有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは。

 

5/25(月) 政府より緊急事態宣言解除の発表を受け、街には人が戻りつつありますね。しかし完全に収束した訳でもなく、第二波の懸念もあり、引き続いて検温や3密を避ける等しながら予防に努めて行きたいと思います。

 

さて。自粛生活が続き、休日の外出がままならなかった間、自宅玄関アプローチ周辺の僅かな植栽スペースの植え替え作業をしてみました。

 

プランナーさんからのアドバイスを元にイメージの打ち合わせをしながら、耐寒・耐暑性や乾燥に強く個人的な好みを反映した結果、乾燥地帯の植物を中心とした「ドライガーデン」のイメージに決定。

※ドライガーデンとは:季節乾燥に強い乾燥地帯の植物や多年草のように水をそれほど必要としない植物で、乾いた雰囲気を演出した植栽

 

真夏日となった当日。早朝より職人さん2名+見習い作業員の山口も参戦し炎天下の中、作業開始。

 

まずは現在の状態☟

コノテガシワと柊南天のみの簡素な状態…

手始めに敷き詰められた煉瓦チップ&玉石を手作業で取り除き、植栽も撤去。

撤去後はこんな感じ。

 

そして今回新たに植えるのは、このラインナップ。※写真右に見える縦長のユッカは別

 

そして、化粧砂利はベージュの優しい風合いが特徴のコッツウォルズという水捌けの良さが特徴の大き目な砂利で、今回の植物達との相性も◎

 

そしていよいよメインの作業となる、植え替えスタート。今回の主役であり、シンボルツリーの「蘇鉄」

今年、新芽が出たばかりで葉も青々と立派です。しっかりと根が張り、安定するまでは添え木で固定。

続いて手前は「ウエストリンギア」( 別名:オーストラリアン・ローズマリー )と真ん中がローズマリー。風通しを確保する為に株間を空けて植えて頂きました

ウエストリンギアは環境変化に敏感な為、根が安定するまでは2~3日毎に水やりを欠かさないようにと指導を頂きました。

最後はドライガーデンに欠かせない、「コルジリネ」

熱帯地域でお馴染みの植物ですが、ハワイでは悪霊を払う木として魔除けの力があると言い伝えられているそうです。

 

仕上げは防草シートを敷き詰め、化粧砂利を撒いて完成。

 

これから手入れをしながら四季折々の成長を楽しみたいと思います。

 

それでは。

 

皆さんこんにちは。

例年では桜開花真っ只中で各地ではお花見を満喫する季節ですが、コロナウイルスの影響で今年はお預けになりそうですね。各種スポーツも連日、中止や延期のニュースで東京オリンピック開催も危ぶまれます…。

 

必然的に自宅で過ごす機会も増えつつある中、amazon primeにて大好きなマッド・デイモン主演スパイアクション映画「ボーン」シリーズのスピンオフドラマとなる「トレッドストーン」シーズンⅠ( 全10話 )の配信を一気に見終えた所です。

CIAの工作員育成計画「トレッドストーン計画」を主に現在と過去に物語が展開し、トレッドストーン計画の歴史を紐解くストーリーとなっています。早くもシーズンⅡの配信が待ち遠しい…

皆さんも是非。

さて、話は変わって3月某日。訪問面談に伺って直帰するタイミングに、なかなか出会えない珍しい品種を取り揃えるの花屋さんへ久しぶりに立ち寄ってみました。

先ずは見事に成長した「コウモリラン」

葉のサイズは60cm以上あるでしょうか。もはや鹿の角のようにダイナミック…

 

この季節になると店頭に並ぶ、オーストラリア産「コルジリネ」

南半球の亜熱帯地域原産らしい鮮やかな紫蘇色の新葉が特徴。以外にも直射日光に弱く葉焼けしてしまう為、室内での飼育が理想的なんだとか。

 

そして今注目しているのが、下写真の様な塊根植物( 別名:コーデックス )です。

主に中南米やアフリカに生息する、幹,茎,根が丸々とした多肉植物の総称。珍しく、希少性の高い種類も多く、個性的なルックスと相まって、ジワジワと人気が出つつあります。観葉植物というよりは盆栽に近い趣向でしょうか。間違いなく足を踏み入れる事になるかと。笑

 

個人的には写真右手前の「鉄甲丸」が気になっていますが、なかなかの高値です…

 

 

それでは。

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

先日のスープカレーに続き、ランチタイムレポート記念すべき10回目にご紹介の今回は

東急東横線「妙蓮寺駅」下車。旧菊名街道を菊名方面へ向かうと徒歩約10分にあるこちら。

 

「和肴 黒よし」

丁度ランチタイムスタート間もなくのタイミングに来店出来、1番乗り。整然とされた白木のカウンター席と、四人掛けのテーブル席が二卓。

一番乗り気持ち良いです…

一見やや敷居の高そうな割烹料理屋ですが、カジュアルでリーズナブル。

ランチメニューはメニュー右の5種類より選択。+2~300円で小皿料理の追加も可能です。

夜のメニュー&アルコール類( ご参考迄 )

開店間もないタイミングで直ぐに出来るのが、「鶏の唐揚げ膳」との事で、後ろの時間もあったのでそちらを注文。

 

さり気ないですが、鉢植えにもセンスを感じます

店内を見渡し、待つ事数分。

出汁巻き卵に、汁物は赤出汁で健康的なメニューです。

 

ドン!

唐揚げは、ほんのりとした生姜風味で写真からも伝わるようにジューシーですが、しつこさはありません。

美味しく頂きました。

 

御馳走様でした。

皆さんもお近くの際は是非。

 

店を出て駅方向へと戻る途中、菊名池公園の一角にひっそりと佇む桜が綺麗だったので、パシャり

コロナの影響でお花見どころではありませんが、束の間の花見になりました。

 

 

今回、お邪魔したお店はこちら☟

 

□店名:和肴 黒よし

□住所:横浜市港北区菊名1-16-2 菊名ハウス1階

□アクセス:東急東横線「妙蓮寺駅」下車 徒歩約10分

□tel:045-878-8465

□営業時間:AM11:30~PM14:30 / PM17:00~22:30

□休業日:日曜日

 

 

それでは。

皆さんこんにちは。

中国武漢での新型コロナウイルス発生以降、瞬く間に感染が各地に広がり、猛威を振るっておりますが、弊社でも感染拡大予防策として嗽・手指消毒,検温,外出時のマスク着用を励行しております。

御面談等にお伺いする際もマスク姿のままでお見苦しいかと思いますが何卒ご容赦下さい。

皆様もくれぐれもご注意を。

さて、打って変わって2月某日。

相鉄線「鶴ヶ峰駅」周辺にお伺いする機会があり、駅周辺を散策していると、スパイシーな香り漂う一角を発見し、恐る恐る入店してみました。

「横浜スープカレー しんぺー」

 

ランチタイムのピークは過ぎていたものの、カウンター、テーブル席共に店内は満席。待つ事数分、カウンター席に通され、年季の入ったメニューはこのようなラインナップ。

 

店員さんオススメの「やわらか角煮と野菜のスープカレー」 ¥1,300也をオーダー。

 

運ばれて来ると、湯気が立ち上った熱々のスープカレーには大ぶりな豚の角煮が2つに素揚げされた野菜が入ります。これは美味しそう…。

一般的なサラサラとしたスープカレーと比較し、ややトロミのあるスープを口に運ぶと、様々な香辛料の強い香りが一気に鼻に抜けて行きます。素揚げされ香ばしさの残る野菜も美味。

 

額にうっすらと汗をかきつつ、完食。御馳走様でした。

 

マスターに伺うと、以前は綱島にあったスープカレーの人気店「ハンジロー」で厨房に立っていたそうですが、「ハンジロー」の長野県移転を機に独立され、その味を受け継いでいるんだとか。

 

皆さんもお近くの際は是非。

 

今回、お邪魔したお店はこちら☟

□ 店名:横浜スープカレーしんぺー

□ 住所:横浜市旭区鶴ヶ峰1-1-2 鶴ビル1F

□ アクセス:相鉄線「鶴ヶ峰駅」下車 徒歩約4分

□ tel:045-465-4135

□ 営業時間:AM11:30~PM15:30 / PM17:00~22:00

□ 休業日:不定休

 

それでは。

 

遅ればせながら…。皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い致します。

 

年始は例年通り、妻の実家がある東北岩手で過ごして来ました。

東京駅発の東北新幹線 E5系はやぶさに揺られる事、約2時間半の旅路

 

途中、郡山周辺はかなり吹雪いていたので、警戒しながら下車すると岩手は全くもって積雪の気配がありませんでした。例年のこの時期は一面銀世界なので、寂しいようなホッとしたような…

 

到着から少しのんびり過ごし、陽が落ちる前に近所の八幡様~お寺へ初詣に。

今年は前厄の年なので、何も起きません様に…と祈る様に念じて来ました。早くお祓いに行かねば。

 

今回は短いスケジュールの滞在だったので、特に遠出をして観光する事はせず、温泉でゆったりと過ごしたり、近所のスーパーに買い出しに出掛けてみたり。

関東のスーパーではお目に掛かる機会が少ない( と思われる )ご当地食品を少しご紹介。

 

岩手ではお正月やお祝い事の際にお餅を食べる習慣が根付いており、きなこやあずき等のポピュラーな物から、納豆、ずんだ、胡桃等々。関東エリアよりも種類は豊富で、最近は写真の様な出来合いの餡も出回っているんだそうです。

 

こちらは岩手県民のソウルフード。盛岡発祥の「福田パン」のコッペパンです。

岩手県内のほとんどのスーパーで見掛けますが、片手に収まりきらない程のサイズと種類の豊富さ( 写真はほんの一部です )で県民に愛されています。私も行く度に購入していますが、未だ全種類コンプリートへの道のりは遠いです。

 

という訳で今年も様々な角度でブログ更新していきたいと思いますので是非共ご覧下さい。

 

それでは。


ページの
先頭へ