有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

連日、殺人的な暑さが続いていますね。熱中症も他人ごとではありません。

水分・塩分を適度にこまめにとりながら皆様どうぞお気を付けてお過ごしください。

 

 

さて、先日友人に会いに長野県へ行ってまいりました。道中、鉄道ファンを引き寄せる看板が高々と立っていたので、迷うことなく立ち寄ることにしました。

 

【碓井峠鉄道文化むら】

 

急こう配の地形のために鉄道を敷くことが困難とされてきた碓氷峠。ドイツの山岳地帯の鉄道を参考に、日本初の「アプト式」という形式を使い鉄道が開通されたこの碓氷峠という地で、峠の鉄道の歴史に触れることのできる場所です。

 

入場してすぐの、シンボル広場。子ども向け遊具があちらこちらにあります。サササーと抜けないと、入場料以上にこちらのほうが高くつきそうです。

 

ここは群馬県ですが、山手線もあります。

 

 

ノンビリとシンボル広場を歩いていると、ポポー…シュッシュッシュッシュ!!と聞こえてきます。園の目玉のひとつ、園内の高架橋の上を、蒸気機関車が走るのをちょうど見ることができました。

 

蒸気機関車発祥の地イギリスからやってきた美しいブリティッシュグリーンの本格的蒸気機関車です。運行時間が決まっており、タイミングが良いと乗車することができます。炎天下で次の運行まで待つことができなかったので、乗車は断念しました。

 

 

ギラギラ照りつける太陽に負けて室内(鉄道資料館の中)へ…

鉄道資料館のなかには、横川~軽井沢間(信越本線、残念ながら既に廃線)の、碓氷峠の鉄道ジオラマがありました。演出運転の時刻になると鉄道模型が勢いよく走り出します。東海道新幹線、旧東海道線、スーパービュー踊り子、京浜東北線まで、東京を走る列車も複数登場していました。

 

2階は、碓氷峠の歴史。

こちらは以前使われていた気象情報版。昔は手書きで記入し知らせていたのですね。

峠越えをした鉄道の貴重な資料を展示しています。

 

 

 

園内は広く、屋外スペースには、ミニ蒸気機関車の運転体験がれきるファミリー列車コーナーやミニSL運行コーナーもあります。もう少し過ごしやすい気候であれば、一日楽しむことができたのですが…

 

また、鉄道文化むらを飛び出て、提携施設には日帰り温泉もあります。「ぶんかむら駅」~「とうげのゆ駅」としてトロッコ列車で行き来することが可能です。

 

 

水分補給!水分補給!と自販機に駆け寄ると、鉄道文化むらのペイントが施されていました。

 

 

見て、触れて、体験できる峠と鉄道の歴史、ポッポタウン♪

■ 碓氷峠鉄道文化むら

〒379-0301 群馬県安中市松井田町横川407-16

 

こんにちは。ここ数日、昼夜問わず突風が吹き荒れていますね。

日傘が飛ばされ、帽子が飛ばされ、駐輪してある自転車がドミノ倒しとなり、看板がなぎ倒され、という光景を目にします。

空の雲はものすごい勢いで流されています。まだ梅雨時期のはずですが、もう夏のような空ですね。

 

 

秋、10月~11月に見ごろを迎える日本大通りのいちょう並木では、銀杏が落下。もうこの時期から銀杏が生っているのですね。いちょうの葉はもちろんまだ青々としています。

 

 

さて、話は変わりまして、最近マイブームの納豆ふりかけ。

納豆について面白いネタはないかな…とググっていたところ、納豆ふりかけの原料の【乾燥納豆】が昨年「○○○の知らない世界」で取り上げられていたそうです。一年遅れでブーム到来です。

 

「いその、納豆ふりかけ」 静岡・カネジョウ謹製 

※化学調味料無添加 国内産の大豆と海の幸 川口納豆使用

この川口納豆という製造元、宮城県の奥羽山脈のふもとにある会社です。乾燥納豆は、宮城県産大粒大豆をひきわりにしてフリーズドライ加工した納豆です。

 

熱々のご飯に納豆ふりかけ。シラスやサクラエビ、ノリも混ざっています。にぎにぎ…おにぎりにして、いただきました。

納豆独特の匂いが控えめで納豆が苦手な方でも食べられそうです。

 

 

お次は「国産大豆 納豆ふりかけ」 納豆工房せんだい屋

 納豆と削り節をバランスよく混ぜ、「食べやすく」「味わい深く」仕上げました

こちら、中身の写真を撮る前に完食してしまいました。ごはんに乗せると(熱に触れると)ネバネバが復活。ふりかけなのに糸を引きます。

 

 

ここで納豆豆知識ご紹介。

納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素、聞いたことはありませんか?血液サラサラ効果があることで知られていますね。

しかし、このナットウキナーゼ、熱に弱い。そのため、熱々のご飯にかけると消滅してしまうそうです。これは普通の納豆でも乾燥納豆でも同じとのこと。

納豆と熱々のご飯。相性は最高ですよね。ナットウキナーゼは消えてしまいますが、あ~美味しい!という満足感で栄養補給です。

 

 

連日連夜サッカーワールドカップの観戦の為に寝不足という方も多いのではないでしょうか。髙倉は、「サッカーよくわからないし…翌日のスポーツニュースで十分」という考えなので、毎晩9時就寝翌朝6時起床9時間睡眠という健康的な毎日を送っています。※えー!応援しなくちゃー!と、東京相談室の唐沢に一喝いれられそうです。

これから本格的な夏。というかまだ梅雨明けの発表はされていないような…

みなさま体調気を付けて納豆を食べて元気にお過ごしくださいませ^^

 


この度の震災において被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます


 

 

こんにちは。梅雨時期に貴重な晴れとなりました、有効に活用したいですね。

 

さて、途中になっていました『熱川バナナワニ園』の残りの園の様子をお届けします。

 

ワニ園を出て、分園を歩いていると…かわいい足跡が!

 

たどってくと…

 

レッサーパンダがお食事中でした。ワニに食べられないように、別の園で生活をしています^^ カメラを向けるとひょいっと逃げてしまう恥ずかしがり屋です。

 

 

そっぽを向いたカメさん。こちらもむしゃむしゃお食事中です。

 

お次はフラミンゴ。フラミンゴと言えば一本脚でのバランス立ちを見かけますね。実はこれ、休憩スタイルなんだそうです。片足に負担がかかって疲れそうですよね。

 

 

可愛い動物たちを通り過ぎ、順路は室内へ。

プチ水族館のようですが…入り口にはドーンとワニの標本(復元)が!80万年前に日本に棲んでいたワニで、全長が8m。当時の気候は現在よりも暖かかったため、日本のあたりにも生息していたそうです。

 

 

ぬぉ~っと魚がお出迎え。誰かに似ている!?

 

今はやりの?ドクターフィッシュ体験!!をできるコーナーがありました。

幼児が一生懸命手を伸ばし入れていましたが、一匹も寄ってきません。一緒にいた大人の方が手を入れるとこのように一気に手の周辺は魚だらけに!!幼児は角質が無いのですね…羨ましい。


 

 

次は温室へ。まだ緑のバナナがた~~~くさんありました。バナナワニ園ですからね。

 

パパイヤの木も発見。

 

写真右側に見える赤い実。コーヒーの実を見ることができました。

 

 

最後はお土産物屋さんへ。

 

やっぱりワニでした。

 

 

こんにちは。先日、京急主催の鉄道イベントに行ってまいりました。

京急・ファミリー鉄道フェスタ2018

 

工場の屋内外を最大限に利用し、鉄道ファンを魅了します。ちなみに昨年は24,000人もの来場客がいたそうです。

 

会場までは、お迎え臨時電車(久里浜駅~会場の工場まで特別電車が運行)か無料シャトルバスか徒歩。臨時列車やシャトルバスはすし詰め状態、というか溢れかえっていていつになったら乗れるかわからなかったので、久里浜駅から徒歩で向かいました。

 

到着

開場時間は10時。10時半くらいにつきましたが、既に人でごった返していました。

 

 

会場内を把握できないまま、人の流れに乗って進みます。

まず、目についたのは「洗車体験」。電車の中から洗車の様子を見学できるそうです。

 

先着順。待ち時間が長そうでしたので、次へ…

 

 

「軌道補修作業実演」

線路の補修作業を実際に見せてくれました。説明をしていただきましたが、難しい…。

興味深く見入る大人たちが沢山いました。鉄道ファンにはたまらないのでしょう。

 

 

「運転台撮影」

事前応募イベントで、本物の運転台に入らせてくれます。帽子をかぶって写真撮影までできます。(小学生以下、限定。)

 

ところどころにある車両を撮影しようと思いますが、人人人で、電車単体の写真撮影は難しいです。

 

 

 

様々なタイプの京急列車が集合、整列していました。脚立を持参して撮影している人もいました。正面から撮れればよかったのですが、なかなか空かないので横からパシャリ。

青空に赤い車体が際立ちます。

 

旧1000形花電車

2011年に引退した旧1000形、都営浅草線相互直直通運転50周年を記念して、50年前に乗り入れ開通式で運転された花電車を再現したようです。

 

湘南電鉄デ1形復元保存車

昭和4年に製造された列車の復元モデル。ドアが木製です。

 

と、どこもかしこも京急づくしのイベントでした。

 

お子さまはこちらの方が良かったようです。

会場内の一角にプラレール広場が…

 

うん十年後には、本物の鉄道を食い入るように見つめてシャッターを切っているでしょうね。

 

お昼も過ぎ、お腹がすいたので帰路に着きました。

「京急ファミリー鉄道フェスタ記念弁当」が販売されていましたので、一日中いることもできたようです。

 

 

こんにちは。

 

先日、伊豆方面へ旅行に行ってまいりました。海岸線の135号線を南下していると…

ワニ出現。

ATAGAWA TROPICAL&ALLIGATOR GARDEN

 

せっかくなので立ち寄ることにしました。

熱川バナナワニ園

 

 

チケットと園MAP 入り口もワニです。

 

 

ワニ園・分園・植物園にわかれており、園から園への移動は15分おきくらいに出ているシャトルバスを利用します。(徒歩でも15分程度だと思います。)

 

まずはワニ園へ。中へ進むにつれ、何とも言えない、ワニがいそうだな~というような臭いが漂います。

 

いました!ワニです。

 

数歩歩くとまたワニ。

 

またワニ…立ってるー

 

と、園内はワニ尽くし。ここからはワニに関するQ&Aのと共にベストワニショットをご覧ください。

 

Q.ワニはどのくらい水の中に潜っていられますか?

 

A.約1時間くらいです。

 

頭上にもワニ。

 

 

Q.ワニのかむ力はどれくらいですか?

 

A.1トン以上あります。動物の中では最強。逆に開く力はあまりないそうです。

 

ワニワニ。

 

 

Q.エサは何を与えていますか?

 

A.鶏肉です。

 

爬虫類の進化表を見つけました。恐竜から進化して現在のワニの姿になったわけですが、ずっと見ていると恐竜に見えてきます。

 

Q.ワニの歯は何本ありますか?

A.種類によって異なり、クロコダイルは70本、アリゲーターは80本、インドガビアルは110本!

 

ワニワニ。

 

 

バナナワニ園の「バナナ」部分を発見。

 

ワニで統一できたので、分園については別の機会に報告します。

 

もちろん、お土産コーナーもワニ尽くし。

 

 

 

 


ページの
先頭へ