有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

史上最長の10連休と共に、それぞれの余暇を楽しんだり、連休だからこそ思いっきり働いた方、通常通りお仕事を続けておられる方。平成から令和へ皆様はどんな思いでお過ごしになりましたでしょうか。

私は、子どもが小さい頃は親主導で予定が組み立てやすかったのですが、子どもの部活や予定を見てみると、まとまって家族が旅行に行くスケジュールが合わないため、実家に日帰りしたり、娘と原宿に行ったり、中学時代の同級生と会ったりとのんびり過ごしました。

 

原宿のチーズハッドグ。。。なかなかの若者フードで、胃もたれ満載です。たっぷり吸った油と、中には、のびーるチーズがたっぷり。中学生の娘が友達と食べに行ったので、私も気合入れて便乗です!

 

 

原宿駅から3分。竹下通りの中にある、「Sweet XO Good Grief」の哺乳瓶ソーダ。チーズハッドグの後の甘いものはきつかったので、娘だけ購入です。なかなかのフォルムで、今時の若者文化にはついていけないです。他にも、レインボー綿あめや、面白い形のしたアイス(ここでは言えません)が売っていましたが、チーズハッドグにやられている私には、食べきれる自信がなく、とても購入する勇気がありませんでした。。。

 

同級生と会うとくだらない話も懐かしくて、なんでもないことが面白く感じたり。同級生のお子さんも受験を終えて、高校生になったよーとか、まだ下の子は3歳で大変など、中学生の頃の面影を残していますが、親としても立派な大人になったなと思いました。

平成に切り替わるときには、まだ子供時代で、いつの間にか平成になったよねーなどと語らい、久々にのんびりできたなぁ。。。としみじみ。大人になった今、こんな風に話せることがとても大事だと感じるひと時で、令和も良い時代になりますようにと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩センター地元のお店で、同級生と時間を忘れて。。。

生牡蠣を沢山頂き、美容に良い食事と、ジビエ料理を初めて頂きました。意外とさっぱりして美味しく頂きました。

オイスター&ジビエ snug 2号店

https://www.diningbar-snug.com/

息子の野球の交流合宿の付き添いのため、大島に出かけました。子供たちは18名に対して、引率の先生と保護者は4名です。とにかく、疲れましたが、ママ同士で付き添いの合間を縫って大島プチ旅行気分で楽しかったです。大島といえば東京都なんですよね。

観光メインではなかったので、一部紹介となりますが、写真で大島の自然や名物を楽しんでいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

①大島プリン・・・大島野球部顧問の先生より頂いた、プリンです。大島は乳製品も有名で、大島牛乳を使ったさっぱりしたプリンです。

②あしたばコロッケ・・・あしたばを使用したコロッケです。ハート形ですが、ママ4人で4つに分けて頂きました。容赦なく、真っ二つにして美味しく頂きました♪

③あしたばそば・・・あしたばを使用したそばです。あしたばが麺に練りこまれており、麺の上にはあおさがたっぷり乗っています。海の風味もしっかりついた味でした!

 

 

 

 

大島の椿は有名です。母のお土産に、ハンカチと名入れのキーホルダーを購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

たい焼きカフェ島京梵天・・・100円単位を全て100万単位で会計する店長さんが印象的でした。ドキドキしながら、粒あんのたい焼きを購入しましたが、160円でした(笑)生地はもちもち!冷たいたい焼きも購入可能です。お土産配送用もありました。

 

 

 

 

 

 

 

大島には、24時間営業のコンビニはなく、24時間営業の自販機がありました。。。商品の取り揃えも、なかなかのもんです。また、大島の泊まる場所も子供たちと別の宿で、ダイバー専用のコテージに泊まらせて頂きました。カギは南京錠で、トイレ洗面所、お風呂まで外にあるという衝撃の場所で、この年でなかなかできない体験をさせて頂きました。

最期に感動的だったのは、船が出発する見送りを大島の子どもたちがいつまでも手を振って、走って追いかけてくれて、何にも活躍していないママたちが感動して大号泣です。中学生って、男の子って純粋でかわいいなと思った瞬間です。明日からの仕事も頑張れそうです。

今月は、子どもたちの目まぐるしい行事に忙しく、あっという間に今年度の終わりを迎えます。小学生の娘は、学校の合唱の最後の活動や作品展発表。そして卒業式。。。子供たちの小学生時代も終わり、親とても寂しい思いでいっぱいです。卒業式前日には眠れなくて仕方がなかった様子でしたが、親子懇親会ではスマホを片手に、友達同士で自撮りを撮りまくり。思い出の残し方も、時代だなぁとしみじみ。

中学生の息子の野球部の行事も多くあり、三送会を開催致しました。普段、勉強をしない息子ですが、三送会で先輩に送る言葉は何度も作り直している姿を見て、なんだかほほえましい気分になりました。保護者の私たちも、お世話になった先生、先輩方のお母様方にも感謝を込めて、弁当(立川相談室前のお弁当屋さんで注文しました)やお菓子や飲み物の準備、当日はちょっと汚い泥棒が入ったのでは?と思わせる科学室の異様な雰囲気の環境下でしたが、温かい豚汁を大量に作り大奮闘しました!

 

 

来年の今頃には、何を思うのか。子供の成長が嬉しい反面、寂しい気持ちにもなっていると思います。思う存分楽しんで母業も頑張っていきたいと感じる今日この頃です。下記は、先生方が作成したオリジナルタオルと、先輩お母様が作ったお手製クッキーです!

 

 

 

 

 

 

普段、主婦は忙しく家事と子どもの用事で精一杯で息抜きができず、思い切ってご近所のママ友達と計画を練って浅草散策をすることにしました。1か月前から、着物を着て、美味しいごはんを食べて、人力車に乗って。。。演劇鑑賞?トンボ玉作る?食品サンプル作り?などなど。悩みに悩んで、花より団子ならぬ?たい焼きづくり体験をすることにしました。

面白かったのは、定番のあんこやクリームばかりではなく、バナナ、イチゴ、リンゴ、チョコレート、ポイップ、カレー、キムチ、ベーコン、チーズ、マヨネーズなど!準備されているバリエーションの数がすごく、大人げなくキャーキャーと楽しんでしまいました。

お店の方にも、こんなに仲の良いママ友も面白いですね。。。と。きっと、このおばさんたちは大人げもなくはしゃいでる。と思われてしまっているんだろうなと感じつつも、出来上がりは子供たちのお土産のため一生懸命焼きました(笑)聞くところによると、外国人観光客の利用者も多く、沢山のバリエーションがあるのだそう。すべて焼き切ると、17個位出来上がりましたが、外国のお客さんの中では、お土産にせずにその場で食べきってしまうそうです。すごいなぁ。。。二人で頑張って作っても、4つ程度で、帰りに「なんかもたれるよね」と年を感じる次第です。お子さんがいるご家庭や、団体で楽しみたい方も十分楽しめる貸し切りスペースがありました。

また、施設の方にはお勧めなのが、出張で手作り実演もしているそうです。是非ご活用ください。

当日は、雨模様でもあり、スカイツリーに雲がかかっており、不思議な雰囲気を醸し出していました。人力車のお兄さんも小雨の中走りながら浅草の歴史も詳しくお話頂き、浅草のたのしい歩き方も教えて下さり、十分楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

着物貸付屋さんにも、綺麗に着付けと記念撮影をしていただき、大満足でした。

たまには、非日常の息抜きも必要ですね。お邪魔したお店の情報をご参考下さい。

和菓子作り-和を体験 浅草たい焼き工房「求楽」

https://guraku-taiyaki.jimdo.com/

人力車 えびす屋浅草店

http://www.ebisuya.com/branch/kaminarimon_shafu/

浅草着物レンタル華雅/和服出租 淺草華雅

https://asakusa-hanaka.com/2018/02/

一年ほど前より近所に「Lapin」というパン屋さんがオープンし、娘の友達の仲良しさん同士で流行っているお店を紹介します。以前より、気になっていたのは、昼間と夜のお店の雰囲気がガラッと変わるところです。

昼間は子供たちが大好きなクリームパン・メロンパンなどがあり、娘もお気に入りのお店のキャラクターでもある、うさぎちゃんのかわいらしいパンが売っています。調べてみると、北海道産の100%小麦使用のこだわりのパンが100円です。いつも買ってきたものは子供たちに食べられ、あっという間になくなってしまうので、今回は耳の部分だけ一口!小麦の風味が甘く、美味しかったです。

 

 

また、夜の雰囲気では、なんとお酒がゆっくりと楽しめるバーに変化していました。昼間しか利用をしておらず、夜に空いてる♪と思って、パンを買いに行ったら大人の雰囲気にガラッと様変わり。すっぴんトレーナーで買いに行ったのが恥ずかしいくらいでした(笑)

今度はおしゃれな恰好で行くしかない?ですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

Lapin

東京都立川市高松町1-30-13

TEL 042-519-3382

営業時間 月〜金11:00~18:00/18:00~23:00(Bar)土日祝 11:00~18:00 /18:00~23:00(Bar)


ページの
先頭へ