有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。南のほうから桜満開の知らせも届きはじめ、日ごとに春めいてきましたね。横浜公園の桜も満開に近くピンク色が眩しいです🌸

 

昨年3月、東京相談室の移転時に頂いた胡蝶蘭。花が落ちてから、いくつか神奈川相談室にお裾分けしてもらい、支柱を取り除き根元から切り約半年…

こちらの鉢はまだ蕾、もうひとふんばりです

 

陽の光をたっぷり浴びて、少し上のほうで切ったこちらの鉢は一輪また一輪と開花しました。もう一つのポットも花芽が出ているので来月には咲きそうです。

 

花つながりで、グリーティングシリーズの切手。この時期は春の花々が勢ぞろいしています。🌷

 

1カ月ほど前に植え付け作業をしていた道路沿いの花壇でも続々と開花。こちらも春を感じられます。🌼

 

さて昨晩、オリンピック延期のニュースが飛び込んできましたね。

検討事項は山ほどあると思いますが、無事開催されて後々「TOKYO2020だけと実際は2021年だったよね~」と話せるような平和な未来が訪れることを祈るばかりです。

 

連日、新型ウイルスについての報道でもちきりですが、外を歩けば桜も咲き始めて春はすぐそこですね。季節は進んでゆきます。

 

さて、先日長野県へ行った際に最強のパワースポット・善光寺へ行って参りました。

「牛にひかれて善光寺」

信心のない老婆が、さらしていた布を角にかけて走っていく牛を追いかけ、ついに善光寺に至り、のち厚く信仰したという話があり、≪思ってもいなかったことや他人の誘いによって、よいほうに導かれることのたとえ≫となったそうです。🐄

 

境内には様々な歴史的文化遺産がありましたが、本堂でお参りしてきました。

創建以来十数回の火災に遭いましたが、その度ごとに、民衆の如来様をお慕いする心によって復興されてきたそうです。

 

この日は晴天、本堂の前の大香炉が空いていたので煙をたっぷり浴びました。

ちなみに焼香(香)は、自らの心身の穢れを落とし、清らかな心で祈りを捧げる為の下準備。お寺や仏壇で手を合わせるとき、お香の香りで優しい気持ちになりませんか?お香はそんな気持ちの手助けをする一だそうです。

浴びるものでは無かったです。

 

帰り際に目に留まった六地蔵。人間が死後に進む道「六道」、この六つの世界で悩み苦しむ人々に救いの手を差し伸べるのが六地蔵です。

地獄を担当するお地蔵さま(写真一番右)はよく見ると片足が前に出ています。これは地獄にいる人々を少しでも早く助けに行こうとしている気持のあらわれだといわれています。

合掌

 

こんにちは。先日、長野県へ行ってきました。長野県といえば、何を思い浮かべますか?今の時期だとスキー場、夏は避暑地で有名な軽井沢がありますね。

そして1位ではないですがランキングで必ず5位以内にはいる長野県名物が、「りんご」です🍎

東京相談室・唐沢は、G博に行ったようですが、髙倉は🍎博に行って参りました。

とことんりんごにこだわった、りんごづくしの博物館、そんなキャッチフレーズです。

 

 

長野県飯綱町の片田舎にその🍎博物館はあります。外観です。休日の昼間ですが、人っ子一人いません。流行のコロナウイルスの影響ではないと思います。

 

かわいいおみやげ物が入り口横にありました。入館料大人300円、そんなに期待もせず入館。

 

まずは、りんごの歴史やリンゴ栽培について学びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、りんごマンホール、りんごの凄いところ、海外のりんご、りんご系譜…とまさにりんごづくし。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからが見ものです。りんごコレクションの数々をご覧ください。りんごに関連するもの、日本にとどまらず世界各国ものすべてがこの博物館においてあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップル…確かにりんごですね。

 

ニュートンもいました…りんご使いましたね。

椎名林檎さんがピースしているの、おわかりになりますか?…りんごですね。

 

まだまだりんごあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りんごに描かれた顔、なんでこんなにリアルにしたのでしょう…

 

まだまだです。

 

おなかがすいてきたのでりんごカフェに立ち寄りました。アップルパイ風ケーキとりんごのすり身とりんごが入った紅茶です。

 

以上、りんご好きのためのりんごづくしの博物館でした。

ないな~と思ったものは、りんごちゃんとピコ太郎。

入館料300円以上の満足感が得られた、ブログ内では書ききれない魅力たっぷりないいづなアップルミュージアムでした。

 

 

こんにちは。新型コロナウイルスの流行の影響で、いつもは土日・平日に関係なくごった返している中華街メイン通りは閑散としています。

介護施設研究所でも、手洗い・うがいの徹底で予防対策を取っています。

 

さて、今回は厄年に関しまして。地域や宗派などによっていろいろあるようですが、一般的に人生で3回訪れる厄年。特に大厄となる年には、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされています。

 

科学的根拠もないですが、古くから信じられているということもあり、大厄の年には厄除け参りに行こうと前々から決めていました。

…が、数え年での年齢ということと、生まれ月が一年の終わりに近いので今年で〇〇歳になるという認識が遅いこともあり、いつの間にか本厄の年が過ぎていました。

 

近くで厄除け大師といえば川崎大師。ということで、先月急いで厄除け参りに行ってきました。手水舎で清めていざ参拝です。

 

冷たい雨の降る寒い日だったため初詣の時期ほどの混雑もなく参拝。大厄の年に目立った凶事もなく過ごせたことの感謝をしっかりと伝えることができました。

 

帰りは冷えた体を温めるため白玉ぜんざいと久寿餅を頂くことに。イートインを伝えたのですが、全商品に軽減税率を適用するという店側の意向により味気のない紙カップと箱で提供されました。目的は達成されたので、良しとします。

 

髙倉 理乃
2020.01.25 13:31

熱海の旅

こんにちは。一年で一番寒い時期らしく、天気予報では雪の予報がちらほら出ていますね。風邪をひかないように手洗いうがい水分補給をしっかりしたいですね🍵

 

さて、先日熱海の来宮神社に行く機会がありました。古くから熱海郷の地主の神として、来福・縁起の神として信仰されています。

 

神社内には、緑化事業によって造成された「楠への小路」がありました。近年、パワースポットとして参拝者が増えたため、小ぎれいにしたようです。

 

この大楠参道を通って、神木「大楠」に向かいます。こちらの大楠は樹齢2千年を超え、携帯カメラにはおさまらない迫力のあるサイズ感でした。ご神木に手をついたり、音を聞いたり、参拝者の方々は思い思いの方法でパワーをもらっているように見えました。

 

同じ日に、熱海の海岸で「どんど焼き」が行われていました。地域によって行う日に差がありますが、どんど焼きとは、竹を束ね扇や短冊などを添え、お正月飾りやしめ縄などを集めて焚く伝統行事です。タイミングよく訪れることができたので、神奈川相談室のお飾りも焼いてもらいました。

 

帰りの駅のホームでTHE ROYAL EXPRESSとリゾート21が並んで停車していました。THE ROYAL EXPRESSのコンセプトは美しさ煌めく旅…お高いため?窓から中をうかがえず😊。リゾート21は別名黒船電車やキンメ電車と呼ばれています。普通列車なので、熱海~伊豆急下田間で、運が良ければ乗れるかもしれません🚋※こちらのこざっぱりしたホームは伊東駅です。


ページの
先頭へ