有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

今年もコロナ禍で迎えるお花見シーズン。昨年は感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言の発令に伴う外出自粛要請や、閉鎖される桜の名所が現れるなど、従来の花見がなかなか行えない年となりました。コロナ渦で迎える2回目の花見シーズンということで、今年も制限のある中での花見で、四季を楽しむイベントである花見では、宴会や名所といった従来の人気・定番スタイルではなくなったと思います。

いまや、近場や通り抜けと感染リスクを低くしながら桜を楽しむスタイルを選ぶ傾向にあり、コロナ禍での花見様式としても文化を変わる勢いではないかと考えざるを得ないでしょう。

立川の名所である、昭和記念公園も臨時休業が続いており、自然豊かなところを見れず、とても残念な年になりました。下田家でも、花見は通りすがり、通り抜けスタイル@立川です。

 

 

 

 

 

 

 

 

けれども、名所ばかり見て、近場の桜の良さや街の良さを改めて感じる良い機会になるのではないかと思いました。桜も圧巻でしたが、公園ではチューリップも頑張って咲いてました。誰かが手をかけないと咲くこともできないので、注目しようとしなかったことに気づく。きっと介護もそういう気づきが大切だなぁと思いながら、しみじみ思い耽る時を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の桜も妖艶で不思議な気持ちになります。散ってしまうまであともう少しですが、桜を楽しめると思いますので、色んな時間に花の表情を見てみるのも良いかもしれませんね。

今回ご紹介するのは、日本でも随一の種類を誇る、チーズ王国です。

チーズ王国といえば、デパ地下などでその名を見かけた人もいらっしゃると思います。こだわりのチーズを世界中から取り寄せ、販売しているお店です。そのチーズ王国のカフェ兼本店が立川市にあるのをご存知ですか?月1回のチーズビュッフェが人気のこちらのお店。

作り手と直接交渉して、日本人の口に合うチーズを仕入れ、ホールで輸入し、注文を受けてからカット。いつでも切り立て、新鮮でおいしいチーズが食べられます。真空にすると熟成が止まってしまうそうです。スーパーなどで売られている製品は既に熟成が止まっているので、その味の違いは比べものにならないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このチーズ王国のお菓子のお土産としては、この「たちかわ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のイメージがおしゃれなので、見た目の字体もおしゃれにと思いますが、まぁ、立川なので親しみを込めて。。。もちもちモフモフといただきました🎶

形や皮のもっちりさと、中はマスカルポーネチーズと生クリームに小豆の甘納豆が入っています。

あんこではなく甘納豆なので食感もかるく、豆の粒感がアクセントとなって、止まらない美味しさです。コロナが落ち着いたら、ぜひ本物のチーズを味わいに、一度訪れてみてはいかがでしょう。

立川北口側サンサンロードの先を行く、立川新名所の「グリーンスプリングス」に出来たベーカリー。

お米を使用したパン屋さんで、「R Baker」と言うお店です。

お店の名前。お米のRとばかり思っていたら?「コートロザリアン」というパン屋カフェを前身にしたお店で、Rosarian(ロザリアン)とは、薔薇愛好家を意味し、頭文字のRをとり、R Bakerと命名としたそうです。

その店名通り、薔薇からおこした自家製天然酵母を使用し、小麦粉と米粉を独自の配合でブレンドし、オールスクラッチ製法で焼き上げた、もっちりー💕としたパンを販売しています🎶

 

全面ガラス張りのお店となっており、これまでの立川にはあまりない感じ!の都心のオシャレなカフェ風….。目の前の自転車はご愛嬌で宜しくお願いします。。。

 

お店のコンセプトは「ゼロプレイス」という考え方。

パンの香りを楽しみ口に運べば、しあわせが込みげ、 そんな時、ひとは紛れもない 素の自分にかえることができる。そのような考え方で パンを作っているそうです。

カフェの空間も、ひとびとの心に余白をつくり、 自分らしくいられる時をつくる。今回は時間もなかったのでお持ち帰りにしてしまいましたが、次回はカフェでゆっくり自分時間を満喫したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大から一年近く。移動やイベントはいまだに、慎重に検討せざるをえない状況。これまで母業と過去と現在の仕事も含め、様々な交流の多かった私にとって、移動することや人と会う機会が格段に減ってしまう生活は、落ち着かなく、何をすれば良いのか途方にくれてしまうことも。

それでも、距離を保って、ごく少人数の友人たちとの交流は、様々なツールを利用して重ねているつもりでした。それでも、何かが不足している。必要最低限の交流しか設けることができず、「雑談」する機会が圧倒的に減ってしまったんだ、と気づく。

平時では、ちょっと交流の場に行くのも、時間が勿体なかったな。。。と思って帰ることも。けれども、これまで、何気なく呟いてきた言葉やその時の仕草で、実は微妙な色差しを交換していたのだと思う。さりげない雑談で、面白い情報が入ってきたりもする。そして「雑談」の大切さは、仕事や実生活に結びついていることも感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※左から、昨年立ち寄った東京タワー・国立駅の大学通り・子どもの保護者会の帰り道の景色。

今まで、「不要不急」にどれだけ恩恵を受けていたかを思い知るとともに、「不要不急」のものでもいかに大切なことであったかを考えていくべきではないか、と。施設の入居者様は、今やスタッフさんに支えられ、感染対策をしながら生活を整えることが精一杯。そして、支えて下さるそのご家族様や関係者様の交流の場は満足にできない状況です。自由であることの大切さは、医療や福祉の第一線で頑張って下さっている方々のお陰であることを忘れずに、私が今できる限りのことを取り組んでいきたいと、今年の初めに思ったことです。

昨年は一年を通して新型コロナに世界が一変し、年が明けても尚まだまだ我慢を強いられ、皆様はどうお過ごしでしょうか。

世間一般では「コロナ疲れ、コロナに慣れてしまった」など色んな情報が錯綜しており、混沌とした世の中の状況は変わりません。

緊急事態宣言も発令されても、感染者数の減少も足踏み状態です。

 

普段はスーパーしか立ち寄ることなく、そそくさと帰路に向かうのですが、娘から何日も前から頼まれていた復習用の参考書を買いに駅の本屋さんへ出掛けたところ、駅の人の往来の多いこと‼️

 

私は目的のものを手に入れ早く帰らねば。。。と目的のコーナーへ向かう途中。

 

「‼️‼️」

なんて可愛いのー❤️

私が娘に読み聞かせていた大好きな本の【わたしのワンピース】のうさぎちゃんが、マスコットに🎶マスコットは良い大人が買うのも恥ずかしいので、遠慮しハンカチを。。。しっかり購入❗

 

コロナで疲れた心を一気に癒してくれました。

気が張りすぎて、キリキリしていた毎日がちょっと幸せな気分になりました。ほんの少し足を止め、気持ちの深呼吸をすること。これも免疫力アップに繋がります。我慢続きの毎日ですが、思いがけない好きなこと、皆様にもちょっとした幸せが訪れますように。


ページの
先頭へ