかなか準備も整わず。

ようやく準備できた肥料を投入。

 

師匠から、プランターの両端に入れると良いと言われ実践。

 

あと、たんまりと水をあげることが大事のようです。

 

収穫までしばらくありますが、良い結果の時はご報告します!

お知らせがなければ、残念な結果だったと…

 

 

初陣なので、まずは一つでも二つでも実をならせることを目標に。

 

なんでもいいですが、新しいことをはじめると気持ちいいものですね。

今後も「やったことがないこと」「らしくないこと」を沢山はじめていきたいと思います。

 

 

最近お寺ばかりに行っています、柴﨑です。

 

 

今回は「成田山新勝寺」。

"関東三大不動"であり、有名なお寺です。

初詣で人がごった返している映像をテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

やはり総門から立派です。

 

まずは清めます。

 

そしてすぐさま現れました、仁王門。

 

全体的に感じたことは、かなり登るのだな、と。

やはり成田"山"だけあって、これでもかというぐらい階段を登ります。

足パンパンです。

 

 

そして、力を振り絞って階段を登りきったところ

 

 

出ました。大本堂です。

目の前にした瞬間、すぐに興奮。

迫力のある大きな建物に圧倒されました。

 

これが新勝寺かぁ…と感心しながらしばらく見入ってしまいました。

 

 

こちらは三重の塔。

 

その後、お参りを済ませ御朱印をゲットしにいきました。

 

 

こちらが御朱印です。

 

迫力はありましたが、思っていたより落ち着いていました。

場所により、サインのように書き殴られているものもありますので。

 

境内の外には飲食店などお店がたくさんあり、楽しめます。

 

 

来年は初詣にも来てみたいなぁと思います。

 

 

 

 

今更ではありますが、、、

明けましておめでとうございます。

今年初のブログを書きます、柴﨑です。

本年もどうかお付き合いいただきますよう、宜しくお願い致します。

 

 

 

早速ですが、初詣を兼ねて以前から気になっていたお寺に行ってきました。

今回訪ねたのは「東漸寺(とうぜんじ)」。

 

 

千葉県松戸市にある530年続く歴史あるお寺です。

 

最寄駅から徒歩10分圏内に位置しながら、広い敷地を有するこちらのお寺。

 

なんといっても特徴は総門(入口)から本堂まで続く長い参道です。

 

 

夜になると約1,000個も並んだ提灯が真っ暗な参道を照らすそうです。

 

 

奥へ進むに連れて静けさが増していきます。

なんともゆったりとした時間が流れます。

 

 

本堂の手前まで行くと梵鐘が現れます。

 

 

元旦近くには、鐘を鳴らすたくさんの人たちで賑わうようです。

 

そして、こちらが本堂。

 

 

改めて昨年の御礼と、今年のご挨拶を済ませました。

 

 

やはり広い敷地は開放感があります。

 

 

 

少し暗くなりライトアップされた仁王門。

 

 

夜のお寺もまた普段とは違った趣があります。

少々怖さもありますが、、、

今後チャレンジしてみたいと思います。

 

 

想像に近い素敵なお寺でした。

なんだか良い一年のスタートが切れた気がします。

 

 

今年が終わる頃、充実した一年だったと振り返られるように、今年も精一杯頑張ります!

 

 

また今後も素敵な神社仏閣をお届けします。

それではまた。

 

 

 

 

柴﨑 竜
2019.12.30 08:58

癒し

私の地元である群馬県。

先日帰省した際に行った温泉をご紹介します。

 

 

宿屋は「天空の湯 なかや旅館」

群馬県利根郡みなかみ町にあります。

 

こちら最大の特徴は"ベビー専用浴槽"。

もうじき1歳の誕生日を迎える娘に、初温泉をプレゼントしてあげようと思い訪ねてみました。

 

 

今年度、初雪です。

 

"田舎のおばあちゃん家"を思わせる

こじんまりとしたくつろぎ空間。

 

共用部はそこまで広くないですが、所々リノベーションをかけ雰囲気良いです。

 

 

小さな子供連れをターゲットにしているこちらの旅館にはキッズルームを完備。

 

 

なんとも味がありますね。

 

 

 

気を取り直して、メインである温泉のご紹介。

露天風呂は、この時期ならではの雪山や、広々した空を一望することができます。

 

 

一見、普通の温泉ですが、よく見るとありました。

お目当のベビー専用浴槽です。

 

少しわかりづらいですが、看板の下に1歳前後の小さな子供1人分の浴槽スペースがあります。

それにしても、この看板にわずかな"怖さ"を感じるのは私だけでしょうか。。

 

気を取り直して、「よし、入ろう」と思いましたが・・・

この極寒の中、娘を外に出すことに危険を感じ断念。

自分だけで楽しんでしまいました。

極寒の中で激熱の温泉。最高でした。

 

・・・ご安心ください。

ベビー専用浴槽は貸切の内風呂もあります。

 

 

写真左側の浴槽が浅くなっており、小さい子も安心して入れるようになっています。

洞穴感のある浴槽に、私はまた若干の怖さを感じてしまいました。。

 

 

こちらの宿はお食事も美味しかったです。

 

写真は夕食ですが、朝は1階ダイニングでバイキング形式。

やはり"田舎のおばあちゃん家の台所感"ある落ち着き空間で

和食メインのメニューは豊富で美味しかったです。

意外に人で溢れていたので、残念ながら写真が撮れませんでした。

 

所々怖さを感じましたが・・久しぶりの旅館に大満足でした。

 

最後に立ち寄った谷川岳の写真を一枚。

 

 

 

途中からではありましたが

今年一年ありがとうございました。

来年は、今年以上に仕事とプライベートを充実できるよう邁進してまいります。

 

皆様、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 


ページの
先頭へ