有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

 

今回は以前から何度かお店の前を通り掛かる度に、気になってはいたものの定休日や臨時休業等と重なり、なかなかタイミングが合わなかったお店ですが、漸くお邪魔出来たので、少しご紹介を。

 

今回お邪魔したのはBakery「 STOVE (ストーヴ) 」

 

 

時間が午後の2時過ぎという微妙な時間帯だった事もあり、品切れのパンもちらほら。

 

店主に伺うと、パイ、デニッシュ、タルト系が特に人気なんだそう。

確かに美味しそうです…

 

そしてサイズも手頃なので、色々な種類を楽しめる&手土産にも喜ばれそうです。

小さい店内には次から次にお客が出入りし、皆さん大体お目当てが決まっている様で、馴れた様子でササッと買っていかれます。

 

今回は生憎、品切れで購入が出来ませんでしたが、バリエーション豊富なクロワッサンサンドが一番人気のようですが、ほぼ午前中には売り切れるそうなので、次回タイミングが合えば購入してみたいと思います。

 

今回はこちらを購入してみました。

上から時計周りに

 

・上 フルーツのペストリー

サクサク食感のデニッシュ生地と4種のベリー(ラズベリー,ダークチエリー,グランベリー,ブルーベリー)を使用し、ややずっしり目でしたがとても美味しいです。上に乗るフルーツは季節毎に変わる様なので楽しみですね。

 

・右 アップルパイ

こちらは中のリンゴが甘さ抑え目で、程良く食感を残した僕好みのタイプ。こちらもサクサク食感で美味。上記のペストリーと比べると軽め。店頭に並ぶパイの中では一番人気の様でした。

 

・左 オニオンとベーコンのキッシュ

カフェ等では定番のキッシュですが、普段からそれほど馴染みがないので、試しに購入してみましたが、外カリ中フワで優しい味付け。こちら今回の3点の中では一番ずっしり系でした。

 

 

皆さんも美味しいパン屋さんをご存知でしたら是非、情報交換しましょう。

 

今回お邪魔したお店はこちら☟

□ BAKERY「 STOVE 」

□ 横浜市港南区港南台7-16-28 メゾネット港南C

□ 京浜東北・根岸線「港南台駅」徒歩17分

□ ☎045-831-6516

□ 営業時間:AM8:00~PM19:00

※オープン前から並ぶ事も多いそうですが、AM11:00頃が一番品揃えが充実しているそうです。

□ 定休日:火・水曜日 ※デパートの催事等への出店で連休になる事も多いとの事なのでご注意を。

 

 

 

それではまた。

 

 

6月某日。日頃からお世話になっている先輩より会食のお誘いを頂き、お邪魔してきました。

 

今回、伺ったお店はこちら「 OSTERIA Gogh 」

 

 

ややこじんまりとしたカウンターをメインとした店内は、地元の常連さんに長く愛されるお店の様です。

 

 

その日に採れた旬の野菜を使いメニューを決めているそうです。

 

 

 

まずはお薦めの前菜3種

 

 

上から時計周りに。

・生ハムとルッコラのサラダ

・モッツアレラとトマトのカプレーゼ

・アスパラガスのミラノ風

 

以前はオーナーのお母様も店頭に立ち調理をされていたそうですが、高齢により現在は第一線を退き、主には野菜の自家栽培に専念されているそうで、上記のフレッシュなバジル、ルッコラ等はお母様が手塩にかけて栽培した物であるとの事。有難く頂きました。

 

 

続いては、地鶏のロースト 粒マスタードソース

 

やや酸味のある粒マスタードソースと地鶏の相性◎

見た目以上に、さっぱりと頂けます。

 

 

〆のパスタは小海老とズッキーニのペペロンチーノ

 

写真からも伝わるプリプリの小海老と瑞々しいズッキーニの食感を楽しめる1品。こちらも文句なしに美味。

 

明るく気さくな店主から旬の食材についての豆知識をご教示頂きつつ、楽しいひと時もあっと言う間に過ぎて行きました。

 

 

今回、お邪魔したお店はこちら☟

 

□店名:OSTERIA Gogh ★店主がゴッホのファンである事が由来との事

□住所:藤沢市南藤沢4-11 第5榎本ビル1F 東海道線「藤沢駅」下車徒歩5分

□☎:0466-22-0596

□営業時間:PM17:00~AM26:00

□定休日:日曜日

★金・土は常連客で満席になる事が多い様なので、事前のご予約がお薦め。

 

 

話しは変わって、以前から弊社渋谷相談室 小林先生より猛プッシュを受けていたダイエットに効果的と噂のギリシャヨーグルト『 oikos 』を試してみましたので、私からも少しご紹介を。

市販で出回っている、ほぼ全種類を試した結果…

 

食べてから不思議と空腹感を感じず、小腹が空いたタイミングの間食としても良いかもしれません。キャッチコピーでもある『 小腹を黙らせるoikos 』まさにその通りでした。

 

ちなみに僕は夕食として、oikos+αにシリアルという食習慣を数週間前から続けていますが、今では一度に一つ食べきるのがやっとになって来ました。

 

特に僕のオススメはこの2種類

①レッドスーパーフルーツミックス

ドラゴンフルーツやベリー系のソースが濃厚なヨーグルトの重みを軽減してくれて、癖が無くさっぱりと食べやすいです。入門編にオススメ。

 

②トロピカルグアバ

トロピカルフルーツの中でも特にビタミンCが豊富で、抗酸化作用等も期待が出来るグアバですが、実は薦められて最初に試したのがこちら。ここから僕のoikos生活がスタートしました。今でも一番好きな味。

 

上記2品は文句なしに2018年上半期ベストヨーグルトに滑り込んできました。早く新しいフレーバーが出ないか首を長くして待ちわびる今日この頃。

 

今後も小林大先生のご指導を仰いでいこうと胸に誓いました…

 

それでは。

 

 

 

横浜相談室に隣接する、横浜公園では現在「横浜開港記念バザー」が開催されており、平日にも関わらず連日多くの方々で賑わっています。

 

屋台や、各都道府県の名産品等の販売が多くを占める中、興味深い一角を発見。

 

 

 

横浜市金沢区から出店の植木屋さんのブースです。植木以外にも鉢植え、苗、観葉植物等かなり幅広いラインナップで年配の方々を中心に人だかりになっています。

私、山口も自然と吸い込まれてしまいました…

 

 

これから見頃を迎える色鮮やかな「山紫陽花」

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、紫陽花は土質により花の色が変わり、酸性なら青色、アルカリ性なら赤色となりますが、街中で紫陽花を見かけ、色を見ると「この辺りの土質はアルカリ性が多いのかな?」なんて事を思ったりもします。

 

 

ハイビスカスも既に花を咲かせていました。以前、自宅で育てている友人に聞いた所、開花のシーズンになると毎朝、一輪ずつ花を咲かせるので手入れが楽しみなんだとか。

 

昔懐かしの、ホオズキ

最近はめっきり見かける機会が減りましたが、幼少期に実家の裏庭に生えており、夏場、観賞用に飾っていたのを思い出します。※シニアの方々がこぞって購入されていました。

 

 

その他にも、オリーブやベンジャミン等もかなりのお買い得でした。

 

 

 

今や定番の多肉植物各種

 

いつかは手を出したいと憧れ続けている「コケ」の世界。

初老の男性が何やら真剣な眼差しで、店主へコケの生育についてアドバイスを求めており、店主も負けじと熱心に答えていました。

コケの世界とても奥深そうです。

 

自分の庭を手に入れた暁には、是非育ててみたいのですが、迂闊に手を出して良いのやら…

 

 

 

そして今回、購入したのがこちら!

 

 

購入時、店主の方も名前が分からないという代物で、「お兄さん、是非調べて大事に育ててよ~♪」とザックリ過ぎるやり取りの中、半信半疑で購入し、調べてみた所、正体が判明。

 

「ベビーサンローズ」※別名:アプテニア

 

 

 

南アフリカ原産の多肉植物の様で、今回購入の決め手となった、下の写真にある濃いピンク色の花が5月~7月に繰り返し咲く様なので、今から楽しみに育てたいと思います。

 

 

7月頃に花が咲いたら改めてレポートしたいと思いますので乞うご期待。

 

それではまた。

5月25日(金) 東京・大田区総合体育館で行われたWBAバンダム級タイトルマッチ

ジェイミー・マクドネル (英国)  VS  井上 尚弥 (日本)

 

 

井上の3階級制覇がかかるこの大事な一戦。体格も一回り大きくなり、バンダム級がナチュラルな体重で臨める階級である事から、減量苦を解放された井上がどんな戦いを見せるのか数か月から楽しみにしていました。

 

 

 

試合2日前に行われた計量では、問題無く計量をパスした井上に対し、王者マクドネルは1時間以上遅刻して現れ、なんとか計量はパスしたものの、見るからに明らかな減量苦。脱水も起こしている状態を見た時点で、井上の勝利は見えていました。

仮にマクドネルがベストコンディションで臨んだとしても、井上に分があると見ていましたが…

 

更に遅刻をして何の謝罪もない王者と陣営の態度に井上も珍しく苛立ちを見せていました。これはますますヤバい予感…

 

 

試合当日までに井上は体重6kg増に対し、マクドネルは12kg増と中1日で12kgの体重増と戻してきたものの、ベストコンディションとは程遠い印象。

 

 

リングサイドでは、日本人初のバンダム級王者 ファイティング原田大先生も熱い視線を送る中、運命のゴングが鳴ります。

 

 

試合後のインタビューの中で、開始30秒でマクドネルのパンチに対し、「見切れていた。対応出来ると感じた。」と言うように、約12cmのリーチ差をスピードで圧倒。

右フック ⇒ 左ボディでダウンを奪うと、そのまま連打を浴びせ、なんと開始1分52秒の秒殺でTKO勝ち。

 

 

モンスター恐るべし…

 

あまりにあっさりと3階級制覇を成し遂げてしまい、付いて行けていない中、リング上では以前より参戦をするのか?と話題になっていた、今秋開催予定の新たな賞金トーナメントであるWBSS( world boxing super series )への参戦を宣言しましたね。

 

□WBSSとは

・2017年にボクシングの本場アメリカとドイツのプロモーターによって第1回大会が企画され、各階級の最強ボクサーを決める為のトーナメント方式の大会です。

・参加資格はWBA,WBC,IBF,WBOの4団体のチャンピオンと15位以内の世界ランカーのみ。

 

要するにボクシング界の天下一武道会です。

第1回大会では賞金総額50億円という桁違いの賞金で、大盛況だった様です。

 

ちなみにバンダム級では、山中戦での計量オーバーで日本での試合は無期限停止処分が下った「ルイス・ネリ」選手の参戦の可能性もある様です。( 可能性は低そうですが… )

 

優勝候補筆頭として、バンダム級最強を証明して欲しいですね。

 

 

 

桜の開花に合わせた各地のお花見も一段落し、新緑🌱が眩しい今日この頃。

 

過ごしやすい陽気が続く某日。湘南茅ヶ崎に以前から通う、お気に入りのレストランでランチをして来ましたので、ご紹介させて頂きます。

 

今回お邪魔したお店『 MOKICHI FOODS GARDEN 』は戦前から続く広大な精麦工場をリノベーションした、地ビールなども販売する熊澤酒造が手掛けるレストランです。

 

 

敷地内は緑に囲まれ、自然派の山口好みのお店です。

丁度、新緑が青々として、天候にも恵まれ最高のタイミングでした。

※テラス席( ペットもok )

 

ランチタイムは激混みなので、少し遅い時間に到着 ※ラストオーダーはPM14:30までなので要注意。

 

リノベーションならではの開放感のある広々とした空間

 

一品目は自家製チーズ盛り合わせ

※2品目のサラダは写真を撮り忘れました…

続いて、ピザマルゲリータ。1枚がかなり大きめなので、3人で丁度良いサイズ感。

 

石窯担当のこちらの女性一人が次々に入るオーダーを忙しなく焼きまくっていました。汗

 

続いて季節のパスタ( 桜海老とそら豆、筍のペペロンチーノ )

素材の風味を生かした、あっさり目の味付けで美味。

その他にも、地ビールや地魚料理、自家製ソーセージ、アイスバイン等紹介しきれない程、お薦めメニューがまだまだあります。なるべく大人数で行かれた方が色々なメニューを楽しめるかと。

 

建物にはカフェも併設し、自家焙煎のオリジナルブレンドコーヒーや焼き立てのパン等も楽しめます。

 

緑に囲まれたカフェコーナー☕

木漏れ日を浴びながら気持ち良さそうです。

 

お土産に烏帽子岩のラベルが目印。自家製『 湘南ビール 』も。

 

 

今回、お邪魔したお店はこちら☟

■店名:MOKICHI FOODS GARDEN

■住所:茅ヶ崎市元町13-1 ★JR茅ヶ崎駅北口下車 徒歩約5分

■☎:0467-84-0123

■営業時間:‹月~木・日› ランチ 11:30~14:30/ディナー 17:30~22:00
‹金・土・祝前日› 11:30~23:00

■定休日:第3火曜日

 

 

お近くの際は是非

 

それではまた。

 


ページの
先頭へ