有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。連日、寒暖差が激しく体調を崩しやすくなっていますね。山間部や東北では雪が降り、スキー場の営業が延長されたといったニュースも目にしました。

 

さて、もう毎年恒例となりました「ガーデンネックレス横浜」。今年も3月下旬~6月にかけて花と緑にあふれた横浜になります。

 

ここ数日の寒さのおかげで、見ごろを迎えているのチューリップは長持ちしています。

 

神奈川相談室からほど近い横浜公園では本日~3日間、スプリングフェアが開催されます。色とりどりのチューリップが絶好のフォトスポットとなりそうです。

 

同時にベイスターズの試合があるので、一層盛り上がりを増しそうです。イベント用のテントも準備されていました。

 

ベイスターズと言えば・・・今年はベイスターズが70周年という節目の年のようです。(この写真は3月なのでまだつぼみです)

 

それに乗っかり?日本大通り駅の発車メロディーが変更になっていました。

 

先週終わりましたが、横浜の選挙ポスターはベイスターズコラボです。シーズン開幕!選挙も開幕!みたいな感じでしょうか。

 

 

本題に戻りますが、週末は横浜公園・山下公園・日本大通り・みなとみらい地区に咲く色鮮やかなチューリップを観に来てみてはいかがですか🌷

 

菊の花のような咲き方をするチューリップや

 

ユリのようなチューリップなど

 

♬あ~か~し~ろ~き~い~ろ~♬だけでない珍しい色のチューリップも見られますよ^^

 

髙倉 理乃
2019.03.30 12:16

ICL

こんにちは。桜も開花し、お花見日和~といきたいところでしたが、この土日は冬に逆戻りしたように冷たい連休になりそうです。

先日、通りかかった桜の木にしがみついている物体を発見しました。ずっとこの体勢でいるの、大変そう…

 

 

さて、ICLという治療法はご存知ですか?眼内コンタクトレンズ=Implantable Collamer Lensの略で、目の中に眼内コンタクトレンズを入れることで視力を矯正する治療法です。

 

髙倉の裸眼の視力は、右0.01、左0.02で「最強近視」クラス。最強というとなんだか強そうですが…レーシックと比較されることがありますが、最強近視クラスはレーシック適応不可。ということで、ICL治療を致しました!

 

手術3日前から細菌を抑える点眼を自宅で行います。特にしみる感覚もなくコンタクト装着時でも使えるので不便は有りませんでした。

 

手術日は、コンタクト使用禁止。化粧・整髪料なども禁止。

手術は全身麻酔ではなく点眼による眼球部分のみの麻酔です。元々目が悪いのと、手術の為に瞳孔が開いた状態の目の真上から手術用ライトが照らされ、眩しくて何も見えません。

 

手術時間は片目10分~15分程度と言われていましたが、それよりも長く感じました。手術後は屋外の日差しが眩しすぎて目が開かず、何とも言えない疲労感で帰りの電車は記憶なし。

 

術後一週間は3種類の点眼薬を数時間おきにするのと、外出時は埃やチリよけに保護目が目をすることが必要です。

 

そしてなんと洗顔禁止。ホットタオルをあてる程度との指示だったので、その通りに。振り返ってみるとこれが一番つらかったです。また、就寝時は誤って目に触れてしまわないように眼帯をします。つけている姿はなかなかシュールです。

 

気になる手術の結果は…右0.01、左0.02 → 両目1.5 °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

近視が戻ることは少ないようですが、なんとなく目を大切にしようと心がけています。

 

現在術後二週間、点眼薬は使い切るまで、とのことなので継続中ですが、毎朝目が覚めた瞬間から天井の隅から隅まで鮮明に見える感覚、最高です。

 

卒業シーズンの3月、コンタクト・メガネ、卒業しました!!

※たまったコンタクトケースのカラはリサイクルしているとの事でしたので、今度専用BOXに返却しに行こうと思います。

 

こんにちは。

桜の開花予報が発表されました。東京では3/30頃に開花するそうですね。

 

先日、横浜港内クルーズ船に乗せていただきました。題して「横浜海上散歩」!

 

約45分間の乗船で、大さん橋から山下公園、ベイブリッジ、みなとみらい地区をめぐることができるクルーズ船です。早速、一番乗りで乗船し、先頭座席を確保します。

 

ブオーンというエンジン音と共に出発、大さん橋にいる観光客に手を振ります。この日は強風ということもあり、船体は大揺れでポイントによっては水しぶきが飛んでくるエキサイティングな体験もできました。

 

遠くには横浜っぽいみなとみらいの景色が綺麗に見えます。ガイドさんの盛沢山の小ネタを聞きながら楽しく船旅をすることができます。

 

ベイブリッジ付近に差し掛かりました。横浜ベイブリッジは、間もなく終わりになってしまう「平成」元年に開通したつり橋です。(ガイドさん)

 

船上からしか見られない、こんな珍しい光景も。ベイブリッジの真下を通る直前!

 

そして橋下を通過!

 

あっという間でした。

 

途中、観光中の水陸両用車と並走、手を振ります。

 

海上保安庁にも手を振ります。

 

遠くに赤灯台が見えます。こちらは「横浜北水堤灯台」と言って、明治時代から現在も、現役で活躍している灯台です。灯台の数は年々減少していますが、この赤灯台は建設当初から場所は変わらず。今後も使われ続けてほしいですね。

 

先日、小田原で、明治26年創業という老舗日本料理店に行く機会がありましたのでご紹介します。

 

外観はこんな感じ

 

建物自体は、なんと国の登録有形文化財。関東大震災で店舗部分が損壊、現在の建物は大正15年に再建されたものだそうです。

 

1階部分は100席ある食堂で、定食やお寿司・天ぷらのセットなどがリーズナブルな値段でいただけます。今回は事前に予約をして2階部分のお座敷にお邪魔しました。趣のある店内です。床・棚・建具・欄間には装飾が施され、きめ細かい職人技も楽しむことができます。

 

さて、お料理が運ばれてきました。先付・口代り・煮物 こんな感じです。

 

お刺身と天ぷら

海が近いだけあって新鮮なお刺身をいただけました。食堂でいただける天丼の天つゆは門外不出の継ぎ足し継ぎ足しで、これを目当てにくるお客さんも多いそうです。

 

ご飯とお吸い物、季節のデザートです。お吸い物には菜の花・たけのこが入っていて季節を感じられる味でした。

 

なんて書いてあるんだろう…

 

 

この日は、特別在籍相談員・栗田の墓参りで小田原に来ていました。猫好きだった栗田、我々がお参りしに行くことを察知したのか、お墓では猫が出迎えてくれました。

 

だるま料理店から小田原駅までの帰り道、干支のイノシシがぶら下がっていました。

 

  • だるま料理店 〒250‐0012 小田原市本町2丁目1番30号

 

 

こんばんは。寒さの底はいつの間にか過ぎて、日中の暖かな日差しがだんだんと心地よく感じられるようになりました。

 

先日、天気が良かったので三浦半島に行ってきました。都心からも一時間程度で、海もありちょっとしたリゾート気分を味わえます。

最初の目的地はこちら。「燈明堂跡」

 

江戸時代につくられた日本式の灯台「燈明堂」は明治の初めまでその役割を果たしました。

 

 

当時、周辺は台場が作られ、外国船に備えられたそうです。

また首切り場として使われたため付近には供養碑などが立ち並んでいます。南無。

 

現在では休憩スポットのように整備されて居心地の良い散策地となっています。この日は気温も暖かく読書をしている人もいました。

 

海岸沿いの海水は透明度も高く、夏はプライベートビーチのように海水浴も楽しめそうです。

 

 

お昼ご飯を食べ、満腹になったところで次の目的地「城ヶ島」へ。三崎港に面していて漁港風景を見ることができます。高台には城ヶ島公園があり、ちょっとしたハイキングコースがあります。

 

「馬の背洞門」

波の浸食によって岸壁に穴が開きアーチ型にくりぬかれたものです。洞穴の真上の道が馬の背のように見えることから、馬の背洞門と呼ばれるようになりました。神秘的な景色、ということでパワースポットともされているそうです。

 

帰りは海を眺めながら。

 

 

リフレッシュしたい日に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

■ 燈明堂跡 京急裏が島駅からバスで10分、「燈明堂入口」下車

■ 馬の背洞門 京急三崎口駅からバスで35分

 


ページの
先頭へ