有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

スタッフブログ
スタッフの人柄がよくわかるブログです。日々の業務から休日の出来事、趣味など、幅広いテーマで更新中!

皆さんこんにちは。

 

いよいよ9月も最終日。段々と秋も深まり、陽も短くなりましたね。毎年ハロウィン時期の山口家恒例行事になりつつあるディズニ―ランドへ行って来ました。

昨年はディズニ―シ―のマレフィセントをメインとしたハロウィン期間中でしたが、今回は娘が今夢中になっている、ディズニ―プリンセスに遭遇する事がミッション。いざ!

 

 

数日前から天気予報をチエックし、日を追う毎に雨・雨・曇り( 当日 )という予報でしたが、生憎一日中強風という悩ましい天候の中、舞浜へ到着すると予想通りの物凄い強風…。にも関わらず相変わらずの人混みはいつも以上。

 

 

残念ながら強風の影響でパレードの中止が早々に発表されたので、今回はアトラクションに集中し、ハニーハント、ホーンテッドマンション、ウエスタンリバー鉄道etc…。いずれも数10分~1時間程度の待ちで、上手く乗り継ぎに成功しました。

 

そんな中、ミッションにしていたプリンセスの登場は強風の影響を受け、中止のアナウンスが。(汗) 娘も残念そうでしたが、彼が登場し若干気を取り直しました。

 

ピノキオあざっす!

 

徐々に辺りは陽が傾き始め、一瞬こんな綺麗な夕日も。

 

子供の底なしの体力とテンションを実感しつつ、ライトアップした園内を散策

 

心ゆくまで楽しみ、歩き疲れた足を引きずりながら帰路に着きました。

 

それでは。

皆さんこんにちは。

シリーズ7弾目となる、神奈川相談室周辺のランチレポートですが、連日の暑さにスタミナを奪われ気味だったので、久しぶりに辛いものでも食べて、リフレッシュしようと今回はこちらにお邪魔して来ました。

「 三煕 / サンキ 」

こちらは以前、関内駅前の複合施設「セルテ」に入っていた様ですが、2008年に現店舗へ移転されたとの事。オーナーシェフは重慶飯店の元料理長という事で、期待出来ます。

お店に着くと、ラグビー日本代表のポロシャツを着た、代表スタッフと思われる大柄な面々が続々と出て来る所で、丁度入れ替わりのタイミングになりました。毎週楽しみにしているTBSドラマ「ノーサイドゲーム」の影響でラグビー熱が高まっている山口的にはランチタイムご一緒したい所でした。一足遅かったのが悔やまれます…

店内に通されると、至る所にベイスターズ選手の写真やサインがズラリ。選手も時々訪れるようです。

今回は看板メニューでもある、お目当ての麻婆豆腐を注文。待つ事、5〜7分。

「 麻婆豆腐セット / ¥800也 」

メインの麻婆豆腐以外にハーフサイズのサンマ―メン( ※タマゴスープへ変更可 )も付いて予想以上のボリューム。

麻婆豆腐は口に入れた瞬間の辛さを過ぎると、豆板醤と花山椒の香りが適度で山椒の後味がいつまでも舌に残る系がやや苦手な山口としては、この辺りで食べる麻婆豆腐の中では今までで一番好みの味付けで美味しかったです。反してサンマ―メンのスープは薄味で、辛さを中和するのに丁度良いバランス。

重慶飯店の元料理長という肩書も伊達じゃありませんでした。またリピートしたいと思います。

御馳走様でした。

 

今回お邪魔したお店はこちら☟

□ 三煕 / サンキ

□ 住所:横浜市中区太田町2-26 トーホービル1F

□ アクセス:みなとみらい線 日本大通り駅( 出入り口1番 )より徒歩5分

□  :045-651-9123

□ 営業時間:AM11:00~PM23:00( L.O PM21:00 )

□ 休業日:日曜日   

 

それでは。

皆さんこんにちは。

 

8月初旬〜中旬にかけては連日、猛暑日が続きましたが、ここ数日はようやく過ごしやすい陽気になって来ました。

暦の上では既に秋になり、まさに残暑突入といった所でしょうか。

 

今年のお盆は敢えて連休は取らず過ごしましたが、束の間の休日にお墓参りと、公開前から楽しみにしていた映画観賞に出掛けて来ました。

好天に恵まれた当日。午前中に親族で待ち合わせ、先祖様が眠る横浜市内のお寺へ。

小さな子供達も交えて大小入り交ざり、汗だくになりながら、お墓の掃除をスタート。

 

時折、木陰から顔を見せるリスと戯れながら、各々持ち場を分担し、娘はお花を活けてくれました。

無事、ピカピカになったお墓に皆で手を合わせ、お寺を後にしました。なんとなくお墓参りを終えると晴れやかな気持ちになります。

続いては、以前の唐沢のブログにもチラッと登場した、実写版「ライオンキング」を鑑賞しに行って来ました。

 

ここ数年、デイズニ―映画の実写版が立て続けに公開されていますが、今回で実写版の鑑賞は「美女と野獣」に続き2作目となります。今作は、マーベルコミックの実写版として、2008年に公開された「アイアンマン」の監督である、ジョン・ファブローが監督を務め、アニメーションとどの様に違いがあるか楽しみにしていました。

映画館に着くと、丁度夏休みという事もあり、お祭り並の凄い人混み…

 

「 超実写 」がキーワードとなる今作は2Dのほぼ全編CGという作品でしたが、登場する動物たちの細かな動きや表情、サバンナの大地や砂の造形等、目を凝らしても実物と見間違う程に完成度が高くビックリしました。

肝心のストーリーも原作を忠実に再現されており、約2時間あっと言う間でした。

皆さんも是非。

 

ロビーに出ると、兄貴が待ち構えてました。ワイスピ最新作。こちらも気になる…

 

それでは。

 

 

皆さんこんにちは。

関東甲信は例年より長い梅雨が明け、いよいよ夏本番ですね。

 

梅雨明け発表と同時に連日30℃を超える猛暑日が続き、刺す様な陽射しに体力も奪われます。お出掛けの際は小まめな水分補給や、日陰で休憩を取る等、充分な熱中症対策を。

 

さて、梅雨明け発表の数日前。レジャー日和とは行かない天候だったので、食器・カトラリーを買い足す下見がてらにウィンドウショッピングへ。

 

幾つかの中から目に留まったこちらは、家具、照明にはじまり、音響機器、ファブリック、ガラス、セラミックなど、幅広い分野でデザインを手がけるデンマークのプロダクトデザイナーが手掛け、日本国内の工房で製作されたコレクション。

シンプルで機能的な飽きの来ないデザインが山口好みです。上位候補として持ち帰り検討する事にしました。

 

お店を移動し、恒例の植物チェック

①肉厚で可愛い丸い葉が特徴の常緑性の多年草

「 ペペロミ 」

葉も青々と放射状に伸びてグッドコンディション。

 

②熱帯アメリカ原生の着生植物

「エクメア チャンティニー ゼブラ」

一般的にはテーブルサイズの小さな株として並んでいる事が多く、ここまで見事なサイズは初めて見ました。写真の様なピンクの鮮やかな花苞が見られるのも、この時期ならでは。やはり熱帯アメリカ地域の植物はワイルドで存在感があります。

 

ブラブラしていると、いつの間にか陽も傾き始め、妻から夕飯は軽くワインを飲みたいとリクエスト。

試飲しながら、こちらを購入。

フルーティな微発泡の白ワインで、飲めない私でも飲みやすい口当たり( グラス2杯が限界でしたが… )

 

久しぶりにのんびりとした梅雨最後の休日を満喫しました。これから夏本番。夏らしいレジャーを楽しみたいと思います。

 

 

それでは。

 

皆さんこんにちは。7月に入って以降、連日ジメジメとした雨模様が続きますね。

山口の休日のスケジュールも打撃を受け、以前から予定していた地引網や盆踊りといった夏のイベントが次々に中止という残念な事に…

8月からは気を取り直して、夏を満喫したいと思います

さて、今回は久しぶりに神奈川相談室周辺のおすすめランチをご紹介致します。

 

今回お伺いした、レストラン「 グリルサクライ は実は以前からお店の前を通り、見掛ける度に満席で、時には店先に列が出来ている事もあり、そんなに⁇ ( 失礼 )と気になっていました。

今回、開店直後の空いているであろうタイミングを見計らってお邪魔して来ました。既に数組の方が居ましたが、並ぶ事も無く無事に入店。オーソドックスな街の洋食屋さんという印象です。

10名程が座れるカウンター席のみ小さな店内に目をやると、こちらのご夫婦が二人で切り盛りしているようです。

さて、壁のメニューを見ながら、何にしようか悩んでいると、常連風の一人がメニューにない「ヴィクトリア!」と一言注文。

え?メニューに無いけど…。まさか裏メニュー⁇と試しに同じものを注文してみました。

待つ事数分。出て来たのがこちらの「ヴィクトリア」

メンチカツ?の上に目玉焼き&デミグラスソースがかかった1品。予想以上にガッツリとしたビジュアルでしたが、湯気が立ち上り美味しそう…

断面がこちら☟

衣はサクサクで口に入れると肉汁が溢れ、ジューシーで美味!ヴィクトリア正解でした。

付け合わせのライスは盛りが多すぎて、流石に食べきれませんでしたが、やや柔らかめな山口好みの絶妙な炊き加減でした。次回は半量にしてもらおう。

食べ終わる頃には次から次にお客が入り、カウンターはあっと言う間に満席でした。

やはり、オープン直後が正解。

 

今回お邪魔したお店はこちら☟

□ レストラン グリルサクライ

□ 住所:横浜市中区相生町1-14 第二小原ビル1-A

□ 045-662-6088

□ 営業時間:AM11:30~PM15:00

□ 休業日:土・日・祝祭日

 

それでは。


ページの
先頭へ