有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

おひとりさまのがっつり系から変わりまして、お洒落なCaféをご紹介。

休日の散策中に文京区で素敵なお店と出合えました。

 

外観からも漂うお洒落感。

単純な豊田は早速同行者とお店の中へ。

しかし、中は満員御礼。外の看板でメニューを見ながら待つことに。

タイミングが良かったようで待ち時間5分程で、アンティーク品が並ぶお洒落な店内へと案内されました。

パスタやガレットといったお食事系も美味しそうでしたが、甘いものを食べたい気持ちが強かったのでクレープとコーヒーを注文。

コーヒーはこちらもお洒落感満載なグラスに入れられてきました。

 

そして一番のお楽しみのクレープ。

手にもって食べるような大きさを想定したのですが、運ばれてきたのはなんとお皿いっぱいに横たわるクレープ。

クリーム、イチゴもたっぷりと添えられており、流石に一人で食べるには量が多いので同行者と分けて一緒に楽しみました。

嬉しい誤算に気持ちもお腹もたっぷり満たされました。

 

 

梅雨明けを迎え、ようやく太陽がお目見えしいよいよ夏本番というお天気が続いておりますね。

しかし夏場だからと油断をしていると外気とクーラーのきいた室内との温度差に体力が奪われてしまうことも。

8月を迎えるとますます日差しも厳しくなってまいります。皆様くれぐれもご自愛ください。

 

月に数度、お肉が食べたい!と衝動に駆られる豊田。

その欲求は平日のランチで満たされることが多いのですが、今回はおひとりさまシリーズにぴったりのお店を発見し足を運んでみました。

 

JR巣鴨駅から徒歩数分、「炭火焼肉定食専門店 やまと」さん。

食肉卸販売業の会社が運営されているとのこと、味はもちろんお値段も魅力的なお店です。

店内にはテーブル席とカウンター席がそれぞれあり、おひとりさまでも安心の環境。

おひとりさま定番のカウンターへ案内をされ、いざ注文。

迷いに迷いカルビ&国産赤身を注文しました。

メニューは定食になっており、ご飯とスープ、キムチにナムル付。

このキムチが美味しいのですが、残念ながらお持ち帰り用の商品はなさそうです。

お肉は一皿ですが、女性からするとちょうどいいボリューム。

もちろん追加で注文もできるので、物足りないという方への配慮もされています。

目の前に置かれた七輪で、自分好みの焼き加減でいただいていきます。

おひとりさまの利点は自分のペースでじっくりと楽しむことができることですね。

この日はお隣に同じくおひとりさまの女性の姿もあり、美味しそうにビールで喉を潤しておられました。

 

こちらのお店はお弁当のテイクアウトもあるため、一人で焼肉は……と躊躇いがある方はそちらから試してみても良いかもしれません。

 

世間ではおひとりさま向けの飲食店が増えている傾向にあるようで、某ファミレスではおひとりさま専用席も設けているとか?!

面白そうなお店があれば、今後も果敢に挑んでいきたいと思います。

 

今回のおひとり様は、足を運ぶのにためらいもなくなってきた三度目の大塚のれん街へ。

 

海鮮居酒屋魚屋みらく劇場へお邪魔いたしました。

こちらの店舗は大阪を拠点に展開をされている店舗で、なんと大塚店が東京初進出だとか。

 

訪れた時はすでにほとんどの席が埋まっておりましたが、おひとりさま恒例のカウンター席は空いていたのですぐに案内されました。

 

お食事メニューは店名の通り魚がメイン。

早速お酒と一緒にサーモンのたたきを注文。

脂ののったとろとろの口当たりに一口食べただけですっかり虜に。

サーモンの下には生玉ねぎが敷かれておりましたが、こちらも処理がちゃんとされているのかおいしくいただけました。一品目にしてお店に対しての印象は高評価に。

おひとりさまでは毎回調子に乗ってお食事を頼みすぎてしまうので、今回は控えめに注文をしていきます。

 定番の枝豆に、大好物の牛タン(珍しい?西京焼き)、そして二杯目のサワーと最後にそら豆のオーブン焼きを注文。

そら豆を自分で剥いて、粗塩につけて食べるスタイルは手間なはずなのに、より美味しさを感じるから不思議ですね。

おひとりさまをしていると周囲の人といつの間にかお話をしていることが多かったのですが、今回はそれもなく。

ぷしゅーと、たまには本当のおひとりさまをしっぽりと楽しむのもいいものです。

 

平日真っただ中だったのでほろ酔い程度でおさえ、次はどのお店がいいかしらと全店舗制覇への思いをはせながら今回のおひとりさまはお開きです。

 

6月も半ばを過ぎ日々湿度が増しているように感じます。

比例して湿度だけではなく、気温も上がる一方。

そろそろ冷たいお食事も楽しみたいなと思い始めたところ。

そこで今回の渋谷Launchは東京相談室すぐ近くのお蕎麦屋さんにお邪魔をしてきました。

 

赤いのれんが目印の「蕎麦由々 金王庵」

以前から入ろう入ろうと思っていたのですが、いざ行こうとすると「支度中」の看板が出ていたり、お店が営業していなかったりと機会に恵まれず。ようやく今回入ることができたのですが、今までなかなか入れなかった理由が判明いたしました。

なんとランチは月火水の11:3013:30という限られた時間でのみの営業。

店内はお昼時とあって非常に賑わっておりました。

 

メニューはシンプルなせいろにはじまり、丼もののセットも豊富に取り揃えられております。

この日は鯛めし+冷たいお蕎麦をチョイス。

麺は細めでしたが、量は丼ものと合わせて食べるのに程よい量でした。

食欲がないときでも、箸が進みそうです。

鯛めしも非常に美味しく、アクセントの大葉の風味が食欲をさらに誘いました。

丼ものはこのほかにも選択肢がたくさんあったので、しばらくリピートしてそのほかのメニューも制覇していきたいと思います。

 

お店は東京相談室を出て左手に曲がりすぐの距離にございます。

お近くまでいらした際は、ぜひご利用をおすすめ致します。

ただし、営業日時に関してはご注意を。

 

お天気に恵まれた週末、友人に誘われてとあるイベントへ。

イベント会場はこちら。

 

大井競馬場です。

しかし目的は競馬にあらず。土日で開催されていた、全国から骨董品を取り扱う店舗が集う東京蚤の市に行って参りました!

 

 

会場入り口は某テーマパークのような長蛇の列が。しばし並ぶこと15分。

 

入場料700円を支払い、いざ入場。広い敷地内には265ものお店が建ち並んでおり、どこも多くの人で賑わっておりました。

出店は骨董品だけではなく、ドライフラワーや北欧雑貨、食べ物の露店も多くあり、あれもこれもと会場を隅々まで見て楽しむことができました。

出店しているお店の中には、ワークショップを開いているところもございました。

友人に誘われ、早速指輪づくりに挑戦。

作り方はとてもシンプル。

まずは指輪をはめる指の第二関節まで入るリングを選びます。

選んだリングを台の上で模様入れる金づちで叩いていきます。

模様を入れ終わったら、今度はサイズを広げるための筒にリングを通し今度は側面を叩いていきます。ちょうどよいサイズになったところで、最後に全体のゆがみを直せばあっという間に指輪の完成です。

(作業に夢中で作業工程を写真に撮るのを忘れておりました)

自分の手で作り上げた指輪にすっかり愛着がわき、早速愛用しております。 

 

その後も日本酒の飲み比べをしたり、おいしいソーセージを食べたりと全体を楽しむことができましたが、唯一の心残りは、同会場で開催されていた豆皿フェア。

実は一番メインの目的だったのですが、足を運んだ二日目は商品のほとんどが売り切れていた状況。

残念なことに結局なにも買わずに帰宅することとなりました。

 

大盛況の東京蚤の市。お目当てのものがある方は初日の早めのお時間に行くことをお勧めいたします。


ページの
先頭へ