有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。

パスタ研究所の渡辺です。

 

暑い季節がやってきましたね。

今回は夏バテ対策として、「鰻」を使ったパスタをご紹介させていただきます。

鰻??と思われる方もいらっしゃると思いますが、これ意外に悪くないんです。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】 ※2人前

・鰻蒲焼( 1枚 )

・万願寺とうがらし( 2本 )

・生卵( 2個 )

・おろし生姜( 小さじ1/2 )

・しょうゆ( 小さじ2 )

・みりん( 小さじ1/2 )

・顆粒コンソメ( 小さじ1/2 )

・山椒( トッピング用 )

・オリーブオイル( 40㏄ )

・スパゲッティ( 200グラム )

 

 

【下ごしらえ】

■鰻蒲焼

→ 温めて食べやすいサイズにカット

■万願寺とうがらし

→ 食べやすいサイズにカット

■生卵

→ しっかり溶いておきます

 

 

【作り方】

① フライパンにオリーブオイル・おろし生姜を入れ火にかけ、万願寺とうがらしを炒めます

 

➁ 麺を茹でていきます

※湯量の約0.5%の塩を入れています( いつもの半分の量 )

 

③ 万願寺とうがらしがしっかりと炒まったら、弱火にして茹で汁を60㏄入れます

 

④ しょうゆ・みりん・顆粒コンソメを入れしっかり混ぜたら、鰻蒲焼を入れソースは完成です

 

⑤ 麺が茹で上がったら写真のように具材を端によけ、麺の上に溶き卵を掛けしっかりと混ぜ合わせます

 

⑥ お皿に盛り付け、上から山椒を振りかければ完成です

 

 

【食べた感想】

鰻とパスタ??と疑問を持ってしまう組み合わせですが、意外に結構イケます。

味はまさにうな玉です。

さらに万願寺とうがらしの香りが加わる事によって、夏を感じられる味わいにもなっています。

少し贅沢な食材を使ったパスタですが、もし皆さまもご興味があれば試してみてください。

 

6月だというのに35℃を超える暑さがやってきました。

スタミナをつけて何とか猛暑を乗り切りましょう!

 

次回もお楽しみに。

こんにちは。

パスタ研究所・所長の渡辺です。

今回はいつものレシピ紹介をお休みして、まったく違うテーマでお伝えいたします。

 

 

皆さん、今の時期の風物詩と言えばなんでしょうか??

そうそう…「カルガモの親子」ですよね!

昨年は西武線「東村山駅」の駅前ロータリーの様子をお伝えしましたが、今年はまた違う場所で発見しましたので、その様子をご報告させていただきます。

 

 

今年の発見場所は、「都立 武蔵国分寺公園」です。

JR中央線と武蔵野線が乗り入れる「西国分寺駅」から徒歩10分程度の場所にあります。

なかなかの広い敷地です。

「この~木、なんの木・・・」って歌いたくなりますね笑

 

 

実はこの公園ですが、元々は旧国鉄の鉄道学校があった場所なんだそうです。

こんなものが置いてありました。

分かりますか??

これはおそらくSLの車輪ですね。

鉄ちゃんの渡辺にはビビッと来ました。

 

 

さあ、本題のカルガモ探しの開始です。

カルガモと言えばやはり水場ですので、水場を求めて公園を散策です。

 

歩みを進めると・・・

おおっ、立派な噴水??があるではないですか!!

しかも・・・

いたーーーーーーーーっ!

カルガモファミリーがいるではないですか!!

子ガモも優雅に泳いでますねえ。

そしてなんと、2組のファミリーがいるではないですか。

 

 

写真ですべてのカルガモ収めきれてませんが、様子をす少しだけどうぞ。

いや~癒されますね。

望遠カメラが欲しくなってしまいます。

 

 

しばらくぼーっとカルガモを眺めていると、遠くから聞きなれない鳥のさえずりが・・・

辺りを見渡すと、こんな鳥を発見しました。

分かりますでしょうか??

写真の真ん中に色鮮やかな鳥がいるのを。

「カワセミ」です!

都内ではなかなか珍しいのではないでしょうか。

 

裏手に周って違う角度からも撮ってみました。

 

 

今回訪れた、「都立 武蔵国分寺公園」は緑豊かでとても良い公園でした。

あとは、子ガモが無事に成長してくれることを祈るばかりです。

カルガモレポートでした!

来年はどこに探しにいこうかなあ・・・

 

では。

こんにちは。

パスタ研究所の渡辺です。

 

今回は春の食材を使ったパスタをご紹介させていただきます。

使用する食材は、「ホタルイカ」「春キャベツ」「桜エビ」です。

塩味ベースの味付けで調理してみました。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】※2人分

・ホタルイカ(10杯+5杯)

・春キャベツ(100グラム)

・釜揚げ桜エビ(20グラム)※乾燥でも可

・ニンニク(1片)

・鷹の爪(1本)

・塩(味の調整用)

・オリーブオイル(60㏄)

・スパゲッティ(200グラム)

 

 

【下ごしらえ】

■ホタルイカ(10杯)

→ 目とくちばしを取り除きます

■ホタルイカ(5杯)

→ 目とくちばしを取り除きます

→ みじん切りにします

■春キャベツ

→ 食べやすいサイズにカット

■ニンニク

→ みじん切り

 

 

【作り方】

① フライパンにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れじっくり火にかけます

 

➁ 麺を茹でていきます

※湯量の約1%の塩を入れています

 

③ ニンニクがキツネ色になってきたら、春キャベツを入れ炒めます

 

④ 春キャベツがしんなりしてきたら、みじん切りにしたホタルイカを入れさらに軽く炒めます。

 

⑤ 麺の茹で汁を80㏄、ホタルイカ、釜揚げ桜エビを入れ一度沸騰させます。

 

⑥ 火を止めてバターを入れ、麺の湯上りを待ちます。

 

⑦ 麺が茹で上がったらソースと絡め、塩で味を調整後にお皿に盛り付ければ完成です。

 

 

【食べた感想】

みじん切りにしたホタルイカがアンチョビのような風味を出していて、味に深みが感じられます。

ホテルイカの肝の苦みも加わって、やや大人な味のパスタです。

ニンニクも使用しているので夕食におススメかと。

今の時期に美味しい食材を使ったパスタ、いかがでしたでしょうか?

皆さまも是非お試しください。

 

次回もお楽しみに。

こんにちは。

パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

今回は、和風パスタの定番「明太子パスタ」のアレンジレシピをご紹介させていただきます。

自宅にこんなおつまみが残っていたので、今回はこれを使用します。

ちょっと変わった明太子パスタを作ってみたいと思い少し冒険してみました。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】 ※2人前

・明太子(半腹;一本)

・くんせいいか(20グラム)

・パクチー(お好み量)※トッピング用

・ニンニク(1片)

・バター(10グラム)

・ごま油(10㏄)

・しょうゆ(10㏄)

・オリーブオイル(20㏄)

・スパゲッティ(200グラム)※7分茹でを使用

 

 

【下ごしらえ】

■明太子

→ 薄皮を取り除きます

■くんせいいか

→ 2~3ミリにカット

■ニンニク

→ 薄切りにします

■パクチー

→ 太い茎を取り除きます

 

 

【作り方】

① お湯で大きめのボウルを温めておきます

※最後にボウルで麺と明太子を混ぜ合わせます

 

➁ 麺を茹でていきます

※湯量の約1%の塩を入れています

 

③ フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、じっくり火に掛けます

 

④ ニンニクがキツネ色になったら、お湯を60㏄・くんせいいかを入れ軽く混ぜ合わせます

※火は弱火にしておきます

 

⑤ 温まったボウルに、明太子・バター・ごま油・しょうゆを入れておきます

 

⑥ 麺が茹で上がったら、フライパンに入れ軽く混ぜたらボウルに移してしっかり混ぜ合わせます

※水分が足りなかったら茹で汁を足して調整します

 

⑦ お皿に盛り付け、パクチーをトッピングしたら完成です

 

 

【食べた感想】

くんせいいかの甘みが旨味となってコクを出してくれてます。

明太子と同じ魚介系なので相性はバッチリですね。

また、明太子やバターで若干しつこい味になりがちな所に対してパクチーのさわやかさもアリです。

もちろんパクチーが苦手な方は、定番の海苔や大葉をトッピングしても良いと思います。

なかなか簡単なパスタなので是非皆さまも試してみてください。

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

こんにちは。

パスタ研究所の渡辺です。

 

今回のNABE’Sキッチンは番外編ということで、渡辺の「思い出の一杯」をご紹介させていただきます。

皆さま、「酒田ラーメン」てご存知ですか?

「酒田」自体をご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、山形県の海側にある街です。

実は渡辺の祖父母が酒田に住んでいたので、子供の頃の夏休みなどはよく訪れておりました。

そんな時に食べていたのが、「酒田ラーメン」。

鶏ガラベースに魚介だしを効かせたとてもあっさりとした醤油ベースのラーメンです。

あまり有名ではないですが、これがとても美味しいんです!

 

 

皆さまに朗報です!!

そんなラーメンが東京でも食べられるんですよ!!

場所は東京三鷹市。 しかも三鷹駅から徒歩10分の場所です。

少し前にテレビに出てからずっと気になっていたのですが、先日ようやく訪れることが出来ました。

お店の名前は、「ワンタンメンの満月」。

実は私が山形で食べていたお店の系列店。

間違いなしですね!

 

お店に入ってラーメンを食したかったのですが、食事をするには時間帯が微妙。。。

今回は諦めようと思っていたところ、ふと希望の光が眼に差し込んできました!

「お持ち帰り承ります。」

何という有難いお言葉なんでしょう。

ただ、テイクアウトにはワンタンが入ってない・・・泣

「次回は店内で!」と決意を胸に、今回はテイクアウトを選択です!

 

 

自宅に帰り袋の中を見てみるとこんな感じです。

スープは冷凍になっており、麺、ねぎ、チャーシュー、メンマは生の状態です。

 

早速、作ってみました。

じゃん!

いや~美しいラーメンです!

味ももちろん美味。

幼少期に食べた味を思い出しました。

でもやっぱりワンタンが欲しい。。。

 

 

メニュー構成はこんな感じです。

 

お店の営業時間です。

 

 

皆さまも「三鷹」に行かれた際はお立ちよりください。

「酒田ラーメン」美味しいですよ。

 

店名:ワンタンメンの満月 三鷹店

住所:東京都三鷹市下連雀4-16-15 東洋三鷹コーポ1階

交通:JR中央線「三鷹」駅 徒歩10分

 

次回もお楽しみに!

 

 


ページの
先頭へ