有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

フリーダイヤル:0120-21-0705 通話料無料 9:00~19:00
スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

とても暑い日が続いていますね。

皆さま夏バテなどはされていませんでしょうか?

今回は食欲が落ち込みがちなこんな時期にピッタリな冷製パスタのご紹介です。

その名も、「トマトと豚バラの和風冷製パスタ」。

工程がとても簡単なパスタです。

早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】 ※2人前

・トマト(1個)

・大葉(5~6枚)

・しめじ(お好み量)

・豚バラ肉(約100グラム)

・白ごま(お好み量)

・めんつゆ(大さじ4杯)※2倍濃縮を使用

・酢(大さじ1杯)

・ごま油(大さじ1杯)

・ほんだし(少々)

・カッペリーニ(140グラム)

 

 

【下ごしらえ】

■トマト

→ くし切りにします

■大葉

→ 細切りにします

■豚バラ肉

→ 食べやすいサイズにカット

■しめじ

→ 石づきを取ってほぐします

 

 

【作り方】

➀ 鍋にお湯を沸かし、ほんだしを少々入れて豚バラ肉としめじを湯通しします

 

➁ 豚バラ肉としめじを冷水で冷やします

 

③ 大き目のボウルに、めんつゆ・酢・ごま油・トマト・大葉・白ごま・豚バラ肉・しめじを入れ冷蔵庫でしっかりと冷やします

 

~ ③のソース・具材が冷蔵庫でしっかりと冷えたら ~

 

④ 鍋にお湯を沸かし、ほんだしを少々入れてカッペリーニを茹でていきます

※表示では2分茹での為、今回は3分茹でます

 

⑤ 麺が茹であっがたら、冷水でしっかりと締め、水気をしっかりと切ります

 

⑥ ③のボウルに麺を入れ、全体的に混ぜわせたらお皿に盛り付けて完成です

 

 

【食べた感想】

酢の酸味、大葉の爽快さが食欲をそそり、最後まで美味しく食べられます。

大葉ではなくバジルを使うのもアリですね。

また、今回のメニューはパスタではなく、ソーメンを使っても◎。

その場合は、薬味の茗荷などをさらに入れるのもおススメですね。

 

胃が疲れている時、食欲が落ちてきてしまった時にいかがでしょうか?

皆さまも是非お試しください!

 

 

次回もお楽しみに!

 

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

最近はジメジメした日が続いて、どうも体調がイマイチですよね。

今回は、そんな食欲が落ちてきてしまう今の時期にピッタリの冷製パスタのご紹介です。

その名も、「フルーツトマトの冷製パスタ アンチョビ風味」。

素材の味が楽しめるシンプルな味付けのパスタです。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】※2人前

・フルーツトマト(10個)

・スイートバジル(10~15枚)

・アンチョビフィレ(6片)

・ニンニク(1片)

・レモン(1/2個)

・はちみつ(小さじ1杯)

・塩(小さじ1杯程度)

・ブラックペッパー(お好み量)

・オリーブオイル(90㏄+お好み量)※トッピング時も使用

・カッペリーニ(160グラム)

 

 

【下ごしらえ】

■フルーツトマト

→ 水洗いし1/2にカットします

■スイートバジル

→ 水洗いし手で適当な大きさにカット

→ 形の良いバジルを2枚ほどトッピング用にとっておきます

■ニンニク

→ 包丁で潰し割ります

■アンチョビフィレ

→ みじん切りします

 

 

【作り方】

➀ フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火~中火で火にかけます

 

➁ にんにくがキツネ色になったらフライパンから取り除き、アンチョビを軽く炒めます

 

③ フライパンを火から外し、大き目のボウルに移し変えます

 

④ はちみつ、塩、ブラックペッパーを入れ、さらにレモンの絞り汁を入れて混ぜ合わせます

※この時にオイルの味を決めておきます(塩分は塩の量で調整してください)

 

⑤ フルーツトマトを入れ、冷凍庫(冷蔵庫)でオイルを冷やしておきます

 

⑥ オイルを冷やしている間に、麺を茹でていきます

※いつもは湯量の約1%の塩を入れていますが、今回は気持ち多めに塩を入れています

※今回の麺は2分茹でですが、冷製のため1分多めに茹でています

 

⑦ 麺が茹で上がったら氷水でしっかりと締め、水気を切ったらボウルに移します

さらに、ちぎったバジルを入れ全体を混ぜ合わせます

 

⑧ お皿に盛り付け、バジルの葉をトッピングし、上からオリーブオイルをかければ完成です!

 

 

【食べた感想】

バジルの香りがパスタ全体に行き渡っていて、さらにトマトの酸味と相まって、とてもサッパリとした味わいです。

ほのかに香るアンチョビの風味も味に深みを出してくれています。

今回はバジルを使用しましたが、大葉を使用しても和風テイストになってグッドだと思います。

もうすこし具材が欲しい方などは、タコなどをプラスしても良いかもしれませんね。

 

この梅雨を乗り切るメニューのひとつにいかがでしょうか??

是非、お試しください!

 

次回もお楽しみに!

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

先日、スーパーへ買い出しに行くととても美味しそうな青梅が売っていたので、梅酒と梅シロップを造ることにしました。

初夏の季節にはピッタリですね。

正直初めての試みでしたが、色々調べながら頑張ってみたので、今回はその工程をご紹介です。

 

 

【材料】

⑴ 梅酒

・青梅(1キロ)

・ホワイトリカー(1.8リットル)

・はちみつ(350グラム)

 

⑵ 梅シロップ

・青梅(1キロ)

・氷砂糖(1キロ)

 

 

【作り方】

⑴ 梅酒

➀ 梅のヘタをしっかりと取り除きます

 

➁ 梅を水洗いし、水気をしっかりと拭き取ります

 

③ 乾燥した酒びんに梅とはちみつを交互に入れ、ホワイトリカーを注ぎます

 

④ 最後に蓋を閉めて、全体が混ぜ合わさるまで定期的にびんを揺らします

 

⑵ 梅シロップ

※梅の下ごしらえの工程は梅酒とほとんど同じですが・・・

★プラスして梅のエキスが出やすいように、竹串で数ヶ所つついておきます

 

こんな感じに仕上がります。

梅酒は最低でも3ヶ月、梅シロップは1~2週間待たなければいけないそうです。。

 


2週間後・・・

 

ようやく梅シロップが完成しました!

 

氷水や炭酸水で薄めてこんな感じ。

これ、かなり美味しいです!

天然のポカリスエットや~!

 

 

梅酒は大分らしくなってきましたが、もう少し待たねば。

※現在1ヶ月経過

 

 

今回の梅酒・梅シロップ造りは梅雨になる前が良いんだそうです。

湿度が高くなってしまうと、梅シロップは発酵が進んでしまうみたいでして。

梅シロップはすぐ飲みきってしまいそうです。

来年はもう少し多く造ってみようっと!!

 

 

工程はとても簡単なので、是非皆さまも来年は試してみてください!

 

次回もお楽しみに!

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

最近は夏を感じさせる暑い日が増えてきましたね。

寒暖差も激しい季節ですので、皆さま体調管理にはお気をつけください。

 

さて、今回もNABE’Sキッチンはパスタのご紹介です。

和風テイストでジメジメした季節でも食べやすい味に仕上がっていると思います。

その名も、「えびとブッロコリーのガーリックパスタ 大葉風味」。

では早速ご紹介させていただきます。

 

 

【材料】※2人前

・冷凍むきエビ(100グラム程度)

・冷凍ブロッコリー(100グラム程度)

・大葉(10枚程度)

・ニンニク(1~2片)

・ほんだし顆粒(小さじ2杯)

・しょうゆ(2㏄)

・塩(味の調整用)

・オリーブオイル(60㏄)

・スパゲッティ(200グラム)※今回は7分茹でを使用

 

 

【下ごしらえ】

■冷凍むきエビ

→ 流水で解凍して水分を取ります

■冷凍ブロッコリー

→ みじん切り ※半解凍でOK

■大葉

→ みじん切り

■ニンニク

→ 包丁の側面で潰します

 

 

【作り方】

① フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火~中火でニンニクにじっくり火を入れます

※フライパンを傾け、ニンニクがしっかりオリーブオイルに浸るようにして火を入れます

 

② 麺を茹でます

※湯量の約1%の塩を入れています

 

③ ニンニクがキツネ色になったらフライパンから取り除き、むきエビを炒めます

 

④ むきエビに火が入ったらブロッコリーを入れ軽く炒めます

 

⑤ ゆで汁を80㏄、ほんだしを入れ、全体をしっかり混ぜ合わせます

 

⑥ 火を止めてしょうゆを入れ軽く混ぜ合わせたらソースの完成です

※もし塩分が足りないようであれば塩で調整(麺にも塩分があるのでその点は注意!)

 

⑦ 麺が湯上がったら、フライパンに麺、大葉を入れ、しっかり混ぜ合わせたら盛り付けます

完成です!

 

 

【食べた感想】

ニンニク自体を取り除いているので、ほのかに薫るニンニクの風味が大葉の風味を邪魔せずにとても上品な味わいになっています。

ほんだし、しょうゆも和風テイストを引き立たせるために良い仕事をしてくれています。

とてもサッパリとした味わいですので、今の季節にはピッタリかと

今回は時短のために冷凍食材を使用しましたが、生鮮食材を使用すればより美味しいかも??

 

失敗のないとても簡単なパスタです。

是非皆さまも試してみてください!

 

次回もお楽しみに!

 

 

こんにちは。 パスタ研究所・所長の渡辺です。

 

梅雨を感じさせる蒸し暑くどんよりとした日が増えてきましたね。

今回はそんなスッキリしない天気を吹っ飛ばすべく、辛いパスタのご紹介です。

辛いパスタの代名詞と言えば・・・そう、ペペロンチーノです。

少しアレンジしてみましたのでご紹介させていただきます。

その名も、「ペペロンチーノ 香草パン粉のせ」です。

 

 

【材料】 ※2人前

■香草パン粉

・生パン粉(約20グラム)

・ニンニク(1片)

・乾燥パセリ(小さじ2杯)

・乾燥ローズマリー(小さじ1杯)

・乾燥タイム(小さじ1杯)

・粉チーズ(小さじ2杯)

・アンチョビフィレ(2~3片)

・オリーブオイル(20㏄)

 

■パスタ

・フルーツトマト(8個)

・生ハム(お好み量)

・ニンニク(2片)

・鷹の爪(2本)

・スパゲッティ(200グラム)

・ブラックペッパー(お好み量)

・塩(味の調整用)

・オリーブオイル(80㏄)

 

 

【下ごしらえ】

■フルーツトマト

→ 水洗いして1/2にカット

■ニンニク

→ みじん切り

■鷹の爪

→ 1/2にカットし種を抜く

■アンチョビフィレ

→ みじん切り

■生パン粉

→ 生パン粉、パセリ、ローズマリー、タイム、粉チーズをしっかり混ぜ合わせる

 

 

【作り方】

■まずは香草パン粉から作っていきます

① フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを中火で炒めます

 

➁ ニンニクがキツネ色になり始めたら、アンチョビフィレを入れさらに火に掛けます

 

③ アンチョビフィレに火が入ったら、予め用意しておいたパン粉を入れ弱火にかけます

※フライパンを動かしておかないとパン粉が焦げてしまうので注意

 

④ パン粉がこんがりとしてきたら、火から外しお皿に移しておきます

※香草パン粉はパスタのトッピングとして使用

 

■パスタを作っていきます

⑤ 早速、麺を茹でます

※湯量の約1%の塩を入れています

 

⑥ フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを中火で炒めます

 

⑦ ニンニクがキツネ色になってきたら、フルーツトマトと鷹の爪を入れさらに火にかけます

 

⑧ フルーツトマトがしんなりしてきたら、麺の茹で汁を80㏄入れ、しっかりと乳化させます

※茹で汁を入れる前に白ワインがあればフランベしてもOK

 

⑨ しっかりと乳化できたら火を止め、ブラックペッパーを入れて麺の茹で上がりを待ちます

※この時にソースの味見をして塩味が弱いようであれば塩で調整

 

⑩ 麺が茹で上がったら、再度火に掛けながらソースと混ぜ合わせ、お皿に盛り付けます

 

⑪ 生ハム、香草パン粉をトッピングすれば完成です

 

 

【食べた感想】

香草パン粉に入ったハーブの香りが全体に行き渡ることで、とても奥深い味となりで美味です。

隠し味として入れたアンチョビフィレも良い出汁となり良い仕事をしてくれています。

定番のペペロンチーノのシンプルな味も良いですが、これもアリです!

今回は具材として生ハムを使用しましたが、代わりにベーコンやソーセージ、またはエビなどを使用してもとても美味しいと思います。

また、今回の香草パン粉はパスタ以外にもステーキや焼き魚などにも使えるので、少し多めに作ってみても良いかも。

見た目にもお洒落になる今回のパスタ、是非皆さまも試してみてください。

 

次回もお楽しみに!

 


ページの
先頭へ