有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

新たな刺激を求めてぶらぶらぶら。

今回は渋谷の新スポット、渋谷ストリームに足を運んでみました。

 

新スポットといってもオープンしたのは昨年の9月。

なかなか訪れる機会がなく、今回ようやく初レポートです。

 

アクセスは東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」16b出口が直結をしておりますので、そこからが一番わかりやすいルートかと思います。

地下からエスカレーターであがっていくとまずは渋谷川がお目見え。

画像右側の建物が渋谷ストリームです。(左側は左側で古き良き~?)

1~3階にはショップやレストランが建ち並んでおり、新たなご飯スポットに目移りをしてしまいます。

 

その中のひとつ、レモネード専門店にぶらりとお邪魔をしてみました。

冷たいもの、温かいものそれぞれございますが、驚きなのがその豊富な種類。

メニューの中にはスムージーやチーズなんて変わり種もございます。

スムージーは夏にはぜひ楽しんでみたいラインナップですね。

 

変わり種も試してみたい気持ちもございましたが、

初回はやはりスタンダードにとソーダレモネードを注文。

お店の並びにはイートインスペースもあり、

そこにはなんとイスのかわりにブランコがぶら下がっております。

試しに座ってみましたが、座り心地はなんとも…なんとも…

今回は大人しくテイクアウトで、おじゃましました~。

 

この他にもストリームにはお店は盛りだくさん。

ランチに晩御飯、いろいろ楽しめるようですので、渋谷にお越しの際はぜひお立ち寄りを。

お弁当作りをサボった日は、おいしいお昼を求めて気の向くままに渋谷をぶらり。

第二弾の今回は、以前夜に足を運んだことのあるお店へランチを食べに行って参りました。

 

 

 

京王井の頭線西口から歩いて数分の場所。

やや狭さを感じるこちらのお店はその名前が表す通りお魚がメインのお店です。

混雑が予想されていたので、お昼の時間から少しずらしてお邪魔をしたのですが、

それでも満席だったため5分程度外で待つことに。

 

待っている間にランチメニューを確認。

流石は限定20食。お手頃価格の漁丼は残念ながら売り切れでした。

気持ちはサーモンハラスといきたいところでしたが、朝食にも塩鮭を食べたことを思い出し自粛。

今回は刺身定食に決定。

 

 

メニューが決まったところでちょうど店内に案内されました。

店内には椅子席、カウンター、半個室とございます。おひとりさまで慣れたカウンター席に案内され、早速刺身定食を注文。

 

 

さっそく新鮮なお刺身に舌鼓。昼間からなんとも贅沢な気分になります。

 

お刺身の定食以外にも海鮮丼や御膳もございます。

渋谷で新鮮な海鮮を求められる方はぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。

早めのお時間であればワンコインで海鮮丼も食べられる、かも?!

目指せ、全店舗制覇。

ごぶさたのおひとりさまは、再び提灯まぶしいのれん街へ足を運んで参りました。

 

今回お邪魔をしたのはお寿司のお店。

お店に踏み込むとおひとりさまではもはや定番? カウンター席に案内されました。

窓からは都電が走る姿ものぞめます。

 

まだ早めの時間だったため静かなカウンターでひとりポツンとさみしさを感じつつ、おひとりさまをスタートです。

 

お通しは大根と鶏肉。月~水限定99円のハイボールと一緒にいただきます。

味がじゅんわりしみ込んでおり、鶏肉は口に入れたとたんほろほろと溶けるような柔らかさ。メニューの一品としていただきたいほどの美味しさでした。

 

これは他のお料理も期待できる!とどんどん注文していきます。

 

お寿司のお店、ということでまずは握りの盛り合わせ(6貫)を注文。

おつまみとして贅沢に雲丹炙り板わさも注文。

雲丹炙りは雲丹そのものの味は言うまでもありませんが、そこにちょっぴりわさびをのせるとこれがまた一味違った風味に。

美味しい料理にお酒もすすみ、普段頼まない日本酒にも挑戦をしてしまいました。

 

お料理やお酒に舌鼓を打っている内にお客さんがどんどん来店し、隣の席にも会社員のおふたりさまが。気さくな方たちで、気が付けば会話の中にまぜていただいていました。

途中流し?のマジシャンが来店し、カードマジックを披露してくださる場面も。

マジカルTOM様

※ご本人に掲載許可はいただいております。

 

美味しいお料理に、楽しい出会い。

おひとりさまだからこそ味わえる時間にたっぷりと浸って、今年はこれでおひとりさまおさめ。

 

今年も残すところあと僅か。

皆様方が健やかに新年をお迎えになられますようお祈り申し上げます。

豊田 美帆
2018.12.26 11:56

Zum Wohl!

今年は平成最後のクリスマス、皆様はいかが過ごされましたか。

 

豊田は当日はケーキも食べず、いつもと変わらぬ夜を過ごしましたが、

クリスマス前にクリスマスマーケットへ足を運びました。

元々はドイツを中心にヨーロッパの都市で行われるこちらのイベントですが、

近年では日本各地でも多く見かけるように。

今回向かったのは、日比谷公園の噴水広場で行われていたクリスマスマーケットです。

 

眩いばかりの星型イルミネーションに飾られた正面ゲートを抜けた先には、

食べ物やクリスマスグッズを取り扱うお店36店舗が建ち並びます。

足を運んだのは平日の夜でしたが、仕事帰りのたくさんの人で賑わっておりました。

 

クリスマスマーケットといえば、体を温めてくれるグリューワインが有名。

早速ドイツ風ミートローフとソーセージと一緒にいただきます。

 

グリューワインとは、シナモンやクローブなどのスパイス、果物を加えて温めたホットワインのこと。

クリスマスマーケット屋外がメインのイベントになりますので、

体が冷えてしまいがちですがこれがあれば安心です。

たくさん飲まれる方は、マグカップのセットがお得だそうです。

マグカップはお持ち帰りも可能ですので、思い出の品として持ち帰るのもいいかもしれません。

温かい飲み物は他にも、ホットチョコレートやホットビールと様々です。

 

マーケット内にはお店だけではなく、

各国のクリスマスリースの展示やライブを楽しめるステージなどもあり

皆様お店で購入したものを手にそれぞれ楽しまれておりました。

来年のクリスマス、賑やかなクリスマスマーケットで過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Zum Wohl!( 乾杯! )

紅葉の季節を迎え、朝晩ともに冷え込みがますます厳しくなって参りました。

近頃はお天気にも恵まれていたこともあり、紅葉シーズンを楽しもうと先日山登りに行って参りました。

 

山登り、と言っても初心者中の初心者、

かつ日頃運動をまったくしていない人間に本格的な山登りは無謀というもの。

都内かつ初心者にも優しい山、高尾山へ挑戦して参りました。

 

しかし世の中の皆様も考えることは同じようで、高尾山は大混雑。

はじめは無理せず途中までケーブルカーの利用を計画しておりましたが、

某夢の国を彷彿とさせるまさかの70分待ち。

待機列を整理する係員の方も、

「自分の足で歩いた方が早く着きます」とアナウンスをするほどの混雑ぶりでした。

 

待つのは時間がもったいないと係員の方の言葉を信じ歩きはじめて10分、

やはり日頃の運動不足故か早々に足腰が悲鳴をあげ始めます。

周囲には小さなお子様をお連れの親御様もいらっしゃいましたが、見習いたいその気力体力…

途中休憩をはさみつつなんとか足を動かすこと40分、無事ケーブルカーとの合流地点へ到着です。

そこから更に進み続け、お団子の誘惑にしっかり釣られながらも、

紅葉を楽しみながら山道、階段を黙々と登ってゆき、

登り始めてから約2時間後で頂上まで辿り着くことができました。

同行者と互いに健闘をたたえ合い、頂上からの景色を堪能した後は下山です。

そうです。登ったからには下山もしなければいけないのです。

下山もまた自分の足でしてこそ登山の醍醐味なのでしょうが、

今回は残念ながら頂上までで力尽きてしまったため帰りはおとなしくリフトで下山。

このリフトが途中揺れることもあり、悲鳴をあげながら紅葉観光を終えました。

 

次に山へ向かう際は、

➀事前に体力づくりをし

➁時間は早めに

➂防寒対策もしっかりと

以上の点を気をつけながら、計画性をもっていつかまた再挑戦したいと思います。


ページの
先頭へ