有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!
渡辺 真史
2018.07.14 16:22

お気に入り

こんにちわ。パスタ研究所・所長の渡辺です。

今回はいつもとテイストを変えて、私のお気に入りのお店をご紹介させていただきます。

いつもの「NABE’Sキッチン」は夏休みということで・・・

それは、うどん・そばのお店で、休日に伺うことのあるお店なんです。

それでは、早速ご紹介させていただきます。

 

お店の名前は、「利静庵 甚五郎」。

立川市幸町というところにあり、多摩都市モノレールの「砂川七番」駅というところから、歩いて10分程度の場所にあります。

こんな看板が目印です。

基本は月曜日が定休日なんですが、たまに臨時休業となってしまうときがあるので、お店を訪問する際は「営業中」という看板がでているかドキドキです。

 

 

お店構えがこんな感じです。

どうやら古い日本家屋を移築してきたとか。

お店構えも、食事もいい味出してます。

 

 

他の角度からのお店構えはこんな感じ。

土曜日の11時半ころに伺いましたが、すでに並んでいます。

 

 

 

順番を待ちながら、今日の注文メニューを考え中。

面白い名前のメニューも。創作うどん・そばといった感じです。

これ以外にも期間限定のメニューが幾つか常時用意されています。

 

 

私のナンバーワンメニューは、「おらがじる うどん」。

こんな感じです。

うどんは冷たいうどん。 つけ汁は濃いめのしょうゆで、中には焼きねぎ、豚バラ、なす、大根おろしなどが入っています。

正直、お店の前をして結構家でも作っています。なかなかお店の味にはなりませんが・・・

 

 

他にも幾つかご紹介させていただきます。

お次は、私のナンバーツーメニューの「ごたのら うどん」。

これまた冷たいメニュー。

さっぱりとしただし汁に、シイタケやインゲン、ねぎ、なすなど( おそらくですが )を甘辛く炒めた具材がたっぷりの黒ゴマと一緒に乗っかっています。

とてもサッパリとしていて、夏場にはピッタリのメニューです。

 

 

お次は、「ごぼう天 うどん」。

ごぼうがサックリと揚がっていて美味です。

 

 

お次は、「肉ぶっかけ うどん」。

ボリュームたっぷりでスタミナメニューです。

 

 

ざっとメニューのご紹介はこんな感じで。

ちなみに、うどんばかりのご紹介ですが、これはあくまで個人的な好みです。

ただ、他のお客様もうどんを頼んでいる方が多いような・・・

 

今回ご紹介したお店は、かれこれ15年くらい前から、たまに通っているお店です。

ありそうであまりない創作うどん・そばが食べられるお店なので、お住まいがお近くの方などがいらっしゃれば是非訪問してみてください。

お店の中の写真は他のお客様がいらっしゃったので、撮れてません。

外観と同様、内装も味のある良い雰囲気ですよ。

 

 

■住所: 立川市幸町5-53-1

■電話: 042-537-0956

■時間: 11:00~17:00

■定休: 月曜日

 

 

現在、NABE’Sキッチンのメニューを考案中・・・

次回をお楽しみに。

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

これまで自作パスタを中心にご紹介させていただいておりましたが、

今回は全く違った内容でブログを書かせていただきたいと思います。

パスタもメニューが段々とネタ切れになってきたので、ここで小休止です。。。

 

先日、いつもとは違った休日を過ごしたく、ふと思い立ったてギネス大仏を拝みに行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、その名も「牛久大仏」。

まだ行ったことのない方のために、どんな所かを簡単にご紹介させていただきます。

 

場所は、茨城県の牛久市。

都内からは高速で1時間半~2時間程度でしょうか。

高速を降りるときから、その大きな大仏様が姿を現します。

どうです?? 周りに何もないので余計に異様な感じがします。

 

心を高ぶらせながら車を進めていくと、近づくにつれかなりの大きさに圧倒されます。

このアングルでは大きさが分かりづらいですよね。 すみません。

 

大仏の周辺は大きな墓地や庭園などに囲まれていてかなりの敷地です。

駐車場も相当数用紙されています。

敷地内マップはこんな感じです。

 

ゲートの手前にはちょっとした土産物屋( 仲見世 )もあります。

 

大仏の拝観料は800円。 大仏の胎内まで入れるそうです。

 

ゲートを入り歩みを進めていくと、大仏の説明が。

 

高さは120mもあるそうで、青銅製の立像としては世界一( ギネス認定 )。

材質にこだわらないカテゴリーにしても世界3位の高さを誇る。

1986年に着工、1992年に完成。

青銅製なので時間が経つにつれ、「自由の女神」のように青っぽく変色していく。

頭のぶつぶつ( 螺髪:らほつ )1個がこんな大きさです。 すごいですね。

 

正門をくぐるとこんな見事な光景が。

何となく人と比べていただくと、大きさを想像していただけますでしょうか。

 

真下、裏からはこんな感じ。

 

大仏様の台座の下に、胎内への入口があります。

ちょっと近代的なやや複雑な心境。。。

 

この入口から大仏様の胎内に入らせていただきます。

胎内は写真を撮ったらいけなそう雰囲気がありましたので、写真がなくてすみません。

 

入口を入ると真っ暗な部屋に通され、ディズニーランドに来たような感じがします。

かなり近代的な使用になっており、薄暗い照明が照らされ、有難そうな音楽が流れていました。

また、大仏様が出来るまでの歴史などが写真とともに展示されています。

 

さらに歩みを進めていくと、地上85mの展望台??に行けるとのこと。

これまた近代的なエレベーターに誘導されます。

 

エレベーターを降りた部屋から写真を1枚だけ撮りました。

大仏様の胸の部分にある隙間らしいです。

ビルに相当すると、23~24階の高さとのこと。

 

いくつかこういった隙間や小さな窓があり、外を見渡すことが出来ます。

あとは展望スペースにちゃっかりお土産コーナーまで。

周辺の景色を堪能した後、エレベーターで下ります。

下層階にはお寺らしく写経スペースなども用意されていました。

 

「牛久大仏」はこんな感じでした。

有難みのある場所なのでしょうが、少々近代的な感じが強いのがやや複雑です。

「仏様」というよりは、「ビル」とさえ思えてしまいます。

ただ、近代技術を使ったからこその見栄えは圧巻。

皆さんも休日にネタが切れてしまったら、ぜひ行ってみてください。

 

次回もお楽しみに!

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

前回にご紹介させていただきました、あさりの水煮缶を使用したパスタですが、

今回はそれを別アレンジにてご紹介させていただきます。

今回も手頃な食材を使っていますので、ぜひ皆様も作ってみてください。

 

その名も、「あさりの塩バターパスタ 白ワイン仕立て」。

早速、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・あさり水煮缶( 内容量55グラムを使用 )

・マッシュルーム缶( スライスされたもの )

・カイワレ大根( 半パック程度 )

・ニンニク( 1片 )

・塩( 塩味の調整のため )

・ブラックペッパー( お好み量 )

・バター( 20グラム )

・白ワイン( 60㏄程度 )

・オリーブオイル( 40㏄ )

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

<下ごしらえ>

① ニンニクをみじん切り、カイワレ大根を1/2カット、バターをカットします。

 

② あさり水煮缶、マッシュルーム缶を開け、マッシュルーム缶の水気をきります。

※ あさり缶の汁はソースに使用するので捨ててはいけません!

 

これで仕込みは完了です! 非常に簡単ですね。

 

 

<作り方>

① フライパンを中火にかけ、ニンニクをじっくり炒めていきます。

 

② 今回もソースはすぐ出来上がるので、早々に麺を茹でていきます。

※ 1%程度の塩を入れています

※ 7分茹でのパスタを使用しています

 

③ ニンニクがキツネ色に色づき始めたら、あさりを汁ごとと、マッシュルームも投入します。

 

④ あさりとマッシュルームを入れたらすぐに、ワインも投入し、全体を混ぜ合わせます。

※ ワインを多くすると風味が増すので、多めでも良いかと

 

⑤ 全体的にソースが混ざったら、火を弱火にしてブラックペッパーを振りかけます。

 

⑥ ソースの塩分を塩で調整しておきます。

※ 最後にバターを入れるので、気持ち控えめでOK

 

⑦ 麺が茹で上がる直前に、バターを投入します。

※ ソースに溶かし込まず、麺と一緒に混ぜ合わせます

 

⑧ 麺が茹で上がったらソースと混ぜ合わせ、お皿に盛り付ければ完成です!

 

 

<食べた感想>

前回の醤油を入れたソースも美味しかったですが、今回は塩ベースということで

よりバターの風味、ワインの風味が引き立ち、これも美味しくいただきました。

個人的にはこちらの方が好みかも・・・

仕込みから仕上げまで、15分もあれば出来てしまう簡単パスタです。

皆さんも食事のメニューに困ったら、ぜひ作ってみてください。

 

次回もお楽しみに!

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

今回もいつものパターンでパスタをご紹介させていただきます。

ブログをご覧いただいている方から、「もう少し手頃な食材を!!」との力強い

リクエストをいただきましたので、今回はほとんど仕込みも必要のない、

簡単な食材を使用しています。

 

その名も、「あさりとツナの和風パスタ バター仕立て」。

それでは早速、ご紹介させていただきます。

 

 

<材料> ※2人前

・あさり水煮缶( 今回は内容量55グラムを使用 )

・ツナ缶( ライトがお勧め )

・小ねぎ( お好み量 )

・ニンニク( 1片 )

・醤油( 大さじ半分~1杯 )

・ブラックペッパー( お好み量 )

・バター( 20グラム程度 )

・オリーブオイル( 40㏄ )

・塩( ※塩分が足りない場合 )

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

<下ごしらえ>

① ニンニクをみじん切り、小ねぎを小口切り、バターをカットします。

 

② ツナ缶を開け、中のオイルを捨てておきます。

 

これで仕込みは完了です!

 

 

<作り方>

① フライパンを中火にかけ、ニンニクをじっくり炒めていきます。

 

② ソースはすぐに出来上がってしまうので、早々と麺を茹でていきます。

※ いつもの通り、湯量に対し1%の塩を入れています

 

③ ニンニクがキツネ色になってきたら、あさりを汁ごと投入します。

※ ここで汁とオイルをしっかり混ぜておきます

※ 火にかけすぎると水分が無くなってしまうので注意

 

④ 火を弱火にし、次にツナ缶を投入します。

 

⑤ 醤油を大さじ半分~1杯程度入れ、火を止めます。

※ ここで塩分を確認します

※ 醤油を少な目にして、塩を足しても〇

※ 最後にバターを入れるので、少々塩分は控えめの方が〇

 

⑥ 火を止めたら、ブラックペッパーとバターを投入します。

※ バターはソースに溶かし込まず、麺と一緒に混ぜていきます

 

⑦ 麺が茹で上がったら、ソースと絡め盛り付けていきます。

※このときにソースの水分が足りなければ、ゆで汁を足してください

 

⑧ お皿に盛り付け、最後に上からねぎを振りかければ完成です!

 

 

<食べた感想>

あさりの風味がバターと相まって、とても美味しいです。

オイルとバターを使っているので、少々クドイのでは??と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

そこは最後に振りかけたねぎが良い仕事をしてくれています。

今回は、醤油を使って和風テイストに仕上げましたが、

醤油を使わない塩ベースのあさりパスタも食べてみたくなってしまってので、

そちらについては次回にご紹介させていただきます。

 

今回の簡単な食材を使ったパスタはいかがだったでしょうか?

皆さんも是非試してみてください。

 

次回もお楽しみに!

こんにちわ。 自称パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

今回のブログはいつもに戻り、パスタをご紹介させていただきます。

これまでパスタを複数ご紹介させていただきましたが、正直ここにきてネタが尽きてきました。

そのため、最近は日々新しいメニューの考案に苦慮している状況です。。。

ただ、「継続は力なり!」ですので、ブログをご覧いただいている皆様に

少しでも興味を持っていただけるメニューをご紹介できるよう、まだまだ頑張ります!

 

早速ですが、今回は失敗のない非常に簡単なメニューをご紹介させていただきます。

その名も、「ホタテときのこの和風パスタ」。

 

 

<材料> ※2人前

・ボイルベビーホタテ( お好み量で )

・しめじ( お好み量で )

・ニンニク( 1片 )

・バター( 10グラム×2 )

・きざみのり( お好み量 )

・めんつゆ( 150㏄ ) ※濃縮タイプは規定よりも1.5倍に希釈

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

<下ごしらえ>

① ニンニクをみじん切りにします。

 

② しめじをほぐしておきます。

 

③ めんつゆを水で希釈します。

※ めんつゆがストレートタイプの場合は、そのまま1.5倍に希釈

※ めんつゆが濃縮タイプの場合は、規定希釈量の1.5倍に希釈

 

これで下ごしらえは完了です! 簡単ですね。

 

 

<作り方>

① フライパンを中火かけ、バター10グラムとニンニクを火にかけます。

※ あまり強火でやるとすぐバターが焦げてしまうので注意です

 

② すぐにソースは出来上がってしまうので、早々に麺を茹でていきます。

※ 湯量に対し1%の塩を入れてます

 

③ ニンニクがぐつぐつし始めたら、しめじを入れ炒めます。

 

④ しめじがしんなりしてきたら、ホタテを入れ軽く炒めます。

※ ホタテは既にボイルされているので、全体にニンニクとバターが行き渡る程度

 

⑤ 次に、予め希釈しておいためんつゆを入れ、軽く沸騰させます。

 

⑥ めんつゆが軽く沸騰したら、火を止め、バター10グラムを投入します。

※ バターの風味をしっかり残すため、バターは溶かし込みません

 

⑦ 麺が茹で上がったら、ソースと絡めお皿に盛り付けます。

 

⑧ 最後に上からきざみのりをトッピングすれば完成です!

 

 

<食べた感想>

バターの風味がしっかりと効いていて、とても美味しいです。

バターを使用していますが、めんつゆと合わさって意外とあっさり食べられます。

今回は食材にホタテを使用しましたが、色んな食材に代替できると思います。

例えば、、、

えび ・ いか ・ あさり ・ なす 等々

ぜひ皆様もお好みの食材で試してみてください。

 

 

次回もお楽しみに!


ページの
先頭へ