有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。

東京アラートが解除され東京都では休業要請の緩和段階がステップ3になりました。新しい日常を実践し、巣ごもり生活から徐々に抜け出しつつありますが、途端に関東では梅雨入りとなりました☔

気持ちの良い気候の中外で楽しく…というのはまた少しお預けになりそうですね。

 

家で過ごすことも多いので…髙倉お菓子作り第2弾🍩、だんごを作ってみました。ホットケーキミックス不足でもびくともしなかったのが、和菓子系の白玉粉・上新粉・米粉等々。今回使ったのはもち粉。作り方はいたって簡単です。

 

【材料】

・もち粉    100g

・水      100ml

・きな粉、砂糖 適量

 

もち粉と半量の水をボールに入れます。同時に、鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。

 

こねながら水を足していき、耳たぶくらいの硬さになるまでこねます。

 

こねあげたら、一口大に丸め、順に沸騰した鍋へ投入。

 

数分後、浮き上がってきたらすくい上げ、冷水にさらします。

 

水を切って、お好みできな粉をかけて出来上がりです🍡

 

もっちり食感のお月見団子といったところでしょうか。米粉にしてヘルシーに、餡を作ってみたらし団子、よもぎパウダーを加えてよもぎもちに。いろいろアレンジがききそうですよ😊

 

こんにちは。

39県で緊急事態宣言が解除されました。東京や神奈川は継続ということで、まだまだおうち時間が多い状況は続きそうです。

当社でお菓子作りといえば相談員・下田ですが…そんなプロ級の腕が無くても問題なし!失敗もなし!お菓子作りに慣れていなくても簡単にあるものを使ってケーキが作れると知り早速作ってみました。

 

【材料】

・りんご  2個      ・ホットケーキミックス 150g

・砂糖   大さじ3★   ・シナモンパウダー 小さじ1★

・砂糖   30g     ・卵    2個

・はちみつ 大さじ3    ・バター  5g

 

まずはりんご1個を皮付きのまま写真のように切ります。

↑材料で、★印のついた砂糖(大さじ3)とシナモンパウダー(小さじ1)を入れざっくり混ぜ、レンジ500Wで3分半チンします。

 

もう1個のりんごは銀杏切りにします。

 

レンジで加熱している間に、ホットケーキミックス、砂糖、卵を混ぜ合わせ、はちみつを入れさらに混ぜます。

 

銀杏切りにしたりんご1個分とレンジから出したりんごの水分を入れ、混ぜます。

 

ここで、あるものが登場🍚 そう、炊飯器です。炊飯器の底にバターを塗ります。

 

レンジで加熱したりんご1個分を並べます。

 

ホットケーキミックスの生地を流し込むとこんな感じです。通常の炊飯1回します。

(足りないようだったらさらに30分程度)

 

炊き上がったら、やけどに注意してお釜をひっくり返します。ジャーン🍰

りんごもう1個入れても良かったかな~と思いました。

 

ホットケーキミックスが品薄状態なのが問題ですが…とても簡単です。

ほかのフルーツでも応用できそうです😊

 

こんにちは。最近は新型ウイルスの影響もあり、感染予防対策として免疫力アップを心がけている方は多いのではないでしょうか。

・歩くことを心がける

・温かいものを飲む

・睡眠をしっかりとる

・よく笑うようにする

…などなど、「免疫力アップ」と検索しただけでいろいろなキーワードが出てきます。

 

そんな中、「免疫力アップ」効果がある食品ということで、知人より「納豆」をいただきました。あのスタンダードな四角いパックをイメージしていましたが…まるで納豆の宝箱のようですね。

 

舟のような容器に入っているこちらの舟納豆は小粒サイズでご飯のお供にピッタリです。そばの實入り、もち麦入りなど種類豊富で飽きないです。

 

こちらの丸い容器のほうには、立派な大粒が。一粒一粒味わって食べるタイプで、こちらも黒粒、青大豆、赤大豆など数種類あります。

 

こちらの舟納豆さんは、大粒から小粒、王道から変わり種まで幅ひろい品ぞろえで、好みの逸品が見つかりますよ🥄

 

 

今年の大型連休は例年とは違った過ごし方になりそうですね。

感染リスクと戦いながら働いているすべての人々に対し、心からの感謝と敬意を表すとともに、不要不急の外出は控えて自宅で楽しく過ごしたいです。

 

こんにちは。南のほうから桜満開の知らせも届きはじめ、日ごとに春めいてきましたね。横浜公園の桜も満開に近くピンク色が眩しいです🌸

 

昨年3月、東京相談室の移転時に頂いた胡蝶蘭。花が落ちてから、いくつか神奈川相談室にお裾分けしてもらい、支柱を取り除き根元から切り約半年…

こちらの鉢はまだ蕾、もうひとふんばりです

 

陽の光をたっぷり浴びて、少し上のほうで切ったこちらの鉢は一輪また一輪と開花しました。もう一つのポットも花芽が出ているので来月には咲きそうです。

 

花つながりで、グリーティングシリーズの切手。この時期は春の花々が勢ぞろいしています。🌷

 

1カ月ほど前に植え付け作業をしていた道路沿いの花壇でも続々と開花。こちらも春を感じられます。🌼

 

さて昨晩、オリンピック延期のニュースが飛び込んできましたね。

検討事項は山ほどあると思いますが、無事開催されて後々「TOKYO2020だけと実際は2021年だったよね~」と話せるような平和な未来が訪れることを祈るばかりです。

 

連日、新型ウイルスについての報道でもちきりですが、外を歩けば桜も咲き始めて春はすぐそこですね。季節は進んでゆきます。

 

さて、先日長野県へ行った際に最強のパワースポット・善光寺へ行って参りました。

「牛にひかれて善光寺」

信心のない老婆が、さらしていた布を角にかけて走っていく牛を追いかけ、ついに善光寺に至り、のち厚く信仰したという話があり、≪思ってもいなかったことや他人の誘いによって、よいほうに導かれることのたとえ≫となったそうです。🐄

 

境内には様々な歴史的文化遺産がありましたが、本堂でお参りしてきました。

創建以来十数回の火災に遭いましたが、その度ごとに、民衆の如来様をお慕いする心によって復興されてきたそうです。

 

この日は晴天、本堂の前の大香炉が空いていたので煙をたっぷり浴びました。

ちなみに焼香(香)は、自らの心身の穢れを落とし、清らかな心で祈りを捧げる為の下準備。お寺や仏壇で手を合わせるとき、お香の香りで優しい気持ちになりませんか?お香はそんな気持ちの手助けをする一だそうです。

浴びるものでは無かったです。

 

帰り際に目に留まった六地蔵。人間が死後に進む道「六道」、この六つの世界で悩み苦しむ人々に救いの手を差し伸べるのが六地蔵です。

地獄を担当するお地蔵さま(写真一番右)はよく見ると片足が前に出ています。これは地獄にいる人々を少しでも早く助けに行こうとしている気持のあらわれだといわれています。

合掌

 


ページの
先頭へ