有料老人ホーム選びの頼れるパートナー

お知らせ
セミナー情報
2018.10.31 19:02

2018/10/31 太子堂あんしんすこやかセンター(東京都世田谷区)

今回のセミナーは地域包括支援センターとクリニックが共催したもので、「受講者がどの程度集まるか予測がつかない…」と心配していました。

その心配をよそに、予想を大きく上回る受講者が集い、会場は立ち見の方がでるほどの大盛況。

毎度のことですが、やはり老人ホームネタはどの地域でも興味ある題材なんですね。

 

受講者の傾向は、自分自身の勉強のために受講する方が2/3、ご家族(主に親のこと)を在宅介護している方が1/3ぐらいの感覚でしょうか。

 

世田谷区は日本一の有料老人ホーム激戦区なので、一般の方々もある程度の基礎知識は持っている感じです。

また、有料老人ホームの「料金面に対する免疫」もついているのが特徴的な地域です。

 

 

 

受講者の中には、相当の老人ホームマニアもいらっしゃいました。

 

「〇〇ホームは良くないと聞きましたがどうでしょうか?」

「〇〇ホームは良い評判がありますが実際はどうでしょうか?」

「サービス付き高齢者向け住宅が一番良いと思いますがどうでしょうか?」

質疑応答時に、主観的な質問を集中砲火してくる方はどこにでもいらっしゃいます。

もちろん今回もいらっしゃいました。

 

齋藤の回答はいつもブレません。

「あなたにとって良いホームの条件とはなんでしょうか?それが答えです」

 

主催者のクリニックの先生が今回のセミナーをとても喜んでくれました。

約10年ぐらい前に、有料老人ホームの訪問医をされていたそうで、今回の話の信ぴょう性が手に取るように理解できたそうです。

「今回のセミナーを依頼して本当に良かったです。会員さんたちも大満足の様子でした」

と、ここまでは良かったのですが…

 

「プロフェッショナルの齋藤さんにぜひお願いしたいことがありまして…。保険医協会で発行している機関誌に寄稿してほしいんですけど」

頼まれると断れない齋藤の弱点を見抜くかのように、先生はたたみかけてきます。

「締め切りは11/9(金)まで。2000字ぐらいでまとめてくれれば良いので大丈夫よね!」

 

逃げたい仕事ほど、率先してやるべし

「お任せください。余裕ですよ」と快諾して、セミナー会場を後にしました。

ため息交じりで車に乗り込み、腕時計に目を移すと…

午後のセミナー開始時間まであと1時間半!

次のセミナー会場は「東京都国立市」。中央道が混雑していない事を願いつつ中央道を疾走しました。

 

 

依頼主  太子堂あんしんすこやかセンター

時 間  10:00 - 11:30

場 所  ソフィア訪問看護ステーション三宿・三茶 多目的ルーム


ページの
先頭へ