有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!
上野 陽介
2019.11.30 23:37

山梨観光

みなさん、こんばんは。

最近、とても寒くなりましたね。

先日、所長より

所長:「ソルジャー上野。山梨参戦するか」

と招集の連絡が御座いました。

上野:「あざぁぁす。待ってました。所長!」

気合いを入れ、朝何時集合でしょうか。と声を張り伺うと

所長:「気合い入れすぎだ。土曜日は自由行動。戦いは日曜日だ。」

との事でしたので、土曜日は山梨観光する事に。

 

先ずは、こちらです。

影絵の森美術館

この感じが山梨っぽくていいですね。。

失礼致しました。

 

入場券を買います。一人900円。

た、たかい。

期待が膨らみます。

中には、山下 清展もありました。

これが、影絵か。

世界初の影絵か。。

さらに進みます。

 

こちらは、横になが~くみえますが、鏡になっております。

さぁ、次、次

と進むと、ゴールでした。

ゆっくりと鑑賞出来ない自分が、まだまだだなぁと痛感致しました。

 

そして次は、神社に向かいます。

 

 

 

大きな鳥居が出迎えてくれます。

こちらは、金櫻神社。

国の特別名勝に指定されているようです。

お参りしようと思い、鳥居をくぐると

か、階段です。お参りするには、この階段を上らなくてはいけないみたいです。

簡単には、お参りさせてくれません。

 

やっと頂上です。

お参りを終えると、現地のお母さんが

「お兄ちゃんたち、食べていきな」

甘酒とベーコンです。

おいくらですか。と伺うと

タダだよ~と

優しいなと感動していると、横には、お気持ちの入れる台が置いてありました。

お気持ち入れて頂きます。

 

続いてこちら

 

夫婦木神社。

ここに来れば、夫婦円満との事。

(注)決して仲が悪い訳では御座いません。

 

最後に昇仙峡に行ってきました。

滝の前に、

食べる水晶玉

運気が上がりそうだぜ~

こちらです。

 

 

昇仙峡の未来電話

上野の未来気になり、未来の電話ボックスに入ります。

 

入って気づきました。

まさかの調整中です。

 

そして、最後にメインの滝です。

迫力があり、マイナスイオンを浴びます。

 

あっという間に、時間が経ち、所長と先輩ソルジャーの方々と楽しい食事でした。

 

今年もあと1か月。

12月も宜しくお願い致します!!

みなさん、こんばんは。

月末に失礼致します。

最近、急に寒くなってきましたね。

そんな中、今回のブログは、、、、

北海道行ってきました パート②です。

前回は、動物園をブログに書かせて頂きましたが、

今回はこちら、、、

先日、東京相談室の柴崎が、「キリンビール工場」のブログを載せておりましたが

私上野は、「サッポロビール博物館」行ってきました。

朝から、上野はソワソワ。

北海道といえば、海鮮!新鮮な美味しい料理を思う方が多いと思いますが

上野はビール好きなので、楽しみにしておりました。

外観はこんな感じです。

味がありますねぇ。

こちらは、2003年に閉鎖したサッポロビール札幌工場の跡地を利用しているそうです。

 

館内に入ると

煮沸釜(シャフツガマ)がお出迎えです。

こちらは、

ビール仕込み時に麦汁を煮沸する為で、この工程が味や香りに大きな影響を及ぼすようです。

ここで、ホップを加えて煮沸することにより、ビールに独特の苦みと香りがつくそうです。

要するに、とても重要な役割をしているそうです。(笑)

奥に進むと

札幌ビールの歴史が書かれております。

学びの時間です。

入ってすぐ飲めると思っておりました。

こちらが、ビールの醸造人の方です。

この方のお陰で今は私たちは美味しいビールを飲めるんですね。

感謝しなくては。

時代は受け継がれます、

ふむふむ。早くビールが飲みたい。。。

時代の変化です。うぅビールが飲みたい。。

そしてついに!!

学びの時間が終わり、やっとビールが飲めます。

こちらは、色々な種類のビール。

もう、喉がカラカラだった上野は、何がなんだかわかりませんでしたが

うまい!!という事だけは覚えております。

 

ビール工場を出た頃には、ホロ酔いになってしまった上野。

すると、こんな看板が、、、

あざぁぁぁす。

んっどういう事?

中に入ると、お父さんらしき人がたくさん。

店員さんに聞くと、観光客が多いので、家族に連れまわされて疲れてしまった

お父さんの休憩場所という意味のようです。

お茶や軽食メニューもあります。

もちろん、上野は預かって頂きました。

北海道の方はなんて優しいんだ。

お母様も預かってくれるみたいですよ。

疲れた、お父さん・お母さんはぜひ。

北海道名物のジンギスカン (中途半端な写真ですみません)

海鮮も新鮮なものを頂きました。

 

食事、お酒、観光と大満足の旅行でした。

 

有難う御座いました。

みなさんこんばんは。 上野です

9月もあっという間に終わりですね。

 

今回のブログは、上野の旅行記をお届けします。

先日、休暇を頂き、北海道まで旅行に行かせて頂きました。

初めての北海道で、どこに行こうか悩んでいると、、

まずは、有名なところに行きついてしまうミーハーな上野です。

こちら

みなさん、ご存知の旭山動物園に行って参りました。

 

天気なこんな感じです。

絶好調に曇っておりました。

ですが、曇り空も笑顔に変えてしまうオラウータンのサービスを受けます。

続いては、百獣のライオン

全く動いてくれません

続いてはこちら

こちらのトラはサービス精神旺盛で常に動きまわっております。

睨んできたり、吠えてみたり、

おしりを向けて小便を飛ばすぞ!という素振りをみせてきたり

ここで小雨が降ってきて、雨だか小便だか分からなくなってきたので退散。。

 

どこが顔かわかりません。

色々なお猿さんたちに挨拶し、メインイベントへ

旭山動物園では、「もぐもぐタイム」というものが御座います。

こちらは、目の前でエサを食べる瞬間が見れるというイベントです。

人気のシロクマは、30分待ちの長蛇の列が出来ておりました。

せっかくなので、並びます。

順番待ちし、特等席をゲット。

シロクマのもぐもぐタイムです

迫力が伝わりますでしょうか。

食べるたびに歓声が上がります。

続いては、こちら

オラウータンのもぐもぐタイム

今度は下からです

上から職員さんが投げたエサをうまくキャッチして食べているようですが

オラウータンの肛門しか見えません。

失礼致しました。

 

元気なヒグマさんに挨拶し、動物園をあとに。

次に伺ったのは

人生初の陶芸体験です。

こちらが、作業場です。

先生よりご指導頂きます。

作業中は、手が粘土だらけになり、写真が取れず、、、

完成品はこちら

絶妙に曲がっておりますが、

これも味があって良しとしましょう。

完成品は1か月後に自宅に届くようです。

完成が楽しみです!

 

寒暖の差が激しくなってきたので、体調崩さぬようお気をつけください。

来月も宜しくお願い致します。

有難う御座いました。

 

 

 

こんにちわ 上野です

9月も終わりに近づき、過ごしやすい気候になってきましたね。

さて、今回の上野のブログは

「高尾山行ってきました」

久しぶりの高尾駅です。

高尾は、私は高校3年間毎日使っていたので懐かしいな~と思いながら

一駅移動します。

 

高尾山口駅に到着です。

駅もすごく綺麗になってました。

改札を出てから、山道の入り口まで歩く歩道です。

緑が多く、空気が美味しいです。

ここから登山開始です。

 

登山開始直後から

高尾山の守り神?にご挨拶し、先に進みます。

 

上っている道中には、色々な木があります。

開運 ひっぱり蛸

木の根本の方が、タコ足のようになっている事からつけられたようです。

 

こちらは、蛸杉の木です。

こちらの木には伝説が、

「昔、参道開さくの際、盤根がわだかまって工事の邪魔になる為、伐採しようとしたら、一夜にしてねが後方に曲折した」と伝説とそのねが「たこの足」ににているところから呼ばれるようになったようです。

信じるか信じないかはあなた次第です。

失礼致しました。

この伝説の話を聞いてから、見えてくる木が全て蛸の足のように見えてきたので、先に急ぎます。

 

 

夕日とたこの足たち。

山頂目前に誘惑が。。。

冷やしキュウリです。

味噌を塗る前に撮ればよかったです。疲れて塗り方がひどいです。

失礼致しました。

 

もう少しで山頂です。

ここで試練が、、

心臓破りの階段です。

折れる気持ちを高校時代の階段ダッシュを思い出し

ダッシュで登ります。

階段を上り終えると、山頂の絶景が。

清々しい気持ちでいっぱいです

 

山頂に到着し

次は、神社でお参りし、下山です。

下山は、ケーブルカーに乗って下山します。

みなさん、帰りはケーブルカーで帰る方が多いようですね。

朝の通勤ラッシュ並みに混んでおります。

 

無事に下山し、美味しい蕎麦とビールを頂き、帰宅しました。

来年は、こちら

高尾山ビアガーデンに参戦したいと思った上野でした。

 

有難う御座いました。

みなさん。こんにちは。

8月も最終日、ジリジリと暑かった日もなくなり

夏が終わってしまう寂しさを感じております。上野です。

今回のブログは、、、、

 

私の地元からすぐ近くにあります

福生市で150年以上続く老舗酒造「石川酒造」見学に行ってきました。

見学と行っても、私が到着したのは夕方だった為、館内は見学出来ず、、、

但し、美味しくビールを頂いただけでは御座いません。

大きな敷地を見学しましたのでご紹介させて下さい。

 

入口です。

銘酒多満自慢とは

「多摩の心をうたいつつ、多摩の自慢となるよう、多くの人たちの心を満たす事が出来たら」と願いを込めて命名されてようです。

まるでタイムスリップしたような気持ちになる建物。

私が伺ったのは、8月中旬。日中はとても暑く、ビールが飲みたい。。

我慢できず、店内へ。

「福生のビール小屋」

酒蔵の敷地内にあります、イタリアンのお店です。

先ずは、1杯。

くぅぅー。飲みやすく、体内に澄み渡ります。

ビールを飲みたくて、真っ先に店内に入ってしまいしたが、ここで

外観を取るのを忘れたのを思い出しました。

外観はこんな感じです。

先ほどの時代を感じる建物からのオシャレなお店。

本日のおすすめメニュー

ビールに合うものばかりです。

特大ピザからの~

エビのパスタからの~

締めはこちら

たまの慶 頂きます。

こちらの石川酒造の敷地内では、すべての水が地下150mから汲み上げたもので、

その水をビールにも日本酒にも、さらに料理にも使っているようです。

 

気づくとお店は閉店な時間に。

遅くまですみませんでした。

テラス席もあり、涼しくなってきたらここで飲むのも気持ちよさそうですね。

こちらが、ビール工房です。(前日予約で館内も見学できます)

2本並んだ大きな樹木です。

こちらは、400年を超える夫婦欅。

触ると夫婦円満になるようです。上野は勿論、ガッツリ触ってきました。(笑)

 

 

帰り際に一枚。

地元の近くにこんなところがあったとは。。

恥ずかしながら初めて行きましたが、緑も多く、美味しい食事、お酒を頂き旅行に行った気分になりました。

次回は、確りと前日予約し、館内も見学したいと思います。

お酒が好きな方はぜひ!

有難う御座いました。


ページの
先頭へ